COOL LADY’S PARADE

人生はレビューです。マンガ、本、ライブ、DVD、CDなど、色んなものをレビューします。
タイトルは “COOL LADY’S PARADE”。
JUNKな文章なので、お気軽に読んで行って下さい。

日本テレビ「ゼロ 〜一攫千金ゲーム〜」

何で今更!?福本作品はこれまで数多く実写映画化もしくは
ドラマ化されてきましたが、これにまで手を出すほどテレビ局は
ネタがなくなったのでしょうか。数年前に週刊少年マガジンの
連載を中断してそれ切りの福本伸之先生の賭博覇王伝 零
連続ドラマ化されました。日曜午後10時半の枠で、7月期に
放映され、福本先生本人がゲスト出演していた回もありました。

宇海 零(うかいゼロ)は集団自殺しようとしていた
3人の男性を助け、彼らを誘って義賊として活動していました。
謎の義賊はマスコミの話題にもなっていました。ところが
振り込め詐偽をしていたヤクザのグループから金を奪おうとして
失敗し、3人は、グループのアジトに監禁されてしまいました。

零が3人を助けに行くと、そこに突然、巨大財閥在全グループの
総帥、在全無量(ざいぜんむりょう)が現れました。
車椅子に乗った横柄な老人・在全は、自分が持つ莫大な財産を継ぎ、
自分の後継者となれる王の器を持つ人物を探していました。
そして王を選抜するゲームに参加するよう、ゼロを誘いました。

優勝賞金1,000億円。それすらも在全の財産のほんの一部。
優勝者は在全の全ての財産と地位を継ぐ後継者に指名される。
その話に、その場に居合わせたヤクザのリーダーの
末崎さくらと、その弟の末崎セイギも食いつきます。

予選では(しるべ)という不思議な中学生と出会いました。
予選通過者は東京湾に浮かぶ人工島、ドリーム・キングダムに
集められます。そこで行われるゲームをクリアすると、ゲームの
難易度に応じ、1つまたは複数のリングを獲得できます。
その難易度の高さとは、命を失う危険度の高さでもありました。

期限内にリングを4つ集めた者が王となる資格を与えられます。
ギリギリで4つ集めたゼロは、先にトップで集めていた
標との、一対一での最後の対決に挑みます。果たして
ドリーム・キングダムの優勝者は?在全の後継者となるのは?

多分視聴率はパッとしなくて、私もマガジン読者じゃなかったら
見なかったでしょうが、面白かったですねぇ。大掛かりな
セットを作って“鏖の魔女”や“ジ・アンカー”などのゲームを
完全再現してきましたよ。最近の実写化は本当に出来がいいです。

原作のゼロは、──連載が中断して描き切っていない事もあり──
考えてみれば素性が謎のままでした。ドラマはそこにゼロに対し
人間としての肉付けをしていました。元科学者で、訳あって
大学を去り、現在は予備校の講師をしていると言う設定です。

主役のゼロを演じたのは、メンバーの脱退や不祥事など不遇な
イメージのあるNEWSのメンバー、加藤シゲアキさん。小説を
書いている事だけは知っていましたが、これで顔も覚えました。

ゼロは福本マンガなのに珍しく、少年誌向きにしようとして
やたら目がキラキラしている主人公です。最初は歳が行き過ぎと
思いましたが、演じるうちに加藤さんの真っ直ぐな瞳は
ちゃんとキラキラしてきて、ちゃんゼロに見えてきました。

在全は梅沢富美男さんでした。もっと老けた人が良かったなぁ。
秘書の後藤は後藤峰子という女性キャラにされて、これは
小池栄子さんが演っていました。小池さん、この手の役が多い
気がするなぁ。そして弾けていて、この手の役が好きそう。

さくらはケンドーコバヤシさんでしたが、これはハマってました。
ゼロのコバンザメになる調子の良さ、扱い安く、おだてられると
すぐ乗せられる単純さ、意外と持っている任侠。いかつい外見と
相まって、これらの演技がいかにもキャラにぴったりでした。
よく知らないけど、芸人さんなのに演技が上手いですね。

ドリーム・キングダムで行われるゲームはほぼ原作通りでしたが、
キャラとストーリーはオリジナルな部分がかなり多かったです。
メインキャラでもあったそのオリキャラの1人が、セイギでした。

セイギはさくらよりかなり若くて、兄と違い頭の回転が良く、
大学も出ているプライドの高い人物です。振り込め詐偽の
グループの一員で、先に出てきた末崎がこちらだったので、末崎が
若いイケメンにキャラを変えられてしまったのかと思いました。

もう1人の重要なオリキャラがユウキです。柔和な笑みを
絶やさない優男で、やはり頭の回転は速いのですが、他人と、
自分自身の命をも何とも思わない、危うさを持っている人物です。

セイギもユウキも始めはゼロをライバル視して、張り合ったり
足を引っ張ったりしようとしていたのですが、気が合ったのか
顔を合わせる内に2人で組んで行動するようになり、
ゼロと命がけのゲームを乗り越え、またゼロが乗り越えるのを
目撃する内に、彼らとゼロの間にも友情が芽生えてきました。

これはこの2人のオリジナルキャラを作ったからこそ生まれた
ドラマオリジナルの展開で、これは大成功だったと思います。
完結していない原作の代わりに作られたオリジナルの結末も、
原作読者も納得のものでした。きっと脚本が良かったんでしょう。

嘗て連載していたマガジンでは何故かドラマ化に当たっての
告知が無く、新聞の新ドラマを紹介する記事で知ったほどでした。
マガジンに載ったのは、ドラマが始まる直前の週の1ページの
紹介記事だけでした。この冷たい扱いは何なんでしょうね。

ドラマは綺麗に終わりましたが、週刊少年マガジン編集部と
福本先生には、これだけを言いたいと思っています。
『崖から落ちた後、ゼロはどうなったんですか?』
連載再開を、今でも待っています。

テレビ朝日「激レアさんドラマ 激アツ!ヤンキーサッカー部」

これどこの雑誌に載ってるマンガが原作!?
知らない人はそう言わざるを得ないのではないでしょうか。
以前同局のバラエティ番組激レアさんがやってきた
紹介された、野人・岡野雅行元選手の高校時代の実話です。

W杯にも出場した元浦和レッズのサッカー選手・岡野雅行さん。
ワイルドな風貌とプレースタイルから、ニックネームは“野人”。
激レアさんはたまに見ていて(月曜が祝日だと見ない)、
岡野さん本人が出演したその時の回も、たまたま見ていました。

それはマンガかよと思うような爆笑話だったのですが、余程の
大反響だったのでしょう、そのエピソードが異例のドラマ化、
ドラマも爆笑。先月末に前後編の2回に分けて放映されました。

岡野が入学した高校はどヤンキー校。多分私と同学年ですが、
地域によってはこの時代でもまだこんな高校あったんですねぇ。
そこにはサッカー部は無く、何て学校に入ってしまったんだと
愕然としますが、同じ想いを持っていた生徒と出会い、
不良達を集め、自分達でサッカー部を作る事にしました。

有望な生徒のスカウトの為に時に一対一の勝負をし、ごくごく
初歩的なルールも知らない不良達に「手は使ってはいけない」
と言うところから教え、選手の家族の協力でユニホームを
手に入れ、漸くこぎつけた初の練習試合で相手校と大乱闘。

怒り哀しむ岡野を前に、嘗ては岡野をいじめていた不良達は
頭を垂れて反省します。喧嘩が強いので元々皆身体能力が高く、
体力も根性もあります。波乱を乗り越えめきめき上達していった
選手達は、やがて県予選決勝に残るほどの強豪に育ちます。

もう、これが実話だって言われたら、ヤンキー×スポーツの
マンガなんてどのマンガ家も恥ずかしくて描けませんよ。
ルーキーズも目じゃ無い!岡野と不良達はタイトル通り
激アツで、深夜帯にやるのが勿体無いくらいいいドラマでした。

虚栄

早期発見にも拘らず急激に進行して数ヶ月で死に到る癌の
有名人が相次いでいた。日本人の癌は突然凶悪化したのか?
事態を重く見た政府は癌治療の主要4グループを集めた
プロジェクトチームを立ち上げた。名付けてプロジェクトG4。
4グループ各々の威信を懸けた、壮絶な争いが始まる。
著/久坂部羊。

外科チームは大阪の阪都大。教授の玄田を筆頭に、準教授の
黒木、筆頭講師の雪野がメンバー。黒木が薦める精緻な手術が
可能な手術支援ロボット“HAL”がアピールポイント。

内科は国立トップの東帝大。教授の朱川を筆頭に、小南、赤崎
メンバー。どの癌にも効く万能抗ガン剤の開発が目標であり、
赤崎が研究する電磁波ガン凶悪化説がアピールポイント。

放射線科は京都の京御大。筆頭は偏屈な青柳、続いて龍田、梅川
ガン細胞にホウ素を吸収させて放射線で叩くBSTNの
実用化を目指す。巨大放射線治療施設の建設も狙う。

免疫療法科は私立の雄慶陵大。率いるはG4の紅一点・白江
他に男性の秋吉、女性の西川が続く。有望な免疫療法を開発し、
全国規模の大規模な治験J−WHITEの拡大を目指す。

この4陣営に加え、真がん・偽がん説を唱える医学界の異端児
岸上、ニュースキャスターの萩島、医療班の新聞記者でG4を
継続取材する矢島塔子が主要な登場人物です。

G4のリーダー達のネーミングは、見てすぐ判りますが、
中国の伝説の朱雀・玄武・青龍・白虎の四神から取られています。
これだけでもゲーム的な軽い印象がしますが、ストーリーも
戯画的で、医学界のトップレベルの人間達が、大真面目に
ドタバタ、あたふたする様を、徹底的に嘲笑するような内容です。

大学名もパロディですが、発生する問題も現実の事件の
パロディです。群馬大の腹腔鏡手術事件、STAP細胞騒動、
高血圧治療薬のデータ操作などなど。真がん・偽がん説は
しばしば週刊誌を賑わす近藤誠医師の説でしょう。

一応の主人公は雪野でしょうか。G4に参加できるそれなりの
地位にいながら出世や名声への貪欲さをさほど持たず、
本作唯一と言ってもいい、誠実な人物として描かれています。

その高校時代の同級生が、赤崎でした。青春を犠牲にし、
血の滲むような努力をして国立トップの医学部に入ったけれど、
部活に行事にと高校生活をエンジョイしながら同じ医師の道を
志し、独身の自分と違い現在は家庭も持っている雪野に、
赤崎は羨望と劣等感の入り混じった感情を抱いています。
最も悲劇的な結末を迎えるのが、この赤崎でした。

外科は目に見える形で癌を取れるけれど、逆に見えない細胞は
取れず、言うまでも無く身体を切り、時に臓器も摘出するので、
再発を招いたり患者のQOLに問題が起きる場合があります。
内科の抗がん剤は、実は癌を治せません。癌を縮小させて
延命させる効果はあるけれど、抗がん剤だけで癌は治せません。

放射線は、3D照射で負担を減らしたり、外科手術不能な
脳の奥までガンマナイフで治療できるようになったけど、
放射線によって周辺組織を痛めてしまう副作用があります。

免疫療法は、自分の免疫を使用する為副作用が殆ど無く、
将来有望ですが、研究は端緒に付いたばかりで、
有効性がはっきりしません。巷の病院では自己免疫療法を
名乗る医学的根拠の無い治療も散見され、玉石混交です。

執筆時にはオプシーボは発売されていなかったかも知れませんが、
久坂部先生の文章のニュアンスからすると、免疫療法が一番
将来有望な治療法と考えているフシが見て取れました。

癌治療の中心の4グループの利点と問題点、そして一般には
知られていない治療の実態が指摘されているのが、この作品の
見所です。放置しておいても治ってしまう癌がある事や、
検査によって癌細胞が刺激されたり細胞が拡散して
悪化させるなどは、私のような一般人には衝撃的な話でした。

4グループそれぞれに一長一短があって、協力してそれぞれの
長所を取り入れた最適な治療法(治療の最適化)を確立しよう、
それがプロジェクトG4のそもそもの意義でした。

しかし自陣の治療が最も有効と思いたい、また8,000億円の
G4の予算をできるだけ多く配分されたい4グループは、
他グループを罠にかけ、陥れ、貶めようと躍起になります。

医療ミスの隠蔽や実験データの捏造は自業自得ですが、
スキャンダルをでっち上げられたり、出世に絡んで身内から
リークされたり、実験室を荒らされたり、内からも外からも、
ありとあらゆる醜い陰謀が交錯する事態になります。

それらにマスコミが利用されていたところは興味深いです。
大々的に持ち上げた相手を掌返しで突き落とすのは
マスコミの常套手段ですが、自陣を持ち上げ、時にバッシングで
他陣営を炎上させる為に、医師達はマスコミを使います。

久坂部先生の作品には、必ずと言っていいほどマスコミが
重要な役割を持って登場します。それも批判的な視点が
感じられます。本作では、報道で良くある、まだ動物実験の
段階の話をさもすぐ実用化できそうに、患者に希望を
持たせるように取り上げる事にも批判的でした。
日頃様々な報道に接して、苦々しく思っているのでしょうか。

G4に関わる人々は、何故か呪われたように、一人また一人と
次々に癌を発症します。G4のメンバーのみならず萩島や岸上、
まだ33歳の塔子までとなると呪われてるとしか思えません。

癌ノイローゼになったり、死因が癌ではなくても悲劇に
見舞われ命を落とす者まで出てきます。治療の標準化など
どう考えても達成できそうにありませんが、4グループを
右往左往させた、プロジェクトG4の行方は、果たして──?

面白いのは、癌と判明した、或いは疑いがあると思った時に、
個々のキャラが取る行動に違いがある事でした。
真っ先に──自陣ではなく──他グループの治療を極秘に受ける、
絶望と言われても僅かな可能性に懸けて足掻く、徹底的に闘う、
自説を信じ、曲げずに貫く──。癌はその人の人格を、
個性を表すもの、とでも言っているかのようでした。

Eテレ「聲の形」

週刊少年マガジンの読み切りが大反響を巻き起こし、それを
受けた連載も大ヒットした、大今良時先生のコミックが原作です。
TVアニメ化でも実写映画化でもなく、劇場版アニメとして
公開された、’17年の日本アニメNo.1ヒット作です。

小学六年生の石田将也は、聴覚障害の転校生西宮硝子
いじめていました。クラスメートもそれに同調していたにも
拘らず、親や教師が介入して問題になると、石田だけが槍玉に
挙げられ、一転していじめの標的が石田に向けられてきました。

犯した罪のその罰は、中学、高校と進学しても続きました。
石田はヤバい奴、付き合わない方がいいと囁かれ、孤立し続け、
石田は死ぬ決心をしました。バイトを辞め、銀行口座を解約して
全ての貯金を下ろし、かつて迷惑を掛けた母にそのお金を返し、
最期に一目、西宮に会いに行こうと手話の教室を訪れると──。

保存版にするつもりで録画したのですが、ラッキーだった事が
2つありました。一つはEテレでやってくれたので、CMが
無くて編集不要だった事。二つ目は、最初の放映時に大雨の
気象情報が入ってしまってがっかりしたのですが、その少し後に
再放送をしてくれて、完璧な形で録り直せた事でした。

原作は全7巻とほどほどの長さに纏まっているとは言え、
2時間の短い時間で完結している物語のどこまでを収めるのか
気になっていましたが、自主映画製作の要素だけを抜いて、
大事なエピソードを上手く拾い上げて組み込みながら、
物語の結末までを、綺麗に纏めた構成になっていました。

美しい作画と全体に漂う柔らかい雰囲気は、原作のイメージを
そのままに映し出すものでした。キャラの動きも小学生の石田の
いかにも悪ガキが歩いているような歩き方、永束くんのぐらぐら
揺れる感じ、正にマンガの絵が動き出したように思えました。

最初は西宮の事を気に掛けて親切にしていた女子達に、段々と
面倒がる空気が広がっていき、手話を覚えたいと手を挙げた
佐原に対して『いい子ぶってる』『点数稼ぎ』と陰口を
叩く様子には、小学5,6年生の女子の生々しさが出ていました。

この年代はプレ思春期と言える年代で、自分が周りから
どう見られているか、自分と周りの人間関係が気になり出し、
周りから突出し過ぎないように、微妙な均衡を保つ事に神経を
擦り減らす年頃です。うっかり目立つといじめの標的になる──
佐原のように。これは、この年代の女子がどういうものかを
知っている、女性の作者ならではの描写ではないでしょうか。

西宮は何を考えているか判らない娘でした。自分をいじめ始めた
石田に『友達になりたい』と──声は出ないけれど──ずっと
言い続け、酷い事をされても石田に近付こうとしていました。

石田が自分の代わりにいじめられ始めた時も、机に書かれた
石田の悪口をこっそり消してあげたりしていました。
週刊少年マガジンを読んでいた時から不思議だったのですが、
西宮がそこまで石田を気に入っていたのは、何故なのでしょう。

西宮と石田は、──男子と女子にも拘らず──一度取っ組み合いの
喧嘩をした事がありました。腫れ物に触るように義務的に
優しく接しようとする同級生の中にあって、石田が唯一、対等に、
本音でぶつかってくれた人と感じたからなのでしょうか。
それくらいしか、西宮が石田を特別視する理由を想像できません。

高校生になって石田と再会した西宮は、はっきり「好き」という
言葉を、──上手く発音できないのに勇気を出して声に出して──
伝えようとさえしていました。ところがそれは石田に「月?」と
勘違いされ、「月が綺麗だね」と返されてしまいました。

ただ、原作のマンガを読んでいた時は気付かなかったけれど、
良く考えてみるとこの返事はこれはこれで文学的に立派な
返事になっているんですよね。作者がこのネタを知っていて、
そこまで狙ってやっていたのかは、知る由もありませんが。

変わり者の西宮の妹結弦も面白い存在でした。姉をいじめていた
張本人として最初は石田を遠ざけたけれど、石田を観察した末、
石田が充分反省し、充分罰を受けていると知り、結局石田を
慕うようになりました。石田家に入り浸り、変な関係です。

高校生になっていじめの当事者が奇しくも勢揃いしますが、
単純に和解などできるものではありませんでした。再び
傷付け合って、その末に、西宮は衝撃的な選択をしようとします。
それが更に皆を巻き込み傷つける、悲劇を生む事になります。

思春期の長い間、周囲から孤立していた石田は、他人の顔に
×印が張り付いているように見えるようになっていました。
ところが永束というクラスメートと友達になると、
彼の顔からは×印がはらりと剥がれて落ちたように見えました。

石田も随分病んだものだと思いますが、他人を自分と無関係な
モブではなく、人格を持った個人であると認識すると、
その人の×印は、顔からはらりと剥がれ落ちます。

入院し、退院して西宮と回っている文化祭で、名も知らない
生徒の分も含めて、石田の視界にあるそれがババッと
一気に落ちた様子は感動的でした。もしかしたら、この作品で
作者が一番書きたかったシーンは、これなのかも知れません。

Monthly Archives
Profile
HN : COOL LADY
1973年生まれ みずがめ座
女性 独身 神奈川県出身

リンク&内容の転載は
厳禁です。守ってね!

このBlogについての説明は、
How to use CLPへ。
Blog内検索
Favorite (books)





Please WATCH OUT