’87.12.24 Xmas イブに渋谷公会堂で行われた、
BOφWY の事実上の解散ライブを収めたライブビデオです。
DVD も発売されたのですが、プレーヤーを持っていなかった
私は VHSで買いました。この記事も、VHS として書きます。
’01.12.24 発売。

BOφWY 解散、封印解除。
この 1224 は、東芝 EMI の倉庫から偶然発見された
映像として発売されました。“1224” とだけナンバリングされた
16 フィルムを現像すると、5 台のカメラによって撮影された
そのフィルムには、この日演奏された全ての曲と解散宣言の
瞬間が、1 曲の抜けも無く途切れる事無く収録されていた──。

唯一、フィルムの劣化により ONLY YOU の一部が
欠損していましたが、その事も逆に宣伝になっていました。
一連の BOφWY デビュー 20 周年企画の一環としてライブから
14 年後の 12/24 に欠損部をそのまま発売され、同じ作品が、
後に発売された BOφWY の Blu-ray BOX にも収められています。

そしてライブから 30 周年となる昨年、ONLY YOU
欠損部分が“発見”されたとして、新たな映像を交えて
再編集し、初の 16:9 の画面で収録した、別バージョンの
BD/DVD 1224 -THE ORIGINAL- が発売されました。

EMI の倉庫はどうなってんだというツッコミが日本全国の
ファンからなされたであろ事は想像に難くありませんが、
欠損していた事がまた良かったという思いもあり、さほど
興味が持てないので、私は別バージョンの方は、買っていません。

パッケージは紙の箱で、中には氷室や布袋のソロ作品などの
リリース情報が書かれた紙片2枚と、二つ折りの作品紹介の
紙が1枚入っていました。定価は 5,800円(税込)。
予約して買ったので、公式発売前の 12/21 に入手しました。
この頃はまだネットじゃなくて店頭で買ってたんですよねぇ。

このビデオは、発売に先立って、伝説の現地・渋谷公会堂で、
1224 Film と題した先行上映会が行われました。
12/14〜16 の 3 日間、15,16 は昼夜 2 回で計 5 回の上映で、
私は DISK GARAGE から先行予約のお知らせの葉書が
来たので、その先行予約で、全て夜の部で 3 日間参加しました。

チケットは 2,000 円。指定席でした。3 日間も行ったのは
ゲストでメンバーが来るかもという下心があっての事でしたが、
淡い期待は裏切られ、残念ながらゲストは誰も来ませんでした。

が、それより私をがっかりさせたのは、BOφWY のライブに
行った事が無い私もこれで初めて皆で拳を上げて叫べると
思っていたのに、皆静かに、黙って映像を見ていた事でした。

3 日目辺りになると後ろの方の席に座っていた数人の男性達が、
『皆もっと騒ごうぜ!』と言いたげに声を出していましたが、
それも広がる事はありませんでした。私は手元で小さく拳を握り、
サビでは口パクをして、密かに何とかノろうと試みていました。

はっきり言って、フィルムコンサートってこんなものなのかと
失望しました。だから氷室の LAST GIGS のフィルコンにも、
行きませんでした。ロビーで 1224 のパンフレットと
音楽雑誌 ARENA37℃ の BOφWY 特集号を売っていたので、
それを買って帰ってきました。後者については、
各記事の参考資料として、活用させていただいています。

そしてその一年後。DISK GARAGE からまたも予想外の
DM が自宅に届きました。当時はメールではなく、葉書です。
その内容は、1224 Film を 12/24 当日に再び行う、
それだけじゃなく、この日は高橋まことさんをゲストに招き、
トークショーを行うという、思いがけない報せでした。

’02.12.24。私は再び渋谷公会堂を訪れました。
今度は全席自由席だったけど、チケット代は前より高くて
2,500 円。開場前に到着すると既に長蛇の列で、私も列に
並び、入場時には、特典のメモリアルチケットを貰いました。
席は1階中ほどの、そこそこの位置を確保する事ができました。

1224 の上映が終わると、ステージにまこっちゃんと、
昔からのファンにはお馴染みの、──今は亡き──紺待人さんが
現れて、トークショーが始まりました。ステージに置かれた椅子に
2人で腰掛け、TVK で良く見たあの紺さんのリードにより、
まこっちゃんが当時の貴重な裏話を披露してくれました。

一年前の Xmas、布袋と松井さんは布袋家でべろんべろんに
酔っ払って 1224 を見て、解散宣言のシーンで
抱き合って号泣していたという事。12/24 当日は 4 人バラバラに
渋公入りして、まこっちゃんは入り口が判らず、入り待ちの
ファンの娘に、「入り口こっちです」と教えて貰った事。

まこっちゃんが布袋の神奈川県民ホールのライブに行き、
WORKING MAN を演ったのを見て、楽屋で布袋さんに
「やっぱ俺がドラムじゃないと」と言ったという事。

紺待人さんに「再結成はある?」と突っ込まれた時は、
「そう思うのは勝手ですが・・・」と微妙な受け答えでした。
生まこっちゃんを見たのはこれが最初で最後です。
生松っちゃんだけは、この先も一生見る機会は無さそうです。
ビデオ本編の感想については、別途記事を分けて投稿します。

1224filmメモリアルチケット