2009年07月

2009年07月29日16:00スパイス&ハーブ普及セミナー NO.25
PermalinkComments(0)TrackBack(0) セミナー VISIT 
スパイス&ハーブ普及セミナー NO.2

「東南アジアの香辛料の歴史的役割と現在」

という難しい?セミナーに参加しました。


☆香辛料は、主に胡椒、グローブ(丁子)、肉ずく(ナツメグ・メース)。

☆なぜ、必要か?
 油脂と肉の生活では油脂自体の脂臭さを消します。
 肉自体の臭気と保存(防臭・消臭・殺菌)薬として使用します。

☆ナツメグ・メース、グローブと胡椒の二つのグループに分けられます。
○肉ずく  ナツメグ(実)・メース(実を包む赤い部分・昔は植物の花と言われていた)
 肉料理(特に挽肉料理)、加熱することにより甘み(ケーキ、クッキーなど)
○グローブ:葉、つぼみ(開花すると匂いが無くなる)、幹
 丁子たばこ(つぼみ)、部屋の臭気を除く(湯焚き)、皇帝の宮廷官吏が吐息を清める(漢の時代)
○→限られた生育地

●胡椒
 医薬品→香辛料として使われる。
●→限定されない生育地
   胡椒の生産地の破壊と独占的栽培の確立

☆香辛料貿易
15世紀に東西貿易の中継点として繁栄したマラッカ王国。
中国・イスラム・インド・モルッカ諸島

ヨーロッパから
「大航海時代」→「インド航路の“発見”」
1511年 ポルトガルによるマラッカ王国への攻撃
16世紀  争い
17世紀  オランダ・イギリスの統治、
       東南アジアのヨーロッパの支配

香辛料を求めて、長い間、争いを続けてきたわけです。
香辛料は貴重なものです。
現代に生きる私たちも、大事に食したいものです。

とっても、ためになる講座でした。
              
2009_0729_125608-CIMG0378
      おしまい
      HIME







2009年07月29日13:00スパイス&ハーブ セミナー
PermalinkComments(0)TrackBack(0) セミナー VISIT 

         スパイス&ハーブ セミナー
          (バイオリンコンサートのご案内もあります)

今日は、「S&B」が主宰したセミナーに参加しました。
はじめは、「日本の食料問題について」、農林水産省の方のお話でした。

              2009_0729_125608-CIMG0378

食=楽しんで美味しいものを食べる。
   食材と合わせる。
   食卓を豊かに。
   国産の物を合わせる。
味付け=スパイス&ハーブ
      海外へ依存
たとえば、カレーを食べる人が増えると、ご飯の消費がのびます。

食料自給率は、昭和40年には73%、平成19年度は40%。
主要先進国の中で、日本の食料自給率は最低水準ですが、
日本の良い点は効率の良い農地であることです。
狭い国土の中で他国と比べ極めて高い土地生産性を有しており、
また、安全でおいしくきれいな農産物を供給しています。

昭和40年に比べて、食生活が変わったこと、多く食べるようになったものの農業生産が追いつかったことなどがあげられます。
一番食生活で変わったことは、植物油の摂取量です。
昭和40年には、年に3本(1.5kg)だったものが、年に9本使われるようになりました。
肥満など健康上の問題が増加しています。

先進国の飽食による問題。
日本の食品廃棄物量は、世界の食糧援助量の約3倍に相当するそうです。
途上国の飢餓問題。
世界で6秒ごとに子供一人が餓死しているそうです。

緑茶は国産がほとんどです。
価格は高いですが、消費者が国産を求めています。
需要があれば、企業の生産が追い付いていきます。

私たちは、国内の食品を大切に食べ、海外の飢餓問題にも目を向けていきたいものです。

でね
WHP国連世界食糧計画、学校給食プログラムに寄付するコンサートのご紹介です。
子供たちが、たっぷりの給食を食べ、教育を受けてほしいという願いです。
是非、寄付コンサートにお出かけください。
    8月22日(土)18時開演 横浜みなとみらいホール(小)
            「川畠成道バイオリンの夕べ」
                 詳しくは↓

            http://www.cookmiracle.com/


スパイス&ハーブ普及セミナー
「東南アジアの香辛料の歴史的役割と現在」は次回に・・・
 
                 おしまい
                 HIME










2009年07月28日21:52うま味の美楽流―MIRACLE
PermalinkComments(0)TrackBack(0) こらむ 

こんにちは、皆さん

日本調味料マイスター協会 ブログ「ちゃぶーん!」に掲載されました。

是非、読んでね。

ひめからのお願いでした。

http://chaboon.jp/chablog/choumiryo/2009/07/28_miracle-6.php


おしまい
HIME



2009年07月27日23:10カレーパーティ5
PermalinkComments(0)TrackBack(0) カレー 

カレーパーティ

今日はカレーパーティをしました。
とっても楽しかった
BEERが美味しい
近いうちに・・・UP
楽しみにしていてね


IMG_2420


おしまい
HIME




2009年07月27日22:10
PermalinkComments(0)TrackBack(0) お気に入り 




雨上がり
ひめのお家から
虹がみえました

このお部屋から
虹が見えたのは
始めて

何だか
幸せが足音をたてて
やってくるような
そんな気持ち

IMG_2414    IMG_2415 

おしまい
HIME

 



2009年07月22日13:07☆ひめのデザート☆
PermalinkComments(0)TrackBack(0) 調味料マイスター 

☆ひめのデザート☆

♪ひめの一品♪

ひめのお手製デザートだよ。

IMG_2289

バニラアイスクリームは乳脂肪分たっぷり
キャロットケーキ
ハートの下のお砂糖は和三盆
フルーツトマトのシロップ煮
あんずジャムのせクッキー
オレンジ・マスカット・巨峰・さくらんぼ

白いお皿はジノリだよ。

STUDY 「和三盆」
原料のサトウキビは地元産のものを使っています。
盆の上で砂糖を三度ほど「研ぐ」ことが「和三盆糖」の
名の由来になったと言われています。
最近は白く仕上げるために、5回以上行うことが多いです。
以前は、「和菓子」専用として使われることが多かったようですが、
最近は、洋菓子、家庭での料理、コーヒー・紅茶と
普通の砂糖と同じ様に、煮ものなど一般の料理に、
使いましょう。

手作りデザート、召し上がれ!!
美味しいなぁ・・・(*・ω・)ノ

おかわり

おしまい
HIME







2009年07月21日23:44☆世界一の肉まん☆
PermalinkComments(0)TrackBack(0) ぐるめ 

☆世界一の肉まん☆

中華街のお土産、肉まん
IMG_2231
中国料理世界チャンピオン
世界一の肉まん
この看板にひかれて、買っちゃいました。

IMG_1772     IMG_1779
おしゃれなパッケージでしょ。      肉まんふかしました。

IMG_1774
これが、ふかひれまんです。
ひめちゃんは、これが一番のお気に入り。
ひめ点数では、ダントツ1位
やっぱり、うま味がたっぷりだよん。

IMG_1775 IMG_1777
チャーシューまん
ひめ点数では、3位

IMG_1780 IMG_1783
肉まん
ひめ点数では、2位

中華街らしい、お土産です。
ちょっとめんどくさいけど、
ふかすと、
皮もモチモチ、美味しさが倍増。

是非、お試しあれ


おしまい
HIME



2009年07月20日23:57☆塩キャラメルアイス☆
PermalinkComments(0)TrackBack(0) 調味料マイスター 

塩キャラメルアイス&
 
コーヒーゼリーサンデー

塩はスゴイ!!
塩スィーツは、珍しくはないけど、
あまりの美味しさに登場でーす。

IMG_2157

キャラメルの濃厚な甘さに
ほんのり塩味がとけて、
そこにナント
ほろ苦いコーヒーゼリー
トロットしたコンデンスミルク
上にはナッツ類がおしゃれに散らばって、
お口の中を邪魔するの。

だけどね、
塩効果ね。
全体がほのかな甘さになっている。

お塩は
塩の量によって、
甘味を感じたり、
塩味を感じたり、
適正な塩味を感じたりするの。
わずかな甘みを感じるのは塩分濃度0.1〜0.3%ぐらいよ。
お塩に甘味を感じるなんて、ショッパイだけかと思っている人も多いかな。
お塩を上手に使って、美味しくいただきましょう。

ぜひ、あなたもロイヤルホストへGO

おしまい
HIME