ワイルドインベスターズ投資ブログ

     ~ グローバル投資への扉 ~   関東財務局長(金商)第1173号

会員さん用投資レポート「DEEP INSIDE」リリース

【週末だけのグローバル投資】会員さん用投資レポート2019年05月号リリース! 「短期的にはVIX売られ過ぎを警戒」





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第422号 

会員さん用投資レポート DEEP INSIDE 2019年05月号リリース!

「短期的にはVIX売られ過ぎを警戒」


週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社

                      関東財務局長(金商)第1173号                                            
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


お待たせしました!

会員さん用投資レポート「DEEP INSIDE」 2019年05月号リリースです!



米国株は昨年末の2割超の下げを約4ヶ月かけて取り戻し、史上最高値を更新しました。

しかし5月の連休最終日、米中協議決裂で急転直下の下落となっています。

この展開はまさに弊社の予想通り。

むしろこの下げは3月4月に起こると身構えていたので、利益を取り損ねた気分です。



トランプ大統領が習近平氏から「美しい手紙」を受け取ったことで、まだ交渉は続いているという人もいます。

*****************************************************
トランプ氏、習氏から「美しい手紙」 電話協議の公算も
日本経済新聞 2019/5/10 2:34
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44610210Q9A510C1000000/
-------------------------------------------------------
(略)トランプ氏によると手紙には「協力しよう。何ができるか考えてみよう」との内容が書かれていたという。(略)
関税引き上げを表明した理由に関して「我々は合意に近づいていたが、その後に中国が再交渉を始めた。それはできない」と中国を批判した。
(略)
*****************************************************

しかし、「美しいが中身がない言葉で相手を酔わせる」のが中華流交渉術

ゴールに近づいたと思ったら大前提をひっくり返したり、意味がなくなるような条件を付けて来るので、まとまるはずがありません。

最初から「時間を稼いで焦らせ」「自分は譲歩せず、相手にだけ譲歩させる」つもりでやっているのですから当然です。

米国も、今更このような手紙に引っかかる人々ではないと思います。

記事にもあるように「我々は合意に近づいていたが、その後に中国が再交渉を始めた。」と手口を完全に見破っています。



短期的に株価は、中国や新興国を中心にかなり下落するのではないかと警戒しています。

VIX指数の売りが記録的な水準に達しているからです。

しかし中期的には米国に資金が集まり、長期的には経済の再ブロック化が起こります。

これらを考えるなら

「本流ポジションを拡大しつつ、ネットロング/ショートを制御する」

という戦略に行き着くのでしょう。



荒れた相場や歴史的転換点こそ、弊社の強みを発揮するチャンスです。

隠れている地雷を避けつつ、長期的な資産形成を目指します。






[今月のおしながき]


投資レポート「DEEP INSIDE」 2019年05月号

・短期的にはVIX売られ過ぎを警戒

1.    2019年04月は米国株が史上最高値更新!    3
2.    (パターンa)を超える米株の異様な強さ    5
3.    きな臭さを増す韓国とトルコ    9
4.    米中協議決裂は弊社予想通り    12
5.    中国シンパの「世論操作」「離間策」は通用せず    15
6.    VIX売られ過ぎは危険なサイン    17
7.    短期的には強く警戒するも上昇相場が終わったとは思わない    22
8.    まとめ:短期・中期・長期それぞれの戦略    24

・先月(2019年04月)のパフォーマンスレビュー    28




1ヶ月遅れのパフォーマンスもそれぞれ公開!(2019/03)

・個別銘柄レビュー → ポートフォリオ会員に1ヶ月遅れで公開

・ポートフォリオレビュー → レポート会員に1ヶ月遅れで公開




それでは行きましょう!

会員レポート DeepInside 2019年05月号

「短期的にはVIX売られ過ぎを警戒」





詳細やご入会はこちらから !!!

   ↓↓↓

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/



-----------------------------------------

金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。

またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。

弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


【週末だけのグローバル投資】会員さん用投資レポート2019年03月号 「経済ブロック化を前提に投資すべし」





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第417号 会員さん用投資レポート DEEP INSIDE 2019年04月号リリース! 「経済ブロック化を前提に投資すべし」

週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社

                      関東財務局長(金商)第1173号                                            
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



お待たせしました!

会員さん用投資レポート「DEEP INSIDE」 2019年04月号リリースです!





米国株はジリジリと上昇を続け、昨年9月の史上最高値に近づいてきました。

世界景気がスローダウンしても米株が上がるこの現象は、ドットコムバブル期と似ています。

実際に米国と日欧の実質金利差は拡大しつつあり、米国に資金が集中する下地が整っていると言えるでしょう。



新興国もその恩恵を受けているように見えますが、それもいつまで続くやら。

米国に資金が集中すれば、他国はナチュラルに金融引き締めを食らった状態になります。

しかも現在は「経済のブロック化」が始まろうとしているところ。

「グローバリゼーションが始まったばかり」だったドットコムバブル期とはそこが違います。



米中対立の狭間で、欧州は中国に接近するという危うい動きをしています。

日本も同様に、煮え切らない態度をしています。

米国の「覇権への意思」を読み誤れば、国も企業も大きな痛手を負うでしょう。

生きるの死ぬのという話になれば、ゼニカネの話は吹き飛ぶのです。



ここから先は投資だけでなく、人生の生き残り戦略を考えなくてはなりません。

弊社も微力ながら、それに役立つ見識や情報を提供します。






[今月のおしながき]


投資レポート「DEEP INSIDE」 2019年04月号

・経済ブロック化を前提に投資すべし

1.    2019年03月は米株堅調も他国は脱落気味
2.    FOMCが弱気転換で米金利は急低下
3.    経済指標は2ヶ月以上も期待を下回り続けている
4.    FRBはドル高によるインフレ鎮静化を「先読み」
5.    実質金利差で米国に資金集まる
6.    トランプ大統領「これ以上、出し抜くことは許さない」
7.    米国の通商政策は欧中保護主義への対抗
8.    まとめ:経済ブロック化を前提に投資すべし

・先月(2019年03月)のパフォーマンスレビュー




1ヶ月遅れのパフォーマンスもそれぞれ公開!(2019/02)

・個別銘柄レビュー → ポートフォリオ会員に1ヶ月遅れで公開

・ポートフォリオレビュー → レポート会員に1ヶ月遅れで公開




それでは行きましょう!

会員レポート DeepInside 2019年04月号

「経済ブロック化を前提に投資すべし」





詳細やご入会はこちらから !!!

   ↓↓↓

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/



-----------------------------------------

金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。

またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。

弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


【週末だけのグローバル投資】会員さん用投資レポートDEEP INSIDE 2019年02月号 「時には風見鶏のように」





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第407号 会員さん用投資レポート DEEP INSIDE 2019年02月号リリース! 「時には風見鶏のように」

週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社

                      関東財務局長(金商)第1173号                                            
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


お待たせしました!

会員さん用投資レポート「DEEP INSIDE」 2019年02月号リリースです!



株価は昨年末から戻し続け、昨年10月からの下落を半分以上埋めました。

「特に材料なく上がるときはロング」という戦術は、今のところ成功です。



ここから先の事は、あまりよくわかりません。

経済指標にも信用市場にも不安材料は見当たりません。

2015-16年の調整のように、あっさり高値を更新することもありえます。

しかし昨年、一部の長期投資家や企業オーナーが株を売り抜けた気配だけが気になります。



このようなときは、ロングにもショートにもこだわるべきではないと思います。

どちらかに偏ってしまうと、再起不能なほどの損失を食うからです。

特にボラティリティが高い時は、投資金額を減らすべきです。

資金が減耗しないことを第一とし、チャンスを待ちましょう。



そう書いている間に、株価の動きが怪しくなってきました。

時には風見鶏のように、柔軟にポジションを組み替えます。





[今月のおしながき]


投資レポート「DEEP INSIDE」 2019年02月号

・時には風見鶏のように

1.    2019年01月は戻り歩調でジリ高
2.    テクニカル通りの反発
3.    クレジット市場は鎮静化へと向かう
4.    サブプライムショック時にも数か月の戻りがあった
5.    地政学リスクおさらい
6.    まとめ:時には風見鶏のように

・先月(2019年01月)のパフォーマンスレビュー




1ヶ月遅れのパフォーマンスもそれぞれ公開!(2018/12)

・個別銘柄レビュー → ポートフォリオ会員に1ヶ月遅れで公開

・ポートフォリオレビュー → レポート会員に1ヶ月遅れで公開




それでは行きましょう!

会員レポート DeepInside 2019年02月号

「時には風見鶏のように」




詳細やご入会はこちらから !!!

   ↓↓↓

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/



-----------------------------------------

金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。

またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。

弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


【週末だけのグローバル投資】会員さん用投資レポートDEEP INSIDE 2018年12月号リリース! 「グローバリゼーションの反動でブロック化」





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第400号 会員さん用投資レポート DEEP INSIDE 2018年12月号リリース!
                「グローバリゼーションの反動でブロック化」

週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社

                      関東財務局長(金商)第1173号                                            
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お待たせしました!

会員さん用投資レポート「DEEP INSIDE」 2018年12月号リリースです!



歴史の曲がり角にさしかかっているため、立て続けに大きなイベントが起こります。

しかし弊社としては腕の見せ所と感じています。



------------------------
- 日産カルロス・ゴーン会長の逮捕。

- 華為(ファーウェイ)副会長逮捕。

- フランスの「黄色いベスト」暴動
------------------------

これらは同じコンテクストにあります。

それはつまり、

「グローバリゼーションの反動で

世界経済がブロック化しはじめている」

という現象です。

これは世界の成長率を押し下げる一方、先進国の中間層にとってはメリットも大きいと考えます。



今後は企業活動に対する国家の介入が強くなるため、それを念頭に置いた投資をしなくてはなりません。

端的な例を挙げるなら、中国に深入りした企業には注意が必要だと思います。

経済ブロックをまたがる買収や技術移転には横槍が入るでしょう。



今月も、ちょっと書きすぎてしまいました。

概略だけと思っていたのに、46ページで2万字を超えています。

しかし内容はほとんどメールやビデオで紹介したことを、データやグラフで補強したものです。

これまでの情報を整理しながら、すらすら読めることでしょう。

ただしドットコムバブル期のイールドカーブ変化だけは、少しだけ新しいと感じるかもしれません。

書き足りなかった分は引き続きメールや動画などでフォローして行きます。





[今月のおしながき]


投資レポート「DEEP INSIDE」 2018年12月号

・グローバリゼーションの反動でブロック化

1.    11月は新興国主導の戻り
2.    リバーサル続きブル逆流
3.    FAAMGの上値はまだ重い
4.    逆イールドは景気後退の前触れだが…
5.    (8月のレポート通り)中国製通信機器は西側から排除される
6.    日産ゴーン会長逮捕の裏にも米中冷戦
7.    グローバリゼーションの反動でブロック化する世界
8.    信用市場にもさざ波が立つ
9.    まとめ:米国経済ブロックは心配ないが、短期の需給は未知数

・先月(2018年11月)のパフォーマンスレビュー




1ヶ月遅れのパフォーマンスもそれぞれ公開!(2018/10)

・個別銘柄レビュー → ポートフォリオ会員に1ヶ月遅れで公開

・ポートフォリオレビュー → レポート会員に1ヶ月遅れで公開




それでは行きましょう!

会員レポート DeepInside 2018年12月号

「グローバリゼーションの反動でブロック化」





詳細やご入会はこちらから !!!

   ↓↓↓

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/



-----------------------------------------

金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。

またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。

弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


【週末だけのグローバル投資】会員さん用投資レポートDEEP INSIDE 2018年11月号リリース! 「中間選挙で売り枯渇」





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第396号 会員さん用投資レポート DEEP INSIDE 2018年11月号リリース! 「中間選挙で売り枯渇」

週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社

                       関東財務局長(金商)第1173号                                            
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お待たせしました!

会員さん用投資レポート「DEEP INSIDE」 2018年11月号リリースです!




イベント盛りだくさんの1か月でした。

中間選挙をにらんだフェイクニュースや「やらせ」が横行し、分析者としては腕の振るいがいがあったと思います。

結果はトランプ大統領勝利でしたが、これも読み通り。

あとは来年春に向けて、米株上昇の下地が整ったと感じています。



メールやビデオで語っていないネタとしては、FAAMGの現状をそれぞれ確認しています。

さらに米中貿易摩擦が続き、「トランプ・リセッション」というレッテルが貼られること。

しかし米株は上昇を続け、それが空振りに終わるであろうこと。

また将来的に信用収縮の経路になりそうな「サムライ債発行急増」について述べています。



今回も36ページ書きましたが、いったん終わりにします。

足りなかった分は引き続きメールや動画などでフォローして行きます。





[今月のおしながき]


投資レポート「DEEP INSIDE」 2018年11月号

・中間選挙で売り枯渇

1.    10月は金利上昇で強烈なリバーサル
2.    きっかけは米金利上昇
3.    FAAMGの現状をそれぞれ確認
4.    中国の自傷的「危機煽り」
5.    中間選挙はトランプ共和党の勝利
6.    「トランプ・リセッション」というレッテル貼り
7.    サムライ債発行急増は危険なサイン
8.    まとめ:深く屈んだ後は大きなジャンプ

・先月(2018年10月)のパフォーマンスレビュー




1ヶ月遅れのパフォーマンスもそれぞれ公開!(2018/09)

・個別銘柄レビュー → ポートフォリオ会員に1ヶ月遅れで公開

・ポートフォリオレビュー → レポート会員に1ヶ月遅れで公開




それでは行きましょう!

会員レポート DeepInside 2018年11月号

「中間選挙で売り枯渇」




詳細やご入会はこちらから !!!

   ↓↓↓

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/



-----------------------------------------

金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。

またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。

弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


新刊出ました!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
ディスクレーマー
金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。 またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。 弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。 http://www.wildinvestors.com/member/
QRコード
QRコード
プロフィール

逆張り投資家

Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ