COOL LADY’S PARADE

人生はレビューです。マンガ、本、ライブ、DVD、CDなど、色んなものをレビューします。
タイトルは “COOL LADY’S PARADE”。
JUNKな文章なので、お気軽に読んで行って下さい。

LIVE

(参考) LAST GIGS日程 2016年

4/23 京セラドーム大阪
4/24     〃
4/29 ナゴヤドーム
5/14 福岡ヤフオク!ドーム
5/21 東京ドーム
5/22     〃
5/23     〃

続きを読む

KYOSUKE HIMURO LAST GIGS 2016.5.23

16:00open/18:00start 東京ドーム

看板大っ満っ足!!!
まさかのEN3、まさかの念願の、
SEXヤってくれた!!
そして奇跡の、アルバム出す宣言!

氷室京介最後のツアーにして
4大ドームツアーのLAST GIGS、全7公演の最終日である
東京ドーム3Days3日目。湿っぽい、うじうじしたところは
殆ど無くて、氷室がファンをどれだけ大事に思っているかが
良ーく伝わった、優しくアツい、氷室京介らしいライブでした。

自分の余命を知ってしまったかのように、氷室が次のツアーで
引退と決まってから、自分の人生、一生に、思いを馳せずには
いられませんでした。これからする何もかもが私の人生で最後。
ライブに行く事も東京ドームに行く事も、ツアーTシャツを着た
仲間達が集まる場所に行く事も、もう一生無いのだと思いました。

だから持てるリソースを使ってしまおうと心に決めました。
KS会員には誕生日やホワイトデー、更新の年度ごとに
プレゼントが届くのですが、それらを後生大事に取っておいて、
自分が60歳、70歳になって、使わないまま死んで残されても、
ゴミとして捨てられるだけだと、使える物は使う事にしました。

新幹線の駅のトイレには手を乾かす装置が付いてなかったので、
ハンドタオルが大活躍しました。ペンケースやキーホルダーも、
仕事に持っていく鞄にひっそりと忍ばせて使っています。

このツアーでは、“今使わなくていつ使う”と’07年の
誕生日に届いたリストバンドと、アルバムMELLOW
特典として付いていた、タトゥーシールも使う事にしました。

タトゥーシールは難しい!これまでも使った事はあったけど、
久し振りなので使い方を忘れていて、まず大阪に行く時は
表の透明シールを剥がさずに濡らしてしまい全滅、名古屋では
横着して布巾を使わずにシールに水を直接かけたところ失敗。

福岡に行く時は、貼って行ったけど何回もトイレに行って
手を洗ったりしたので掠れてしまい、東京ドーム1日目はヨレて、
2日目も端っこを失敗、最終日の3日目にして初めて完璧に、
満足の行く“k”マークを左手に刻む事ができました。

何度かトイレに行ったけど、左手を洗わずに済むように、
汚さないようにして、維持したままドームに来る事ができました。
総武線の車窓も、JR水道橋駅を降りると改札の目の前にいる
ダフ屋や隠し撮りのライブ写真を売っている屋台さえも、
二度と見る事の無い光景だと思い、感慨を胸に沁み込ませました。

入場すると、しつこく花束を探し、1階から2階のコンコースを
隈なく歩き回りました。しかしどこにも無い。今思えば帰りに
正面入口を確認すれば良かったと思っています。最後なのに
とうとう確認できないまま終わってしまい、悔しいです。

時間があったので、1日目は人だかりが出来ていたし
’11年に撮ったから別にいいやと撮らないでいた、氷室の
プレートの写真を撮って来ました。何年に公演を行ったかも
刻まれているのですが、記載は2004年で止まっていました。

このプレートは、一度作ると更新しないものなのでしょうか。
2011年はノーカウントにされているのでしょうか。今後更新して、
今年の分をちゃんと記載してくれるのでしょうか。
二度と来る事は無いので、私にそれを確認する術はありませんが。

氷室プレート続きを読む

KYOSUKE HIMURO LAST GIGS 2016.5.22

15:00open/17:00start 東京ドーム

左階段アリーナという名の
リアルライブビューイングに
参加してきました。このツアー
こればっかり書いてるけど、
今後こそ本当に、全っっったく、
ステージが見えませんでした。
全7公演の氷室京介最後のツアー
LASTGIGS6日目、
4大ドームツアー最後の会場である
東京ドーム3Days2日目です。

今日は昨日見かけた“JUDGE ME”の
Tシャツを買いたくて、開演が1時間
早いというのもあるけど、昨日よりはかなり早目に家を出ました。

開場時間を少し回った頃に現地に着いて、グッズ売り場を
覗いたら、既に愕然とする程人が並んでいました。
こりゃムリだと一度は諦めかけて、行列を辿ると、隣接する
東京ドームホテルの入口になったので、取り敢えずトイレを
お借りしようと、ホテルの中へ入って行きました。

すると“コンサートグッズ売り場はこちら”みたいな立札があって、
前回ドームに来た時もここの外でひっそりと、出張所みたいな
グッズ売り場があったのを思い出しました。ホテルのトイレすら
ツアーTシャツを着た仲間達で並んでいましたが、出てきて
その特設会場に向かうと、Tシャツは全て売り切れていました。

開演までまだ1時間半ほどある。どうせやる事無いし、ダメ元で、
グッズ売り場の行列に並ぶ事にしました。掲示してある
SOLD OUT情報を見ると、私が狙っているTシャツは
“Message Tシャツ”と言うらしく(そう言やハマスタでも
そうだった)、他のTシャツは全部売り切れ、残っている
TシャツはそのMとSだけ、と係員がアナウンスしていました。

並んでいる間に、追加で「Mが売り切れました」と速報が入り、
こりゃ時間の問題だなと期待はしていませんでした。でも暇潰しを
兼ねてそのまま並んでいたところ、“S売り切れ”のアナウンスも
無いまま順番が回ってきて、何と目出度く買えてしまいました!!

Mじゃ大きいので、私はS一択だったんですよね。私が
ピンポイントで狙っていた種類とサイズだけが残っていたなんて、
神様が私に買うように仕向けていたとしか思えませんでした。

また周辺施設のトイレをお借りして、買ったばかりのTシャツに、
着替えました。前ツアーのツアーTシャツであるハマスタの
メッセージTシャツから東京ドームのメッセージTシャツへ。
正規のツアーTシャツを着られて、やっとここに来ている皆の
仲間入りができた気がして、嬉しく、誇らしく思いました。

その日は一応アリーナで、入場口は25ゲートになっていました。
探してみると、ドームの左手を奥へ奥へ行った、裏側でした。
サミットが近いからでしょう、ゲートには警官が立っていました。

階段をかなーり下りた地下がアリーナの入り口なのですが、
まだまだ時間が早いので、上に戻り、ネットで目撃情報があった
花束を探しました。しかし、どこにも見付かりませんでした。

スタンドからでもアリーナに下りられるので、スタンドから
階段を下りて、東京ドームのグラウンドでもあるアリーナへと
降り立ちました。グラウンドに下りたのは、18歳で
アメリカ横断ウルトラクイズの予選に参加して以来なので
25年振りです。過去8公演チケットを取った東京ドーム公演で、
アリーナ席を取れたのは、この日が最初で最後でした。

席を探すと予想以上に悪い。アルファベットのブロック分けこそ
されてないけど、他会場ならFブロックに相当する位置でした。
昨日は見掛けなかったTVカメラが入っていました。きっと
今日と明日の分を編集して、映像化するつもりなのでしょう。

振り返ると、ベンチに相当する所に、警官が2人立っていました。
東京ドームは所謂典型的なソフトターゲットっちゅー奴なので、
伊勢志摩サミットを控え、テロを警戒しているのでしょう。

でも、あんまり大きい声じゃ言えないけど、警官の方々も、
楽しそうな表情をしてくれていました。このお祭りムードを
感じ取って、楽しんでくれていたなら、私も嬉しいです。

「ハロー東京ドーム!!」
ライブが始まり、この後の第一声は、音が篭って聞き取れず。
音は悪いけどさすがアリーナ、1曲目のDREAMIN’から
周りの席のオーディエンスの盛り上がりが違う。
氷室ファンの同志に囲まれている、という感じがしました。

「今回のツアーがどういう意味を持つか皆は良ーく
判ってると思うけど、オレの35年間のキャリアの中で、
皆に聴いて貰いたい曲をたくさん選んできたので、
ゆっくりじっくり、楽しんで行って下さい。」

ハイウェイに乗る前にで、右側の、一塁側の花道に
行っていました。しかし氷室どころかギターもベースも
ドラムスも何も見えず、右端から左端まで人の頭!!必死で
氷室を探し、ふとスクリーンを見ると、花道の先端にいたという・・・。

ステージ中央から端に行ったのすら、いつの間に移動したのか
判りませんでした。スクリーン見るしかないじゃないですか。
ライブビューイングと一緒ですよ。一番まともに見えたのが
一般発売で直前に買った福岡って、チケボマジ終わってる!

曲順は昨日と同じで、ROUGE OF GRAYの後に、MC。
「この前またしてもベスト盤を出したんだけど、バンド時代の
曲を歌い直して、初めてのバンド時代とソロのキャリアを網羅した
ベスト版なんだけど」『またしても』という言い回しに、
『またベスト盤!?』と思われてると自覚してるのかと思いました。

「ずっと体調が思わしくなくて、全然プロモーションに
協力できなかったんだけど、皆が後押ししてくれたお陰で、
ランキングで1位を取れて、自分の事のように嬉しいです。」
『いやいや自分の事だろ』、と1万人くらいがツッコんだと思います。

「そのベスト盤に入っている曲や、2011年のライブで
評判が良かった曲を選んだんだけど、昨日も言ったけど、
JUSTA HEROっていうアルバムがあって、
──皆知ってるか。」うん、知ってる。

JUST A HEROはライブハウスで友達みたいに
ワイワイやってた頃から、人気が出て、子供から大人になって、
ブレイク直前に出したアルバムで、」
“ブレイク”はB.BLUEかな?私がそれで知ったくらいだから。
それともオリコン1位を獲った、MARIONETTE

「それぞれの立場が変わってきて、仕事が忙しくなったりして、
いつもはオレが曲を作って、バンドのメンバーにアレンジして
貰ってたんだけど、」昨日は『人に任せてた』と言ってたので
佐久間さんの事かな?と思ったのですが、この日は『メンバー』と
言いました。布袋しかいないんですが、名前は出しませんでした。
そこだけ取り上げられかねないから、正解だと思います。

「このアルバムで、初めて、自分でベースとギターと、
今みたいに全然発達してないけど打ち込みみたいなものをやって、
デモテープを完成させて、その経験が無かったら、
今ここに氷室京介はいなかったと思う。」そのアルバムから
WELCOME TO THE TWILIGHT〜MISS MYSTERY
LADY
と続く。IF YOU WANTの後、またMC。

「前回のツアーのラス前の周南ってとこでライブ活動を
引退するって発表して、横浜スタジアムで2日間追加公演を
演ったんだけど、」考えてみれば、あの大事なライブを行う
地として、横浜スタジアムを選んでくれたんだよなぁ。

ONSも浜スタだったし、大事なツアーの最後の地に
横浜を選んでくれて、地元民として嬉しいです。私のライブ歴は
浜スタに始まり浜スタに終わった、という感じがします。

「リハーサルの時に滑って転んで、スピーカーのここ
(角を指差しながら)に胸をぶつけて、アバラを折って、1日目は
平気だったのね。『平気だよ』なんて言ってたんだけど、ちゃんと
医者に行けって勧められて、肋3本折れてますって言われて。」

両手の指を肋骨に見立て、胸の前でへこませてみせながら、
「医者が言うには、アバラって、柳の枝みたいに折れても
戻るらしいのね。胸にこう、妊婦さんみたいなコルセット巻けば
出ていいですよって言われたんだけど、ビデオ撮ってたから、
1日目何も無くて、2日目白いこんなの巻いてたらおかしいから」
腹に帯が巻かれてる状態を示すジェスチャーをしながら。

「ナメてかかって、言う事聞かずに巻かないで出たのね。
オレ大体人の言う事よく聞いてないから。」笑いながら言って、
更に身体を捻りながら「こういう捻る動作をしちゃいけないって
言われてたんだけど」もう一度やりながら、「コレがオレだから。」

また軽く笑いが起こる。福岡で話したのと同じような
話でしたが、体が辛いのか、口調がやや沈んでいました。
福岡の方がはしゃいでいて、もっと楽しそうに話していました。
また、この日は保険の話はしていませんでした。アレは福岡に
行った人だけが知っている、楽屋裏の秘密の話になりました。

「4曲目くらいであっち(一塁側の花道の方を指す)の方行って
捻る動作をしたら、バキッて言って、それから先は酷いもので、
前回のツアーで終わりって決めてて、それなりに大きいハコで
演って最後にするつもりだったんだけど、これで終わりじゃ
悔しいからリベンジさせてくれってプロモーターに言って、
今回のツアーをセッティングさせて貰ったんだ」

驚きです。本当は、あれで終わりだったかも知れない。
予定されてたLAST GIGSではなく、あれで最後の
つもりだったんだと、この時はっきりと判りました。

雷雨の事は言わなかったけど、怪我とあの雷雨、あれはやはり
──痛い思いをしたのは可哀想だけど──必然、神様が氷室に
“まだ辞めるな”と命じていたのだと、そんな想いを強くしました。

「シチュエーション的にヤバいけど、オレは喋りより
歌う人だから、自分の皆への気持ちにぴったりの曲を贈ります。」
LOVER’S DAYBANG THE BEATが本編に
移行していました。はっきり言って、これから先ステージで何が
行われたのか全く判りません。だって、何にも見えないんだから。

アンコール待ちの間、ウエーブが起こっていました。
一塁側から行って、三塁の端に行って、ステージセット背後の
リアルライブビューイング席とも繋がると、歓声が挙がりました。
何度も何度も発生した後、氷室登場。

「今日と、昨日と明日って演るんだけど、昨日は休み明けで
割と良かったんだけど、今日は耳がいい感じに疲れてるんで、」
忘れたけど『勘弁して下さい』、みたいな事を言ったんだと思います。

「ライブ活動を辞めるっていう件について、皆にきちっと
説明してなかったから」と前置きをして、「オレの悪いところは
真似しないように。最近はマルチタスクって言って、一つの
機械で色んな事ができた方がいいって風潮だけど、一つの事を
やり続けるという、オレみたいな、不器用で、不完全で、
欠点だらけの人間でも〜」すみません、この先は、忘れました。

「高校時代から矢沢永吉さんの生き方を尊敬してて、
尊敬できる先輩達がいっぱいいるから、癌を克服した
坂本さんとか、そういう人達の生き方を真似して下さい。」
矢沢さんはともかく、坂本さんは、思想的に、ちょっと・・・。

「プライドっていう言葉を辞書で引くと、自尊心っていう言葉と
矜持っていう言葉の2種類が出てくるんだけど、勘違いしないで
欲しいのは、オレが辞めるのは自尊心じゃなくて、“みっともない
姿を人に見られたくない”っていう自尊心じゃなくて、
矜持っていうのは──。」言葉を探して、思い付かなかったようで、

「どういう意味かは、家に帰って(辞書を)引いて下さい。」
“誇り”、でいいのではないでしょうか。
「日によって調子が違うっていうのは、オレのプロとしての
矜持が許さなかった」だからすっぱり辞める、という事でした。

「オレは12の時から何となく周りと違う、疎外感を──
疎外感って言うと被害者意識持ってるみたいだな。」
軽く失笑しながら言う。かなり注意深く、言葉を選んでいます。

「ミスフィットって言うんだけど、どこに行っても周りと
馴染めなくて、大人になったらどうなるんだろう、
一人でも誰かに愛して貰えるような大人になれるんだろうかと
心配してたんだけど、こんなにたくさんの人に愛して貰えて、
これもオレが不器用なりに必死でやってきた事が伝わったから
こうやって付いて来てくれたんだと思います。」

その通りです。真似しないでと言われたって、氷室に付いてきた
ファンは皆、その生き方を含め、氷室京介を尊敬しています。
「不器用で、欠点だらけの人間だけど、最終的にオレの人生で
辿り付きたかったところに辿り着いたと思っています。」
深い感謝の念を込めて言い、メンバー紹介に入りました。

「もうオレだけじゃなくて、後ろにいるメンバーの皆が
一つのバンド、“氷室京介バンド”っていう感じなんだけど、
・・・昨日NO. NEW YORKでオレがあっちの方行ってる時に
DAITAが丁度来て、バッティングして、こう絡んで・・・。な?」
言葉には出さなかったけど、布袋と絡んだあの頃の
感じみたいだった、と言いたかったのだと思います。

「アメリカ人だけど兄弟みたいに気心が知れて日本人みたい」
とチャーリー。
「勝手にオレと似たところがあると思っていて、精神的な物まで
求めちゃっていつも辛いポジションを任せてしまってます。」
と西山さん。前の方に出てきたので、氷室は茶化して、
「いつも前に出てこないのに、珍しくサービスしてます。」

「ツアーの度にオフォー出してるんだけど、忙しい人なんで、
出たり出なかったり」と大島さん。
HTHっていうツアーから参加してる」DAITA。
もうちょっと言ったと思うけど、後は忘れてしまいました。

THE SUN ALSO RISES、魂を抱いてくれの後、
このツアーでこれが初披露となるジェラシーを眠らせて
「25年前──28年か、このシングルでデビューした、
大切にしてる曲を贈ります。」

ANGEL2003で客電点灯、銀テープ放出!
昨日スタンドから見た落ち方からすると、私の辺りには
来ないだろうなと諦めてたんですが、ひらひらと、ゆっくりと
舞い落ちてくるテープを、一本だけ空中で掴む事ができました。

氷室はスタッフに肩を抱かれるようにして、支えられながら
退場していきました。それで心配になりましたが、このまま
終わる訳がないと皆が待って、EN2、再登場!VIRGIN
BEAT、ROXY、SUMMER GAME
で終わりました。

明日は平日で月曜なので、今日(日付回っちゃったけど
感覚的にはまだ今日という気分なのでそう書いています)で
来られるのが最後という方もたくさんいらっしゃったと
思いますが、今日は氷室はあからさまに、辛そうにしていました。

どの曲だったかは忘れたけど、どこかの曲と曲の間でマイクが
激しく荒い呼吸音を拾っていた時もありました。今回のツアー、
最初から曲間が長いなと思っていたのですが、暗転してる間に
こうやって酸素を吸っていたんだと、この時理由が判りました。

氷室自身も言ってたけど、昨日の方が調子が良さそうでした。
B.BLUENO.N.Y.も無かったし、
昨日来た人の方が、ラッキーだったかも知れません。

右階段東京ドーム帰り

KYOSUKE HIMURO LAST GIGS 2016.5.21

16:00open/18:00start 東京ドーム

東京ドーム全景客電点灯、サマゲ最高!
感極まって歌えなくなったのか、
態とやってくれたのかは
判りませんが、オーラスのサマゲで、
氷室はAメロの途中でマイクを下ろし、
私たちに歌を預けてくれました。
その後も1フレーズ歌ったり
歌わなかったり。後はオマエらに託すと言っているよう。
もう日付を回って深夜1時です。さっさと寝て朝起きてから
書けばいいんですが、熱が冷めないうちに書きたくて──。

東京ドームは2011年のチャリティライブ以来5年振り、
と言いたいところですが、COMPLEXのライブに行ったから、
それ以来です。行き方忘れちゃったので、ネットで路線探索して、
最寄の水道橋駅までの乗換えを、調べてしまいました。

私は東京に出る時は、(その方が安いので)大概東横線で渋谷まで
出て乗り換えるんですが、CROSSOVER12−13以来
久し振りに来たら、渋谷駅が迷宮になっていた・・・。
自分自身そういう自覚無かったんですが、地上の東横線渋谷駅が
廃止されてから、渋谷に来たのは初めてだったようです。

JR山手線までが凄く遠くて、やっと見慣れたハチ公口まで来て、
代々木で総武線に乗り換えてJR水道橋駅へ。この車窓が、
新緑を背景にした廃線になった線路や駅の跡があったり、
釣り堀や神田川が見えたり、目を楽しませてくれるんですよね。

水道橋駅の改札を一歩出ると、お馴染みのバッタモンのグッズや
隠し撮りの写真を売っている屋台とダフ屋のオッサン達が
ウロウロしていました。こういう光景を見る機会ももう二度と
無いんだなぁと思うと、こんな光景すら、感慨深かったです。

橋を渡って東京ドームへ。その途中、私がNAKEDで買って
着ているのとは違う、“JUDGE ME”のメッセージが
背中に書かれたTシャツを着ている人を見かけました。

何アレ!?私が持ってるのより背中の“JUDGE ME”の文字の
配置や着たシルエットがカッコいい!こんなのが出てたなんて
知りませんでした。グッズ売り場を見たところ、数え切れない程
人が並んでいたので、今日は無理、と諦めてしまいました。

まだ早かったので周囲の写真を撮る事にして、正面入り口に
近付いたところ、これまでの会場には無かった、ツアータイトルが
書かれた看板が出ているのに気付きました。皆記念写真を
撮っていたので、私も早速取りました。そうそう、こういうのが
いつもあったんだよ。何で最後の会場だけ、あったんだろ?

入口は22ゲートという事になっていたのですが、人がたくさん
並んでいて、係員が「40ゲートからでも入場できます」と
誘導していたので、脇の階段を上って、40ゲートから入りました。
伊勢志摩サミットの影響でしょう、白い手袋をした係員が、
形ばかりですが鞄に手を入れて、荷物チェックをしていました。

まだ時間があるので、スタジアム会場に必ずあるプロ野球選手の
展示物を見に、コンコースを歩きました。一塁側はMVP選手の
プレーヤーや巨人の永久欠番選手、三塁側は、東京ドームで
コンサートをしたアーティストのプレートが掲げられていました。

当然氷室のプレートもあり、その前では、大勢の人が写真を
撮っていました。混み合っていたし、前に来た時も撮ったので、
この日は写真は撮りませんでした。花束を撮りたかったのですが、
廊下を端から端まで歩いても、どこにも見付かりませんでした。
MVP選手1MVP選手2巨人永久欠番1巨人永久欠番2
続きを読む

KYOSUKE HIMURO LAST GIGS 2016.5.14

16:00open/18:00start 福岡ヤフオク!ドーム

福岡ヤフオクドーム全景来て良かった!!COOL LADY、
今度は福岡より帰還しました!!
我ながら全く思いがけず、急遽
参戦する事になったLAST GIGS
4日目、福岡ヤフオク!ドーム。
セットリストに大幅な変更があった
訳じゃないけど、回を重ねる毎に
氷室のテンションは上がっており、これまで少なかったMCも大量に
挿入、これまでの3日間とは違った、大盛り上がりのライブになりました。

宿や新幹線の予約や乗車、全く初めて行く街での複雑な地下鉄や
JRの乗り継ぎなど、大阪と名古屋の遠征を何のトラブルも無く
無事成功させて、自信が付いてしまって、絶対無理だと
諦めていた福岡も、急激に行きたくなってしまいました。

そして2週間前に、KS先行予約では敢えて外していた
福岡ヤフオク!ドームのチケットを、一般発売で購入して、
やって来てしまいました、遥々福岡は博多!“ライブに行きたい”と
思う気持ちが“行くのは不安”という気持ちに勝って、初めて
氷室のライブに参戦した、ONSの時の気持ちを思い出しました。

たった2回往復しただけですが、すっかり慣れた気分で新幹線に
乗りました。往復とも富士山が見える窓側の席でしたが、あんなに
大きい日本一の山なのに、ちょっと曇ってると見えないのね。
これ富士山だろうなーという、山裾の部分しか見えませんでした。

新大阪でかなりの乗客が降り、車内はガラガラになりました。
同じ列車にずっと乗ってるのに、新大阪以降は“山陽新幹線”って
言うんだね。乗務員を紹介する車掌さんのアナウンスが
普通っぽくてフレンドリーな口調で、親しみが持てました。

ここから先は未知の領域なので景色を楽しみにしていたのですが、
西日本って防音フェンスがずっと続くか、トンネルばっかり!
岡山とか広島なんていう所を通り過ぎたんですが、広島の
マツダスタジアムで広島戦をやってるのが見えて『おっ』と
思っただけで、面白くありませんでした。関門海峡を通るから
海の上を渡ると思ってたのに、そこもトンネルだったんですね。

とは言え緑深い山々や田んぼを手前にした見渡す限りの平地、
その遥か先に霞む連峰、それら一見何の変哲も無さそうな全てが、
都会にしか住んだ事が無い私が日常で見る事の無い景色なので、
外が見えた時は飽く事無く見ていました。貴重な体験でした。
日本の国土って本当に山が多いんだなぁと、実感しました。

博多駅近くのホテルにチェックインして、荷物を置いて出発。
最寄駅は地下鉄空港線の唐人町。何駅か通過するのですが、
駅ごとにその街の特色を表したロゴマークが作られてるんですね。
こんなの見た事ありません。さすが観光地と感心しました。

駅からは結構歩きましたが、例によって“仲間”達がぞろぞろ
同じ方向に向かっていくので、一応地図も印刷してきたんだけど、
それに付いて行くだけで見えてきました、逆光の福岡ドーム。

高校の修学旅行で福岡に来た時は、平和台球場の近くまで
行きました。南海からダイエーに変わったばかりの頃で、
福岡ドームが出来たのはその後です。本来は、晴れなら空いて
雨なら閉じる、日本初の開閉式のドーム球場なんですよね。
でも電気代だけで200万円かかるから閉めっ放しにしたと
聞いた事があります。開ける機能、もう使えないだろうなぁ。

海の近くの所為もあるだろうけど、この日も風が強かったです。
ドームの中も外も食べ物を売るお店がいっぱい。外には
福岡出身の有名人の右手を、その人と握手できる形に象った
手の像が並んでいたり、中の通路にはホークスの選手の写真が
飾ってあったりしたんですが、そういう物の周りに全部人がいて
軽食を取ったり時間潰しに喋ったりしていたので、カメラを
向けるのが躊躇われ、記念の写真を撮る事ができませんでした。
福岡ヤフオクドーム福岡グッズ売り場

手のオブジェ王貞治ミュージアム
続きを読む

KYOSUKE HIMURO LAST GIGS 2016.4.29

15:00open/17:00start ナゴヤドーム

ナゴヤドーム入り口付近SEXヤったーーーーーーー!!!
イントロを聴いてまさかと思いました。
名古屋より帰還しました!
氷室京介のLAST GIGS3日目、
4大ドームツアーでもあるこのツアー
2ヶ所目のナゴヤドーム公演は、
想いが通じてソロ曲が増えました。

ナゴヤドームへはJR大曽根という駅で降りたのですが、
これが地方にある何でもない駅という感じの辺鄙な駅で、
ナゴヤドームはこんな田舎に作ったのかとびっくりしました。

駅を出たら風が強い!天気はいいけど台風並みの風が吹いていて、
コンタクトをした目に砂埃が入らないか一瞬不安になりましたが、
良く考えるとドームなので会場は屋内なんですよね。

ドームへ向かう道も細くて人気がなくて物寂しい。
凄く心細かったです。結構歩くんですよね。それも判りづらい。
巡礼のように一つの場所へぞろぞろ向かうので、前の人に付いて
歩い行けたけど、じゃなきゃ場所が判んなかったと思います。

京セラドーム大阪の傍にもあったけど、どういう訳か
ナゴヤドームの前にもイオンモールがありました。東京ドームの
傍には無いぞ。もしや福岡ヤフオク!ドームの傍にもあるのか?
ドームとイオンモールはセットなのか?と思いました。

見知らぬ土地で見知ったチェーン店があると安心します。
こちらのイオンにはライブのポスターはありませんでしたが、
大阪2日目と同様、イオンで51円(税込)のベストプライスの
烏龍茶と、明日の帰りの新幹線で食べる菓子パンを調達しました。
店内には、ライブに来た仲間達が大勢ウロウロしていました。
ナゴヤドーム全景ナゴヤドーム看板
2ゲートが入り口だったのですが、唖然とするほどの長蛇の列で、
これ時間までに全員入れるのか?と心配になりました。
慣れない係員が手間取っているのかと思いきや、ゲートに
近付いてみると特に問題無く、スムーズに人が捌かれていました。

ゲートを通った後は、普通に荷物チェックがありました。
例によって鞄の口を開いて中を見せるだけの形式的なものでしたが。
入る時にチラシを貰わなかったので貰い忘れたかと焦りましたが、
座席の椅子の上に置いてありました。会場によってやり方が
違うんだなぁと、妙なところで感心してしまいました。

開演時刻の17時から15分くらい押していたと思います。
オープニングのSEが始まった時から、開場の雰囲気がかなり
良かったです。スクリーンの映像と、SEに合わせ切り替わる
照明がやたらくっきり、綺麗に見える。そしてライブが始まると──。

見えない!!この日も大阪1日目と同じくらいの位置のアリーナD、
アリーナの真ん中辺りだったから予想は付いていたのですが、
やっぱり全く見えない!!見えなさは大阪以上。人の頭と頭の間を
前の席や、更にその前の人の頭が隙間無く埋めていて、完全に
ステージ隠れた。今度こそ、ライブが終わるまでの2時間超、
肉眼で氷室の姿を見る事無く終わるのかと、呆然としました。

でもライブが進むと前の人達もずれていく筈だと信じて、
自分も前後左右と頭を動かして、何とかタイミングによって
見える位置を見つけました。ずっと爪先立ちだったり身体を引いて
斜めになったりと不自然な姿勢で見ていて、凄く見づらい席でした。

1曲目DREAMIN’。名古屋Baby熱い!気持ちいい!
2曲目RUNNAWAY TRAINまでは大阪と同じ。ところが
いきなりBANG THE BEAT来た!これで『セットリスト
いじってきてくれたな、何が出るか判らない』とワクワクしました。

暗転して、やや間があって、この雰囲気はと思った通り、MC。
「ハロー名古屋Baby!キモチいいぜ!このまま行くぜ!」
一拍間を開けて、
「イカせてもらうぜ!!」

『イカせてもらうぜ』来たーー!PARACHUTE超気持ちいい!
氷室は最初から、大阪よりかなり調子良さそう。声出てるし、
気合入ってる。エンジンが掛かってきたという事なのか、
大阪のMCの通り日によって体調に波があるのかは判らないけど、
花道を右へ左へ良く動いて、笑顔も出るし、スクリーンでしか
見えないけれど手の動きの一つ一つが息を呑むほどカッコいい。

氷室の歌が良く通って聴こえたのは、音響の所為もあるかも
知れません。ナゴヤドームは音がいいね。演奏もクリアに聴こえる。
MISS MYSTERY LADYのイントロのチャーリーの
ドラムが、腹の底を震わすほど響いて、めっちゃカッコ良かった!
照明も凄く綺麗。いい会場だと、好感を持ちました。

NATIVE STRANGERあり、WARRIORSは火が噴く、
BEAT SWEETの氷室は楽しそうで、ステージの中央で、
スピーカーの前まで出てきてステージに腰掛けて
足をぶらぶらさせながら歌っていました。
Wild Romanceの最後には、投げキッスをしていました。

「最後に25年前のソロデビュー曲を贈ります」、と紹介して
ANGEL2003。どういう心境か、2003になったんだよね。
銀テープまたゲットしました!氷室が見えないアリーナ席で唯一の
メリットだもん。今もう、自宅の部屋のガラス戸に貼ってあります。

これで最後と思ったら、一旦帰りかけたのを辞めて、サポメンと
相談するような様子があって、もう1曲、思い出したように
SUMMER GAMEが来ました。さっき『最後』って
言ってたのは、曲順変えたの忘れちゃってたんでしょうか。

これが本編ラストで、花火もこの曲の最後でした。退場前に、
真っ白の照明を浴びながら、オーディエンスに向け、久々に
「サンキュサンキュサンキュサンキュ・・・!」
これが最後のツアーとは思えない。ご機嫌でリラックスしていて、
いつもの、盛り上がった普通のライブみたいでした。

アンコール待ちの時に、場内にウエーブが起こりました。懐かしい!
1階スタンドの一塁側から始まって、端に行っても何度も発生、
2階スタンドやアリーナでも発生して、私も周りの人も、皆笑顔で、
「わー!」ってやってました。こういうの、純粋に楽しいよね。

曲順は大幅に変わったけど、単に順番を変えただけで
ソロ曲が増えた訳ではなく、演ってる曲はこれまでと同じでした。
だから諦めかけてたのですが、氷室達が登場して、あのイントロが
始まった時、信じられずに、『ウソーーーー!!』と狂喜しました。

念願の、SEX&CLASH&ROCK’N’ROLL
来たぁぁぁぁぁぁぁっ!!!

嬉しかったけど、「♪SEX&CLASH&ROCK’N’ROLL」の
フレーズが、アルバムと同じ低い声になってました。私はONS
ブチ切れのノリが身体に染み付いているので寂しかったです。
勝手にあのノリでノってました。「ガッ!ガッ!」を思いっ切り
ヤれました。間奏に乗せたメンバー紹介も久し振り!カッコいい!!

次もイントロで目を見開きました。IN THE NUDE
来たよぉぉぉー!!始めから演る事が決まってたのか、
変えてくれたのか実際は判りませんが、私達の想いが通じて
ソロ曲を増やしてくれたんじゃないかと思っています。
でも、どっちの曲も、テンポがいつもより遅かったです。
本編では笑顔だった氷室の表情も、強張って見えました。

KISS MEで引っ込んじゃって、まさかこれで終わり!?
ファンのメッセージのエンドロールが出てきたらオワリだけど、
出ないので望みはあると手拍子で氷室を呼んでいたら、出てきた!
ウエーブも楽しいけど、さっきはこれが無いので物足りなかった。
アンコール前は、やっぱり氷室を呼ぶ手拍子と氷室コールがいいな。

「名古屋に来ると、いつも第二の故郷って言ってるんだけど、
東海ラジオっていうとこの○○さんがBOΦWYを見つけてくれて、
デビュー前から目をかけてくれて、この人がいなかったら
BOΦWYも無かったっていうくらいお世話になった人なんだけど」
MC少ない今ツアーで唯一入る長めのMCが始まりました。

「その人がずっと癌を患ってて、この1月に力尽きて、普段オレに
ダメ出ししてくれる人って少ないんだけど、この人はいつもオレを
叱ってくれていて、前回のツアーの時も『オマエはMCが下手だ』
ってダメ出しされたから、今日MC何言おうか緊張しちゃったよ」
まさかそれがEN1の険しい表情の理由?

「今回はバンド時代の曲を多めに演ってるんだけど、2011年と
2004年に、2004年はバンドとソロ、2011年はバンド時代の
曲だけのコンサートを演って、どっちも東京だったから、
名古屋の人達から名古屋でも見たいっていう声が結構あったのね。
それで多めに演ったら、大阪では大不評で。」

笑いが起こる。「名古屋の連中は楽しんでくれてるみたいだけど」
と添えていたけど、やっぱり不評だったんだ。不満を持ったのは
私だけじゃなかったようです。氷室、ネットの感想見てるんだね。
私達の想いはちゃんと、しっかりと、氷室に伝わっていたようです。

「あと何曲か聴いて下さい」で来たのはVIRGIN BEATだし。
でもTHE SUN ALSO RISESがオーラスっていうのはなぁ。
最後に大人しくなっちゃうよね。最後は思いっ切り弾けたいです。
エンディングのBGMは、REVOLVERでした。

一泊して、次の日の午前中、名古屋城に行って来ました。
大阪でも思ったけど、名古屋の地下鉄でもSUICAが使えて、
『おおーっ!』と感激しました。全国で使えるようになってるのは
勿論知ってるんだけど、改札を通る時、結構ドキドキしました。

予め路線探索して地図も印刷して持って行っていたのですが、
名古屋城はすぐ近くには駅が無くって、どれも着くまで15分以上
歩く駅ばかりでした。そのうちの一つで降りたら何か普通の
閑静な住宅街!不安になりながら地図の通りに歩いて行くと、
遠ーくに天守閣の金のしゃちほこが見えて、ホッとしました。

しゃちほこの方角に向かって歩いて行き、到着。門のところに
切符売り場があって、中に入るのに入場料500円取られました。
敷地に入って近くに行くだけで500円も取るのかと不満でしたが、
その500円だけで中の施設に全部入れて、お城に入って
天守閣まで行けたので、却って良心的な値段だと思いました。

当時の建築様式で執務室を復元した真新しい建物があったり、
名古屋城の中に入ってみると各階は展示物がいっぱいの
博物館になっていて、早く来過ぎて帰りの新幹線までの時間を
持て余しちゃうなと思っていたけど、見る所がたくさんあって、
寧ろ時間が足りなくなるのではと思ったくらいでした。
最上階の天守閣から見えた、ナゴヤドームの写真も撮って来ました。

これで後は私は東京ドーム3Daysで終わりなのですが、
ああ、福岡、行けないかなぁ・・・。
始めから行かないつもりで意識してなかったけど、土曜日じゃん!
追加の有給取らなくても行けるじゃん!しかし宿とチケットと
飛行機、一つ欠けても行けない。買えないかなぁ・・・。

鯱レプリカ名古屋城本丸御殿1名古屋城本丸御殿2名古屋城名古屋城天守閣から見たナゴヤドーム

KYOSUKE HIMURO LAST GIGS 2016.4.24

15:00open/17:00start 京セラドーム大阪

京セラドーム入口全7公演のドームツアー、氷室京介
LAST GIGS大阪2Daysの
2日目。1日目と全然違う!
相変わらずBOΦWYばっかりで
まだ満足とまでは行かないけれど、
氷室のテンションは高いし、
セットリストも改善されたし、
1日目よりはずっといい内容になりました。

開場は15時からなので、それまでは、大阪市内の地下鉄
1日乗り放題になる600円のエンジョイエコカードという
切符を買って、ちょっとした大阪観光をしていました。

取り敢えず大阪城は行こうと決めていたのでまず大阪城へ。
天守閣に上ると500円取られるので、そこまで興味が無い私は
お城の中までは入らなかったのですが、写真を撮りながら
ウロウロしてたら、やっぱり皆考える事は皆同じなんですね、
ツアーTシャツを来た仲間をあちこちで見かけて、心強かったです。

大阪って言うとワーワーうるさく関西弁を喋る人達に取り囲まれて
怖そうというイメージだったのですが、そんな事は全然なくて、
全国から人が集まる駅や観光地しか行かなかったからだろうけど、
意外にも、人ごみの中では殆ど関西弁は耳に入ってきませんでした。
寧ろ聞こえるのは中国語ばっかり!大阪城なんて中国人ばかりで
びっくりしました。噂に聞く通り、皆自取り棒持ってました。

それから有名なグリコの看板や食い倒れ人形がある所に行きました。
人がいっぱいいました。もう見る所が無くて、まだ時間があったから、
一旦宿に戻って、暫く休んでから改めてドームに出発しました。
グリコ看板食い倒れ人形大阪城イオンの柱
続きを読む

KYOSUKE HIMURO LAST GIGS 2016.4.23

16:00open/18:00start 京セラドーム大阪

京セラドーム全景2泊して、本日、大阪遠征より帰って
参りました!!氷室京介最後の
ツアーLAST GIGS、最後の
ツアーだから思い切って生まれて
初めての遠征をして、覚悟して
臨んだ大阪2DAYS、初日は二つの
意味で最悪でした。一昨日の話だからもうあちこちのサイトに散々
感想書き込まれてるだろうけど、まずは1日目のレビューです。

前回のツアーNAKEDの最後にリベンジ宣言をして、
かなり早くから2016年春にライブを演ると予告された時、
単発じゃなくてツアーになるかも知れないと予想はしていました。

そうなったら遠征しようと覚悟を決めていましたが、予想通り、
大阪、名古屋、福岡、東京と日本列島を横断する、しかも
氷室京介最後のツアーにして初の、4大ドームツアーとなりました。

福岡だと完全に飛行機の選択になり、それはさすがにハードルが
高過ぎるので、新幹線で行ける大阪と名古屋は行こうと心に決めました。
まずはホテルを確保、チケットも申し込んだ公演全て無事当選、
新幹線の予約も成功して、怖いくらい何もかも順調に進みました。

新幹線は“えきねっと”というJR東日本のネット予約サイトを
使って予約しました。会場時刻からドーム−ホテル−新大阪−新横浜の
所要時間を逆算して乗車時刻を決め、乗車日1ヶ月前である発売日の
一週間前から申し込める、事前予約というシステムを使いました。

第三希望まで出せるのですが、予約は全て第一希望で当選しました。
自由席や金券ショップで回数券を買う方法もあったようですが、
上手くできるか良く分からなかったので、この際金に糸目は
付けないと、指定席にして、そのままクレカ払いで乗車券を買いました。

準備万端、いよいよ当日。新幹線なんて高校の修学旅行以来です。
のぞみは勿論初めて。入り口のドアが小さいのに驚きました。
人が一人通れる位しかないのね。席は幸運な事に往復とも窓際!
本も持って行っていたけれど、ずっと窓の外ばっかり見ていました。

のぞみはメチャクチャ速い!景色が矢のように飛んでいく。
気付くと看板が“静岡”。え、小田原いつ通り過ぎたの?浜名湖通って
あっという間に名古屋。あれ!?富士山は!?いつ通り過ぎたの!?
名古屋の次がもう京都。そうか、新大阪って京都の先なんだ。

素通りするのが勿体無い気がしましたが通過して、着きました新大阪!
迷うか心配したけど駅の案内は判りやすくて、地下鉄に乗って一旦
ホテルへ。チェックインしてから、いざ京セラドームへ向かいました。

開場少し前に到着。京セラドームは街中に“置かれてる”、って感じ。
街の中にぽんって置いてあるの。周りに普通の街並みが迫ってるから、
ドーム全景を収められるような写真スポットが見付かりませんでした。

歩く人皆がLAST GIGSのツアーTシャツ着てたけど、
失礼ながらプリントがチャチな気がして買う気にはなれませんでした。
普段着られるものじゃないから、ツアーが終わったら使い道無いし。
私が浜スタで買ったのは知らない人が見ればツアーTシャツなんて
判んないから普段でも着れそうだけど、こういうのツアー終わったら
皆どうするんだろ?着るのかな。コレクションにするのかな。

特に問題も無く開場時刻を迎え、京セラドームに入場。
え、手荷物検査、無いんだ!このご時世に。どこでもあるような
申し訳程度の『鞄を開いて中を見せて下さい』すらありませんでした。

時間に余裕があったので、通路を端から端まで歩いてみました。
横浜スタジアムにあったのと同じように、オリックスバッファローズの
記念品や年表があって、ちょっとした博物館になっていました。
オリックスには全く興味が無いんだけど、ここにはもう一生来ないと
確定しているので、一応記念に、色々写真を撮っておきました。
イチローユニフォームイチロースパイクオリックス年表95
続きを読む

(参考) NAKEDツアー日程 2014年

3/15 市原市市民会館
3/16 名古屋国際会議場センチュリーホール
3/19 オリンパスホール八王子
3/21 静岡市民文化会館大ホール
3/25 仙台サンプラザホール
3/26 郡山市民文化センター大ホール
3/29 福岡サンパレスホテル&ホール
3/30    〃
4/3  倉敷市民会館
4/5  米子コンベンションセンター
4/9  びわ湖ホール
4/11 大阪オリックス劇場
4/12    〃
4/14 神戸国際会館こくさいホール
4/16 府中の森芸術劇場 どりーむホール
4/19 宇都宮市文化会館
4/23 さいたま市文化センター
4/26 ニトリ文化ホール
4/27    〃
4/29 盛岡市民文化ホール大ホール
5/2  名古屋国際会議場センチュリーホール
5/3     〃
5/5  大阪国際会議場メインホール
5/6     〃
5/10 福井フェニックスプラザ
5/11 本多の森ホール
5/13 新潟県民会館
5/17 ベイシア文化ホール
5/18    〃
5/20 まつもと市民芸術館
5/23 市川市文化会館 大ホール
5/24    〃
5/29 大宮ソニックシティ 大ホール
5/30    〃
6/3  東京国際フォーラム ホールA
6/4     〃

6/14 広島上野学園ホール
6/15    〃
6/17 高知県民文化ホール
6/18 サンポートホール高松
6/21 大阪オリックス劇場
6/22    〃
6/27 四日市市文化会館
6/29 長良川国際会議場
7/1  神戸国際会館
7/4  リンクステーション青森
7/12 松山市民会館
7/13 周南市文化会館
7/19 横浜スタジアム
7/20    〃

続きを読む

KYOSUKE HIMURO 25th Anniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY -NAKED- FINAL DESTINATION 2014.7.20

15:00open/17:00start 横浜スタジアム

ゲート裏今日は雷雨中断に全部
持って行かれましたねー。
氷室がどういうMCをするのか、
それに対してここに私が
どういう言葉を書く事になるのか、
別れの言葉なのか労いの
言葉なのか感謝の言葉なのか、
泣かずにいられるか、色々想定してたんですけど、全部吹っ飛びました。

25周年記念にして氷室京介最後のツアー“NAKED”、
最終日のこの日。想定していたのとは全く違う意味で、
一生に一度、最初で最後の、忘れられない一日になりました。
自分の晴れ女っぷりには自信があったのに、最後に
こんな事になるなんて、結構プライドが傷付けられ、ショックでした。

この日の横浜は午前中から陽が射して、天気は心配無さそうでした。
昨日ツアーTシャツをとうとう買ったので、家からツアーTシャツを
着て行くという、ちょっと気恥ずかしい、初めての体験をしました。
ファンじゃない限り、ツアーTシャツだなんて、判んないと思うけど。

ハマスタ2日目の最終日のチケットは、1階スタンド席でした。
入場すると、オレンジだった昨日に続き、今日も来場者全員プレゼントの
青のロゴマークがプリントされたタンクトップを貰いました。

自分の席を捜してみると、1桁台の列なのでまだいい方かと
思っていたのですがとんでもない!スタンド前方にアルファベット列の
席があって、数字の列は、その後ろ半分の方だったのでした。

昨日写真を取りまくってTシャツも買ってしまったので、今日は
ゆっくり行っても良かったのですが、昨日18時開演で17:15から
スライドショーをやったので、17時開演の今日は16:15から
やるのだろうと、それに間に合うよう、早目に会場にやって来ました。

しかし昨日は17:15からスライドショーをやるという予告の
アナウンスがあったのにそれは無く、想定していた時間を過ぎても
始まらず、今日は無くて昨日だけの特別だったのか、
昨日ギリギリに来て見られなかった人は可哀想だなと思っていました。

待っている間、周囲が急にざわつき始めて皆後ろを振り向いてるので、
私もそっちを見てみたら、最初は見付けられなかったけど、
周囲が“DAIGOがいるらしい”という噂をしていました。

暫くしてまた見てみると、遠いですが確かにDAIGOがいるのを
目撃できました。「DAIGOー!」という声援が投げかけられ、
DAIGOは困ったように微笑んで応じていました。
氷室ファンに可愛がられてるなと、微笑ましかったです。
招待席はスタンドの結構上の方なので、DAIGOなら、本当は普通に
席を取って、もっとアリーナの前の方で見たかったのではと思いました。

招待席の下には野次馬が群がって、場内は撮影禁止の筈なのに、
写メを撮っている人がたくさんいました。すぐ傍に複数の
係員がいたのに、誰も注意しませんでした。別に禁止じゃなかったのか、
大目に見てやろうというのでしょうか。ルールを守りたかったので
私は撮りませんでしたが、もし撮って良かったなら、私だって、
DAIGOの写真や、ステージセットの写真とかを撮りたかったです。

場内はほぼ埋まって17時。開演だと信じてオーディエンスは拍手と
歓声を高くしました。しかしこの時点で、間もなくスライドショーを
開始しますというアナウンスが。そういう事か、結局始まるのは18時か、
開演予定時間からすると花火にも掛からない、1時間早く帰れると
思っていたのに、何だ、昨日と一緒なんじゃん!と腹が立ちました。

近くのオバちゃん──っつっても下手すると私と歳変わんないかも
知んないけど──が氷室の子供の頃の写真が出る度に
「かわいいー!」と耳を劈く奇声を上げて、凄くうるさかったです。
高校の写真が出ると、場内にやっぱりどよめきが起きました。
何もそんなにどよめかなくても、とやっぱり面白かったです。

スライドショーもプランに組み込まれての17時開演だったのか、
スライドショーが終わるとやっと、スタッフがステージの準備を
始めました。18時を過ぎると、「間もなく開演です」という
アナウンスが流れました。え、やっぱり1時間押しただけ!?
真相は判りませんが、18時を5分か10分回った頃でしょうか。
オープニングのSEと映像が始まって、やっとライブが始まりました。
浜スタ2日目ゲート上
続きを読む
Monthly Archives
Profile
HN : COOL LADY
1973年生まれ みずがめ座
女性 独身 神奈川県出身

リンク&内容の転載は
厳禁です。守ってね!

このBlogについての説明は、
How to use CLPへ。
Blog内検索
Favorite (books)





Please WATCH OUT