リバーサルの動きが続いているように感じる。

英国金利上昇のとばっちりでユーロや米国の長期金利も上昇。

一時的にしてもこれまでの環境や前提が崩れそうだ。

LineChartGovBond1f1_20170708



























ECBが利上げをする理由などこれっぽっちもないのだが、長期金利も通貨も上がってしまった。

ユーロベースで見ると震源である英ポンドよりも強い。

LineChartMajorCcyEUR1f1_20170708



























株価指数はそれほど弱くなく、たとえ下げても戻ってくるのだが・・・。

LineChartMajorEq1f1_20170708





























セクターを見るとこれまでの二極化が逆転し、リバーサルが起こっている。

LineChartSP10vsSPX1f1_20170708



























日本株も同様。

取り残されていたバリューが相対的に強くなり、好調だったグロースが相対的に弱くなっている。


LineChartEqJPNidx2vsTPX1f1_20170708





























今月号の会員レポートでは、最近のリバーサルについて見通しと戦略を提示している。

会員レポート DeepInside 2017年7月号

「米ハイテク株調整はしばらく続く」


1.    6月はリバーサルの動き強まる
2.    意外な震源、欧州金利
3.    二極化の原因とその乱れ
4.    ボロエルディ氏の分析(FAAMG5について)
5.    確かにやり過ぎちゃったよね
6.    まとめ:米ハイテク株調整はしばらく続く


購読はワイルドインベスターズ会員サイトへ!
http://www.wildinvestors.com/member/