ワイルドインベスターズ投資ブログ

     ~ グローバル投資への扉 ~   関東財務局長(金商)第1173号

2015年09月

中国バブル崩壊のインパクト(11) BRICsの夢は散る


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第230号 中国バブル崩壊のインパクト(11) BRICsの夢は散る

週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ひところBRICsという言葉が流行しました。

ブラジル、ロシア、インド、中国という国土と人口に恵まれた国が投資対象として魅力的だということです。

短期的な投資対象の話であれば、反対する理由もありません。

しかし中には「日米欧の先進国は没落し、BRICsがそれに取って代わる」と誤解した人々もいました。

勝手に拡大解釈をして、「だから日本はダメだ」と言い出す人が続出しました。

*************************************************************

それから15年が経ち、どうなったでしょうか?

ロシアは経済制裁とエネルギー価格下落でボロボロ。

ブラジルも過剰投資と汚職でズタズタ。

中国に至っては資本主義や貿易立国まで否定し、毛沢東時代に戻る勢い。

インドだけが少しマシかなという程度です。

いずれも格付けはジャンクに近く、金持ちと言われた中国でさえ先行きは厳しいと考えられています。

*************************************************************
*************************************************************

結局、BRICsは資源価格高騰による副次的なブームだったのです。

ブラジルは資源価格が上がると「将来の超大国」ともてはやされますが、それが終わるとすぐ破綻します。

このことは1968年から1973年のインフレ亢進期に起こった「ブラジルの奇跡」を知っている人であればすぐ気づいたはず。

ロシアも似たようなエネルギー依存経済です。

中国とインドの成長は人口動態や海外からの投資に負うところが大きく、先進国を追い越して行くほどの文明ではありません。

*************************************************************

資源大国とは裏を返せば技術で勝負できない国です。

(米国は豊富な地下資源を持っていますが、技術力が凄いので資源大国とは呼ばれません)

それらの国はコモディティ価格に翻弄される運命にあります。

「一時的な勢い」を「永続的なかつ不可逆な変化」と考えてしまうと、投資の結果は厳しいものになります。

*************************************************************
*************************************************************

それらの国は、いずれも大国です。

しかし先進国ではありません。

先進国に「なれる」か「なれない」かには文明としての質の違いが大きく、簡単に乗り越えられるものではありません。

*************************************************************

新興国が先進国にまで発展した「最近の例」は、19世紀後半の米国と日本です。

しかし米国は西洋文明であり、日本は鎖国で取り残されたものの昔から技術大国です。

単に技術が移植されただけでなく、それを自力で発展させる力がもともと備わっていました。

それ以外の「技術が中から育たなかった国」が技術移転によって発展しても、「このまま追い越してリードする」と考えるのは早計なのです。

*************************************************************
*************************************************************

特に中国と韓国は、米ソ冷戦期に始まった日米による投資と技術移植により発展した国です。

日米の援助がなかった頃の中国は大躍進や文化大革命でボロボロ。

日米の援助がない韓国は、つまり北朝鮮。

結局のところ中韓は、日米の強力な支援でようやく発展したのです。

その因果関係を理解していないと「日本を捨てて中国に行こう!」などと早まった決断をしてしまいます。

*************************************************************

「日本はもうダメだ。これからは中国と韓国の時代」

と言っていた人々は、水面に映った自分の姿を見て吠える犬のようなものでした。

自分が咥えていたおいしい肉を川に落としてしまいましたが、それを教訓として生かしましょう。

現在の勢いを計るだけでなく、強さの根源を知ることが質の高い利益を安定的に得る秘訣です。




(続く)


-----------------------------------------
参考のためワイルドインベスターズ投資ブログをご覧ください。
このメルマガに関連したチャートが貼り付けてあります。
会員サイトではさらに盛りだくさんのチャート集があります。


ワイルドインベスターズ会員サイト


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


投資戦略動画(公開用)201509025

投資戦略の動画を公開しています。

局面の解説・一般原則・考え方が主な内容です。

さらに詳しい情報、タイムリーな助言、具体的な戦略を知りたい方は会員サイトにご入会下さい。
月額2,550円から過去のレポートや動画がすべて見放題です。

ワイルドインベスターズ会員サイト


気になるチャート20150925 日独失速で米国頼み鮮明に


株価は世界的に軟調だが、米国が踏ん張っている。

日独が脱落気味で米国頼りがますます鮮明になった。

このあたりは明日26日のセミナー「中国「資本主義ごっこ」の終わりと新興国連鎖危機」でも詳しく話そうと思う。

(ご案内)
http://blog.livedoor.jp/contrarian65-wild/archives/51192458.html

LineChartMajorEq1f1_20150925 





























現地通貨ベース対MSCIでは米国の他、インドや韓国が健闘していることがわかる。

LineChartMajorEqvsMXWO1f1_20150925 





























対SP500ドルベースで見ると右肩下がりの「本流」。

排ガス規制に関する不正でフォルクスワーゲンが叩き売られ、ドイツ株が安い。

LineChartMajorEqvsSPX1f1_20150925 





























通貨は「リスクオフの円高」が止まったように見えるが、反発とまでは行ってない。
LineChartMajorCcyJPY1f1_20150925





























コモディティの下落が続く限り、新興国は買いにくい。

LineChartCmdtyIDX1f1_20150925





























日本の大型株が弱いのは「ディフェンシブ優良株バブル」が崩壊したからだろうか。

LineChartEqJPNidx2vsTPX1f1_20150925


 

投資戦略動画(公開用)201509019

投資戦略の動画を公開しています。

局面の解説・一般原則・考え方が主な内容です。

さらに詳しい情報、タイムリーな助言、具体的な戦略を知りたい方は会員サイトにご入会下さい。
月額2,550円から過去のレポートや動画がすべて見放題です。

ワイルドインベスターズ会員サイト


気になるチャート20150918 米利上げ延期は悪いニュースか

---------------------------------------------------------------------
主に国際経済・金融情勢からFRBは利上げを延期した。
これは順当な判断と言える。
弊社がずっと言って来たように、米国は「低インフレ下の経済成長」という理想的な環境にある。
必要もない利上げをして新興国崩壊のスイッチを押す理由はない。
---------------------------------------------------------------------

急落後の落ち着き場所を探りつつ、ボラティリティが下がってきた。

円高も一服し、「米利上げ延期を織り込みつつドル高」という不思議な現象になった。

LineChartMajorCcyJPY1f1_20150918





























株価はどの国も戻りが鈍い。

EPSが下がらないとすれば米国株はすでに買って良い水準だが・・・。

LineChartMajorEq1f1_20150918




























ドルベース対SP500指数でみると、まだ米株と米ドルが相対的に強い「本流」だ。
LineChartMajorEqvsSPX1f1_20150918





























コモディティも落ち着きどころを探る展開。

原油が上がると株価も敏感に上昇する。
LineChartCmdtyIDX1f1_20150918




























米セクターではエネルギーと素材がふたたび弱くなってきた。

新興国の厳しい将来を暗示している。

LineChartSP10vsSPX1f1_20150918





























日本株ではグロース株に対し、バリュー株が強くなりつつある。

LineChartEqJPNidx2vsTPX1f1_20150918
新刊出ました!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
ディスクレーマー
金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。 またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。 弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。 http://www.wildinvestors.com/member/
QRコード
QRコード
プロフィール

逆張り投資家

Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ