杉下右京死す!?テロの標的は首都東京に集まった50万人。
相棒1人につき1本作られてきた劇場版、4代目相棒・冠城亘を
迎えての4本目は、“相棒史上最も切ない物語”だそうです。

警視庁特命係の杉下右京冠城亘は広報課長の社美禰子に頼まれて、
香港から来た彼女の知人で国連犯罪情報事務局元理事の
マーク・リュウを車で送っているところだった。
行き先は、かつてのリュウの部下と待ち合わせていた倉庫だった。

その部下は、“レイブン”と呼ばれている国際的テロリストを
追っていた。倉庫に向かう途中、彼は電話で、日本人の名前を
遺していた。その直後、電話の向こうで、彼は何者かに殺された。
天谷克則。日本中の同姓同名を捜したが、怪しい者はいなかった。

警察の捜査が続く中、外務省のホームページがハッキングされ、
レイブンによる脅迫ビデオが配信されるという事件が起きた。
映っていたのは7年前にイギリスの日本大使館から誘拐され、
そのまま行方不明になっていた、参事官の娘の鷺沢瑛里佳だった。

その時、使用人を含めた邸内の全員が毒殺され、唯一生き残った
瑛里佳は現地の警察が捜査をしている最中にレイブンに
誘拐されていた。当時もレイブンは瑛里佳を人質に日本政府に
身代金を要求したが、それは公にされず、要求は黙殺された。

そして今、ビデオで瑛里佳自身に、身代金と引き換えに瑛里佳を
解放すると語らせていた。そしてレイブンは変声機の声で
こう言った。「拒否すれば、日本人の誇りが砕け散るだろう。」

特命係は戦後に戦死したと処理された人物の名簿の中に、
“天谷克則”の名前が掲載されている事を突き止めた。
天谷の親戚の老女に話を聞きに行くと、天谷の家族は華々しく
開拓団として南方の島に移住したものの、戦争が激しくなると
軍に見捨てられ、島に取り残されてしまったという事だった。

幼い克則が命からがら帰国すると、戸籍上は死亡扱いとなっており、
ショックを受けた克則は、間もなく姿を消した。それきり
行方不明だという。期待されて送り出され、帰国すれば英雄として
迎えられる筈だったのに、国に見捨てられた開拓団と、国に
見捨てられた少女。レイブンは、瑛里佳に共感を抱いたのか?

脅迫ビデオからヒントを得て、監禁場所を絞り込んだところ、
防犯カメラには首にカラスの羽のタトゥーを入れた3,40代の
男が映っていた。世代的に、レイブンは天谷の息子なのか?

右京はレイブンの標的に気付く。それは国際的スポーツ大会の
祝賀パレード。50万人を殺せる量の気化性の毒が、日本選手の
活躍を称えに都心の通りに集まった日本国民の命を狙う。

何と言っても本作の一番の見所は、新旧相棒の2ショットです。
今カノと元カノが彼の噂話に花を咲かせている構図にしか
見えません。壮観です。神戸は顔見せだけかと思いきや、その後も
捜査に協力し、さすがの機転の利いた情報提供をしてくれました。

右京はレイブンの脅迫ビデオの解析を、今や警察学校の講師の
元鑑識課員・米沢守に依頼します。青木にやらせるのではなく
米沢さんだったのは、劇場版だからサービスだったのでしょうか。

ビデオに収録されていたほんの微かな電車の音から、瑛里佳の
監禁場所を絞り込み、候補地近くの防犯カメラが捜査本部総出で
片っ端から調べられました。大勢の捜査員でごった返し彼らが
ずらりと並んだPCと首っ引きになっている中、捜査一課の伊丹が
床に落ちていたUSBメモリを拾い、気軽にPCに挿しました。

果たしてそのUSBには、犯人と監禁場所の特定に繋がる
決定的な映像が納められていました。ところが!そのUSBが
原因で、警視庁のサーバーにウイルスが仕込まれてしまいました。

それが自分の所為だと知った時の、伊丹の愕然とした顔!
あんぐりと顎を落とし、恰もムンクの叫びのようでした。
「ヤベ!アレの所為か!」という思いをアレほど如実に表情に
表すなんて、並大抵の役者にはできない演技だと思いました。

瑛里佳は10歳の少女には重過ぎる業を背負わされました。
右京はそれを“呪い”と表現しました。その脆く崩れそうになった
心を両手で掬うように拾ったのが、誘拐班のレイブンでした。

瑛里佳は7年間自分を育ててくれたレイブンに恩義と愛着を
感じていたようです。その事に右京がストックホルム症候群という
言葉を用いなかったのは、脚本家が知らなかったからでしょうか。

捜査員は、50万人が集まり大通りで、レイブンを探します。
ところが警察無線に通じずに、スマホのメールも使用できず、
通信手段を乗っ取られてしまいます。連絡と連携が取れない中、
特命係の二人は奔走し、レイブンと思われる男を確保します。
が、カラスの刺青のその彼は、レイブンではありませんでした。

レイブンに共感して仲間になっていたその男を演じていたのは、
北村一輝さん。映画公開当時、この役を演った事で将来的にも
自分が相棒に抜擢される可能性がなくなったとぼやいていました。
それ、結構本気でがっかりしていたのではないかと思います。

レイブンの本当の目的に気付いた右京さんは、身を投げ出して
レイブンの代わりに狙撃されます。まさか、右京さんが死・・・?
んでる訳無いのは、相棒がまだ続いている事から
お判りでしょうが、胸を撃たれてかなりヤバかったです。

テロリストを紹介した社は責任問題になるのではと思いましたが、
そこはスルーでした。犯人の意図、目的には無理があった
気がします。一般人を標的にしたテロから国民を守るという
テーマは劇場版第1弾にも通じますが、第1弾のが良かったと
思いました。どこが切ない話なのか、良く判りませんでした。