ワイルドインベスターズ投資ブログ

     ~ グローバル投資への扉 ~   関東財務局長(金商)第1173号

推薦図書

AI vs. 教科書が読めない子供たち (4終)過剰な期待と失望と


新しい技術が発生すると、知らない人ほど「悲観」と「楽観」の両極端に振れる傾向があります。

AIそのものは何十年も前から存在していましたが、技術レベルが低かったためにそれほど期待は大きくありませんでした。

それが1990年代後半のドットコムバブルの時期に、コンピュータやネットワークに対する期待が膨れ上がったのです。



今ではネットでポチポチっとモノを買ったり、旅行の予約をすることは当たり前です。
しかし当時は新しく、斬新な世界でした。

アマゾン・ドット・コムが米国で一大旋風を巻き起こしても、「日本はカード社会じゃないからEコマースは普及しない」という人がいたぐらいです。

それと同時に、コンピュータが人間の職を奪ってしまうことに警鐘を鳴らす人々もいました。
クリントン時代の労働長官ロバート・ライシュ氏が書いた「勝者の代償―ニューエコノミーの深淵と未来」などが、まさにそれでした。




ドットコムバブルが崩壊した後も情報技術は着実に、そして飛躍的に進歩しました。
その波にうまく乗れた人は巨万の富を得られます。
逆に仕事をコンピュータに奪われてしまい、収入を得られない人々もいます。
ただでさえ大きい格差がさらに拡大し、いっこうに縮まる様子はありません。
それどころか、ますます加速しそうなのです。



ある種の人々は、かたくなに情報技術を拒みます。産業革命の時に「機械が俺たちの職を奪った!」と機械を打ち壊して回ったラッダイト運動のように、技術の進歩に逆らう人々もいます。

あるいは逆に、「政治などの意思決定を、すべてAIにやらせたら良い」と提案する人もいます。神を見つけた宗教家のように、共産主義を見つけた思想家のように、万能の解決策を発見したつもりなのでしょう。

しかしおそらく、それはうまく行きません。
神の言葉を伝える聖職者のように、国の財産を管理する共産党幹部のように、AIをメンテナンスする技術者が強い決定権を握ってしまうからです。

AIに過剰な期待を抱いてしまうと、盲目的にその判断を信じてしまいます。その判断が狂っていても、「中の人」が好き勝手にものごとを決めても、疑うことなく従ってしまうのです。


AIの皮を被った独裁者が、人々を家畜のように扱う未来が来ないとは言えません。

それを防ぐためには我々がAIの可能性と限界を知り、二人三脚で走って行くしかないのでしょう。

AIに過剰な期待や失望をすることなく、人間も一緒に進化しなければならないのだと思います。

(終)







AI vs. 教科書が読めない子供たち (3)棋士とソフトの二人三脚


コンピュータは計算機ですから、考え方のフレーム(枠組み)が決まっている世界では人間をはるかに超えた力を発揮します。私がそれを強く感じるのは将棋の世界です。

かなり以前に、プロの将棋指し(棋士・きし)が将棋ソフトに負けるようになったというニュースは聞いていました。そしてプロもソフトを使って研究を進めているということも聞いていました。

私はたまたま1年ほど前から将棋を見始めたのですが、そこでは驚きの世界が広がっていました。
将棋の戦い方が、昔とはまるっきり変わってしまっていたのです。


私が高校生ぐらいまで指していた頃は、お互いに自分の王将(玉・ぎょく)をガッチリ囲った後に「さあ開戦」となっていました。敵陣を崩すパターンがあって、どうやってそこに持ち込むかを競っていたような気がします。

しかし今はいきなり戦いが始まって、最後まで気が抜けない攻防が続きます。
昔は攻城戦だったものが、今は白兵戦・ゲリラ戦になった感じです。
そして一手一手が驚きなのです。

「エッ!ここで桂馬が跳ねちゃうの?」
「こんな歩が最後まで取れないとは」
「両取りかけると気持ちいいけど、それをやると攻めが遅れて負けてしまう『毒饅頭』のようだ」


また昔は飛車角で王手されると、何か駒を打って防ぐことが多かった気がします(間駒・あいごま)。
しかし今はそれが第一選択ではないようです。
王様がヒラリと躱してしまい、なるべく持ち駒を使いません。
駒を使ってしまうと玉の逃げ道も限定され、反撃に転じた時の選択肢が狭まるからでしょう。
「裸の王様」が相手の攻撃を読み切って、正確なステップで詰みを逃れる姿は感動的です。


将棋は持ち駒をいくら失っても、相手玉を先に詰めてしまえば勝ちです。
だから駒損(こまぞん=自分の駒を性能が劣る相手の駒と交換したり、枚数を減らしてしまうこと)しても、「相手玉を先に詰める」という勝利条件に向かっているのであれば戦略的には正しいわけです。
詰めるには最低2枚必要ですから、極端に言えば自分が最初持っている20枚の駒を渡したり奪ったりしながら差し引き18枚まで失っても良いという計算になります。

だから今の将棋は、飛車・角でもどんどん切ります。
形を乱し、相手玉が逃げられない状況に追い込みます。
ソフトのおかげで人間の思い込みや儀礼的手筋が排除され、本質剥き出しの勝負になった気がするのです。



昔であれば、将棋を勉強する方法は対局と本しかありませんでした。
今はデータベースが整備され、最新の戦法・対応策・勝率などが一目瞭然です。
主要な対局がネットで配信され、一手一手がソフトで評価されます。
「ここから先の変化は難しいな」と思っても、プロ棋士や視聴者が教えてくれます。
将棋系ユーチューバーという人々がいて、詳しく評価や解説をしてくれます。
ネットを使っていつでも対局ができます(対人・対コンピュータともに)。
学習方法や楽しみ方が、まるっきり変わってしまったのです。

面白いのは、プロの中にもそのような変化に対応できている人とそうでない人がいること。通常は衰えてもおかしくないはずの四十代棋士がトップクラスで踏ん張り、ソフトも真っ青の鬼手を放ったりします。
逆に将来を嘱望されていた若手や中堅が、対応できずにランキングを落としたりします。
ソフトによって将棋はより純粋な形を見せ始め、プロたちはそれに近づこうと絶えず努力をしているのです。

そのような人間の努力が、ソフトをさらに進化させます。
指した瞬間はソフト評価値が低かった手が、時間をかけて読ませると最善だったことが後でわかったりします。
これはソフトが完全ではなく、人間の読みの方が優れている要素があるということです。
それはいったい何であるのか、いまこの瞬間にも研究が進んでソフトに応用されていることでしょう。


将棋のようにフレームが明確な世界では、人間とコンピュータの二人三脚で方法論が急速に発展します。
投資の世界は複雑なので将棋ほど目覚ましくはありませんが、それでも同じようなことが起きています。

コンピュータは人間が作るのですから、局地的に人間がコンピュータに追い抜かれることはあっても、全体として抜かされることはないのでしょう。その点については筆者である新井さんと同意見です。



しかしこの流れに追いつけない人はいるはずで、むしろそちらが多数派のはず。
プロ棋士の世界ですら相対的な優劣が出来るのですから、他の世界ではもっと大きな差になることでしょう。
それが大きな社会問題を引き起こす可能性が高いのです。



(続く)

AI vs. 教科書が読めない子供たち (2)読解力は遺伝なのか


私がはじめて遺伝率(才能に遺伝が影響する割合)について知ったのは、橘玲氏のこのサイトだったと思います。
https://www.tachibana-akira.com/2012/11/5210

これはのちに「言ってはいけない残酷すぎる真実」の一部となり、ベストセラーになりました。内容については読んだことがある人も多いのではないでしょうか。





橘氏自身はこの話を石川幹人氏の「生きづらさはどこから来るか」、安藤寿康氏の「遺伝マインド」などを参考に書いているようです。申し訳ないですが私はこの元ネタを読んでいませんので、又聞きのような知識になってしまうことをお許しください。また才能と遺伝の関係をどう調べたかの方法についての説明は割愛させていただきます。




さて橘氏のサイトにある「才能と遺伝・共有環境・非共有環境」の表を見た時、私は少なからずショックを受けました。というのも「ほとんど遺伝で決まってしまう能力」が思ったよりも高かったからです。たとえば

音楽    92%
数学    87%
スポーツ  85%
執筆    83%
音程    80%
一般知能  77%
空間知能  70%
論理的推論 68%

これを見て、私は学生時代にさんざん「音楽」「音程」で苦労していた理由がわかりました。また「執筆」は誰にでもできるものではなく、貴重な才能のひとつであることも知りました。



話を「AI vs. 教科書が読めない子供たち」に戻します。

筆者は「アンケート調査をしてみたが、読解力を決定する要因は見つけられなかった」と書いています。読書習慣も、勉強時間も、塾や家庭教師も、得意科目も、スマホ使用時間も関係なかったというのです。

ただひとつ言えるのは、「読解能力と進学できる高校の偏差値の相関は極めて高い」ということでした。つまり

読解力をもたらす原因はわからなかったが、

読解力がもたらす結果は明らか。

読解能力が進学先のレベルを決めている、ということです。



ここでもう一度、遺伝率の表を見てみましょう。
執筆能力を作文能力と言い換えると、その遺伝率は83%です。
論理的推論能力は68%です。

これらの結果を見て、「読解力は遺伝と関係ない」と思いますか?
そんなはずはありません。むしろ「読解力も7-8割遺伝するのではないか」と考えるのが自然です。そうであれば、生活習慣を調査しただけでは決定原因が見つからなかったとしても当然なのです。

そして読解力・論理的推論能力・作文力を備えた生徒が良い高校・良い大学へと進むのでしょう。その能力を持つ人が「簡単な読解力テスト」を作ったつもりでも、能力がない人から見れば相当な難問になってしまう可能性があります。


さて仮にその読解問題を解ける人が、それぞれの学年に3割しかいなかったとします。そして各家庭の事情は全く考慮せず、能力が高い順に大学に入るとします。

ある年代の18歳人口が仮に200万人とすれば、読解力のある生徒が60万人いるわけです。仮に大学進学率が3割以下であれば、読解力のある生徒60万人のほとんどが大学に入ります。先生方は「大学生にもなって読解力がない」とは思わないでしょう。

そこから時を経て、18歳人口が100万人に減ったとしましょう。この年代には読解力のある生徒が30万人しかいません。しかし大学進学率は6割に上がっており、やはり60万人が大学に進学します。すると読解力のない30万人の大学生が入学してくるわけです。

同じことが他の教科でも起こります。大学側は生徒を減らしたくありませんから、分数ができなかったり簡単な英語が読めなくても入学を認めて教えることになるでしょう。子供の数は減る一方でしたので、一部のトップ校を除いて学生の質がどんどん下がって行くように感じるのではないかと思います。

また同じことが高校・中学でも起こります。トップ校にはとんでもなく賢い生徒が集まり、レベルは上がる一方です。逆にそれ以外の進学校は、「入学時学力の低下」や「入学後の伸び悩み」に直面することになります。能力を持つ生徒の絶対数が半減し、上位の学校に取られてしまうため、教育しても成果が上がりにくいのです(それを打開するために各学校が努力することは素晴らしいのですが)。

子供の学力低下について考えるときは、「現場感覚」は大事です。ただそれに加えて「少子化」×「進学率上昇」といった構造要因も考慮しなければならないと思います。


しかしそれでも私は「読解力も遺伝でほぼ決まるのだから努力してもしょうがない」とは思いません。

論理的推論力が読解力や数学力のベースになっているという仮説が正しいのであれば、国全体としてそれを引き上げるような制度を構築して最大限に努力するべきだと思います。

そうすれば世代を経るうちに、遺伝子レベルで違いが生じて来るかもしれません。むしろ日本人の知能指数が世界的に高いレベル(105程度)にあるのは、先人たちが教育によって自分たちを「品種改良」し続けた成果ではないかと思うのです。



(続く)



AI vs. 教科書が読めない子供たち (1)AIを研究する数学者の結論「読解力がヤバい」


みんなAI(人工知能)に期待し過ぎなんじゃないのか? 

以前からそう思っていたところに、興味深いタイトルだったので読んでみました。


AIに対する漠然とした期待と不安が入り混じる中、ベストセラーになっているようです。




きわめて読みやすい本でした。

ロジカルに現状を分析し、「はっきり言えること」と「そうでないこと」、「事実」と「仮説・予測」を明確に区別しています。キーワードが定義され、構文がすっきり整理されているので、頭の中にすらすら転写されるように感じます。

本書の内容をまとめると、以下のようになります。
  • AIは計算機。だからフレーム(枠組み)が決まっている問題に対しては力を発揮する
  • 逆にフレームが決まっていないことを解決したり、フレーム自体を考えることはまだできない
  • だからシンギュラリティは来ない
  • 日本の現状においては、むしろ中高生の基礎的読解力の低下が問題であるように思える
  • 多くの人々にとって苦難の時代が訪れるだろう

AIを研究する数学者が、「中高生の基礎的読解力のほうがヤバい」という結論に至ったことは興味深いです。筆者の新井さんは「それを向上させることは可能だ」として、「教科書を読めるようになる教育」を提言しています。



さて、ここから先は私の考えです。

筆者は「中高生の読解力が低下している」ことに危機感を募らせています。

しかし中高生の読解力は、「本当に低下した」のでしょうか?

この本に示された読解力の例題は、論理的推論能力を持つ人にとってはごく簡単です。しかしそれを持たない人にとっては、かなりの難問に思えてしまうかもしれません。一部の人が当たり前にできることが、別の人にとってもそうだとは限らないと最近強く思います。



才能が遺伝に占める割合(遺伝率)において「執筆」は8割強「論理的推論能力」は7割弱とされています。

それを信じるならば、読解力も7-8割が遺伝によって決定されているのではないでしょうか(だからといって、訓練が無駄だとは全く思いませんが)。

ひょっとするとこのレベルの読解力問題を解く能力を持った人は、ずっと昔から3割程度しかいなかったのかもしれません。

しかし少子化と高学歴化によってその能力を持たない人まで大学や進学校に進むようになると、一部トップ校で教えている先生以外は「学生の質がどんどん下がっている」と感じるに違いありません。

そのような仮説が頭にこびりついて離れないのです。



教育現場の人々が危機感を抱いていることは、最大限に尊重したいと思います。

そして「中高生の読解力を向上させなければならない」という問題提起にも、全く異論ありません。

しかし遺伝・少子化・進学率向上などの要因も考慮しなければ、効果の薄い努力になってしまいそうな気がします。


(続く)










ウォーレン・バフェット伝スノーボール (5)天下人となったアスペ両巨頭 - ビル・ゲイツとの親交


バフェットが特に親しい人物のひとりに、ビル・ゲイツ氏がいます。

お互い他人と深く関わるタイプではなく、会議中でも興味がない話だと露骨にイヤな顔をしたりどこかへ行ってしまうほど。それぞれに確固とした「内なるスコアカード」に従って行動しているため、普通の人から見れば変わり者に見えることでしょう。

ビル・ゲイツはバフェットより25歳も年下。そしてバフェットが「さっぱりわからない」というソフトウェア会社の創立者です。接点がなさそうな二人は出会ったときから周囲の人々がまったく目に入らないほど意気投合し、何日も話し合う仲になります。最初はバフェットが親のように教える立場だったものが、次第に同じことを学ぶ関係になって行ったようです。

投資家さん同士でも初めて会った人と意気投合してしまい、時を忘れて投資の話を続けてしまうことがあるでしょう。あれの「もっとすごい版」です。

ずっと後になってバフェットは自分が築いた富を社会に還元することを意識し始めました。2006年に宣言した通り、ビル・ゲイツ夫妻のビル・メリンダ財団にすでに3兆円を超える寄付をしています。自分でも様々な財団に寄付しているのですが、ビル・メリンダ財団にそれほど渡す理由は「自分よりうまくやってくれそうだから」というもの。その太っ腹と、ビル・ゲイツに対する信頼には驚くばかりです。



私には、バフェットとビル・ゲイツが親しくなる理由がわかります。

二人とも本質を見据え、「他人の目」や「目先のこと」や「競争相手」にとらわれないところが非常に良く似ているからです。知能が高いために、本質的でないことや他人がとらわれている思い込みが小さなことのように思えるのでしょう。



ずっと後にビルゲイツの父が「みなさんは今の地位にたどり着くために何が一番重要なことだったと思いますか」と質問しました。そのときバフェットとビル・ゲイツはともに

「集中」

と答えたそうです。

これはふたりが交流するようになり、長い時間を経てお互いにそうなっていったのでしょうか?

いいえ。ふたりとも最初から恐ろしい集中力と知能の持ち主であり、だからこそすぐに意気投合したのだと思います。

なぜならバフェットとビル・ゲイツには、アスペルガー特有の過集中という行動が子供の頃から見られるからです。投資家さんが銘柄を調べているうちに気が付いたら食事するのを忘れていたとか、一日が終わっていたことがあるでしょう。あれの「もっとすごい版」です。

その他にもバフェットとビル・ゲイツには、アスペルガー特有の行動が数多く見られます。ここで列挙することはあえてしませんので、本書の中で探してみてください。



ちなみに私は、スティーブ・ジョブズも痛快な人物だと思っています。

しかしこちらはアスペではなく、サイコパス性(サイコパシー)が良い方向に働いた感じ。

ビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズを同じ「アスペルガー」と括っている人もいますが、実はまるで正反対なのです。



アスペ 対 サイコ

だと、普通はアスペが一方的に集団でいじめられたり食い物にされて終わりです。

アスペは空気を読まないので、サイコの雰囲気作り・誘導・ハッタリにひっかかりません。淡々と事実を指摘して問題解決に向かうだけです。世間の流行や、横並びにも無関心です。サイコはそれが面白くないので、周囲を巻き込んでアスペを潰そうとします。アスペ本人や周囲がその構造に気付かない限り、一方的にやられるだけで争いにすらならないのです。



ただしジョブズは、単なるサイコパスではありませんでした。

時にはアスペっぽいスティーブ・ウォズニアック(ウォズ)を食い物にしたりもしましたが、ウォズの技術を認めて製品を世に出すことに奔走しました。世の役に立ち、人々を楽しませた人物だったと思います。「サイコパシーが良い方向に働いた」と書いたのはそのためです。

ビル・ゲイツとの確執も、ジョブズが一方的に突っかかって玉砕した構図のような気がします。「アスペとサイコ」「ソフトとハード」ではレイヤーが違い過ぎて最初から対立になりません。ジョブズが一方的にライバル心を燃やし、メディアもそのほうが面白いと考えてが盛り上げただけなのかもしれません。

一方、ビル・ゲイツのほうはあまり相手にしていなかったのではないかと推察します。アスペは人間と絡むのが苦手ですし、知性が高ければなおさら無駄な争いはしないでしょう。

「自分にとって重要なことで、かつ他に選択肢がないなら戦うが、あとは基本どうでもいい」

アスペって、そんな感じです。



閉鎖的なグループではいじめの対象になりがちなアスペも、投資やソフトウェアの世界では「神」となりえます。

多くの人を助け、世の中を楽しくします。

バフェットとビル・ゲイツというアスペ両巨頭の人生は、そのことを証明しているのではないでしょうか。

日本でもそのような学校や会社が増え、文化まで変わってゆくことを願ってやみません。

要するに、

俺たちだってアスペなんだから、バフェットや

ビル・ゲイツぐらいにはなれるだろう。


むしろ、そうならない方がおかしいよね?


という結論です。









新刊出ました!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
ディスクレーマー
金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。 またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。 弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。 http://www.wildinvestors.com/member/
QRコード
QRコード
プロフィール

逆張り投資家

Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ