2005年02月19日

米国の証券口座を開設 その8

身の回りでごたごたしていた件も、解決はまだだけど方向性が見えてきたので、久々の投稿

さて、2/7からAmeritradeで買い付けが可能になり、 アメリトレードのサイトを読む限りでは、口座開設して初入金後、一ヶ月以内の30トレードまでは無料らしいので、超ゴミ投資だが10株20株単位で既に購入を始めとります。

米国で証券口座なのであるが、前も書いたように、今までウエイトをかけ過ぎだった米株の補完、実際には、ETFやADRでの世界分散投資が主目的。
地域的にはBRICs, スイス、北欧、豪州、、業種としては金融、エネルギー、資源、、あたり。
米国株は、ディフェンシブ系の銘柄と、景気に関係なさそうな一芸に秀でた企業、あたりを狙うつもり。
  
Posted by cool720 at 23:43Comments(0)TrackBack(0)米国株

2005年02月06日

米国の証券口座を開設 その7

ついに送金も終わり、株を購入できる状態に。

・金曜日、またまた偶然にも別の用事で午前中半休になったため、三井住友銀行に行き、事前にもらっていた海外送金依頼書を提出。
送金に関する費用は結局全部で9,000円。
うち三井住友の送金手数料4,000円、外貨取扱い手数料2,500円で、残りの2,500は中継する銀行の手数料だっけかな?(なぜ円貨なのかとか、今思うと?)
都会ではなく、家の近くにある典型的な首都圏近郊の駅前支店なので、何か質問すると「ちょっと聞いてきます」という感じだったが、それもまたご愛嬌。対応は丁寧だったし。

・送金が完了するのは最大で6日くらいかかると言われていたものの、土曜朝にAmeritradeからメールがあり、もう入金されたのとこと。早い。

・さっそくAmeritradeのサイトにログインしようとすると、何か問題があるような表示が出る。
PINの4桁数字を間違えたかと思いあせるが、ブラウザがFirefoxからではだめで、IEからだと入れた。
入った先でユーザーIDとパスワードを設定しなおし、完了。


というところなのだが、少し前からちょっとした揉め事に巻き込まれてしまい、しばらく更新は不可能か?
  
Posted by cool720 at 20:01Comments(0)TrackBack(0)米国株

2005年02月02日

米国の証券口座を開設 その6

今日は元々会社休みだったので、なるべくなら手続きは全部済んでほしいと思ったら、まだまだ。。。

今朝、外為.comから「出金手続き完了」のメールが入る。
預金口座(今回は三井住友)に反映されるのは「遅くとも一両日中」とあり、曖昧な書き方すんなよと思っていると、14時過ぎに三井住友銀行から電話。
送金目的を聞かれ、また、振込先の口座を作る際に本人確認をしていないので、本人確認書類を持ってきてほしいとのこと。
その口座は、給料振込のために昔開いた円預金口座を元に、最近オンラインでドル口座を作ったものなので、まあ確かに本人確認はしていない。

結局15時ギリギリに店に着き、本人確認して三井住友への振込が完了した時点で今日は終わり。
しかしこのまま手ぶらで帰るのも何なので、海外送金依頼書とその書き方サンプルを貰ってきた。

それにしても海外に口座を作るのも大変なものだ。嫌々やらされていることなら、もう挫折してる。
今日家に居なかったらさらに延びているところだったし。送金はけっきょく早くて金曜になる予定。
ドル相場がなぜかじりじりと円安方向に進み、差益が出ているのが救いか?(続く)   
Posted by cool720 at 00:50Comments(0)TrackBack(0)米国株

2005年01月29日

米国の証券口座を開設 その5

年度末に差し掛かり仕事が忙しくなってきたのと、最近身の回りでちょっとした騒動が発生し、なかなか更新出来なくなってしまった。。

Ameritradeへの口座開設は、現在送金準備中の段階。

先週までで外為.comで資金のドル転を済ませ、三井住友のドル口座への出金を依頼した。
ちなみに平均102.8円くらいで計16,000ドル
年初に100円を切ると巷でさんざん言われていたので、様子見を続けていて遅くなってしまった。今のところ100円を切る気配はない。(まだどうなるか分からんけどね)
2/1に送金完了するらしいが、その日は偶然にも元々会社を休む予定があったので、うまくいけばその日に海外送金ができる。
Account Activationの連絡からもう一週間なので、早くしなければ。
  
Posted by cool720 at 16:32Comments(0)TrackBack(0)米国株

HSBC Holdings (ADR個別銘柄)

HSBCの今年一回目の配当金が入っていた。
なので、今回はHSBCの紹介。

HSBCは時価総額ベースでは米シティに次ぐ、世界第二の英系総合金融グループ。
HSBC香港などは、海外口座開設のページなどでも人気のようで。
FortuneやForbesの世界企業ランキングなどでも常に上位に位置し、マネーセンターバンクが世界で10行しか生き残れないとしても、おそらくその中には入れるでしょう。

このHSBCは2003年の7月に楽天(当時DLJ)にて60.18ドルで購入。
現在80ドル台前半なので、約+36%の成績。

購入時に
 ・ポートフォリオ的に、金融セクターがほしかった
 ・米国集中へのリスクヘッジも必要
 ・かといってユーロ圏のここ数年にはやや懐疑的
などの理由により決定。
さらにいうとHSBCはアジア、南米などで強いため、間接的にBRICsに代表される新興国、エマージング諸国投資をしていることになる、というのも魅力。
配当も良く、利回り的には現在で3%前半。
リスク的には、経営的な面以外に、以前トルコで爆弾テロに遭ったように、第三世界からは先進国の象徴と見られていること(見られているというか、実際そうなんだけど)。

で、このHSBC、機会があれば買い増ししたいのだが、よくよく考えると香港市場にもHSBCは上場しており、当然のように値動きもほぼ同じなので(チャート)、中国株取扱いの証券会社で香港市場のものを買った方が手数料的には有利かも。

HSBC : http://www.hsbc.com
HBSC Japan : http://www.hsbc.co.jp  
Posted by cool720 at 15:41Comments(0)TrackBack(0)その他外国株

2005年01月24日

米国の証券口座を開設 その4

土曜の朝-現地時間で金曜-、AmeritradeからAccount Activation の連絡がメールで入っていた。
口座開設オッケーということらしい。

事前に調べた限りでは(といっても他の人の口座開設記などを探して読んだだけだが)2週間くらいかかると出ていたので、予想していたより早かった。
なので油断していて、まだ予定金額分だけドル転できていない。
  
Posted by cool720 at 00:25Comments(0)TrackBack(0)米国株

2005年01月19日

米国の証券口座を開設 その3

今日やっと三井住友に電話でき、海外送金の手数料を聞いた。
海外に送る場合、送金手数料そのものは4,000円だそうな。
それに加え、外貨取扱い手数料という名目でさらに2,500円取られる。

ということで、普通に考えると三井住友は高くつきそうだが、 送金額なども考えて色々シミュレーションした結果、今回は三井住友を使うことにした。

以下その説明。

まず今回の送金額は、海外に証券口座を開き投資するとして、一銘柄 2,000〜2,500ドル×6〜8銘柄あたりと想定し、総額16,000ドルと決定。
そうすると、仮に三井住友銀行、新生銀行、シティバンクでその場合 に掛かるコストを見積もると
銀行内の円口座から両替して送る場合、1ドル当たり1円の為替手数料取られるので
三井住友:為替16,000円(1円×16,000)+取扱2,500円+送金4,000円=22,500円
新生銀行:為替16,000円(1円×16,000)+送金4,000円=20,000円
シティ(残高100万以上):為替16,000円(1円×16,000)+送金2,000円=18,000円
となる。
(為替:為替手数料、取扱:外貨取扱手数料、送金:送金手数料)
この場合は三井住友が一番高いが、そもそもいずれの場合でも為替手数料が一番割合 として大きいので、これを何とか下げる方法を考える。

調べるとよく出てくるのが、野村證券で外貨MMFを買って銀行の外貨口座に振り込むと いうやつで、これだと為替手数料が1ドル当たり0.5円になるため、上のリストの16,000円 の部分はいずれも8,000円にまで下がる。
(野村から銀行の外貨口座への振込は無料(野村負担))

でもまだ高いので、今回はFX(為替取引業者)を使う。
外為.com(http://www.gaitame.com)は、1ドル当たり0.04円の為替手数料と1,000ドル当たり 100円の売買手数料で円ドルの両替が出来る。
16,000ドルだと手数料の総額は2,240円(0.04円*16000+100円*16)。 外為.comから銀行のドル口座に振り込む際は、通常は3,500円かかるが三井住友なら無料。
つまり、この場合さっきの3銀行の比較では
三井住友:外為での両替2,240円+取扱2,500円+送金4,000円=8,740円
新生銀行:外為での両替2,240円+外為からの送金3500円+送金4,000円=9,740円
シティ(残高100万以上):外為での両替2,240円+外為からの送金3500円+送金2,000円=7,740円
となる。
シティの口座は持っていないし、海外送金のためにシティの口座に100万を常に キープしておくのもやりたくないので、今回の場合、三井住友の逆転勝利となる。
郵便局から送る場合も、送金手数料自体は安そうだが、おそらく為替手数料は1ドル1円だろうから(予想。実は調べていない)、16,000円+αはかかるでしょう。

もちろん送る金額によっては野村+新生の方が安くなるだろうし、 外為.comから三井住友への送金が無料なのは期間限定らしいし、 海外ネットワークが十分でない銀行から送る場合に途中で資金を中継する銀行で手数料を取られること があってそれが馬鹿にならない金額で、シティで送ればその点安心、だとか、他にも考慮しなければならない問題は色々あるらしいが。  
Posted by cool720 at 23:32Comments(0)TrackBack(0)米国株

投資方針の変更など

年初に立てた今年の行動目標を、いきなりではあるが訂正。

・FX(為替取引)はしばらくは行わず、凍結。
他に資金を振り向けるというのが直接の要因だが、FXの投資環境もきっかけ一つ。

今年の7月にあるという法改正と、その結果を見守りたいところ。

以前言っていたユーロ、豪ドル、スイスフランへの投資は、米国に証券口座を開いた上で、ADRを通じて間接的に行う。

ちなみに結果論だが、ユーロや豪ドルに年明けすぐに手を出さないでよかった。。
長い目で見れば、FXは将来的には分離課税にしてほすいところ。

・日本市場(株式投信&J-REITファンド)にある程度の資金を投入。
FXの代わりに、現在自分の中で比重が大きい米株のヘッジとして日本市場を取り入れる。
といっても、個別株ではなく投信とJ-REIT。

株式はさわかみファンドを毎月2万円積み立てているので、補完として中小型株中心のアグレッシブなやつを手動で買い付け予定。

J-REITファンドはさらに株に対する補完。

本当はどちらも個別銘柄でいきたいのだが、資金が無いのと銘柄調査に時間が掛けられないのでファンドで勝負。

ちなみにその結果、現在、外国株が個別銘柄で日本株が投信という、よく言われている投資の定石とは正反対のポートフォリオになっている。
別に狙ったわけではないのだが。。

  
Posted by cool720 at 00:33Comments(1)TrackBack(0)投資全般

2005年01月18日

米国の証券口座を開設 その2

会社に携帯を持っていくのを忘れてしまい、結局今日も三井住友銀行に電話できず。orz
(昼休みに掛けるためであって、仕事中には電話しないので。念のため。)

手続き自体は、先週の金曜にAmeritradeのWebから入力、印刷してサインしてパスポートのコピーやW-8BENと共に、土曜に郵便局から発送。
ここまでは特に難しい部分は無し。
参考のため書くと、ふつーに個人が現物口座のみ開設する場合は、Account TypeはIndividual、Account ProfileはCashを選択。

ちょっと悩んだところは、U.S. Social Security Number / ITINが記入必須項目になっている。
が、そんなもの持っている訳も無く、そのすぐ下に国籍を選択する欄があるため、ここは空欄で構わないと判断、I am a citizen of ..でJapanを選択し、続くVISA Typeも、持っていないのでNONEを選択。

某掲示板の書き込みによると、ここをパスポートの写真のページに出ている「Type」と見なして「P」を選んだ、とか書かれているが、それは違うと思うんだけど。。
ただ私の場合も、まだ口座を開けた訳ではないので何とも言えないのだが。。

サインは後で出金依頼などで必要になるようなので、同じものが書けるよう、コピーを取った。

  
Posted by cool720 at 23:31Comments(0)TrackBack(0)米国株

本日は米国市場休場

今日は米国は祝日(キング牧師の日)のため休場。
おかげで安心して眠れる。。

今日は朝から忙しく、結局三井住友銀行に電話できず。
海外送金の手数料を聞きたかったのだが。   
Posted by cool720 at 01:07Comments(2)TrackBack(0)米国株

2005年01月15日

米国の証券口座を開設 その1

いよいよ積年の目標であった、海外に証券口座を作るという計画を実行開始。

懸念としてドル安と海外の株安があるのだが、株は銘柄次第なのであまり気にしてない。
その辺は今までの経験で分かっているので。
ただし、日本株が今世界的に見て割安な状況というのも色々言われているところであるので、その辺りもフォロー中(詳細は別途)。

で、どこに作るか考えた末に、まずは日本人ユーザーが多そうなAmeritradeに決定。
(もっと安いところは探せばあるようだが)
とりあえずonline applicationを記入、印刷。
送金は、外為.com→新生or三井住友を想定。

先週末、ドルが再び102円台になったのでちまちまと両替を始め、一眠りして朝確認したらいきなり101円台に突入していた。
ちょっと嫌な予感。
  
Posted by cool720 at 11:20Comments(0)TrackBack(0)米国株

本日の米国株(2005/01/14)

Dow 10,558.00 +52.17 (+0.50%)
Nasdaq 2,087.91 +17.35 (+0.84%)
S&P 500 1,184.52 +7.07 (+0.60%)

マイポートフォリオは$50,445.30 $355.30 (+0.71%)
通算の損益は+$13,232.92 (+35.56%)
久々の本格的反発で正直ほっとした。
  
Posted by cool720 at 11:16Comments(0)TrackBack(0)米国株

2005年01月13日

本日の米国株(2005/01/12)

Dow 10,617.78 +61.56 (+0.58%)
Nasdaq 2,092.53 +12.91 (+0.62%)
S&P 500 1,187.70 +4.71 (+0.40%)

終わってみればプラスでの引け。
マイポートフォリオは$$50,636.00 -$33.50 (+0.07%)
通算の損益は+$13,423.62 (+36.07%)
仮定の話をしてもしょうがないけど、UPSがなければ指標並みの動きだった。
UPSはこういうときこそ買い増しだが、楽天は日本円からいきなりは米株が買えないので、動けず。つうか手数料高いし。
UPSが7%強の下げ。英語のニュースをざっと見ると、4半期利益が下がる見通しを見せたのと、CSFBが格下げ。

年初のピークからあっという間に2000ドル以上下がった。
ドルも下がっているし、円換算だと▼25マンは行っているかも?
しかしここはまだホールド。
2000年の暮れ頃からDLJ(現楽天証券)で米国株をやっているが、同時テロの時には-40%くらいまで下がった経験がある。
  
Posted by cool720 at 01:34Comments(0)TrackBack(0)米国株

2005年01月12日

様子見

一体どうしたというくらいの円高。
話題にした途端にUPSが時間外で暴落してるし。。

  
Posted by cool720 at 22:57Comments(0)TrackBack(0)投資全般

2005年01月10日

UPS Inc. (米国株個別銘柄)

楽天証券にログインすると、UPSの配当が入っていた(今年最初の配当)。
で、これから配当があるたびに、その銘柄をご紹介。
米株の場合、三ヶ月あれば一回りするのでちょうど良いかと。
ADRの場合半年かかることもあるし、配当を出さない企業もあるので、
その辺りは折りに触れて随時。
(最終的な投資の判断は各自で)

さて、UPSはUnited Parcel Service Incといい、要するにヤマト運輸の米国版(実際にヤマトとは、昨年まで提携していた)。
ヤマトと比較すると売り上げで3.5倍、純利益5倍、時価総額で13.5倍。
日経マネー2005/2月号の特集「中国株・米国株大予測」でも推奨銘柄になっております。

このUPSは、2002年7月に楽天証券(当時DLJディレクト)にて$61.48で購入。
以後買い増しはないものの、現在$83.50なので通算で+35.82%のパフォーマンスを誇り、チャートを見てもきれいな右肩上がりで、抜群の安定感。

UPSを買うことにしたのは、チャートやファンダメンタル面もさることながら、米国出張したときにやたらとUPSの車を見かけたのと、EBAYやAmazon.comなどのEコマース系の企業が伸びる限りは運輸業界も発展するはずであろうという判断にもよる。

買い増ししたいけど最近の伸びが急すぎて、やや割高感が出てきた感じ。
株価下落のリスクとしては、炭疽菌事件のような郵便/運輸に関わる事件と、原油価格上昇によるコストアップなど。
さらにいうと実は同業のFDX(Fedex)の方がここ数年の株価の伸びが良かったりする。

この業種を新たに買うなら、個人的にはFDXかな。
FDXはUPSを買うときにも比較したんだけど、時価総額でUPSの方が上なのと、FDXは配当をあまり出さない方針らしく、そこが引っかかって最終的にUPSにしたのだが。

UPS.Inc http://www.ups.com
Fedex http://www.fedex.com  続きを読む
Posted by cool720 at 21:58Comments(0)TrackBack(0)米国株

2005年01月08日

本日の米国株(2005/01/07)

Dow 10,603.96 -18.92 (-0.18%)
Nasdaq 2,088.61 -1.39 (-0.07%)
S&P 500 1,186.19 -1.70 (-0.14%)

マイポートフォリオは50,765.20 +$6.20 (+0.01%)
通算の損益は +$13,552.82 (+36.42%)

MMM(スリーエム)とPG(プロクター&ギャンブル)が健闘。  
Posted by cool720 at 21:59Comments(0)TrackBack(0)米国株

2005年01月07日

本日の米国株(2005/01/06)

Dow 10,622.88 +25.05 (+0.24%)
Nasdaq 2,090.00 -1.24 (-0.06%)
S&P 500 1,187.89 +4.15 (+0.35%)

ちなみにマイポートフォリオは$50,759.00 +$160.90 (+0.32%)
通算の損益は+$13,546.62 (+36.40%)

EBAY(イーベイ)とSBUX(スターバックス)の下げ幅が大きい。

全体としては下げ止まりか?
しかしピークから1500ドルくらい既に下がっている。
でも去年の秋口くらいまでは損益は+7-8000ドル近辺だったので、まだまだ下げてもホールド。

海外口座を開くつもりで外為.comに資金を入れて両替する機会をうかがっているが、昨日からプチ円安になってしまい様子見状態。  
Posted by cool720 at 07:39Comments(0)TrackBack(0)米国株

2005年01月06日

本日の成果1/6

昨日から会社が始まってしまい、いきなり空きができてしまった。

さて、本日はコフコが爆上げ。
1/4に言っていた通りに買っておけば良かったかな。
しかし、今買ってもまだ十分に平均買価を引き下げられるのであった。。

日本株が上昇したおかげでポートフォリオ中さわかみファンドインベスコ店頭・成長株オープンともに上昇。

外国株投資日記とタイトルしておきながら、ここ最近は出遅れ感のあった日本株(投信)の仕込みの時期。
これも国際分散投資の一環か。  
Posted by cool720 at 22:11Comments(0)TrackBack(0)投資全般

2005年01月04日

本日の成果

米国株が大幅に下げ(別記事参照)、中国株は微減。
持ち株のうち、 コフコが大幅に上がっている。
そろそろ買い増し時かな、などと思ったりして。

日本株が上がってくれたおかげでさわかみなどは上がったが、資産の配分が米国株に傾斜しているため、焼け石に水状態。

しかし、今日も米株が豪快に下げそうなヨカーン。
  
Posted by cool720 at 22:32Comments(0)TrackBack(0)投資全般

本日の米国株(2005/01/03)

Dow 10,729.43 -53.58 (-0.50%)
Nasdaq 2,152.15 -23.29 (-1.07%)
S&P 500 1,202.08 -9.84 (-0.81%)

ちなみにマイポートフォリオは$51,305.50 -$587.00 (-1.13%)
通算の損益は+$14,093.12 (+37.87%)

かなりきつい下げ。
CAT, COH, EBAY, SBUX, BPが特に下げた。
年末の上昇が消えてしまった。  
Posted by cool720 at 09:43Comments(0)TrackBack(0)米国株