ワイルドインベスターズ投資ブログ

     ~ グローバル投資への扉 ~   関東財務局長(金商)第1173号

【週末だけのグローバル投資】会員さん用投資レポートDEEP INSIDE 2018年11月号リリース! 「中間選挙で売り枯渇」





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第396号 会員さん用投資レポート DEEP INSIDE 2018年11月号リリース! 「中間選挙で売り枯渇」

週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社

                       関東財務局長(金商)第1173号                                            
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お待たせしました!

会員さん用投資レポート「DEEP INSIDE」 2018年11月号リリースです!




イベント盛りだくさんの1か月でした。

中間選挙をにらんだフェイクニュースや「やらせ」が横行し、分析者としては腕の振るいがいがあったと思います。

結果はトランプ大統領勝利でしたが、これも読み通り。

あとは来年春に向けて、米株上昇の下地が整ったと感じています。



メールやビデオで語っていないネタとしては、FAAMGの現状をそれぞれ確認しています。

さらに米中貿易摩擦が続き、「トランプ・リセッション」というレッテルが貼られること。

しかし米株は上昇を続け、それが空振りに終わるであろうこと。

また将来的に信用収縮の経路になりそうな「サムライ債発行急増」について述べています。



今回も36ページ書きましたが、いったん終わりにします。

足りなかった分は引き続きメールや動画などでフォローして行きます。





[今月のおしながき]


投資レポート「DEEP INSIDE」 2018年11月号

・中間選挙で売り枯渇

1.    10月は金利上昇で強烈なリバーサル
2.    きっかけは米金利上昇
3.    FAAMGの現状をそれぞれ確認
4.    中国の自傷的「危機煽り」
5.    中間選挙はトランプ共和党の勝利
6.    「トランプ・リセッション」というレッテル貼り
7.    サムライ債発行急増は危険なサイン
8.    まとめ:深く屈んだ後は大きなジャンプ

・先月(2018年10月)のパフォーマンスレビュー




1ヶ月遅れのパフォーマンスもそれぞれ公開!(2018/09)

・個別銘柄レビュー → ポートフォリオ会員に1ヶ月遅れで公開

・ポートフォリオレビュー → レポート会員に1ヶ月遅れで公開




それでは行きましょう!

会員レポート DeepInside 2018年11月号

「中間選挙で売り枯渇」




詳細やご入会はこちらから !!!

   ↓↓↓

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/



-----------------------------------------

金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。

またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。

弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


【週末だけのグローバル投資】約50年ぶりの対中政策大転換 (5)中間選挙が終わっても、米中貿易摩擦は終わらない





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第395号 約50年ぶりの対中政策大転換 (5)中間選挙が終わっても、米中貿易摩擦は終わらない

週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社

                       関東財務局長(金商)第1173号                                            
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


米国の中間選挙では、トランプ大統領の米共和党が上院で過半数を確保。

改選議席から言えば順当な結果とはいえ、外交で譲歩せずに済むのはありがたいでしょう。

加えてテキサス・フロリダ・オハイオなどの「スイングステート」知事選でも勝利。

2年後の再選に向けて大きく前進し、勝利宣言を行いました。

*****************************************************

一方の米民主党は下院を奪還。

しかし共和党の議席も200を超え、「ビッグ・ブルー・ウェーブが来る!」と最初に期待したほどの差ではありませんでした。

「投票先を知られたくない」隠れトランプ派が歯止めになったのかもしれません。

それでも若年層の投票率が上昇したところを見ると、ある程度は支持者の掘り起こしに成功したのでしょう。

ただし期待された州知事候補が負けるなど、トランプ大統領の対抗馬が育っていないことが将来的な問題となりそうです。

*****************************************************
*****************************************************

さて、選挙前には「米中貿易摩擦は選挙前のポーズ」と言っている人々が大勢いました。

「だから選挙が終わればこの問題は解決する」というわけです。

しかしそれはあまりに表層的な見解です。

米国が態度を変えた理由は、これまで中国がパートナーになると期待して50年もさんざん支援を続けたことがあります。

それなのに

-----------------------------------------
- 軍事侵略

- 国際法無視

- スパイ活動による技術盗用

- 世論操作や選挙介入

- 人権侵害(強制収容所や臓器移植ビジネス)
-----------------------------------------

など、反米・反自由主義・反人権・反法治主義活動が強化されたことに怒っているのです。

*****************************************************

騙されたことに気付いた人々は、マスメディアを「フェイクニュース」と指弾しています。

「リベラルに関わるな」という運動が広がっています。

「親中派」「パンダハガー」と呼ばれていた米民主党員が、ドテンして中国を責める急先鋒になったりしています。

決してトランプ大統領の思い付きや、個人的な感情で続けていることではないのです。

*****************************************************
*****************************************************

したがって中間選挙が終わっても、米中貿易摩擦は終わりません。

それでは都合が悪い中国側は

「トランプのせいで世界経済が悪化する」

「トランプ・リセッションだ!」

と言い始め、マスメディアを使って不安を煽っています。

*****************************************************

そのような人々は金融業界にいるようです。

ナバロ通商製造政策局長はそのような人々を、「外国の代理人」と非難しています。

---------------------------------
米中通商問題に口はさむ金融幹部は「外国の代理人」=米通商政策局長
https://jp.reuters.com/article/navarro-us-china-idJPKCN1NE2E7
---------------------------------

金融業界はもともとリベラルが多いですが、献金額も多いためか名指しされることは稀です。

トランプ大統領は大口献金に頼っていないため、そのようなことが言えるのでしょう。

これまでの大統領と比較しても、かなり異色だと思います。

*****************************************************
*****************************************************

しかし彼らがいくら不安を煽っても、米国のゴルディロックス経済は続きます。

先に爆発するのは中国などの新興国や、欧州ソブリン・欧州金融などの火薬庫。

それらを利用することで、大きな利益を上げるチャンスがあります。

逆に全体の構図を見誤ってしまうと、大損することになるでしょう。






* 今回の投資戦略動画では、米国中間選挙の結果について念入りに説明しています。

  ↓ ↓ ↓ 


-----------------------------------------
参考のためワイルドインベスターズ投資ブログをご覧ください。
このメルマガに関連したチャートが貼り付けてあります。
会員サイトではさらに盛りだくさんのチャート集があります。


投資戦略動画(公開用)20181110
http://blog.livedoor.jp/contrarian65-wild/archives/51256717.html


パフォーマンス 2018年10月
http://blog.livedoor.jp/contrarian65-wild/archives/51256635.html


-----------------------------------------

金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。

またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。

弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


投資戦略動画(公開用)20181110

投資戦略の動画を公開しています。

局面の解説・一般原則・考え方が主な内容です。

さらに詳しい情報、タイムリーな助言、具体的な戦略を知りたい方は会員サイトにご入会下さい。
月額2,550円から過去のレポートや動画がすべて見放題です。

ワイルドインベスターズ会員サイト


新刊出ました!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
ディスクレーマー
金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。 またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。 弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。 http://www.wildinvestors.com/member/
QRコード
QRコード
プロフィール

逆張り投資家

Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ