バスケ好き!レフリー大好き:熱いおっちゃん のblog : NBJ

レフリーからバスケを楽しむ 熱いおっちゃんのブログ

ミニバスケットボールに関わって、バスケットボールの日本公認審判員になり、
  その初心を忘れないようにブログでいろんな活動報告をしています。
 レフリー仲間からは<熱いおっちゃん>と冷かされて呼ばれていますが、
        それはそれで気に入っています(笑)
      まだまだより良いレフリーになりたくって
  日々バスケットボールの活動を仲間と一緒に楽しんでいます。

感覚的な動き

高校ウィンターカップ予選もrotate01
ベスト8からベスト4が出そろいました。

この回戦から男女ともすべて
3POでの割り当てになります。

で、ポストゲームカンファレンスで
クルー全員で悩んだケースがあり
・・・・・・・・・・。

トレイルの目の前のケースで
スティールからターンノーバーが
起こりました。

ルーズボールになり、ボールは
センターラインを越えて ・・・・
ヘルドになりそうな ・・・・
ならなさそうな ・・・・・ (笑)

結局、ヘルドにならずにBチームが
ボールをキープして攻撃を継続。

このとき、3人とも困ったのは
当然、トレイルは目の前で
起こった一連のプレイなので
ステイして見続けます。

ターンノーバーなので、リードはニュートレイルに!
でも、 旧トレイルがいるので詰まります(笑)

センターも、プレイを間接視野で眺めながらセンターへ。
でも、トレイルがルーズボールプレイにステイしているので、
リードへ入ることが出来ていないことに気づいています(笑)

悩んだあげく、話し合った結果(笑)rotate02

センターが
「 リードに行くね! 」
と、ダイレクトにクローズダウンして
ボールサイドレフリー2を作りに!

リードだった、ニュートレイルは
調整のため 「 センターに入るね! 」
と、コートを横切ってポジションの
バランスを調整!

珍しいレアなケースに遭遇しましたが
3POの経験を重ねていくごとに
「 マニュアルの精神 」 のようなものを
感じながら ・・・・・(笑)

おそらく、これがベターだろう!
という結論になりました(笑)

ここまでのレアなレベルのケースを
プレカンで前もって話すことは
・時間がないのと
・逆に情報過多で
 コンフューズ:Confuse:戸惑い
してしまうのではないかと思います(笑)

同じような感覚で、お互いが協力する感覚を持ち合わせていると
先回りした感覚で動け、助け合えるのではないかと!

3POのそういう日は、
もう近くまで来ているのではないかと思う今日この頃です(笑)




さてっと!(笑)

季節がもう秋の気配ですね  
夕方にはすぐ空が暗くなりはじめnbjref
ずいぶん涼しくなりました
9月ももう終わり、10月ですね!

そう、10月と言えば
大阪ミニ連盟では
『 なにわカップ 』 の時期です。

毎年、10月の第1、第2 の
土日に女子・男子と招待大会が
開催されています。

全国ミニ大会を目指すチームが、毎年数多く
参戦されますから、レフリーとしても
とても気合が入る、ミスの許されない大会です!(笑)

そして、自連盟所属の審判員のE級、D級 の方々には
大変お待たせの昇格講習会です。
C級、B級 の方々にも更新のための講習会と
お待たせのルールテストがあります  (笑)

ミニバスと一般とはルールの異なることが多いダブルスタンダード
ですが、全員 日本公認審判員ですので、ここは頑張りどころですね!

ルールテストも出来上がりました(笑)
日本協会のHPの150問! 頑張って勉強してくださいね!(笑)
講習会の資料も完成しつつあります!
2PO と 3PO の初級ベーシックマニュアルから、少し進化した
アドバンスマニュアルなるものを作成しています。
コンテンツの人気記事 『 3POマニュアル(笑) 』 で1180を超える
アクセス数があり、その反響にとても喜んでいます (笑)
( 研修会のツールに使わせてほしい!・・・ なんてうれしい問い合わせも!)
とてもありがとうございます m(_ _)m

近々、アドバンス版が完成したら、みなさまにも公表させていただきます!
( このブログでやっていることをまとめているだけなんですけど ・・・・・(笑))

ご期待くださいね!(笑)



アンスポ C:1

UFアンスポーツマンライク・ファウルの
(C)1 : クライテイリアの1 という
 カテゴリーなんですが  ・・・・・。

ボールに対するプレーではなく、
かつ、正当なバスケットボールの
プレーと認められないと
審判が判断したプレー

と解説されています!

正当な ・・・ と 不当な ・・・ の
線引き!
パーソナル と アンスポ の
線引き! 難しいですね(笑)

ユニフォームをつかむ!引っ張る!
見えたら簡単に吹けますね(笑)

肘を故意に過度に振り回す!
空振りでもテクニカルの対象ですね。

危険なプレイですので、身体に
当たれば
アンスポ 吹けますね(笑)

また、首・喉・顔に触れ合いがあった場合、人間ですから少し感情的になり
イラっとして報復もありえますからほってはおけないプレイになりますよね。
場合によってはディスクオリファイイングで退場処分もあります。

アンスポを判定する原則ですが

クライテリアに該当した場合、試合中全ての時間帯で適用し、
( 試合の終盤また得点差に関係なく )
アクション ( 起きた現象 ) のみで判断する。


とあります。

判定の根拠 : クライテリアの基準がはっきりと出ているので
本当にありがたいですね!




アンスポ C:2

アンスポーツマンライク・ファウルのUFUG
(C)2 : クライテイリアの2 という
 カテゴリーなんですが  ・・・・・。

プレーヤーがボールにプレー
しようと正当に努力していた
としても、過度に激しい触れ合い
(エクセシブコンタクト、
 ハードコンタクト) と
審判が判断したプレー

と解説されています!

正当な努力でボールプレイ
だとしても ・・・  の線引き!

パーソナル と アンスポ の
線引き! 難しいですね(笑)

手や腕で相手の首・喉・顔に触れ合いがあった場合、
その度合いを判断して、選手の身を守るために
危険なファウルだと判断したら、故意でなくても
アンスポーツマンライクファウルにする
とのこと。

パーソナルで吹いても、相手レフリーと相談して
周りから客観的に見てどうだった? ・・・ なんて。
アップグレードする必要があるかも知れませんね。

今はあまり見かけませんが
速攻でレイアップシュートに空中へ飛んだ
シューターの降りて来る位置に遅れて入り
身体で受けてチャージングをもらおうとするプレイ
危ないですね! 危険なプレイです

咄嗟の出来事だったり、リードへ走り入りながらの動きの中で確認
しているプレイになったりするので、これも要:相談かも知れません(笑)

あと、シューターに対してのブロッカーのアンスポについてなんですが
 0) ポンプ・フェイクに引っかかって空中に跳んじゃったとして(笑)

 ( そのときの空中にいる跳ばされたブロッカーの気持ち(笑) )
 by any meams : バイ エニイ ミーンズ : 直訳すると、いろんな意味で(笑)
分かりやすい訳としては : どうせなら ・・・、どんなことをしてでも ・・・(笑)
( どうせファウルするなら、バスカンだけにはさせないぞ(笑))

 1) ショットブロックの手が振りかぶっている ( Wind-UP
 2) 振り下ろしてコンタクトがあった。( Hard-Contact
 3) 振り下ろしすぎてフォロースルーまで強く行った ( Follow-Through

擬音で表現すると 『 バシッ、グシャッ 』 っていう感じですね(笑)

これはシューターの影響を観たらすぐわかりそうですね!(笑)







アンスポ C:3

少し前のルールの改訂で
アンスポーツマンライクファウルのUFUG
判定する根拠:クライテリアが
追加されましたよね!

アンスポーツマンライク・ファウルの
(C)3 : クライテイリアの3 という
 カテゴリーなんですが )

これが、もう少し前には
「 タクティカル・ファウル 」 という
戦術的なファウルで許されていたのが、
これからはもうダメだよ!
というようになりましたね!(笑)

日本協会のホームページにもサンプル動画で
大々的に公表されているのですが ・・・・・
クライテリアの 「 1 」 や
クライテリアの「 4(オートマチック) 」 などと
見分けの付け方に悩んだ時期が
当初ありましたが、勉強に勉強を重ねて(笑)
頭の中を整理しました(笑)

クライテリア:3 についてですが、解説には
オフェンスが進行する中で、
その進行を妨げることを目的とした
ディフェンスのプレーヤーによる
必要のない触れ合い:アンネセサリー・コンタクト
と審判が判断したプレー
となっています。

そこで動画を繰り返し観たり、観比べたりしながら
自分なりの咀嚼をして頭の中に叩きこみました(笑)

 1) 素早いターンノーバーの状況で、素早い攻撃の進行を止めようとしている。
 2) リーガルガーディングポジションを取る努力をしていない。
 3) ボールへのプレイではなく、一方的に身体に直接触れ合いを求めている。

で、サンプル画像のケースから推測するに
素早く進行しているドリブラーに対して腕を広げていることが
その予兆なのかも知れないなぁ~ ・・・ なんて感じています(笑)



ラストショット

バスケットボールってlastshot
残り時間と点差を争う
スポーツなので

終了の合図が先か?
ショットの成立が先か?
そこはシビアになります。

レフリーの約束事として
おそらくこれが最後の
攻撃になるだろう ・・・。
合図先? ショット先?
の心の準備をしようね!

そんな確認の意味合いで
人差し指を出して合図を
送り、各クルーがコミュニ
ケーションを取ります。

で、とうとうその瞬間が訪れます(笑)

通常 3POでは、オポジットサイド(テーブルサイドではない方)
のレフリーが責任を持つことになっています。
が、もし、オポジットサイドが目の前のプレイに忙しいとき(笑)
テーブルサイドのレフリーが責任を持って助けてあげましょう!
という約束になっています。

問題は、そんなこと言ってられない余裕のない時
例えば、『 残りの秒数が5秒前後の時 』 で
『 ターンノーバーが起こった時 』の約束事ですが

5秒以上の秒数が残っているときは : ニュートレイル
5秒以下の秒数になっちゃったときは : ニューセンター

そんな約束事なので、プレカンで確認をしておきましょう!(笑)

lastshot2

2POでは、原則そのときの 「 トレイル 」 が責任を持ちます。
3PO、2PO、どちらにせよ 「 笛を吹くのは一人でいい  」
ということですね !


いつ行く?今でしょ!

先日、コメントで、3POのリードのスイッチサイドのタイミングが難しい ・・・・・
というお悩みをいただきました(笑)

これ、きっと 「 3POあるある 」 だと思います(笑)
で、私の心がけていることをご紹介します

情報共有の大前提として
ボールがレーンラインの中に入れば、リードは
クローズダウンの位置に移動してスイッチサイド
の予告を2人のクルーにします。

ここからがポイントなんですが
『 ボールがミドルラインを越えたら
まずは無条件でローテーションをSWS01
始めましょう ・・・ ① ②

ボールが意に反して(笑)
レーンラインを越えて向こう側に
行かない場合は ・・・・・
『 クローズダウンのポジションで
チェックインしましょう
( 反転して45°の角度をつけます )
ボールはレーンラインの幅の中に
あるわけですからローテーションしても
L : T : C の関係は左右対称形に
なるだけでなにも問題はありません。

ここで注意事項ですが
ノーワーキングエリアを移動中に、両足がミドルラインを越えたら
戸惑うことなく行き切っちゃいましょう
( 万が一、プレイがそのままリングに向かっていっても
  センターがステイしてなんとか判定してくれます!(笑))
ミドルラインを越えていなかったらバックペダルを踏んで
元のクローズダウンポジションに①戻るのもOKですが ・・・。

一番困るのは、ノッキングといって、ガクガクガクッ っと身体が揺れて
行くのかぁ~い? 行けへんのかぁ~い? どっちやねぇ~ん?
になることです。( 理由は:あとのふたりの気が散ります(笑))

で、もし、ボールが元々居た逆サイドにSWS02
振られた場合には ③
なんの問題もなかったように、すぐに
平然とスイッチサイドを再度始めて、
元に戻ります(笑)

元々クローズダウンしていたのですから
なんら問題なくボールサイド・レフリー2
を作りに行くことが出来ます。

レーンラインの外へボールが出たら③
そのミラー・ザ・ボールの位置まで直接
行ってチェックインですね!

とにかく初級の今は、行っては返る!、行っては返る!
これでやり続けましょう!(笑)

ただ、ショットクロックなどの終わりかけ ( 残り数秒 )で
間違いなくクイックドライブやクイックショットがあると予測できる場合は
ローテーションは控えて、トレイル・センターのお仕事に集中してもらいましょう!

このローテーションの動きを自分自身が、またクルー全員が習得したら
次の段階はオフェンスのスカウティングをして、プレイや戦術の中身を
吟味し、行く・行かないなど味わっていくとより効果的になります(笑)

今回のキーワードは
「 ボールがミドルラインを越えたら行く!  」
「 自分もミドルラインを越えたら行き切る!  」
「 クローズダウンのポジションでチェックイン
「 意に反したらすぐに返る! 」 ・・・ 「 今はそれを繰り返す(笑) 」

楽しいですね!(笑) 伸びしろだらけの 3POの習得!(笑)


吹けなかった(笑)

大阪高校ウィンターカップ予選、なかなかの割り当て
を頂いています(笑)

が、 ・・・・・・・・・・。

ケンケンのトラベリングTraveling

吹けませんでした (笑)

1ゲームで、続けて
2回もあったのに ・・・。

映像を確認して、やっぱり
何回観ても・・・・・。
右 : 踏切りで
右 : 着地の
身体を少し半身にして
狭いディフェンスの間を
タンッ、、、 タ、タン という
ギャロップのリズムで
すり抜けて行ったケース ・・・

画像に映っている自分 ・・・・・
身体は瞬間、グッ! と反応しているのですが、
何回みても、私、笛を吹きません(笑)

あとで、もう一回観てみます ,,, 。(笑)

( 0ステップの噂で、ケンケンはダメってこんだけ広まっているのに
 平気でケンケンギャロップをしてくるなんて ・・・・・  くやしい  ・・・ )
( 右、、、 左、右 っていうギャロップで来ると思うやんか!)
( ふつうやれへんやろ! やるんやったら前もって言っといてや!(笑))

何回も言います ・・・・・ とてもくやしい




アンスポ C:4

気持ち良いアンスポをsteal
吹いた(自慢)お話を!(笑)

私がセンターポジションで
A の攻撃を判定しているとき。

2POでいう、エリア1番で
スティールがありました

センターの私、すかさず
追従します。

ボールをスティールされた
A の ガード(当事者)
ここは社会人リーグプレイヤーの
百戦錬磨ってとこでしょうか(笑)
左斜め後方から
ボールプレイの右腕をしっかりと
伸ばして B の前方に詰め寄ります。

B もそこは負けていません
A を前に出させないように力強く
ドリブルで前へ    

すると、A ! たまらず
伸ばした右腕の肩越しに
ボールプレイのフリをして(笑)
右肩で B の左肩をグッグゥゥゥ
と押していきます!

R.S.B.Q. 完全に崩れました

センターで追従していた私
このプレイのストーリーを完全に
感じ取りましたので(笑)

クライテリアを思い出し、100%の
自信で簡単にアンスポをコール

振り返った A 、納得のあきらめ顔(笑)
チームメイトのベンチ 「 そらそうや! しゃーない! 」
と、判定がマッチした感じを後押し(笑)

さて、このアンスポのクライテリアですが、私の頭の中で
確認したのが
 1) 速攻の出始めで
 2) ディフェンスが返っていないラストのシチュエーションで
 3) 後ろあるいは横からの触れ合いで影響があって
 4) ボール・シチュエイションが B のコントロールに移っていた状況

そして、今でも私の残像の印象に強くある感覚ですが
『 A が アンスポ覚悟で、分からないようにボールプレイの形を試みた 』
この感覚が最終的に気持ちよく判定の後押しをしてくれたように思います(笑)

なんら迷いなく(笑) まるでレフリーゾーンのような!(笑)  
ホンマかいな?(笑)  この感覚!(笑)



修正協力(笑)

先日の社会人連盟のゲームでの3POで!
こんなケースがあり勉強になりました。rebounds

私がリードでリバウンド後の
アウト・オブ・バウンズを判定
したケース。
青チームがショットを打って
白チームのディフェンスリバウンド。
後ろから青チームが絡みました。
ボールはアウト・オブ・バウンズへ。

ラストタッチを見る動体視力は
無いものの  (笑)
ボールが外に出た責任者を感じながら
ディレクションは 「 白ボール! 」

すると、青ベンチ:Visitor bench 
のプレイヤーが総立ち 
「 えぇ~  」 (笑)

青ベンチ前のセンターが私の方へ
歩み寄ります。
同時にトレイルも。で集まりました。
センター曰く
『 僕からきれいなアングルで見えました 』
『 ラストタッチは白で、青ボールです
「 ありがとう  」
私、すぐさま、青ボールに訂正!

正直、190cmオーバーの大男たちが
2~3人絡みあうリバウンド争いで
リードでは近すぎて後方のウラ側での
出来事は、余程のアジャストをしないと
クリーンに確認できるもんじゃありません(笑)

ゲーム後のポスカンで画像を確認!
( 最近は便利ですね! 必ずと言っていいほど撮影してくれています
なるほど、センターの言う通りラストタッチは白のファンブルでした
これには、私の判定に違和感が無かったと言っていたトレイルも納得でした(笑)

3POの最大のメリットである 「 3方向からの眼    (笑) 」
相手が修正を掛けに寄り添ってきてくれたら、無条件で
『 はいっ わかりました  そうします  』 しか無いですね

そこはお互いのリスペクト! 意固地になる理由は何もありません(笑)

3人のクルーが協力・協働して、正しい方向へ修正を掛ける!
『 エリアアングル 』 の理念をしっかりと感じ取れた瞬間でした(笑)

信頼される判定の 3PO! とても楽しいですね!(笑)


Pick the Paint

3PO勉強会で学んで、3POの実践をしながら
確信しているポイントを!

オールコートでトランジションが
起こると逆方向へ走りますよね。
( 4秒でたどり着く目標です )pickthepaint

そのときのニューリードは
ベースラインを目指すのですが
ボールが逆サイドのフロント
コートに入って来る場合 ・・・・・。

一目散にクロースダウンします
ボールサイド・レフリー2 ですから。

で、ローテーションを始める条件に
ニュートレイルがフロントコートに
入るまで②待つ てのがあります。

ここでニュートレイルの心構え
のお話なんですが ・・・・・。

ボールサイドが向こう側で
リードがクローズダウンしていると
当然ローテーションを始めたいの
ですから ・・・・・
フロントコートに入って
トレイルでのんびりしないで(笑)
一気にセンターポジションまで
行っちゃいましょう ②③

リードをボールサイドへ押し出す
そんな気構えですね!(笑)

そして、向こうへ行くリードの
「 背中を守ってあげましょう
ピック・ザ・ペイント
 : Pick the Paint
っていうのですが ・・・・・。

このチーム(クルー)ワークで
リードは安心して
スキャン・ザ・ペイントしながら
ボールサイド・レフリー2を作れます!

3POはあまり走らないでいいからラクチンだ!(笑)
なんて思ってましたが ・・・・・ さにあらず(笑)

2POと同様にリードからニュートレイルはすごく走ります!
3POではこのケース! センターまで一気に走ります
( 2POでセンターの位置まで一気に走ることはあまり無かったのに(笑))

そういえば 「 確認事項 」 に
1)2POのトレイルは3POのTとCの役割を持つことを意識する。
って書いてありました(笑)

間に合いたいですね! センターまでの遠い道のり!(笑)





TIP OFF後

先日の3POの実技勉強会で いくつかの
「 3POあるある 」 に出会いました(笑)
一度経験して、アドバイスを受けるとすぐに修正できることなので
ちょっと覚え書をしておきまーす(笑)

TIP OFF後、最初の攻撃が右へtipoff
となったときに ・・・・・。

セカンドアンパイア: 「U2」 は
「 リード 」 のポジションを
取りに行くのですが ・・・・・

そのポジションを取りに行く
リードの意識の課題を!(笑)


まずはボールの行方を
確認しながらアスレチックに
( スプリント!) 走ります!


ボールサイドがオポジットに
来てるときは ( 自分側ですね )

『 ミラー・ザ・ボール 』

ベースラインのワーキングエリア
に位置します。


しかしながら ・・・・・

テーブルサイドにボールがある
ことを確認したら ( 向こう側ですね )

ストレートに ( 素早く直線的に )
『 クローズダウン・ポジション 』
意識は
ボールサイド・レフリー2 」 ですね!

素早く、安定した3POの三角形を
構築するためにダイレクトに
クローズダウン・ポジションから
ボールサイドへローテーション!

もう、ゲームは始まっています(笑)

①② で行かないと

① でボールを確認して
② でクローズダウンして
③ でスイッチ・サイドを行っていると

リングに向かってクイック・ドライブが
始まりますよ!(笑)

2POで、リードにギュイーンって弧を描いて入って行くクセですね(笑)
当分、クセは治らないかも(笑) でも、意識してやり続けていると出来ます

TIP OFF からの ミラーザボール か クローズダウン

もう、ゲームは始まっています(笑)  楽しいですね! 3POのレフリー!(笑)






エリアとアングル

 『 エリア と アングル 』 3POでの判定の基本なんですが

🔴 プライマリ・エリアアングルが取れている人が 1番手
🔴 アングルだけが取れている人が 2番手 

ですから、1番手が優先(プライマリ)で、1番手のアングルが難しいときに
2番手が助けに行く! ・・・・・ ということになります。

私、3POをやり始めてつくづく思うことなんですが ・・・・・。
「 このケースは誰のプライマリ・エリアだろう 」 って知っていること。
「 触れ合ったんだろうけど、アングルが悪かったので確証が持てないや 」
それを分かっている自覚の余裕があることが大切だと感じています。

・このケースは自分だ!
・このケースは自分じゃない!
 そして
・このケース、エリアは相手だけど、アングルは自分だ!
・だから、P.O.C. や その触れ合いの責任が相手より明確に感じ取れている!
 また
・このケース、エリアは自分だけど、アングルは自分じゃない!
・『 たのむぅ~、相手 判定して助けてくれよぉ~ 』(笑)

というレフリー感覚が3人のクルーに共通理解として存在すること。
すごく大切なことだと思っています。
同時に ・・・・・ 『 2POでの自分の判定がいかにいい加減だったか
「 P.O.C. や その責任の確認が明確ではないのに ・・・・・  」 (笑)
を、次の私の 2POでの重大課題にしています(笑)

angle&area
リード

アングルばっちり

行っちゃって  行っちゃって 

  (笑)








トレイル

アングルばっちり

行っちゃって  行っちゃって 

  (笑)







センター

アングルばっちり

行っちゃって  行っちゃって 

  (笑)

3POマニュアル(笑)

昨日の3PO勉強会nbjref
けっこう上手く行きました(笑)

勉強会中にLINEが入ったり(笑)
「 Twitter 賑わせていますね!」
レフリー仲間が Twitter なるもの
の画面を見せてくれたり ・・・・(笑)

その内容は、なんでも
 Twitter をされている北海道の方が
7月21日の 「 やっと完成! 」 で
投稿した自作の3POマニュアルを
「 素晴らしい副教材じゃないか!」
という高評価をいただけているとのこと ・・・ (笑)
(  表紙だけの画像だったのですが、、、)3POBasic
私、SNS系はこのブログだけで、
 Twitter やFacebook などは
していないので ・・・・・・・・・・。

はっはぁ~ん ・・・・・、
だから昨日のアクセス数が
1900オーバーもあったんだな! 
( SNS恐るべし (笑))
なんてウキウキしています(笑)

昨日、やっとレジュメがデビュー
出来たので、みなさんにも(笑)

http://blog.livedoor.jp/coolnbj/NBJ3POBasic.pdf

http://blog.livedoor.jp/coolnbj/NBJ2POBasic.pdf

あくまでも、私の勝手な自作ですので、参考程度に(笑)
感想などいただけたら幸いです

楽しいですね!(笑)  3POの勉強!(笑)


スペシャル研修会

本日27日の夜と30日(木)の夜に
「 3POの初級ベーシック研修会 」
3po02行います

本日、初日は基本的な座学のお話。
30日には
「 身体を使ってやってみよう
ということで実技の研修会になります。

今回の2日間で3POが上手くなるとは
期待はしていませんが ・・・・・ (笑)

大阪ミニ連盟の審判委員会で
まずはスタートを切ろう

始めてみないと、何も始まらない(笑)
そんな感じで使命感を持って始めることになりました!(笑)

独学で勉強している人には、TOPDOWNの正しい情報を。
すでに、少し学び始めている人には、基礎知識の再確認を。
最新の目新しい情報も手に入ると、ちょっとした自信につながります。

時代の流れは3POを身体で学んで、通常の2POでの
レフリー力をよりよく発展・向上・成長させて行こう
そんな感じがしています。

新しく学ぶ専門用語(ターミノロジー)を自由に使いこなすことによって
また理解して身体で表現しようと努めることは成長への大きな一歩だと
信じて疑わずに取り組んでいきたいと思います

ボール・ウォッチャー ( ボール中心野郎(笑))で済ましていた自分の
技術の弱点にいち早く気がついて 「 これではイカン 通用しない
と気づくところから、新しい自分のレフリングと出会うきっかけになる
のかも知れませんね(笑)

本日のレジュメ55セットも用意できました! デビューです(笑)
パワーポイントも使ってケースワークもする予定なので
会場には ipad と マイ・プロジェクターも持参します(笑)

とても有意義で楽しい2日間になりそうです(笑)


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
記事検索