10056620


小麦、大麦などに含まれているタンパク質の一種であるグルテン。
このグルテンをいっさい摂取しない「グルテンフリー・ダイエット」というのがあります。
ハリウッドの芸能人などで、やせる目的でやっている人が多いため、その名を知られるようになりました。
また、ダイエットとは別問題で、アレルギーや特定の疾患があるためにグルテン不使用の食品を食べている人たちもいます。






スポンサーリンク






レディー・ガガやマイリー・サイラスなどの有名人が減量のためにグルテンフリー・ダイエットを実行したことは、よく知られている。その影響で一般にも流行しており、スーパーマーケット等ではグルテンフリー食品や乳製品不使用の食品が数多く販売されている。また、レストランのメニューにもグルテンフリー対応の物が増えてきた。
 
ニュージーランド最大の都市オークランドでベーカリー「The Caker」を経営するJordan Rondelさんは、開業して4年になる。
開業当時と比べて最近は、グルテンフリーや乳製品不使用の商品をお店に置いてほしいという要望が急増しているという。中でもリクエストが多いのが、グルテンフリーのケーキだ。
しかしRondelさんは、「セリアック病の人が、世間にそれほど多くいらっしゃるとは思えません。
グルテンフリーが健康にいいというイメージになってしまって、流行なので食べている人たちの方が多いと思います」と話している。Rondelさんのお店のグルテンフリー商品は、代替食材としてココナッツミルクやアーモンドを使用して作っている。
 

スポンサーリンク




また、実際はアレルギーや疾患ではないにもかかわらず、「自分はグルテンを受け付けない」と誤解してしまう消費者の例もある。現代のパンには加水分解小麦が含まれており、消化されるのに手間取る。そのため、腹部膨満感を感じやすい。セリアック病は遺伝性の自己免疫疾患で、ニュージーランド国民では1パーセントしか存在しないとされている。
参照元:
http://www.stuff.co.nz/life-style/wellbeing/10056540/Gluten-free-may-not-help-your-health

コメント:

cm4555:
グルテンフリー食をやっている人の多くは、周囲で大勢の人がやっている流行に乗りたいだけだと思う。

jezz:
特にそうする必要がないのにグルテンフリー生活をしている人って、理解に苦しむね。

cadae:
私はラクトース不耐症なんだけど、紅茶やコーヒーに少量ミルクを入れたりチーズを食べるぐらいなら平気だよ。でも、たっぷりの牛乳にシリアルが入ったのは無理だ。

gooseygirl:
夫の親族たちがみんな、新しい流行とかが大好きで すぐ試してみようとするので困ってる。

rivercamping:
私の周りの人たちでグルテンフリーを実践してる人たちは、みんな減量に効果があると信じてやってる。もちろん、本当にセリアック病やアレルギーのためにグルテンフリー食にしてる人もいるでしょう。でも大部分の人たちは、ただの新しいダイエットの流行に乗せられてるだけだね。

gritzabella:
グルテンフリー食が健康にいいのは、本当にアレルギーや病気の人の場合だけだ。
ばかげたことを、「健康にいい」と思い込んで実行している人が多い。

paulc:
流行しているのは今だけだ。また何か新しい物が流行れば、みんなそっちに行ってしまうだろう。

billt:
みんなグルテンフリーってどういう物か正しく知りもせずにトレンドに飛び付いて、痩せられると思ってるのが笑っちゃうよ。

allaround:
私は特に何のアレルギーもなくて、感謝してるよ。ベジタリアンになるのは大変だから。
dst:
私はクローン病なので、グルテンを避けてる。病気でも何でもないのにグルテンフリー食にする人は、非常に馬鹿げてると思う。お金だってかかるのに。

hollymorrison:
グルテンフリー生活っていうのは、やりたいからとか好みで選んでするものじゃない。必要に迫られた人がするものだ。

markchiddicks:
私の子供は、セリアック病です。親として、最近のグルテンフリーの流行は苦々しく思っています。病気でもない人がグルテンフリーを実践したところで、健康上のメリットは何もない。特定の疾患でもないのに「グルテンフリー食で以前より健康になった」って思ってる人は、プラセーボ効果だと思いますよ。

redrise:
私はセリアック病で、家族にもセリアック病の者がいます。ニュージーランドの患者が1パーセントっていうのは疑わしい。実際は、それより多いんじゃないかな。

aaronc:
患者の割合が1パーセントっていうのは、Fonterra(ニュージーランドの乳業会社)のマーケティング部門が言ってるんだと思う。

koko:
私は過敏性腸症候群です。世間の人はアレルギー等には理解を示しても、私の病気はまだまだ理解を得られないことが多い。

red-rose:
無理解な人たちっていうのはアレルギーだろうと過敏性腸症候群だろうと「そんな物は存在しない。作り話でしょ」とか言うと思うよ。

nda:
私はグルテン不耐症なのでグルテンフリー食品を食べているんだけど、周りの人たちから信じてもらえないことが多い。

penguin:
「グルテンを摂取しなくなったから体調が良くなった」、って思っている人たちがたくさんいるけど、それは実際は、炭水化物を余分に摂り過ぎなくなったから体調が良くなっただけだと思うよ。

han:
グルテンフリー食を実施していると、批判されたりもする。でもさ、グルテンを摂取すると5分おきにおならが出るようになる人もいるんだよ。それは歓迎されるわけ?




スポンサーリンク





スポンサーリンク







おすすめ記事