各国分析でオーストラリアの代わりにポーランドを入れました。


--------------------------
米国各州の地域分けは、このサイトを参考にしています。


米国50州を完全に覚えたい時は、以下のようなゲームを利用すると楽です。
米国だけでなく他地域の国名・州名・都市名のゲームもあります。
昔は友達と地図帳を見ながらクイズを出し合ったものですが、時代は変わりましたな。

--------------------------






目次

  1. 米国の状況 長いこと減り続けていた重症者が増加に転じる。時間を置いて死者が再増加する可能性アリ。
  2. 日本の状況 欧米に比べると順調に鎮静化。しかし関東甲信越などで人工呼吸器やECMO装着増える。
  3. 各国の動向
  4. 一日あたり死者数上位国ランキング
  5. グループごとの分析
    一日あたり死者数(7日移動平均)
    一日あたり新規感染者数(7日移動平均)
    一日あたり現存感染者数増減(7日前比増減)
    一日あたり重症者数増減(7日移動平均) 


【1. 米国の状況】

米国は現存感染者がまた増え始め、長いこと減り続けていた重症者が増え始めています。死者数はじりじり減り続けていますが、時間を置いて再増加する可能性が高いです。



以下6つの図はNYタイムズからいただいたもの。表はそれを弊社がまとめたものです。


NYTbar20201007
















マップを見ると引き続き中西部やグレートプレーンズとそれに接する南部州が多いです。そこにロッキー山脈が加わっています。ウィスコンシンは「真っ赤に燃えて」います。


NYTmap20201007



















米国50州+4地域で新規感染者は「水準は低いかつ低位安定」が減り、「水準は低いが増加中」に移ってきました。


米国54の州や地域で感染者の








水準は高い 水準は高い 水準は低い 水準は低い

かつ かつ

高止まり 減少中 増加中 低位安定 合計
2020/9/9 13 3 6 32 54
2020/9/16 12 7 8 27 54
2020/9/23 18 1 13 22 54
2020/9/30 23 1 6 24 54
2020/10/7 23 0 14 17 54



[新規感染者が多く、かつ増えている州や地域]

は5つ増えて23に。

マップで見るように、グレートプレーンズ・中西部・それに接する南部州が中心。そこにモンタナ・アイダホ・ワイオミングなどロッキー山脈州が加わっています。


NYTHH20201007































[新規感染者が多いが、しかし減少している州や地域]

は1つ減ってゼロになりました。












[新規感染者が少ないが、しかし増えている州や地域]

は8つ増えて14。

ほぼ東海岸とニューイングランド地域です。

NYTLU20201007




















[新規感染者が少なく、かつ低位安定している州や地域]

は7つ減って174。

まだ上向きになりつつある州があります。


NYTLL20201007





























【2. 日本の状況】

worldmetersの数字によれば、日本では現存感染者の減少が続き前週比で-159人。減少ペースはスローダウンしています。重症者も10人減で、欧米に比べるとはるかにマシと言えます。

死者も41人と先週の52人から減少。現存感染者や重症者が減っているのでしばらく減少傾向が続きそうですが、関東甲信越で人工呼吸器やECMOの装着数が増えているのでその先は要注意です。

Japan       2020/9/30 から 2020/10/7  
新規感染者 3,533 83,010 86,543
現存感染者 -159 5,421 5,262
  治癒者 3,651 76,025 79,676
  重症者 -10 151 141
   死者 41 1,564 1,605


病床数に対する現存感染者は引き続き減少。気温がずいぶん下がってきたにもかかわらず、患者数が減っているのは不思議です。


病床20201007















人工呼吸器装着数は関東甲信越と関西で少し増加し始めました。

ただし他地域は少なく、北海道はゼロです。気温や絶対湿度が真っ先に下がりそうな地域なのに、これは不思議なんですよね。

「群馬や栃木の感染者は外国人が7-8割」「タイには感染者がほとんど居ないのに、9月から10月頭までタイからの入国者のうち10名陽性」などと聞くと、最近の感染はほとんど外国からもたらされたのではないかと思ってしまいます。観光客ではなく、主に帰国者ということですね。


関東甲信越の人工呼吸器(ECMO含む)装着状況



人工呼吸器関東甲信越20201007















関西地域の人工呼吸器(ECMO含む)装着状況
(出所:同上)

人工呼吸器関西20201007















九州地域の人工呼吸器(ECMO含む)装着状況
(出所:同上)

人工呼吸器九州20201007















ECMO装着数も関東甲信越と関西でやや増加。

九州は少ないままです。


関東甲信越のECMO装着状況
(出所:同上)


ECMO関東甲信越20201007
















関西地域のECMO装着状況
(出所:同上)

ECMO関西20201007
















九州地域のECMO装着状況
(出所:同上)
ECMO九州20201007

















【3. 各国の動向】


--------------------------
【1】 現存感染者(対7日前)や重症者が減らず、死者が減る期待がまだ遠い国
--------------------------

アルゼンチンイランロシア

--------------------------
【2】 現存感染者(対7日前)の増加が加速し、次は重症者や死者が増える可能性が高いと思われる国
--------------------------

フランススペインフィリピン米国英国ウクライナ(↑)
--------------------------
【3】 たとえ数は少なくても新規感染者が増えるなど、感染拡大に警戒を要する国
--------------------------

イタリアベルギーオランダドイツメキシコスイスルーマニア(↑)・ポーランド(↑)

--------------------------
【4】 新規感染者が減ったり治癒者が増えるなど、現存感染者(対7日前)の増加が鈍化している国
--------------------------

モロッコインドネシアトルコエクアドルイラク(↓)・イスラエル(↓)

--------------------------
【5】 現存感染者(対7日前)が減り始め、次は重症者が減ることが期待できる国
--------------------------

インドブラジルペルーコロンビアバングラディシュ

--------------------------
【6】 現存感染者(対7日前)に続いて重症者も減り始め、次は死者が減ることが期待できる国
--------------------------

日本韓国南アフリカ(推定)




【4. 一日あたり死者数上位国ランキング】


[国別データ] as of 2020/10/7











感染数   感染増 死者 死者増 死亡/感染 死亡/検査








36381791 343517 1060002  5909 2.9% 0.3%
World
 6832988  78809  105554   963 1.5% 0.1%
India
 7776224  48715  216784   932 2.8% 0.2%
USA
 5002357  31404  148304   733 3.0% 0.8%
Brazil
  794608   4828   82348   471 10.4% 4.1%
Mexico
  840915  16447   22226   399 2.6% 1.0%
Argentina
  483844   4019   27658   239 5.7% 0.7%
Iran
 1248619  11115   21865   202 1.8% 0.0%
Russia
  877683   7875   27180   163 3.1% 0.7%
Colombia
  685155   1913   17248   145 2.5% 0.4%
South Africa
  315714   4538   11472    98 3.6% 0.3%
Indonesia
  835662   2733   33009    95 4.0% 0.8%
Peru
  142570   2958    5203    82 3.6% 0.2%
Romania
  653509  18746   32445    80 5.0% 0.3%
France
  239337   4753    4597    77 1.9% 0.2%
Ukraine
  872276   6645   32562    76 3.7% 0.2%
Spain
  107319   3003    2792    75 2.6% 0.1%
Poland
  391044   3923    9604    73 2.5% 0.4%
Iraq
  544275  14162   42515    70 7.8% 0.2%
UK
  329637   2825    5925    60 1.8% 0.1%
Philippines
  329138   1581    8609    56 2.6% 0.1%
Turkey
   24542   2312     364    43 1.5% 0.1%
Tunisia
  143531   1475   11743    41 8.2% 2.6%
Ecuador
   21433   1400     510    39 2.4% 0.1%
Myanmar
  149988   4989    6518    36 4.3% 0.2%
Netherlands
  373151   1520    5440    35 1.5% 0.3%
Bangladesh
   95360   5338     829    35 0.9% 0.1%
Czechia
  333940   3678   36061    31 10.8% 0.3%
Italy
  140024   2776    2439    29 1.7% 0.1%
Morocco
  281481   4455    1824    27 0.6% 0.0%
Israel
  137468    361    8156    27 5.9% 2.6%
Bolivia
   95704    834    3335    25 3.5% 1.0%
Guatemala

数値ソース


[グループ1]


(*英国オランダスウェーデンスペインなどは「治癒者 Total Recovered」「現存感染者 Active Cases」が途中からNAになってしまったので、現状では「現存感染者」が参考になりません。ご了承ください)



米国は新規感染者・現存感染者(対7日前比)がゆっくり増加中。ずっと減少を続けていた重症者が増加に転じたことが気になります。死者数の7日移動平均は引き続きじりじりと減り続けていますが、このままだと上昇に転じるかもしれません。

イランは新規・現存・死者数いずれも増加中。重症者も増えていますので死者数が1日200人を割るのは当分先になりそうです。最も危険な国のひとつと考えます。

スペインフランスはともに新規感染者1万人超が続いていますがやや頭打ち傾向。スペインに続いてフランスも死者数の増加が足踏みとなってきました。しかし死者数が徐々に増えているため、予断を許しません。

英国は連日の新規感染者1万4千人超え!死者数もじわりとぞうかちゅうです。

イタリアオランダベルギーがその後を追っています。

ドイツスイスの現存感染者も増加傾向。

日本韓国中国は全く心配ナシ。



G1【 一日あたり死者数 7日移動平均 】

COVID19ND1_MA7_20201007






















G1一日あたり新規感染者数 7日移動平均


COVID19NC1_MA7_20201007






















G1現存感染者 対7日前増減 】

COVID19AC1_MA7_20201007





















G1【 重症者数増減 7日移動平均

相変わらず怪しいデータです。

COVID19SC1_MA7_20201007
























[グループ2]

インドは新規感染者・現存感染が順調に減っています。死者数(7日移動平均)もそうで、1,000人を割り込みました。

その少し先を行っているのがブラジル。新規感染者は毎日2万7千人前後で変わりませんが、治癒者が多いため現存感染者が2-3万人のペースで減っています。

メキシコは定義の変更でもあったのか、すべての数字が跳ね上がりました。しかし重症者は増えていませんので、横ばいと考えて良いでしょう。


ペルーはようやく予想通り、現存感染者や死者の減少に勢いがついてきました。

トルコインドネシアは新規感染・現存感染者(対7日前)が横ばいになっています。1日あたり死者は若干減少です。

エクアドルは鎮静化か。一週間ごとにデータ水準が変わるので正直参ります。

ロシアは引き続き危険です。新規感染者と現存感染者(対7日前)に続き、死者数増加も加速し始めているように見えます。




G2【 一日あたり死者数 7日移動平均 】

COVID19ND2_MA7_20201007






















G2一日あたり新規感染者数 7日移動平均】


COVID19NC2_MA7_20201007























G2現存感染者 対7日前増減 】


COVID19AC2_MA7_20201007






















G2【 重症者数増減 7日移動平均

COVID19SC2_MA7_20201007

























[グループ3]


アルゼンチンは定義変更が入ったのか、1日あたり死者が跳ね上がりました。新規感染者・現存感染者の伸びはやや鈍ったもののまだ加速中。重症者もじわじわ増えて、死者数もしばらく減りそうにありません。南半球では感染が落ち着きつつあるように見える中で異色の存在です。

イスラエルは現存感染者がマイナスに転じましたので、鎮静化に向かうかもしれません。。

ウクライナルーマニアポーランドは新規・現存感染者が増加中。死者もじわりと増えています。

イラクは新規感染者が横ばいで治癒者が増え、現存感染者がもう少しで減少に転じそうです。

フィリピンは現存感染者が減っているはずなのですが、死者はなかなか減りません。

コロンビアは現存感染者がまたプラスに転じて来ました。死者数(7日移動平均)も170人あたりで下げ渋っています。

南アフリカも現存感染者がわずかにプラスに転じ、減少が止まった感じ。ここから春・夏に向けて減ってくれるかどうかです。





G3【 一日あたり死者数 7日移動平均 】


COVID19ND3_MA7_20201007


























G3一日あたり新規感染者数 7日移動平均】

COVID19NC3_MA7_20201007


























G3現存感染者 対7日前増減 】

COVID19AC3_MA7_20201007
























G3【 重症者数増減 7日移動平均


アルゼンチンフィリピンが引き続き要注意です。


COVID19SC3_MA7_20201007






















(終)