ワイルドインベスターズ投資ブログ

     ~ グローバル投資への扉 ~   関東財務局長(金商)第1173号

動かない

インターネットエクスプローラーInternet Explorer のお気に入りが無限増殖して激重に!

弊社は、いくつかのブラウザを用途によって使い分けています。

たとえば
  • Google Chrome は個人用と日々の市場監視用。
  • Firefox はブログや定期巡回用。
  • Vivaldi (かつてのOperaからスイッチ)はその時に集中して調べているテーマ用
などです。

失礼ながら、Internet Explorer(IE) や Edge などマイクロソフト製はあまり使いません。これは使い勝手や性能が劣っているという話ではなく、私がずっと使わないでいるうちに比較するための知識を失ってしまっただけです。


ところが唯一の例外として、ごく古いIEを今でも使っています。
某銀行のネットバンキングのためです。

「こんな古いバージョンで大丈夫なのかよ」と心配になりますが、新しいバージョンが出るたびにいちいち動作確認していたらシステムの人が死にますからね。もう少し新しい他のブラウザにも対応してもらえると嬉しいことは事実。しかし彼らなりにセキュリティに努力しているので、それにお付き合いしています。

ところがこの、古いIEがどんどん重くなってきたんですよ。
ネットバンキングへのリンクを「お気に入り(ブックマーク)」に放り込んでおいたのですが、それを開こうとするとフリーズしてしまうのです。

それでもようやく開いたところ、
「お気に入りの中」に無数の「お気に入りバー」が!

[お気に入り]
 xxxx
 xxxx
 xxxx
 [お気に入りバー]
 [お気に入りバー]
 [お気に入りバー]
 [お気に入りバー]
 [お気に入りバー] ×2000個以上


こりゃヤバい、と思って対処することにしました。

おっと!

心当たりのある方も、対処するときは「インターネットエクスプローラー」は開かない方が良いです。あとで原因を説明しますが、それを開いている間は数秒ごとに[お気に入りバー]が増えて行くとのことですから。IE側から作業をしてしまうと、問題がさらに積み重なってしまうのです。

さて、まずは開いているアプリケーションをすべて閉じてください。
そこからタスクマネージャーを開いて、フリーズしたときはいつでも終了できる用意をしましょう。「Ctrl コントロール」「Alt オルト」「Del デリート」の3つを同時に押すと選択できるアレです。
その上で、ファイルマネージャを開いて「お気に入り」の中身を確認します。
Windows10 であれば、以下のような場所に格納されているはずです。
-----------------------------------
C:\ユーザー\ユーザー名\お気に入り
C:\Users\user\Favorites
-----------------------------------


私の場合はそこに「お気に入りバー」が2,600個ほど入っていました!
これを削除すれば大丈夫なはず。

そこで一気に削除しようとしたのですが、しばらくして「終わるまで6時間」という表示が出たのでいったん中止しました。ひとつひとつはほぼ空のフォルダでも、それを処理するには意外とメモリやCPUを食うようです。3時間以上待って途中でフリーズしたら目も当てられません。

ということで、最初は50-100個ぐらい削除してみて大丈夫であることを確認しながら数を増やして行きました。PCのスペックにもよると思いますが、最初のうちは削除プロセスが進むほど1秒当たりの処理が遅くなります。それでも少しずつ削除してその度にゴミ箱を空にして行ったら、だんだん処理が速くなって行きました。メモリやハードディスクの余力を少しでも増やして行ったことが、結果的に正解だったと思います。ただしこの方式でも2時間ぐらいかかりましたから、気長にやりましょう。


原因としては、AppleのiCroudで同期がうまく行っていないからだそうです。
つまり「iCroudの設定に飛んで、IE との同期をオフにすると良い」ということですね。

今回は下記のサイトを参考にさせていただきました。
どうもありがとうございました。
-----------------------------------
Glacial WebWork
お気に入りバーが増殖する問題の解決方法
https://glacial-webwork.com/2018/01/10/icloud/

半押しカメラマン
お気に入りが勝手に増える
http://hanoshi.com/201805favorite_ghost/
-----------------------------------

しかし原因がわからないままネットバンキングが使えなくなったら恐怖でしょうね。
アップルとせいぜいマイクロソフトまでの問題なのに、銀行のほうにクレームの電話を入れちゃったりして。「当行では対応できません」という当然の回答に怒って、取引銀行を変えちゃったりして。

そうなると誰にとっても不幸ですので、知らない人がいたら教えてあげてください。
ちなみにIE11は、日本ではまだ約14%の人が使っているそうです(世界では5%)。

ただ本当にこれだけで済んでいるのだろうか?
PCのハードディスク残量が急速に減った気がするんですよね。
別のファイルも無限増殖しているんじゃないかという疑念にとらわれます。

と、いつもこのようにして投資とは関係ないIT知識が増えて行くのです。














ASUSのタッチパッドが死んだときの修復法(windows10)


弊社には、ほぼ骨董品となったASUS-U24Aというノートパソコンがあります。当時は5万円以下で買うことができたコスパ最強マシンなのですが、年月が経って不具合がしばしば出るようになりました。そのひとつが、「タッチパッドが使えなくなる」ということです。

そうなるとマウスが使えないのと同じなので、操作しにくくなります。
「もう古いし壊れたのかな」と思って、PCそのものを買い替えたくなるかもしれません。
しかしこの現象はwindows10がアップデートされた後に起こりやすいので、相性の問題であるような気がしています。



この問題の解決方法、それは

「デバイスマネージャからASUS Touchpadをいったん削除し、再起動をかける」

そうするとドライバが更新されるのか、元通りに動くようになります。




[状況1] どこからかUSBマウスを借りられる場合
  1. USBマウスをUSBポートに差し込む
  2. 画面左下のウィンドウズロゴ(たなびく「田」みたいな絵)を右クリックしデバイスマネージャを選択
  3. 「マウスとその他のポインティングデバイス」を選択
  4. その下に「ASUS Touchpad」があるので、右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択
  5. 「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」と出るので、クリックしてチェックボックスにチェックを入れ「アンインストール」を選択
  6. 「再起動しますか?」と聞かれるので、「はいyes」を選択。
  7. 再起動が終わったら、タッチパッドが使えるようになっているはず

[状況2] USBマウスが近くになく、キー操作だけで対処しなくてはならない場合
  1. 最下段、左から3番目のウィンドウズキーを押す(たなびく「田」みたいな絵のキー)
  2. すると左下のcontraに入力できるようになるので、「device manager」と打ち込む。たいがい最初のdeだけで出る。候補に出たらエンターキー(Enter)を押して選択。これでデバイスマネージャにたどり着く
  3. タブ(Tab)キーを一度押すと、デバイスマネージャ内のデバイスが選択できるようになる。ページダウンキー(最下段、右から2番目)を何回か押し、「マウスとその他のポインティングデバイス」まで来たらエンドキー(最下段、右から1番目)を押すとその下の選択肢が現れる。
  4. ページダウンキーを押して「ASUS Touchpad」まで来たら、デリートキー(最上段右隅)を押す。
  5. 「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」と出る。これに対してはスペースキー(一番下真ん中の大きなキー)を押せばチェックマークを入れることができる。そしてエンターキー(Enter)を押すと、「今すぐコンピュータを再起動しますか?」と聞かれる。そのままエンターキーか「y」を押す
  6. 再起動が終わったら、タッチパッドが使えるようになっているはず

両方とも同じ操作なのですが、これを最初からキー操作だけでできる人は少数派ではないかと思います。

しかし実はマウスよりキーの方が早いので、達人の中にはマウスを全く使わない人もいるほどです。

普段はマウスやタッチパッドを使えば良いのですが、こんなときのためにキー操作の基本も覚えておくと良いでしょう。

  1. どこかに飛びたい時は「Tabキー」
  2. 飛んだ後に選択したものを変えたいときは方向キー(up,down,home,end)
  3. チェックボックスにチェックを入れるときはスペースキー
  4. 実行あるいは許可はエンターキー

この4つを覚えておけば、タッチパッドやマウスが死んでいても何とかなります。
試してみてください。

(終)

新刊出ました!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
ディスクレーマー
金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により損失が生ずる恐れがあります。 またデリバティブ取引等の場合は当該取引の額が、預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回る可能性があります。 弊社運用報酬や会費等の詳細は、会員サイトトップページをご参照ください。 http://www.wildinvestors.com/member/
QRコード
QRコード
プロフィール

逆張り投資家

Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ