最終検討
第13回 ジャパンカップダート(GI)




結論:◎10ローマンレジェンド
父:スペシャルウィーク
(ヘイロー系)
母:パーソナルレジェンド
母父:Awesome Again
(ヴァイスリージェント系)
母母父:Storm Bird




にほんブログ村 トラコミュ 第13回 ジャパンカップダート(GI)へ
第13回 ジャパンカップダート(GI)
にほんブログ村 トラコミュ JCダート(2012)へ
JCダート(2012)




GⅠ馬 vs GⅠ級




本命は、歴代王者をはじめとしたGⅠ馬に挑む◎10ローマンレジェンドのGⅠ初挑戦に、GⅠ級の素質を信じてみたいと思います。




母パーソナルレジェンドはKingmamboの母Miesqueの近親にあたる良血で、父Awesome AgainはBCクラシック勝利を含むGⅠ2勝の実績を誇り、種牡馬としてもBCクラシックをレコード勝利で父仔制覇を果たしたGhostzapperを含む4頭のブリーダーズカップ勝馬を輩出しており、絶大なる活力を継承する血脈を備えています。



この血こそが、ローマンレジェンドのダート中距離における高い適性を支えており、スペシャルウィークとの交配による父方Nijinskyを経由したNorthern Dancer5×4・5を中核に、Deputy Minister-Vice Regentであり、Storm Birdの血質を呼び込むのが特徴となる形態を確保。




加えてBuckpasserとPrincequilloのスピード・スタミナを重ねることで力強さを再現しており、よりタフさを兼ね備えたパワー型の配合にまとめられています。




GⅠ初挑戦の身分ではありますが、重賞2連勝を含む6連勝にダート【7,1,0,0】は強さの下地を証明するものですし、生きている血の質の高さからも王者になる資格は十分にあると判断しました。





相手には歴代王者の一角から、同一GⅠ3連覇の偉業が懸かる〇07トランセンドの巻き返しに期待。




今回のメンバー構成であれば、恐らくはハナをとれることが考えられ、昨年は大外枠を克服しての勝利でしたが、元々8枠は自身にとってもそれ以前に馬券圏外に敗れた経験のある枠でもありました。(09年エルムステークス、09年武蔵野ステークス)。



皮肉にも、昨年のジャパンカップダート以降の国内戦も全て8枠であり、今回は叩き二戦目に加えて真ん中の枠に入ったことはプラスの材料といえそうで、スタートしてから果敢に攻めるトランセンドの走りに注目をしてみたいと思います。




穴馬には週中の穴馬的存在の▲ で、母方のRobertoにGraustarkを呼び込む底力豊富なから、上がりの掛りやすい今回は持ち味が発揮できると考え、ラストの一踏ん張りに期待を寄せてみたいと思います。




【ジャパンカップダート:予想】
◎10ローマンレジェンド
〇07トランセンド

△12ワンダーアキュート
△15ソリタリーキング
△04エスポワールシチー
☆08イジゲン


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
競馬 ブログランキングへ
↑応援クリックをお願いします↑
大きな励みになっております。