こんにちは。
うさぎカフェネットショップのつかさです。
きっとこの文章を読んでくださっている方は、
はじめまして。の方が多いのではないでしょうか。

改めまして、私うさぎカフェのつかさは妻のひとみと
2005年の9月に日本初のうさぎさん同伴OKのカフェ
『うさぎカフェ』を鎌倉で開店し約3年間営業いたしました。
きっと街中では会うことのなかったであろう、
たくさんのうさ飼いさんが遊びに来てくれました。
(カフェの様子などは過去の記事をご覧ください)
一言で言うと、私と同じように皆さんもうさぎが好きなんだなということ。
閉店後はうさぎに関する活動は休止していましたが、
昨年2014年末ごろから、もう一度、
飼いうさぎの『くっきー』と何かがしたいと思い始め、
うさぎさんのための手作りおやつを作ってみようと決意しました。

くっきーは2015年3月22日で11才になります。
カフェの看板うさぎを勤め、
一緒にお店まで出勤したり大活躍していた時代もありました。
今では毎日のんびりと静かに過ごしています。

私は現在野菜に関する仕事をしているので、
早朝に慌しく食事を与え、帰宅してからはゆっくりとおやつをあげたりしています。
最近思うのは、おいしい食べ物をあげたり遊んだりすると幸せを感じるということ。

限られた時間の中で、私自身も楽しく、くっきーにとって嬉しいことをするのが好きです。
ペレットや牧草は主食なので、それは欠かさずに与えていますが、
特におやつをあげると喜んで近寄ってきたり、私には分かる意思表示をたくさんしてくれます。

くっきーが大好きなものやおススメのおやつを、
必要としてくれるうさぎさんや、うさ飼いさんにお届けできないかなと思ったのです。

天日干しはもっとも自然な保存食の作り方です。
お日さまの光に当てることで、
水分が減って味が凝縮され、
野菜は甘みが増すという効果があります。
生野菜だと水分が多いため、
うさぎさんのお腹がゆるむこともありますが、
乾燥野菜や乾燥フルーツでしたら、
うさぎさんの体にもやさしい、
自然なおやつを作ることができます。

機械で大量生産し、うさぎのおやつメーカーになろうということではありません。
おやつの原料となる野菜の生産から
材料を手作業で加工、
うさぎさんの体にやさしい無添加で、
自然を大事に天日干し乾燥によるおやつの製作、
思わず飼い主さんが食べてみたくなるような袋詰め、
そして配送までを心をこめてやらせて頂いています。

飼いうさぎさんとのコミュニケーションの1つの材料として、
うさ友さんへのプレゼントとして、
うさんぽ会や、オフ飼いでのうさ飼いさん同士のお土産として、
この手作りしたうさぎさんのおやつが、
また何か皆さんのために活躍できればと思っています。
この活動や想いに賛同してくださるようでしたら一度お試しください!

長文になりましたが、
私はうさぎが好きだということです。この活動を大切にしていきたいと思います。

2015年2月 つかさ