COOL LADY’S PARADE

人生はレビューです。マンガ、本、ライブ、DVD、CDなど、色んなものをレビューします。
タイトルは“COOL LADY’S PARADE”。
JUNKな文章なので、お気軽に読んで行って下さい。

笑ゥせぇるすまん 1〜3巻

ここでの1〜3巻はカバーが革の鞄のデザインになっている
中央公論社(当時)の中公コミック・スーリでの巻数です。
3巻までになっているのは、私がそれしか持ってないからです。
作/藤子不二雄A。

黒ずくめのスーツと帽子、小太りのちんちくりんの体型。
謎の自称セールスマン・喪黒福造は、日常に倦み、
刺激を求める現代人のココロのスキマにするりと忍び込みます。

喪黒さんは強引にターゲットに近付いてしばしば
胡散臭がられますが、すぐに“お客さま”は心を許し、
自身の悩みを打ち明けるようになります。

そして客は、喪黒さんの紹介する変なアイテムや変な店を用いて
束の間の幸福感や充実感を味わいますが、自らの欲深さ、
或いは喪黒さんによる元々の仕掛けにより、最終的には
(ほぼ)必ず、破滅への道へと向かうようになります。

昭和44〜46年に週刊漫画サンデーに連載――と言うより、
’89年にバラエティ番組「ギミアぶれいく」の1コーナーとして
アニメ化されていた、と言う方が遥かに通りがいいでしょう。

冒頭の喪黒さんの自己紹介のフレーズは今でも覚えています。
2時間の番組内でいつやるか判らなかったので、この10分の為に
ずっとこの番組を見ていなければなりませんでした。

アニメの印象は、強烈で、鮮烈でした。忘れもしない、
アニメの第1話はコミックス1巻にもある「たのもしい顔」。
音楽、演出、喪黒さんの声、動き、バー“魔の巣”の雰囲気、
原作ではさほど大きく扱われていない「ドーン!」の効果。
どれを取っても原作のイメージを補って余りあるものでした。
余りの反響の大きさに、同じ話が翌週もう一回放送された程です。

アニメでは、一旦は喪黒さんが客の悩みを解消してあげるけど、
ひとたびお客が調子に乗って喪黒さんとの約束を破った時は、
「ドーン!」という気合と共に奈落の底に突き落とす、
という、“因果応報”のパターンが殆どでした。

しかし原作の喪黒さんは悪質です。漫画サンデー連載時の原題は
黒ィせえるすまんだったそうですが、タイトル通り、
喪黒さんが、黒いです。お客を助ける気など更々無く、
始めから破滅させたりからかう為だけに客に近付いています。
アニメとはかなり趣が違うので、ちょっと戸惑ってしまいました。

アニメ・原作共通の事ですが、かなりグロテスクなオチや、
セクシャルというかアダルトな話もあって、内容は完全に
大人向けです。オトナ向け過ぎて、「手切れ屋」のオチの意味が
最初は分かりませんでした。後にYJでB.B.フィッシュという
マンガを見て、『あれはこれだったのか!』と知った次第です。

──それをアニメでそのままやっていたのも驚きですが──
「藤子不二雄」名義でこんな話を描いていたのだから驚きです。
連載時はまだ「藤子不二雄」はコンビ解消前でしたが、恐らくは
これは安孫子さん一人で描いていたものなのでしょう。
ゴルフの話が目立つのも、安孫子さんの趣味だと思います。

1巻が漫画サンデー連載時の分で、2,3巻は、アニメ化を受けて
’90〜’92年に中央公論で連載された分が収録されています。
だから1巻と2,3巻では、絵柄がかなり違います。1巻では
人物も背景も簡略化されていますが、2,3巻はしっかりした
絵になっており、背景も、きっちり描き込まれています。

3巻に収録されているものは話もちょっと変わってきていて、
お客が懲りずに次の楽しみを見つけたり(「看板ガール」)、
新しい環境に適応したり(「ブルーアイ・ジャパニーズ」)、
破滅ではない結末や、「ドーン!」に負けない人も出てきます。

荒削りの1巻が一番面白く感じて、2巻になるとマンネリ化が
否めませんでしたが、作者が時代の変化を感じ取ったのか、
マンネリ化を避ける為なのか、新しい話にこういうオチが
出てきたのは、興味深い事だと思いました。

どういう理由か今年TOKYO MXで再アニメ化されたのですが、
それが前シリーズのアニメの雰囲気を見事に踏襲したもので、
前シリーズへのレスペクトぶりに感銘を覚えました。

喪黒さんの声優を務めた大平透さんは亡くなってしまったので、
玄田哲章さんが喪黒さん役を演っていたのですが、これが
言われなければ判らないほど、全く違和感が無いものでした。

因みに伊東四郎さん主演で連続ドラマ化されたこともあります。
その時の魔の巣のマスター役は、藤村俊二さんでした。
伊東さんの風貌、歩き方など、喪黒さんそのものでした。

  

黒革の手帳

執筆は’80年と、著者の小説としては割と新しい部類に入る
作品です。米倉涼子さん主演でテレビ朝日で連続ドラマ化され、
これが人気があったので、後にけものみち、わるいやつらと続く
米倉さん主演のテレビ朝日の悪女シリーズ3部作が作られました。
この7月より、武井咲さん主演で再ドラマ化されるようです。
著/松本清張。

銀行員の原口元子は、架空名義の口座を書き写した
“黒革の手帳”と引き換えに、横領した7,568万円の
全額を不問に付させ、銀行を退職した。彼女はそれを元手に
銀座で小さなバーを開いた。店の名は“カルネ”と言った。
それはフランス語で、“手帳”という意味を持つ言葉だった。

カルネの経営はなかなか軌道に乗らなかった。一年余り
経った頃、元子は店のNO.1ホステスの波子がカルネの真上で
より大きなバーを開店すると知った。波子のパトロンは、
手帳に名前が記された人物の一人だった。屈辱と怒りに
震える元子は、遂に手帳を活用する時が来たと知った。

元子は黒革の手帳を振り翳し、次から次へと男達を屈服させ、
銀座の街で華麗にのし上がっていく──・・・という話だとばかり
思っていたのですが、実際には、イメージがかなり違いました。

まず肝心の“黒革の手帳”そのものは、冒頭であっさりと
銀行側に引き渡されてしまっていました。現物は手元に無く、
元子は手帳をコピーしたデータを活用するのです。

また、手帳に名前が載る人物を次々に脅していくものだとばかり
思っていたのですが、元子が金を巻き上げる人数が
限られていたのも意外でした。カルネの経営状態が
一貫して芳しくないのも、イメージと違いました。元子は常に
資金繰りに頭を悩ませており、お金の計算ばかりしていて、
そこには銀座という舞台から連想される、夜の街を舞う
蝶のような華麗さは微塵も感じられませんでした。

前半は、ゆっくり話が進みます。本筋の恐喝に入る前に、元子が
それを始めるに至る過程と動機が、かなり丁寧に描かれます。
進行は遅いし地味な内容が続きますが、かと言ってつまらないと
思う事はありませんでした。お膳立てが整って、いよいよそれが
着手されると、『いよいよ来たか』と、ワクワクしました。

元子は知人を利用し、念入りに恐喝の材料を集めていきます。
ホステスの妹をターゲットの懐に送り込み、仕事から私生活まで
事細かに報告させた手紙を読む元子が、長い手紙の節々で、
「けっこうよ、和枝ちゃん」と呟くシーンは、ゾクゾクしました。
『まるでドラマ家政婦は見ただな』と思いましたが、
そもそもあのドラマの原作も、清張その人なんですよね。

元子の犯行は、鮮やかとはとても言えない、危なっかしい
綱渡りの連続でした。歩いた跡にどんどん敵を作っていくようで、
読んでいて冷や冷やさせられてしまいした。

伏線があちこちにばら撒かれているのですが、それが余りに
露骨な破滅フラグだった事は残念でした。偶然に頼り過ぎると
思われたいくつかの点に全部意味があった事は納得ですが、
それもかなり強引で、ポカーンとしてしまいました。

元子は心の潤いと彩りに欠けた、寂しい女です。
銀行では出世の道などなく、男性からは行き遅れとして
煙たがられ、親しい女友達もおらず、バーのママとして男性客の
相手をするようになってからも、それは変わりませんでした。

誰も信用できず、誰にも心を開けない。
他人を駒としか思っておらず、人の感情を解しない。
表面的な付き合いならそれなりにできるけれど、
他者と深く心が通った関係を誰とも持った事が無い。

彼女の人生で、同性異性を問わず、彼女を本気で
好きになってくれた人が一人でもいたのでしょうか。
いないからこそ、彼女は“全世界は敵だ”と言わんばかりの
堅くなな心を持つようになってしまったのだと思います。

元子は“銀行の白い壁に囲まれていた自分”という表現を何度もし、
“もう自分はあの頃の自分では無い”と心の中で嘯きます。
しかしそれは自分に言い聞かせているようにも聞こえました。

それはつまり、自分は本当はその頃のまま何も変わっていないと
自分で良ーく分かっている事の裏返しです。第一の恐喝を
成功した際の元子の昂揚は、閉ざされた白い檻を出て
自由に空を羽ばたいていきたいと悲鳴を挙げていた元子の心が、
望みを叶えたかに思えた瞬間の昂揚だったのでしょう。

自分を相手にしなかった、見捨ててきた世間への復讐を果たした。
元子のこの感覚に共感し、喝采を贈る女性はたくさんいると
思います。だから米倉さんのドラマも人気が出たんだと思います。

傲慢で、性格も良くない女なのに、私も元子を嫌いとは思わず、
共感し、可哀相な人だと思いました。こんなキャラなのに読者に
そう思わせてしまう。清張の表現力は、やはり凄いと思いました。

  

BOΦWY VIDEO (DVD)

’86.5.1高崎文化会館のライブを中心とした、BOΦWY
初めてのビデオ作品です。元々は’86.7.2(武道館当日!)に
リリースされたVHS作品で、’12.12.24に発売された
BOΦWYのBlu-ray BOXにも収録されています。
’01.11.28発売。

全11曲、定価4,500円(当時の消費税率の税込み)。
私が持っているのはDVDとBD BOXの一枚としてだけで、
VHSは持っていませんでした。だからBOΦWYデビュー
20周年だかの企画でDVD化された時は、嬉しかったです。

ジャケットのデザインは勿論VHSと一緒。中に折り畳まれた
歌詞カードが入っていて、そのデザインはいかにも昔のVHSに
入っていそうなものでした。きっとできるだけオリジナルの
雰囲気を再現しようと、復刻されたものなのだと思います。

PROLOGUEをBGMに、自然環境ビデオみたいな
映像が流れる。BAD FEELINGのイントロが始まる。
ステージからの強い光を受けた逆光の中、ビシッとポーズを
決めて、ピタッと止まる氷室のシルエットが浮かび上がる。

このビデオでしか見られない髪型、衣装。黒のロングの
ジャケットの裏地は紫、袖と前袷には金の刺繍。ハデハデ
ゴージャス。王様のよう。デザインは早川タケジさんという人で、
沢田研二さんの衣装を手掛けていた人だそうです。納得です。

氷室はBOΦWY時代としては珍しく、髪を下ろしています。
ONE NIGHT STANDのビデオに近い髪型です。
キツいメイクで“カッコいい”と言うより綺麗、美しいと表現したい
容貌です。最前列の連中、これで見つめられたら、死ぬだろ。

JUSTYの時は頻りに髪を後へ撫で付けオールバックに
なりました。布袋さんは座り込むくらいギターを弾き倒します。
客席が近い。ライブハウスみたいにステージの足元にすぐ客がいる。

曲間で、氷室はドラムセットの足元から水が入ったプラスチックの
コップを持って来ました。ホンキー・トンキー・クレイジー
イントロが始まると、それを飲まずに、ステージに背を向けて、
コップを傾けて、ゆっくりとステージに水を注ぎ込む。
そして空になったコップを、曲に合わせ、ステージに叩き付ける!

予め意図した演出なのか、ノって自然に出た行為なのかは
判りませんが、いずれにしても氷室のライブ運びには天性の
センスがあります。曲に合わせたタイミングは、完璧でした。

わがままジュリエットはPVの映像を使っていました。
少女が包帯を取ったところでちょっとだけライブ映像に戻ります。
LIKE A CHILD。イントロで松っちゃんに
スポットライトが当たります。この曲はこのビデオだけ、
何故かキーボード引いてるんですよね、ピック咥えながら。

その背中に布袋がぴったりくっ付いてギターソロを演じる。
ノリのいい足取りで定位置に帰っていき、コーラスではカメラ目線。
布袋、初めてのビデオ撮りなのに、結構余裕あるじゃん。

MISS MYSTERY LADY (VISUAL VISION)
貴重ですね。氷室熱唱。ウザそうに掻き上げるけど、オールバックの
長めの髪が、前に落ちてきて色っぽい。紫のドレスを来た
あの少女が、しどけなくベッドに横たわる映像も挿入されます。

DREAMIN’は照明が強過ぎてほぼ逆光。布袋、今度は
ドラムセットの台に登ってまこっちゃんの前で向かい合って
弾きます。シンバルと太鼓を悪戯して一つずつ叩いて戻りました。
ビデオにも映りづらいし、奥で独りで寂しそうだから、カメラが
自分を追うのを知って構ってあげたみたいな優しさを感じます。

IMAGE DOWNでは布袋はくるくる回ります。
ステージに仰向けに寝転がって弾いたりもしています。
氷室が後から布袋の肩を抱いて、サビで2人でステージの前面に
出て、客に歌わせたりしています。何て光景!今じゃ信じられない。

布袋が座り込んで弾くその前に氷室が立って、布袋の顔に
股間を押し付けるようにして腰を振りながら歌う。どう見ても
しゃぶらせてます。布袋も意図を判ってて、それにノっていそうです。

NO. NEW YORKは、2日分録画した別の日との
チャンポンで、音と映像が合っていません。2日分の混合と
隠す気もない編集。昔の東芝EMIは、これが得意でしたね。

JUST A HEROは完全に毛色が違います。
このライブアレンジを“GIGS”1986で先に
聴いていたので、オリジナルアルバムの原曲に逆に戸惑いました。

ここにもあの少女が出てきました。度々出てきたこの少女は、
スタッフロールでBOΦWYメンバーの名前が流れたすぐ後に、
“LADY LISA HEIDER”とクレジットされていました。

多分私と同世代でしょうが、彼女は何者で、今頃どこで
何をしているのでしょうか。昔から気になっていました。
ビデオクリップのような、ちょっと不思議なライブビデオでした。

TOKYO MX「Prize Cinema 禁じられた遊び」

第二次世界大戦中の1940年フランス。ドイツによる
空襲を受けて避難している最中に両親を失った5歳の少女
ポーレットは、10歳の少年ミシェルに拾われて、
一家の厚意でミシェルの家に身を寄せる事になった。

幼いポーレットは、十字架やお葬式を知らなかった。
一緒に逃げてきた犬が死に、お墓を作ろうとして初めて、
お墓には十字架を立てるのだと知った。

死んだ動物の墓を作り、十字架を立てる。
その行為が気に入ったポーレットとミシェルは、
ミシェルが盗んだ十字架で、お墓を作る遊びに没頭する。
今年のお正月に放映した作品です。インストルメンタルの
物悲しい主題歌も有名な、’52年フランス映画です。

ミシェルは両親が目の前で死に途方にくれているポーレットを
見付け、家に連れて帰ります。戦時中の苦しい時期ですが、
ミシェル一家は行く先の無いポーレットを住まわせてあげます。
ポーレットは綺麗なドレスを着て育ちは良さそうでしたが、
まだお祈りを教わった事が無く、ミシェルの家族に教わります。

ミシェルはポーレットの為に、ネズミを殺しお墓を作り、
お墓に立てる十字架を集めます。木で作ったものや馬車の屋根に
付いていたものでは空き足らず、教会で「あれが欲しい」と
ポーレットにねだられた、大きな十字架を盗もうと試みます。

これは何と言っても主役の2人ですね。ポーレットはたまたま
出会ったミシェルに懐きますが、姿が見えなくなると一生懸命
ミシェルの名を呼んで、後をくっ付いて歩く様が、凄く可愛い!

ミシェルもお兄さんぶって、懸命にポーレットの世話をします。
ポーレットを守らなきゃ、欲しがっているものをあげなきゃと
奔走する姿が可愛いです。それは兄弟と言うより、小さな
恋人同士のようでもあります。5歳と10歳では若干年齢に
差がありますが、そういう感情もあったのではないでしょうか。

最終的に、十字架を盗んでいた事が大人達に発覚し、
問題になります。風車小屋の中に2人でこっそり作った
小動物のお墓の上に、中小様々な十字架が立っている光景は、
無邪気が高じて生じる子供の怖さを表しています。
結末はちょっと可哀想でした。芸術性の高い名作だと思います。

Monthly Archives
Profile
HN : COOL LADY
1973年生まれ みずがめ座
女性 独身 神奈川県出身

リンク&内容の転載は
厳禁です。守ってね!

このBlogについての説明は、
How to use CLPへ。
Blog内検索
Favorite (books)


Please WATCH OUT