ワイルドインベスターズ投資ブログ

     ~ グローバル投資への扉 ~   関東財務局長(金商)第1173号

2019年02月

【週末だけのグローバル投資】米中通商協議のゆくえ (1)中華流交渉術に翻弄されるトランプ政権




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第409号 米中通商協議のゆくえ (1)中華流交渉術に翻弄されるトランプ政権

週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社

                      関東財務局長(金商)第1173号
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


注目された米中通商協議は期限を2日間延長。

トランプ米大統領は

「進展があれば3月1日に設定している関税率引き上げ期限を1ヶ月延長することもある」

と発言しました。

--------------------------
米中通商協議を2日間延長、為替政策で進展-3月にも首脳会談
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-02-22/PNCJ1A6JIJUT01?srnd=cojp-v2-overseas
--------------------------

*****************************************************

またムニューシン財務長官は「通貨に関しては最終合意に達した」と発表しました。

数日前には主要な構造問題で6つの覚書が準備されていると報道されていました。

これらを見ると、交渉が順調に進んでいるかのように見えます。

--------------------------
米国と中国、通貨に関して最終合意に達した-ムニューシン財務長官
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-02-22/PNCF9D6K50XS01?srnd=cojp-v2-overseas
--------------------------
米中貿易交渉、主要な構造問題で6つの覚書を準備
https://jp.reuters.com/article/usa-china-six-memorandums-idJPKCN1QA0A5
--------------------------

*****************************************************
*****************************************************

しかし「中華流交渉術」を知っていれば、いつもの手口で嵌められているようにしか見えません。

習近平氏と会談する/しないをエサにすれば、さらに3ヶ月ぐらいは稼げるでしょう。

ついでにトランプ米大統領と中国の副首相が会談することで、習近平主席は「さらに上の存在」であることを印象付けました。

来年の大統領選挙に向けてトランプ氏が功を焦るようになれば、ますます中国のペースで交渉が進むことと思います。

*****************************************************

中華流交渉術は、韓国や北朝鮮にも共通する戦術です。

クリントン政権もブッシュ政権も同じようにして北朝鮮に資金と時間を与えました。

オバマ政権はそもそも問題であることを認識できていませんでした。

その結果が北朝鮮の核ミサイル完成だったのです。

*****************************************************
*****************************************************

中国は交渉に応じるふりをしながら遅延工作を続けています。

通商協議に耳目を集めておけば、尖閣に中国船が3日連続で侵入しても騒がれません。

強制収容所や臓器移植ビジネスも注目されません。

中国にとっては「時間稼ぎ」こそが重要で、各国のシンパを使って期待を盛り上げています。

*****************************************************

そして仮に何かを約束したところで、守られることはありません。

何か理由をつけてゴネたり、別の場所で火種を撒いて、注意をそらしてしまえば良いのです。

その頃には大統領もスタッフも変わってしまい、またゼロからスタートします。

*****************************************************
*****************************************************

中華文明と何か約束をしても、それで解決した気になってはいけません。

「法律・契約・条約を守るのは弱者だけ」

「自分は立場が上なのだから守る必要はない」

「むしろ立場が上であることを示すために、積極的に破るべきだ」

と、考える文化があるです。

*****************************************************

彼らの中では「頭を下げず、約束を守らない人こそ強者」です。

簡単に謝ったりカネや技術を差し出ような人間は弱者なので、何をやっても良い相手ということになります。

ましてや外国人(夷狄)と対等に話すような人は、権力者にふさわしくありません。

フレンドリーな指導者は部下や国民から舐められて、権力を奪われてしまうのです。

それは即ち、死を意味します。

*****************************************************
*****************************************************

今の米国や日本の態度を見ている限り、中華文明を理解しているとは思えません。

六者協議・日韓基本条約・慰安婦合意などが守られないのは、彼らの中で強烈な序列意識があるからです。

彼らが尊重するのは「力」だけであり、言論や法律などは「弱者の寝言」に過ぎないのです。

その「信仰」がわからないうちは、東アジアの問題を解決することはできないと考えます。





-----------------------------------------
参考のためワイルドインベスターズ投資ブログをご覧ください。
このメルマガに関連したチャートが貼り付けてあります。
会員サイトではさらに盛りだくさんのチャート集があります。

-----------------------------------------

金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。

またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。

弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


気になるチャート20190222


株式相場はゆるやかなリスクオン継続。

米中協議に対する楽観論が報じられているが、弊社の見通しはネガティブ。

しかし株価の動きはまた別であろうと考えている。

LineChartMajorEq1f1_20190222





























通貨の円安基調がリスクオンをサポートした。

ここ数日はそれが少し怪しくなっているのだが、転換までに至るかどうか。

LineChartMajorCcyUSD1f1_20190222





























ドルがやや持ち直したことで、弊社が言う「本流」へとやや動いた。

しかしこれもトレンドと呼ぶほど強くはない。

LineChartMajorEqvsSPX1f1_20190222





























米株のセクターも大きな動きはなし。

「景気に対する不安が薄らいだ」とは言えるだろう。

LineChartSP10vsSPX1f1_20190222






























ここ半年ぐらいの動きを見ると、日本株は大型が持ち直しており小型が冴えない。

景気回復局面の動きとは反対になっている。

LineChartEqJPNidx2vsTPX1f1_20190222
















【週末だけのグローバル投資】米株バブル最大の危機 (5)サブプライムショック時にも数か月の戻りがあった





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第408号 米株バブル最大の危機 (5)サブプライムショック時にも数か月の戻りがあった

週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社

                      関東財務局長(金商)第1173号
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


米国株はスルスルと上がり続け、昨年11月・12月の高値に近づいてきました。

「しばらくは戻り歩調」と考え「風見鶏的に相場に従う」としている弊社でしたが、

実際にそうなってみるとやや驚きです。

*****************************************************

ただしこのような展開がありえることは、メルマガやレポートで予告しておきました。

「危機感がいったん織り込まれた後は、数か月の間ずっと戻り続けることがある」

からです。

このようなときは経験的に、ショートで突っ張ってはいけません。

*****************************************************
*****************************************************

たとえば昨年12月27日に会員さんに宛てたメール

「投資戦略アップデート(20181227)[特別] 短期的には反発濃厚だが」

では以下のように書きました。

------------------------------------------------
ここから先の米国株は、移動平均との乖離を埋めに行く展開を予想しています。

ただしこれは、上昇トレンドが復活するという感じではありません。

一連のサブプライム危機では、2008年3月のベア・スターンズ破綻後に数か月の反発局面がありました。

そこで多くの人々が、「危機は去った」「少なくとも市場は織り込んだ」と安心したのです。

しかし9月には、さらに恐怖を増してリーマンショックが襲ってきました。
------------------------------------------------

*****************************************************

また先週リリースした投資レポート「DEEP INSIDE」 2019年02月号で言えば

「4.    サブプライムショック時にも数か月の戻りがあった」

のパートがそれに当たります。
http://blog.livedoor.jp/contrarian65-wild/archives/51259044.html

*****************************************************
*****************************************************

下げ相場で利益を得るのは大変です。

たとえ下落トレンドであっても、株価が一本調子に下げ続けることはありません。

途中に鋭い踏み上げや、じりじりとした買戻しが入って、ショートポジションを買い戻させられます。

たまりかねてドテン買いにすると、それを待っていたかのように反落します。

長期見通しは正しくても、終わってみると損をしていることがあるのです。

*****************************************************

「サブプライムショックで大儲けした」系の本を読むと、危機が起こることを予測した人はそれなり居ました。

しかし同時に、タイミングが早かったばっかりに踏み上げを食らって損をした人々も居たのです。

危機を予測できても、そこから利益を得るには別の能力が必要です。

*****************************************************
*****************************************************

そのような経験から、弊社はいま「風見鶏戦略」を採用しています。

ノイズに惑わされないようある程度の鈍さをもって節操なく買い、時には節操なく売ります。

このような局面で安全に利益を狙うには、この方法が良いと経験的に知っているからです。





-----------------------------------------
参考のためワイルドインベスターズ投資ブログをご覧ください。
このメルマガに関連したチャートが貼り付けてあります。
会員サイトではさらに盛りだくさんのチャート集があります。


-----------------------------------------

金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。

またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。

弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


投資戦略動画(公開用)20190215

投資戦略の動画を公開しています。

局面の解説・一般原則・考え方が主な内容です。

さらに詳しい情報、タイムリーな助言、具体的な戦略を知りたい方は会員サイトにご入会下さい。
月額2,550円から過去のレポートや動画がすべて見放題です。

ワイルドインベスターズ会員サイト


【週末だけのグローバル投資】会員さん用投資レポートDEEP INSIDE 2019年02月号 「時には風見鶏のように」





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第407号 会員さん用投資レポート DEEP INSIDE 2019年02月号リリース! 「時には風見鶏のように」

週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社

                      関東財務局長(金商)第1173号                                            
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


お待たせしました!

会員さん用投資レポート「DEEP INSIDE」 2019年02月号リリースです!



株価は昨年末から戻し続け、昨年10月からの下落を半分以上埋めました。

「特に材料なく上がるときはロング」という戦術は、今のところ成功です。



ここから先の事は、あまりよくわかりません。

経済指標にも信用市場にも不安材料は見当たりません。

2015-16年の調整のように、あっさり高値を更新することもありえます。

しかし昨年、一部の長期投資家や企業オーナーが株を売り抜けた気配だけが気になります。



このようなときは、ロングにもショートにもこだわるべきではないと思います。

どちらかに偏ってしまうと、再起不能なほどの損失を食うからです。

特にボラティリティが高い時は、投資金額を減らすべきです。

資金が減耗しないことを第一とし、チャンスを待ちましょう。



そう書いている間に、株価の動きが怪しくなってきました。

時には風見鶏のように、柔軟にポジションを組み替えます。





[今月のおしながき]


投資レポート「DEEP INSIDE」 2019年02月号

・時には風見鶏のように

1.    2019年01月は戻り歩調でジリ高
2.    テクニカル通りの反発
3.    クレジット市場は鎮静化へと向かう
4.    サブプライムショック時にも数か月の戻りがあった
5.    地政学リスクおさらい
6.    まとめ:時には風見鶏のように

・先月(2019年01月)のパフォーマンスレビュー




1ヶ月遅れのパフォーマンスもそれぞれ公開!(2018/12)

・個別銘柄レビュー → ポートフォリオ会員に1ヶ月遅れで公開

・ポートフォリオレビュー → レポート会員に1ヶ月遅れで公開




それでは行きましょう!

会員レポート DeepInside 2019年02月号

「時には風見鶏のように」




詳細やご入会はこちらから !!!

   ↓↓↓

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/



-----------------------------------------

金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。

またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。

弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


新刊出ました!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
ディスクレーマー
金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。 またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。 弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。 http://www.wildinvestors.com/member/
QRコード
QRコード
プロフィール

逆張り投資家

Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ