私はTeXstudioの設定でどえらく苦労しました。そのような方が一人でも減るよう祈りつつ情報をシェアします。


[骨子]
  1. 終わってみればTeXstudioの設定は超簡単だった

  2. 文字化けに対しては設定で既定文字コードをShift_JISに変更する
    既定のUTF-8のままわざわざ文字化け回避のために詳細設定をいじったり、Shift_JISで作成した既存TeXファイルをUTF-8に変換する必要はない。

  3. あとは設定のうち数行をplatex仕様に変更するだけ
    Windowsなら
    - 「コマンド」でLaTeXをplatex.exeに、直後の-srcを-synctex=1に変更
    - 「ビルド」でビルド&表示をDVI->PDFチェーンに、既定のコンパイラをPdfLaTeXからLaTeX に

いやー、キツかったです。

発端は今年7月のwindows10へのアップグレードを機に、弊社PCを最新マシンに乗り換えようと考えたことでした。

実は弊社、会員さんにお見せしていない分も含めて毎日2000ページ近いチャートを出力しています(注*チャートをたくさん出力したからといって儲かるわけではありません。今は出力を減らす方向で動いています)。

ブラック企業も真っ青なほどPCを酷使するため、ハード・ソフトを更新する時期が今年だったのです。
 


弊社はこれまで、チャートを作るときWinshellを使っていました。

これはTeXファイルを編集しPDFなどで出力するソフト(エディタ)です。

しかしWinshellはもはや長期間にわたってサポートされていません。

一部のキー操作が効かないなど不具合があっても、全く改善する見込みはありませんでした。

マシンも新しくなることだし、Winshellに代わるエディタを調べて乗り換えようと考えたのです。



今回トライしてみたのは
  1. TeXworks
  2. TeXstudio
  3. TeXlipse
の3つでした。

ところが前の二つ(TeXworksTeXstudio)は既存のTeXファイルを開いても文字化けしたり、エラーが山ほど出ます。いくら調べて設定を変えても問題は解決しませんので、いったん諦めることになりました。さらっと書いていますが、この時点でかなりの時間と労力を使っています。



次にTeXlipseを試してみました。これは統合開発環境EclipseにTeX編集プラグインを乗せたものです。
 

しかしいざ入れてみると、TeXファイルごとにワークスペースなどをいちいち設定しなくてはならないようです。これは私の誤解かもしれませんが、そのように解釈しました。

論文などのために数本のファイルしかないのであればそれでも良いかもしれませんが、私がこれまで作った数十本について同じ作業をやるのは気が遠くなります。さらにそれぞれの下には自動生成された無数のTeXファイルが入れ子構造で使われているため、高確率で問題が起こる気がします。

そもそも軽さが売りのTeXを編集するために、重たいEclipseプラットフォームを立ち上げること自体に私は違和感を感じました。求められている作業とツールが、「牛刀をもって鶏を割く」ようなミスマッチではないかと思いました。賢い人なら「やる前からわかっていた」と思いますが、私は「やってみるまでわからなかった」のです。そんなこともあり、頑張って進む気になれませんでした。

後で知ったことによると、TeXlipseは2011年から更新されていないようです。もしかすると早々に諦めて、結果的には良かったのかもしれません。



ここからも受難の旅は続きます。

TeXstudioTeXworksから派生したものということなので、ふたたびTeXstudioにトライです。

設定を変えても、エラーが起こるという現象は変わりません。

そもそも文字化けが直らないのです。

この時点ではほとんどのサイトに「TeXstudioの既定文字コード設定はUTF-8にしろ」と書かれおり、それを前提に文字化け回避のために詳細設定をいじるようなことが書かれていました。



しかしそれをやっても文字化けは解消しません。

検索条件を絞ったり緩めたりしながら調べ続けていると、こんなものを見つけました。

TeXworks (Windows 7)の日本語処理がうまくいきません。



要するに、「windowsで作られたファイルの文字コードは通常Shift_JISになっているので、それをUTF-8に変換すればTeXworksでは)読めるようになるよ」ということ。

弊社は「Windows10でTeXstudio」を動かしているので、全く同じ環境ではありません。

それでも「TeXstudioTeXworksから派生した」ことを考えると、同じ問題が起こっている可能性は高いです。

仮にこの方法がうまく行ったとしても、すべてのTeXファイルについて同じ作業をやることは非現実的です。

しかし文字化けを直さないと、その他の設定が正しいかどうかすら確信が持てません。

すでにこの問題は足掛け数か月にわたっており、新PCへの移行は中途半端なままでした。

正直なところ他に手がかりもなかったので、「やってみるしかなかった」のです。


そこでTeXファイルの一つをUTF-8に変換して読み込んでみると、

できました!

やっとのことで文字化け解消です。

これでようやく、設定が正しいかどうか確認するスタートラインに立つことができました。





しかしまだまだ、苦労は続きます。

TeX Wikiを見ながらwindows向け設定を続けたのですが、これがまた面倒くさいのです。

TeX Wiki  TeXstudio/設定/windows

まずはコマンド部分を1行ごとに、20回ほどコピペ。

コピペした部分を読んでも私には意味が分からないので、苦行でしかありません。

その先に「XXXとの連携」みたいな項目が続きますが、コピペ20回だけで十分イヤになる作業であることは私が保証します。

その後もいろいろ読みながら設定を変えてbuild&view(F5キー)させてみるのですが、やはりエラー続出。

そもそも、私が使っている「jsarticle」というドキュメントクラス自体が受け入れられていないように読み取れます。

様々なサイトを参考にしながら設定を変え、確認し、設定のバックアップを取ってリセットし、また設定しなおすという賽の河原で石積みのような作業を延々と繰り返しました。



空き時間を使いながら何週間も試行錯誤を続け、さすがにイヤになってきました。

しかしそこで突然あるサイトに当たり、解決したのです。

---------------------------------------------
TexStudio,TeXmakerの利用
 より引用
---------------------------------------------
TeX Wiki の「よくある質問」にある質問と全く同じですが、いま TeX Wiki にわかりやすい設定方法が書かれていませんね。TeX Wiki は順次改訂中ですが、追い付いていない…

エディタである TeXstudio や TeXmaker の設定が日本語文書を処理できない pdfLaTeX 用になっているので、pLaTeX 用に切り替えればいいわけです。
たとえば Windows 版 TeXStudio では「オプション」→「TeXstudio の設定」から
- 「コマンド」の LaTeX を platex に
- 「ビルド」を PdfLaTeX から LaTeX にし、さらに DVI -> PDF チェーン を指定
と変更すれば良さそうでした(添付画像参照)。他の OS でも似た感じでしょう。

追記:画像では platex の後に -src というのがありますが、これは -synctex=1 のほうが好ましいです。
---------------------------------------------


「そんな簡単なわけないだろ」と思いました。

Wikiではuplatex仕様に統一するようなことが書いてあったのに、platex仕様なら今までと同じってことじゃねえか。

しかし他に方法もないので、藁をもすがる思いで試してみます。

・・・できました・・・

build&view(F5キー)を押すと、一発でPDFまで出力されたのです。



今までの苦労は何だったんだ。

知識のある人から見ると、何も難しくない問題だったんでしょうね。

もちろんそういった人々も、これまで時間や労力を使ってコツを習得したのでしょうが。

私は知識不足のために、どれが自分にとって役立つ情報なのかすら見分けられなかったのです。

ここにたどり着くまでに、どえらい苦労をしてしまいました。



こうなると、さらに欲が出てきます。

TeXstudioの文字コードはUTF-8に限るみたいに書いてあるけど、選択肢にShift_JISがあるんだし変えて良いんじゃないのか。第一、そうじゃないと俺が困る」

そこで「オプション」→「TeXstudio の設定」→「エディタ」→「既定のフォントエンコーディング」をShift_JISに変更し、Shift_JISで作成された既存のTeXファイルを動かしてみました。



・・・できました・・・



結局のところ文字化けに対しては、設定で文字コードをShift_JISに変更するだけで済んだということです。

現時点ではどのサイトでも基本的にUTF-8が推奨されているようなので、私が

Shift_JISに変更しても大丈夫だったよ

とここに記しておきます。

そして前述のようにplatex用にコマンドを数行変えるだけで、jsarticleドキュメントを読んでくれるようになります。

あとはなぜか凡例の背景が白になってチャートの一部が隠れてしまうようになったので、これはR側のオリジナル描画関数を修正して対応しました。




終わってみるとPCの性能が上がったこともあり、作業が早くなって感動ですね。

毎朝1時間半近くかかっていた作業が、30分程度で終わる感じです。

今のところ大きな問題は発生していません。



私はTeXstudioの設定でどえらく苦労してしまいましたが、終わってみれば実に簡単なことでした。

この情報をシェアすることにより、多くの人々の時間と労力が節約できることを願ってやみません。