2010年05月11日

【CDレビュー】school food punishment/amp-reflection

ポップと構築美の狭間で
デビューにして、洗練された名刺代わりのアルバム
【ジャンル:ポストロック・プログレ・ポップロック・エレクトロ・ハードロック】
インディ時代からサウンドや演奏技術に定評があったsfp。これまではミニだけだったけど、インディ時代最後の「Riff-rain」でアルバム構成に自信を持てたのか、最高のタイミングでフルアルバムが発売出来たように思う。
アニメ「東のエデン」のテーマソングが多くなってしまったことでアルバム全体の魅力が損なわれているようでちょっと残念だけれど、それでもsfpの持ち味は充分に織り込まれているとしみじみ思う。

結果的にシングル曲がかなり多くなってしまって、アルバム構成に苦労した様子が伺える。シングル曲「butterfly swimmer」「futuristic imagination」が、ガツンと複雑な展開のまさにsfpなナンバーで見せつけて。アルバム曲の「goodblue」「駆け抜ける」なども、それぞれ粒ぞろいな曲がさらりと並んでいて素直に感心する。
それだけに、「future nova」「light prayer」「after laughter」みたいに、一聴似たような曲で中だるみしちゃうのが残念。それに基本的にサウンドが足し算なので、肩肘張ってるようで通して聴くとちょっと疲れるかな。フランス料理のフルコースは美味しいけど…って感じね。同じ素材で、イタリアンや和食を作ってみたら、もっともっとこのバンドは美味しくすんなりいただけると思う。
インディ時代のようなアンニュイな曲と、ポップな(でも技巧的な)曲が通して違和感なく聴けるのはいい意味での狡猾ささえ感じる。サウンドは極まっているよ、本当に。
ノイジーな曲はインディに比べると控えめで、ちょっと苦手だったのでありがたい。
歌詞は、独り善がりな表現が目立たなくもないけど、「goodblue」のサビや「butterfly swimmer」の大サビのような言葉遊びは惹かれるものがあるし「電車、滑り落ちる、ヘッドフォン」「butterfly swimmer」のメロとサウンドとの一体感はお見事。いいセンスしてるね。
この曲たちでアルバムを作るとしたらこの順番しかないな、と思えるベストな構成で。インストでの幕開けは相変わらずで憎いくらいだし、入り口に「goodblue」「butterfly swimmer」出口に「sea-through communication」っていう清涼感のある曲が並んでるので、中身は濃いのについついまた聴き返したくなる。特に、巧みに聴きやすく仕上がった「goodblue」と、展開美の凄さを感じさせない「butterfly swimmer」を最初に並べたことで、僕たちはこういうスタイルでメジャーでやっていくよという決意表明にすら感じる。

会心の出来とは言いきれなくても、メジャーに
相応しい洗練されたアルバム。

単曲ヒト口レビュー
goodblue…「pool」「flow」から連なる、sfpで一番好きな部類の曲。カッコよくて洗練されていてポップ。メジャーだから辿り着いたポップさだと思う。
butterfly swimmer…このアルバムで一番好きな曲。「goodblue」からのふわふわした流れを引き継いだかと思いきや、二転三転とコロコロ雰囲気が変わっていってクラクラする。サビがメチャクチャキャッチーな上につなぎがナチュラルなので耳馴染みが良くてsfpの底力を見せつけられた。
電車、滑り落ちる、ヘッドフォン…たた たたた
駆け抜ける…ストリングスと打ち込みの組み合わせが異色なんだけど、爽快でいい。次の曲と一緒にストリングスアレンジの妙を味わえます。
sea-through communication…構成してる音がデジタルなんだけど温かくて不思議。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cool_k/52045012