コントロールジェルME!効かない!?

コントロールジェルMEの効果や体験談を紹介!天然植物成分配合の抑毛ジェル(抑毛ローション)!肌に低刺激なので、子供にも使える!その効果を実感するには1ヶ月半程度必要!即効性は無いが、肌に安心なので口コミ評価が高い!

脱毛について

ムダ毛処理(除毛の場合)の基本的なこと!

あくまでも一般論ですが、ムダ毛処理をする場合、ムダ毛を処理(あくまでも除毛の場合らしいです)する前は肌を温めて、処理した後は肌を冷やすといいそうです。大切なことは、除毛前の皮膚を清潔にしておくこと!除毛後、その部分から皮膚の中に菌が入るのを防ぐためです。

また除毛前に皮膚を温めることも大事です!特に冬ですね!

本来、ムダ毛を処理するなら入浴後(もしくは入浴中など)がベストですが、それ以外なら蒸しタオルなどを活用するといいです。除毛後は、除毛による炎症を鎮めるため、肌を冷やすのがコツです。さらに付け加えるなら、体調が優れないときは、ムダ毛処理をしないこと!体調不良時は、免疫力も低下しているため、除毛による傷も治りにくいためだそうです。例えば、生理前や寝不足の場合などです。こんな時は、除毛をしない方がいいみたいです!

除毛に適した日は、体調が良い風呂上りらしいです!

→ コントロールジェルMEの効果!

抑毛ジェルのススメ!?脱毛クリームと脱毛ワックスの利点は?

仕上がりの自然さは、抑毛ジェルにかないませんが、即効性でいえば脱毛クリームと脱毛ワックスの方が人気がありますね。ただ、この脱毛クリームと脱毛ワックスにもメリット・デメリットがあります。

そこで、ここでは脱毛クリームと脱毛ワックスの違いや、抑毛ジェルと比べた場合の評価などを紹介したいと思います。

最初に脱毛クリームと脱毛ワックスの違いについて紹介します。塗って脱毛する点では同じな2つですが、その内容となると全く別モノといえます。

●脱毛クリーム
アルカリ性の薬剤を使い、皮膚表面の毛を溶かして毛を除去するもの。

●脱毛ワックス
温めたワックスを皮膚表面に塗り、それを剥がして毛を抜くもの。

上記のことから、脱毛クリームと脱毛ワックスの一番の違いは、毛を溶かして抜くか、塗って剥がして抜くかの違いといえます。

さらに成分を比較してみます。脱毛クリームでは、主に化学成分を使います。そして脱毛ワックスでは、砂糖とレモン汁で手作りするレシピもり、肌に負担の無い成分を使っているケースが多い感じです。脱毛ワックスの場合、ワックスを塗って剥がすことで多少なりとも肌にダメージを与えますから、ワックスの成分自体は体に優しいものが多いのかもしれません。しかもワックスは、剥がすときに痛みも伴いますから、体に優しいかというと少し悩みますね。

なお肌へのダメージの点では、脱毛ワックスより脱毛クリームの方が優れていそうですが、実は注意したい点があります。それは脱毛クリームの場合、化学成分を使っているため、皮膚が弱いとヒリヒリすることがあることです。

一般的な評価では、肌が強ければという前提条件付きで、脱毛クリームの方が評価が高い気がします。毛を剃ったり抜いたりするより、使い勝手は良いわけです。

ただ脱毛クリームのデメリットとしては、毛が太く硬い方や何度も脱毛をして毛が太く強くなっている方だと、脱毛クリームを使っても途中で毛が切れて皮膚表面に黒くポツポツしたものが残ることがあることです。初めて使う方にはオススメかもしれませんが、何回も使うのは考えものかもしれません。

だから脱毛クリームで効果を上げるために、脱毛部分を温めるわけです。入浴後や脱毛クリームを塗った部分にラップを巻いて密閉性を高めるのは、温めるためでもあるわけです。

以上のことから、即効性の高い脱毛クリームや脱毛ワックスですが、メリット・デメリットがあることが分かると思います。一般評価は、脱毛クリームが評判がいい感じですが、総合評価となると抑毛ジェルに分がある気がします。時間はかかりますが抑毛ジェルの方が、子供のにも使えますからね。特に毛深い子供(特に女の子)の夏のプール対策に抑毛ジェルを使うママさんは、少なくないそうですよ!

→ コントロールジェルMEの効果!