ワイルドインベスターズ投資ブログ

     ~ グローバル投資への扉 ~   関東財務局長(金商)第1173号

2018年07月

【週末だけのグローバル投資】対抗関税の損得勘定 (4)剥き出しになった中国包囲網




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第380号 対抗関税の損得勘定 (4)剥き出しになった中国包囲網

週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



今週も貿易摩擦で新たな展開がありました。

まずトランプ米大統領と欧州委員会のユンケル委員長が歩み寄り、米欧間の貿易戦争が回避されました。

-------------------------------
米EU、車除く工業製品の関税撤廃目指す-土壇場で貿易戦争回避
Bloomberg 2018年7月26日
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-25/PCFURH6TTDS001
-------------------------------

*****************************************************

さらに「貿易戦争については中国が悪いということで、米欧間では話がついた」と報道されました。

-------------------------------
EU、米国を支援と約束 中国貿易慣行への対処で=NEC委員長
ロイター2018年7月27日
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-eu-kudlow-0726-idJPKBN1KG2PQ

「世界の貿易システムを台無しにしてきた中国との戦いで米国とEUは同盟国となる」

「ユンケル委員長は前日、中国問題を巡り、トランプ大統領を支援していく意志があることを示した」

-------------------------------

*****************************************************
*****************************************************

この展開には驚きました。

ジャイアンがさんざんスネ夫を殴りつけたあとに、

「心の友よ!一緒にあいつをぶっ〇しに行こう」

と抱きしめるようなものです。

いきなり殴らなくても、最初からそう言えばいいのにと思ってしまいます。

(ちなみにのび太は何度もこれをやられているので、ジャイアンには決して逆らおうとしません)

*****************************************************

いろいろ考えた末にそうしたのか、あるいは同盟国までいったん殴りつけたあとに従わせようとしたのか。

トランプ大統領の経済政策はいろいろ疑問が多いですが

「敵味方を間違えない」

という、政治家として重要な才能を持っていると思います。

*****************************************************
*****************************************************

さらに驚いたのは、トランプ政権が中国に対し「人権カード」を切ってきたこと。

ペンス副大統領は「中国政府がイスラム教徒であるウイグル族を不当に収容し弾圧している」と非難しました。

知っている人には今更な話ですが、この時期に言ったことに意味があります。

自分を敵視する者同士を戦わせる効果も狙っているのでしょう。

-------------------------------
トランプ政権 中国がウイグル族を不当に収容と非難
NHK 2018年7月27日
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180727/k10011551041000.html
-------------------------------

*****************************************************

トランプ政権は北朝鮮を

- 貿易カード
- 金融カード
- 人権カード

で締め上げています。

それと同じことを中国にやろうとしているのです。

過去何度も繰り返されてきた、米国の必殺パターンです。

*****************************************************
*****************************************************

何度も書くように、米国の関税政策は通商問題ではありません。

中国が世界覇権を奪おうとしていることに気付き、それを阻止しようという米国の「安全保障問題」です。

弊社の見立て通り、これが中国包囲網のひとつあることが明確になってきました。

中国や関連株への投資は十分に注意してください。





(終)




-----------------------------------------
参考のためワイルドインベスターズ投資ブログをご覧ください。
このメルマガに関連したチャートが貼り付けてあります。
会員サイトではさらに盛りだくさんのチャート集があります。



ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


投資戦略動画(公開用)20180727

投資戦略の動画を公開しています。

局面の解説・一般原則・考え方が主な内容です。

さらに詳しい情報、タイムリーな助言、具体的な戦略を知りたい方は会員サイトにご入会下さい。
月額2,550円から過去のレポートや動画がすべて見放題です。

ワイルドインベスターズ会員サイト




 

【週末だけのグローバル投資】対抗関税の損得勘定 (3)資本主義という「宗教」、自由貿易という「教義」は死なない





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第379号 対抗関税の損得勘定 (3)資本主義という「宗教」、自由貿易という「教義」は死なない

週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


2018年7月17日、日本とEU(欧州連合)は世界最大規模の経済連携協定(EPA)に署名しました。

これが実現すれば、世界の国内総生産(GDP)の3分の1近くを占める経済圏となります。

*****************************************************

これはもともと安倍首相が訪欧して署名するはずでした。

しかし日本の豪雨災害によって訪欧は急遽中止に。

すると欧州委員会のユンケル委員長が訪日してくれることになり、めでたく日本での署名となったのです。

人道を旨とするEUらしいふるまいであり、またこの協定に対する期待の大きさを示しています。

*****************************************************
*****************************************************

マスメディアはこれを「米国の保護主義に対抗」と報道しています。

英国では「これで我々は取り残された。EUを離脱するべきではなかった」と報道しているようです。

しかしそれらは全く的外れです。

米英日を争わせたい人々の報道を信じていたら、彼らの思う壺となります。

*****************************************************

米英日はそれぞれ国益に沿った形で、自由貿易を再構築しようとしているだけです。

トランプ大統領は就任直後にTPPへの離脱を表明しましたが、今では復帰の検討を指示しています。

英国と日本は自由貿易協定(FTA)の交渉に着手しています。

また英国は環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する意向も示しています。

お互いに交渉して主張することはあっても、対抗する意図はありません。

対抗するものがあるとすれば、それは自国の安全を脅かす国に対してです。

*****************************************************
*****************************************************

資本主義国家が、自由貿易という「宗教」を捨てることはありません。

共産主義が宗教であるのと同様、資本主義もまた宗教です。

それは国家の枠を超えて経済的利益(カネ)を追求します。

そして自由貿易はそれを支える「教義」のようなもの。

資本主義の総本山である米国や、それを支えている英国や日本が自由貿易を捨てるわけがないのです。

*****************************************************

[共産主義教]

共産党を頂点とする一神教。

他の宗教や政党を認めない。

逆らう奴は皆〇し。

*****************************************************

[自由貿易(資本主義)教]

経済的利益(カネ)を頂点とする現世宗教。

最適な国で作り、最適な良い国で売る。

政府は邪魔すんな。何でも自由にやらせろ。社会が荒廃してもシラネ。

*****************************************************
*****************************************************

これらのうち、どちらが優れているのか?

その結論はすでに出ています。

共産主義はイノベーションが進まず技術が遅れ、経済的にも衰退します。

不満を抑えるため、人々を弾圧します。

賢い人々は自由な国へと逃げ出して、二度と帰って来ません。

稼げない人たちが国に残って、自分の権力をますます強化しようとします。

自縄自縛に陥って、いずれ破滅してしまうのです。

*****************************************************

一方、資本主義教も最初は悲惨なものでした。

もともと共産主義教は、資本主義教の矛盾に対抗するために生まれたものだったのです。

しかし資本主義教には、共産主義教が捨ててしまった「自由」と「競争」が残っていました。

国や企業間で競争が働き、社会主義の良い部分を取り入れて福祉を発展させました。

今の先進国は、昔のリベラルが夢見た理想をほぼ実現しています。

問題が尽きることはありませんが、間違いを修正する柔軟性があります。

*****************************************************
*****************************************************

日欧EPAは、反米でも反トランプでも反英でもありません。

単なる「資本主義国間の自由貿易体制の再構築」です。

ただしこれによって経済のブロック化は進むでしょう。

それは「米国(資本主義陣営) vs 中国(共産主義陣営)」という新冷戦に基づくものです。




(終)




-----------------------------------------
参考のためワイルドインベスターズ投資ブログをご覧ください。
このメルマガに関連したチャートが貼り付けてあります。
会員サイトではさらに盛りだくさんのチャート集があります。



ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


気になるチャート20180720


新興国は株・通貨ともに相対的に下げ続けている。

弊社読み筋どおりであり、今月もパフォーマンスは良い。

LineChartMajorEq1f1_20180720



























通貨もドルが強い。

人民元や上海株の弱さには注目しておくべきだろう。

LineChartMajorCcyUSD1f1_20180720




























ドルベース対SP500で見ると、右肩下がりの本流が続いている。

次回の会員レポートでは、注目度が小さいが火薬庫となりえる新興国について書く予定だ。

LineChartMajorEqvsSPX1f1_20180720




























日本株の中では日経が強く、小型新興が弱い。

LineChartEqJPNidxvsTPX1f1_20180720



























また、グロース株がバリュー株に勝る傾向も続いている。


LineChartEqJPNidx2vsTPX1f1_20180720




















ASUSのタッチパッドが死んだときの修復法(windows10)


弊社には、ほぼ骨董品となったASUS-U24Aというノートパソコンがあります。当時は5万円以下で買うことができたコスパ最強マシンなのですが、年月が経って不具合がしばしば出るようになりました。そのひとつが、「タッチパッドが使えなくなる」ということです。

そうなるとマウスが使えないのと同じなので、操作しにくくなります。
「もう古いし壊れたのかな」と思って、PCそのものを買い替えたくなるかもしれません。
しかしこの現象はwindows10がアップデートされた後に起こりやすいので、相性の問題であるような気がしています。



この問題の解決方法、それは

「デバイスマネージャからASUS Touchpadをいったん削除し、再起動をかける」

そうするとドライバが更新されるのか、元通りに動くようになります。




[状況1] どこからかUSBマウスを借りられる場合
  1. USBマウスをUSBポートに差し込む
  2. 画面左下のウィンドウズロゴ(たなびく「田」みたいな絵)を右クリックしデバイスマネージャを選択
  3. 「マウスとその他のポインティングデバイス」を選択
  4. その下に「ASUS Touchpad」があるので、右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択
  5. 「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」と出るので、クリックしてチェックボックスにチェックを入れ「アンインストール」を選択
  6. 「再起動しますか?」と聞かれるので、「はいyes」を選択。
  7. 再起動が終わったら、タッチパッドが使えるようになっているはず

[状況2] USBマウスが近くになく、キー操作だけで対処しなくてはならない場合
  1. 最下段、左から3番目のウィンドウズキーを押す(たなびく「田」みたいな絵のキー)
  2. すると左下のcontraに入力できるようになるので、「device manager」と打ち込む。たいがい最初のdeだけで出る。候補に出たらエンターキー(Enter)を押して選択。これでデバイスマネージャにたどり着く
  3. タブ(Tab)キーを一度押すと、デバイスマネージャ内のデバイスが選択できるようになる。ページダウンキー(最下段、右から2番目)を何回か押し、「マウスとその他のポインティングデバイス」まで来たらエンドキー(最下段、右から1番目)を押すとその下の選択肢が現れる。
  4. ページダウンキーを押して「ASUS Touchpad」まで来たら、デリートキー(最上段右隅)を押す。
  5. 「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」と出る。これに対してはスペースキー(一番下真ん中の大きなキー)を押せばチェックマークを入れることができる。そしてエンターキー(Enter)を押すと、「今すぐコンピュータを再起動しますか?」と聞かれる。そのままエンターキーか「y」を押す
  6. 再起動が終わったら、タッチパッドが使えるようになっているはず

両方とも同じ操作なのですが、これを最初からキー操作だけでできる人は少数派ではないかと思います。

しかし実はマウスよりキーの方が早いので、達人の中にはマウスを全く使わない人もいるほどです。

普段はマウスやタッチパッドを使えば良いのですが、こんなときのためにキー操作の基本も覚えておくと良いでしょう。

  1. どこかに飛びたい時は「Tabキー」
  2. 飛んだ後に選択したものを変えたいときは方向キー(up,down,home,end)
  3. チェックボックスにチェックを入れるときはスペースキー
  4. 実行あるいは許可はエンターキー

この4つを覚えておけば、タッチパッドやマウスが死んでいても何とかなります。
試してみてください。

(終)

新刊出ました!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
ディスクレーマー
金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。 またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。 弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。 http://www.wildinvestors.com/member/
QRコード
QRコード
プロフィール

逆張り投資家

Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ