2016年09月24日


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第283号 最大のリスク要因となった日銀 (1)何かやらないと不安で仕方ない

週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


2016年9月21日(水)。

日銀がまたしても動いて微妙な金融緩和(?)を打ち出しました。

*****************************************************
*****************************************************

今回導入したのは「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」。

第1に長短金利の操作を行う「イールドカーブ・コントロール」。

第2に消費者物価上昇率の実績値が安定的に1%の「物価安定の目標」を超えるまで、マネタリーベースの拡大方針を継続する「オーバーシュート型コミットメント」。

大変失礼ですが、いずれも枝葉末節の「金融緩和もどき」です。
http://www.boj.or.jp/announcements/release_2016/k160921a.pdf

*****************************************************

イールドカーブの形を変えたところで、資金需要がないことは変わりません。

経済活動の「結果」である長期金利をいじることで、経済活動を活性化させようと考えるのは本末転倒です。

長期金利まで操作して、規制金利の時代に戻りたいのかと思います。

*****************************************************
*****************************************************

日銀は出番が来るたび「何かやれよ」と命じられる若手芸人のようです。

様々な人々がメディアを使って記事を飛ばし、圧力をかけてきます。

日銀もそうしないと、株価や国債価格が崩れそうで不安なのでしょう。

それが「効果がわかりにくい政策」となって次々に打ち出されます。

今回のように堅調な市場においても「何かやらないと不安」なのです。

*****************************************************

しかしせっかくネタを披露しても、効果は数時間しかありません。

やらないと宣言していた「戦力の逐次投入」によって、金融政策の限界がさらにはっきりしたのです。

*****************************************************
*****************************************************

日銀にも気の毒な面があります。

消費税引き上げという「超絶デフレ政策」のツケを、支払わされているからです。

しかしサプライズによって市場を「鎮圧」してきた反動と考えるならそれも「自業自得」。

対話を怠ったツケは、信任の喪失となって大きく響いています。

*****************************************************

日銀会合の結果が出る日、市場は疑心暗鬼に包まれます。

ちょっとした噂で市場が動き、逆指値が一気に刈られて急騰・急落します。

活気を失った日本市場において、いまや日銀が最大のリスク要因となったのです。



-----------------------------------------
参考のためワイルドインベスターズ投資ブログをご覧ください。
このメルマガに関連したチャートが貼り付けてあります。
会員サイトではさらに盛りだくさんのチャート集があります。

気になるチャート20160923
http://blog.livedoor.jp/contrarian65-wild/archives/51215710.html


ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




contrarian65 at 07:30コメント(1)トラックバック(0)メルマガ連動 

2016年09月23日


FOMCは利上げ見送りで株価は上昇。

弊社は「経済指標が弱くても利上げする」と読んでいたが、それは外れた。

それでも3名が利上げを主張したそうで、タカ派なメンバーであることは間違いない。


LineChartMajorEq1f1_20160923




























「利上げしてもしなくてもドル安になる」という予想は当たり。

ただ年内利上げに含みを残す中で、新興国通貨が強いのは意外だった。

LineChartMajorCcyUSD1f1_20160923




























おかげでドルベース対SP500指数で新興国指数がスパイク。

相対指数なのにかなりの変動率となっている。

LineChartMajorEqvsSPX1f1_20160923






























長期金利は米国が上昇基調。

デフレに苦しむ日欧は、なかなか浮上出来ない。

LineChartGovBond1f1_20160923





























日本株はバリューの復権が一息ついたように見える。

大型株よりも小型新興が良いというトレンドに戻るのか。

LineChartEqJPNidx2vsTPX1f1_20160923







contrarian65 at 15:51コメント(0)トラックバック(0)チャート 

2016年09月16日


米利上げ懸念の高まりとともに米株は久々の調整となった。

LineChartMajorEq1f1_20160916





























通貨は「ドル高リスクオフ」。

8月と異なり、今回は他市場も大きく反応している。

LineChartMajorCcyUSD1f1_20160916





























新興国は踏み上げからいきなり調整した。

ドルベース対SP500指数で見るとスパイクした後に急反落。

このチャートだと少し見づらい。
LineChartMajorEqvsSPX1f1_20160916




























米セクターは金利敏感も景気敏感も弱い。

ハイテクが相対的に良い。
LineChartSP10vsSPX1f1_20160916




























コモディティはドル高で下げるかと思ったが、まだ影響は小さいように見える。

LineChartCmdtyIDX1f1_20160916




contrarian65 at 23:45コメント(0)トラックバック(0)チャート 
新刊出ました!
メルマガ購読・解除
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ