バスケ好き!レフリー大好き:熱いおっちゃん のblog : NBJ

レフリーからバスケを楽しむ 熱いおっちゃんのブログ

ミニバスケットボールに関わって、バスケットボールの日本公認審判員になり、
  その初心を忘れないようにブログでいろんな活動報告をしています。
 レフリー仲間からは<熱いおっちゃん>と冷かされて呼ばれていますが、
        それはそれで気に入っています(笑)
      まだまだより良いレフリーになりたくって
  日々バスケットボールの活動を仲間と一緒に楽しんでいます。

ちょうどいい!(笑)

リンチチさんからコメントをnbjref
いただいて ・・・・・
しみじみ考えていました(笑)

その昔のレフリーの不在時代(笑)

『 審判のレベルがプレイヤーのレベルに
 ついていっていない為に、良いプレイと
 悪いプレイの区別をつけられない。
 審判がそうだから、当然子供たち、
 プレイヤーはわかるはずがない。
 つまり、子供達の努力が無駄に
 なってしまっている 』

また、その昔、こんな話も聞いたことがあります。

練習ゲームなどで審判をするのは、その練習ゲームにも出られない
補欠のプレイヤーに任されていた。 ( みんなが嫌がっている役割(笑) )
リンチチさんの情報では「ジャンケンで負けたから審判させられて 」(笑)

でも、同時に 「 強豪校にはやはりきちんと吹ける高校生がいて、
これがまたじつに歯切れがいいんです。当然ながら仲間たちからの
信頼も厚いです。競技力向上のためには、審判技術の向上が不可欠で
あることをよく知っているから、質問はしても不満は出ません。」
そんな最近のお話情報を聞くと、なにやらほっとしてしまいます(笑)

スポーツの競い合いの楽しさの中に、「 ルールを味方につける 」 って
いうことも重要だと思います。
指導者がルールを理解していることはもちろん大事ですが、レフリーが
どのように考えて判定をしているのかといった内容を知っておくことも
大切だと思います。
また、プレイのコーリングのガイドラインを知っているか、知らないかでも
ベンチワークでの指導やプレイヤーへの声掛けも変わってきますよね!
今、どんどん日進月歩でルールや判定方法が変遷をしていっていますから。

レフリーの判定に文句をつける ( 吹かれても、吹いてもらえなかっても )
文句をつけてもいまさら時間を戻して吹いてもらえるわけでもないし(笑)
「 そうなんですね!? じゃぁ! 」 って無かった話にしてもらえるわけでもない(笑)
言われたら言われるほど吹きにくくなってしまう審判心理があったりもします(笑)

ヘッドコーチの中には、本当に上手にレフリーに話しかけたり
言葉を巧みに選んでアピールされる方もおられます。

手のファウル:ハンドチェッキングを吹いても吹いてもやめないチームがあったり
逆に、すぐにその手の使い方は鳴りを潜めクリーンなゲームになるチームも。
イリーガルなスクリーンプレイを吹いても吹いてもやめないチームがあったり
逆に、何がイリーガルだったかを理解してアジャストしてくるチームがあったり。

この、審判があるプレイに着眼して、判定の基準を表現したときに
それにアジャストしてくるチームはレフリーしていてとても楽しい時があります。

競技規則のまえがきにあるようにプレイヤーと審判と観衆と指導者の
4方向からの努力がぜひとも必要である ・・・・・ というのは
今まさにこれからの時代を迎える この 「 U-15 」 の連盟カテゴリーが
ちょうどいい感じ(笑) のように感じました!




大阪ジュニア選手権2018

この土曜日に大阪ではOJBC
U-15 のカテゴリー連盟の
公式戦

大阪ジュニアバスケットボール
選手権大会の最終日です

ミニバスのちびっ子プレイヤーや
地域のバスケットボール教室。
学校にバスケットボール部のない
バスケ大好きなプレイヤーたちや
試合経験の少ない選手たちの
活動の場として立ち上がった普及・
育成の場として地域で活動している
大阪のジュニアクラブチームの
チャンピオンシップ選手権です!

ミニバスの小学生も
ON THE COURT 2 で
参加出来るようです。

8 - 2 - 8 - 10 - 8 - 2 - 8 -2-3(OT)
のタイムスケジュールでゲームをして
リングの高さは305cm
7号ボール ( ミニバスは5号ですね )
もちろん一般の大人と同じ競技規則で行われますから
24秒、8秒、バックパス、3Pts. などなど ・・・ これに参加する
ミニバスの高学年のプレイヤー達の能力は大したものです

ミニバス当時の先輩たちと、ひとつ上のレベル・システムで
楽しめるバスケットボールの楽しさは、また格別なものでしょうね!(笑)

私、先日のドリームカップからのご縁もあって、U-15の主催者の方々と
とても仲良くさせていただいており、審判参加をさせていただきます。

通常、大会は帯同審判システムで行われているようですが
まだまだチームでレフリーをチームスタッフとして育て、
大会をサポートすることが、チーム事情もあって難しい
ようで今後の課題になっているようです!

今回は、大会本部が調達した審判の参加という試みで、
けっこうな人数のレフリーが集まり、
女子のベストバウトや男子の準決勝・決勝・3位決定戦などは
ウワサの3POで行われるようです(笑)

『 第4回  ALL OSAKA  Jr. CHAMPIONSHIP 2018   』
 友情・ほほえみ・フェアプレイのチャンピオンシップ(笑)

大阪ジュニア連盟! 今回はけっこう気合が入っているようです(笑) 
どんな楽しいバスケットボールなのか! とても楽しみです!(笑)



2POで発見③

トレイ2PON02ルオフィシャルが
セット・アップ・ポジション
から
ポジションのアジャストをして
プライマリの3番エリアの判定に
お出かけをしたときに ・・・・・

ここでボールを持っているプレイヤーが
ドリブルで、あるいは パスで、
ボールを4番エリアに進めた場合

プライマリはリードオフィシャルに
引き継がれていきます。

昔で言う 「 受け渡し・引き継ぎ 」
っていうやつですね(笑)
今はもちろん 「 チェック・イン 」「 チェック・アウト 」 っていいます!

リードがミラー・ザ・ボールから  『 はい! このプレイ、いただきましたぁ~! 』
てなエネルギーを出して、身体で表現して
プレイにチェック・インしてくれたら2PON03

お出かけしていたトレイルは
もうそこに用事はなくなったので
お出かけから帰ります

そこが今回発見した(笑)
『 セット・アップ・ポジション
になります!

4番エリアからエントリーしてくる
次のプレイに対応すべく
自身のプライマリである
デュアル・エリアのペイント⑤や
②番の自分のプライマリから出て行くカッティングのプレイ
④番エリアからストロングサイドのペネトレイションドライブなどに
対応して、リードの見えにくいアングルを協力・協働出来るように
速やかにセットアップポジションに帰りましょう!

そこから新たに、次の 『 ポジション・アジャスト 』 が始まります!
より良いアングルを得るために ・・・・・
レフリーディフェンスをするために ・・・・・
レベルを下げる意識 」 がけっこう課題になりそうですね!

なにせ、 「 センター 」 がいないものですから ・・・・・
トレイル! とても忙しいです!  (笑)

2POも頑張りたいものですね!(笑)




2POで発見②

2POの勉強をしていて新しい発見がありました
私、初耳だったので早速、覚書を!

トレイル・オフィシャルのベーシックな 「 セット・アップ・ポジション

ハーフコートのバスケットボールで、トレイルの基本ポジションですが
「 3ポイントラインの弧の延長線上 」 ( スローイン・ライン付近 ) が
どうやらこれからの主流になるようです。
( これで今後 「 トレイルの位置が高いよね・・・!」 なんて言われなくなります (笑))

この位置取りに、まずは意識を置いて、いろいろお出かけします(笑)
 「 ポジションのアジャスト 」 ですね。

トレイルのプライマリ・エリアは6分割での①②③と⑥
とても広いのでお出かけするのも大変です (笑)

エリアの③や②にボールがある2PON02
ときには、プレイに対して
お出かけアジャストします。
( ミドルラインを超えることは ・・・
  余程のことが無い限り行きません )

ここでボールを持っているプレイヤーは
ドリブルするか、パスするか、
ショットするか ・・・・・ この3種類しか
ないので ・・・・・ (笑)
( ここだとショットは考えにくいですね )

ボール中心(ウォッチャー)にならない
よう次に起こるプレイを予測しましょう
身体の向きや視野の取り方に工夫が必要になってきます。

誰に、どのタイミングで、どんなプレイで パスするか?
どっちに、どのタイミングで、どんなプレイで ドリブルを始めるか?

1対1 の いわゆるワンペアで観るときもありますが、
予測が出来たのなら、2ペア や 3ペアで 観なければならないときも!
スクリーンプレイやハイポストのプレイが絡んでくるときなどですね。

プレイの左ナナメ後方に位置取って、
それらのプレイ全体がその始まりから見渡せるような工夫が大切です!
その位置なら、不意のスティールからの逆速攻にも対応できますから。

今回の新しい発見は ・・・
トレイルの 『 セットアップポジション 』 からの 「 ポジションアジャスト

コフィンでダブルチームなどが起きた時は現場へ急行!
そんな臨機応変の対応も今後の課題になってくると思います(笑)

初心忘れるべからず  2POも頑張りたいものですね!(笑)




2POで発見①

私の周りでは3POが花盛りですが(笑)
まだまだ 「 2PO 」 も捨てたもんじゃありません(笑)

なんと言っても、あの忙しさ(笑)2PON01
自分のプライマリで起こる
アングルの取り方の厳しさ(笑)
3POで学んだ 『 アングル 』 と
『 POC 』 の確認および確証(笑)

大忙しの技術へ自身をワンナップ
しなければなりませんよね(笑)

2POの勉強をしていて
新しい発見がありました
私、初耳だったので早速、覚書を!

トレイル・オフィシャルの
ベーシックな 「 セット・アップ・ポジション

ハーフコートのバスケットボールで、トレイルの基本ポジションですが
「 3ポイントラインの弧の延長線上 」 ( スローイン・ライン付近 ) が
どうやらこれからの主流になるようです。
( これで今後 「 トレイルの位置が高いよね・・・!」 なんて言われなくなります (笑))

この位置取りに、まずは意識を置いて、いろいろお出かけします(笑)
 「 ポジションのアジャスト 」 ですね。

一度、セットアップポジションから見るペイントエリアやボード、リングが
どんなにクローズアップされた景色か確認しておきたいですね!(笑)

けっこうな迫力のある至近距離の視野での画像だと、いつも感じます(笑)


3POあるある話④

『  これから3POを始められる 3PO初心者 の方へ

私、みなさんより、少し先に3POを始めているので・・・・・・・・・・、
少し先に失敗も数多くしています ・・・・・・・・・・    (笑)

そんな 『 あるある話 』 をご紹介するカテゴリーです(笑)
まぁ ・・・・ 初心者では必ず通る?(笑)道  ・・・ ですから、
体験されて、ケースに出会ったら、あまり凹まないで、ほくそ笑んでくださいね(笑)

ガードの選手がフロントコートへボール運んでいくときに、
 ( 右利きで右手ドリブルの選手が多いので・・・・ )
2PO で言う 3 番エリアへボールが運び込まれることがよくあります。

3 番エリアにボールが運ばれ、もうフロントコートに入ろうとしているのに
まだ、
3番エリアのワン・オン・ワンを見続けているトレイルレフリーを見かけます。
 ( 身体に染み付いた2POのマニュアルですね!(笑))

aruaru001

このときに、3PO の約束事では、『 ボールサイド・レフリー2 』 ですから、
リードはローテーションをしたがっているはずだ︕ ・・・・・ と気づくことが大切です。
ほら、クローズダウンしているじゃありませんか(笑)

     「 トレイルがフロントコートに入らないと、
        リードはローテーションを始められませんから



aruaru002


トレイルは、いつまでもボール中心に 3番エリアを観ていないで、
センターがそのボールプレイにチェック・インしてくれたら、

① 迷わずチェック・アウトして、フロントコートに入り、
   そのまま一気にウィークサイドのセンターの位置へ︕
   リードの背中を守るべくピック・ザ・ペイントをして、
   リードをボールサイドに送り込みます。

② リードはその動きを確認したら、ローテーションを開始
③ センターは、リードのチェック・インを確認して、ポジションアジャストします。

・・・・・・・・・・ アクション・ポイントに危機感を感じましょう  (笑)

この時期が 『 ボールサイド・レフリー・2 』 を学ぶチャンスです(笑)






審判依頼

日本公認審判のライセンスをrefgo
取得すると、大会主催者から
メールで審判依頼のお伺いが
送られて来ますよね!

この日程でこんな大会をします。
ついては審判しませんか?
というような内容で ・・・・・
申し込むことが出来ます。

回答記入の希望時間帯欄に
「 午前中 」、「 午後 」 というような
返事の返し方があります。

先日、割り当てをしていて思ったことなんですが ・・・・・。

具体的に知りたいのは
「 何時のゲームから参加できるのか 」
「 何時のゲームでさよならしたいのか 」 といったことなんですよね。

ですから、1日のゲーム開始の時刻が分かれば
「 ◯◯時からのゲームから吹けます 」
「 ◯◯時のゲームを最後でお願いします 」
というような回答が出来るようになるのでは ・・・・・ と思いました。

割り当てする側は、ご本人が体育館に到着する ・・・。
審判控え室でレフリー仲間と挨拶や少し雑談などもされる。
ロッカールームでレフリーウェアーに着替えられる。
ウォーミングアップを入念にされる(笑)
パートナーとプレ・ゲーム・カンファレンスをされる。
ゲーム開始10分前にコートへ出て行かれる ・・・・・ 。
と、
ここまでの余裕の時間を考えての割り当てをしますから・・・。
「 午後から 」 っていう回答をもらって
はたして 12:30~ 開始のゲームを割り当てていいのかどうか?
14:00~ 開始のゲームで十分な準備が出来るのかどうか?

家からレフリーウェアを着たまま体育館に来られて
そのまま汗だくで帰って行かれる方もあるでしょうし(笑)

ご招待する側のインビテーションの方法にも工夫がいるよなぁ~・・・
なんて考えていました。

お互いが、相手の立場になって考える ・・・ とても素敵ですね(笑)


ドリームカップ④

ドリームカップでの審判なんですが
DC02
「 今、あきらめたら
  そこで試合終了だよ!」

なんてパンフレットのウラに
英語で書かれています!(笑)

このU-15 というカテゴリー

体格やスピード、パスの強さ
運動能力やハートの部分で
ミニバスよりちょっと上!(笑)

で、高校生よりはちょっと下(笑)

この、何とも言えない、微妙な
思春期真っ只中のカテゴリーの
感じが ・・・・・
ミニバス所属のこれからの
レフリーのスキルアップに
ちょうどいいなぁ~って
感じました(笑) とても勉強になります

選手たちにとってはミニバスを卒業して、急にルールが変わります。
扱うボールの大きさやリングの高さ、3ポイントの導入や8秒、24秒
ボールをバックコートへ返すヴァイオレイションなどの導入で
その戦術や戦略も進化を遂げていく過渡期になります!

ちょうどいいなぁ~っていうのは
ミニバスではあまりお目に掛かれない中身や質のプレイや頑張り方(笑)
ミニバスではけっこう通用していたであろう個人プレイやチームプレイ・・・
などが一切通用しなくなる、ワンナップしているバスケットボールゲームで
ある程度完成度の高いレベルの高校バスケットにもないスキルの未熟さ。
攻撃の仕方や点の取り方、ディフェンスのシステムの稼働の仕方や完成度。

要は、そんなちょうどいい(笑)スキルのゲームに笛を入れるとなると
レフリー自身に、けっこうなバスケットボール感覚が求められるということ。
言い換えると、自分のルールの理解や技術の理解、審判の本質的な技術
などが完全に丸裸にされてしまうという ・・・・・ おそろしくカッコ悪い恐怖(笑)

触れ合い、責任、影響 の 『 確認 』 ・・・・・ という簡単な言葉の深い理解。
プレイの理解や技術の理解 ・・・・・ という簡単な言葉への自分の未熟さ。
勝っている、負けている、という言葉で表されるプレイの中身の理解。
そのプレイの分析、始まり → 展開 → 終わり という簡単な言葉で表現
されている、その内に秘められているストーリーの味わい方。
シリンダー、トルソー、リーガルガーディングポジション、などといった
ルールの理解を根拠に判定を積み重ねていく基本的な審判力

そういった、レフリーの普段 が 試されているように感じました。

「 どうして、それをファウルと感じない(笑) 」
「 どうして、それがディフェンスの責任のファウルになる(笑) 」
「 それは誰が見てもヴァイオレイションだよね(笑)
「 その行為、ふるまい、プレイに対して、なぜ、なにも対応しない(笑) 」
「 アクティブ・マインド・セットや危機感がなぜ起こらない(笑) 」

きっとね、ミニバスだけの関わりが長いレフリー経験では、
ミニバスには無い、初めて目にした(笑) 未体験の(笑) 
何が起こっているのかもあまり理解できていない (笑) 
そんな状況・状態なんだろうなと想像しています(笑)

ですから、みんなすごく得をしました 自分の居場所が分かりました
たくさんのお土産や宿題をプレイヤーやゲームからいただきました

うれしかったことは、みんな凹んで、個々の現在位置に気づいて
自分の目の前の課題が明確に目標に設定できて ・・・・・
くやしい気持ちになって、次のレフリー機会が待ち遠しくなって ・・・・・・(笑)
そんな気持ちで、前途洋々の顔つきで帰路に着いたことです(笑)

今、あきらめたら ・・・ そこでレフリー終了ですよ!(笑)



ドリームカップ③

ドリームカップの大会はDC01
B.League が3年目を迎え
U15 の 全国大会も大々的に
開催されるようになり!
( 第1回は大阪開催でしたね!)
ジュニアクラブの活動が広がりを
見せている昨今!

地域で活動しているクラブチームや
バスケットボール教室、学校に
バスケットボール部のない選手たち
や試合経験の少ない選手たちの
活動の場として立ち上がった普及・
育成の場として位置づけられています。

『 バスケットボールが大好き

という基本原則をベースに
『 友情・ほほえみ・フェアプレイ 』
なにが何でも勝とう!という方針で臨まないように願う。
という精神に準ずる 「 ドリームカップルール 」 で開催されています。

交代は、ミニバス日程の日でも、ゲームクロックが止まったときに
行うことが出来ますし
大会中にエントリーしている選手は全員出場できていることなどが
原則としてルールになっています。

また、帯同の審判制で各チームが1名出してきて、割り当てを確認し
大会を運営・進行していくということになっていますが ・・・・・・・・・、

まだまだレフリーをチームスタッフとして作り、送り出すことが
チーム事情もあってレフリー育成システム的にも難しいようで
今後の課題になっているようです!

今回は、大会本部調達の審判参加という試みで、大勢の(大勢すぎる(笑))
審判が参加することになり ・・・・・
帯同審判で参加されて来られた方々が、帯同の割り当てがないことに
びっくりされ(笑) 来た限りはやっぱり吹きたい!と本部に割り当てを
希望されて急遽、割り当てを差し込み変更して行ったり ・・・・・ (笑)

また、あちこちの接戦が予想されるゲームでは 3PO(3人制) で
行ったりして、レフリーの3POの経験値を向上させてもらったり ・・・ (笑)
全90ゲーム中の、カテゴリーⅠ の対戦リーグゲーム、全45ゲームで
15ゲームが3POで行われました!
( それ以外は本部割り当てで2POで行われています )

初めての試みと出来事だったようで、大阪のドリームカップの発展に
なんじゃぁこりゃ~  と ビックリされている方々もおられたという
お話をお聞きしたりしています(笑)

楽しいですね!(笑) まるで夢のようでした! ドリームカップ (笑)



ドリームカップ②

DC01先日の土曜日。
なみはやドリームカップに
大勢のレフリー仲間と審判に
行ってきました

メインの本館はドーム型の
体育館でバスケコートが
4面取れます。

アイスリンクになったり
プールになったりで ・・・
端っこにはプールの
飛び込み台もちらほらと(笑)

1日で全90ゲームの大会
滞りなく終了しました

20数年間の積み重ねの
大会なので、スタッフの
方々の運営の対応も素晴らしく

例えば、TOが未着のコートpool
があればスタッフの方々が
すぐに駆け付けられて
TOが来るまで代行をされたり

スコアシートもよぉーく考えられた
オリジナルのものを作成されていて
交歓大会ゆえの要点だけを集約
した必要な情報だけを記入する
とても工夫されたものに感動(笑)

ゲーム後のスコアシートの
回収や集計などの対応も
とても素早く、レフリーに
負担のかからないようにと
心づくし満載の運営でした

10分-10分 というハーフゲームで
テンポ早く、どんどんとゲームは
進んで行くのですが ・・・・・

そこにレフリーのテンポセット(基準作り)やチームの情報収集、
ゲームの終わり方などなどの起承転結を織り交ぜた感じ方が
試されて、とても勉強になる大会でもありました

今回、レフリーのスキルアップにと声を掛けて、参加された仲間たちの
感想を聞くと、やはり手ごたえのある感想が多数を占めて ・・・・・ (笑)

中々、一般のルールでレフリーをする機会が圧倒的に少ない
ミニバス所属の 指導者 兼 審判 のご苦労をされている方々にとって
自分のバスケット感や、常日頃ミニバスを判定していて、いかに
プレイの中身を感じていないか ・・・ (笑)

など、自分の現在位置や今後の指導に活かしていける学びなど
それぞれが気づきと今後の意欲に燃えるお土産をいただいて
帰路に着く!(笑)

レフリーにとってもプレーヤーズ・ファーストを再確認させられた
大会でもありました

ドリームカップ主催・主管のスタッフのみなさま
本当にごくろうさまでした そして、ありがとうございました

また、来年、お会いしましょうね!(笑)














ドリームカップ

大阪の右上に門真市ってのがあって
近畿自動車道を北から南下しているとnamihayadome
車窓の左側に
大阪府立門真スポーツセンター
通称 「 なみはやドーム 」 という
ドーム型の体育館が見えてきます!

今は 「 東和薬品RACTABドーム 」
という名称ですね!

アイススケートのリンクもあります。
その氷盤の上に板を貼って
バスケットボールのコートが4面とれる大きなアリーナ体育館です。
サブコートも2面とれて、合計6面のコートで
明日27日、「 第21回 ドリームカップ 」 という大会が開催されます。

まずは、U-15 の クラブチームがハーフゲームを行うのですが
そのゲーム総数 ・・・ なっ、なんと ・・・1日で90ゲームあります
 ( 6コート × タテ15ゲーム  ですね(笑))

ミニバス所属のレフリーは、なかなか一般のルールでレフリーをする機会や
3PO の経験を積む機会が少ないので、普段のレフリー仲間に声掛けして
ちょっとした経験値を積もうぜ  とみんなで参加ということになりました(笑)

私、全日で参加なので、朝8:00から夜8:00まで体育館にいます。

この大会、私、第1回大会に参加しています!
とても懐かしい大会で、20年ぶりに吹かせていただきます!

みんなと一緒に、楽しい思い出が出来ればいいなぁ~



3POあるある話③

『  これから3POを始められる 3PO初心者 の方へ

私、みなさんより、少し先に3POを始めているので・・・・・・・・・・、
少し先に失敗も数多くしています ・・・・・・・・・・    (笑)

そんな 『 あるある話 』 をご紹介するカテゴリーです(笑)
まぁ ・・・・ 初心者では必ず通る?(笑)道  ・・・ ですから、
体験されて、ケースに出会ったら、あまり凹まないで、ほくそ笑んでくださいね(笑)
3PO の黎明期で、3PO に慣れていない初心者レフリーの 「 あるある 」 です(笑)

フロントコートでオフェンスがボールをウィークサイド( C サイド)へ出しました。
アウト・オブ・バウンズでディフェンスチームのスロー・インになります。
aruaru003
ヴァイオレーションをコールしたセンターが2PO のクセで、
そのままボールを扱ってスロー・インをさせようとするときがあります。

3PO の約束事では、『 ボールサイド・レフリー2 』 ですから、
スロー・インするサイドが次からのボールサイドになります。

aruaru004
① or ② のどちらの方法を使うのかは、
 プレゲーム・カンファレンスで話し合っておく必要がありますよね!

・・・・・・・・・・ じゃないと、現場は迷子で、けっこうクダクダ感が  (笑)

この時期が 『 ボールサイド・レフリー・2 』 と同時に
 『 次はどこからスロー・イン  』を学ぶチャンスです(笑)






3POあるある話②

『  これから3POを始められる 3PO初心者 の方へ

私、みなさんより、少し先に3POを始めているので・・・・・・・・・・、
少し先に失敗も数多くしています ・・・・・・・・・・    (笑)

そんな 『 あるある話 』 をご紹介するカテゴリーです(笑)
まぁ ・・・・ 初心者では必ず通る?(笑)道  ・・・ ですから、
体験されて、ケースに出会ったら、あまり凹まないで、ほくそ笑んでくださいね(笑)

3POのプレゲームカンファレンスで、約束事をしています

まず最初の約束   リードでスイッチサイドはどんどん行こう!

あまりマニュアルを理屈で難しく3PObusy
考えずにどんどん行こう!(笑) 
じゃないと足が止まっちゃいます(笑)
イラストのように一瞬にして
アクションポイントが出来ちゃいます。
リードのプライマリエリアは
水色のエリア 

クロスコールのポジションで
3POのポジションのバランスが
崩れています(笑)
だから ・・・・・ どんどん行こう! 

初心者なんだから!(笑)

もうひとつの約束

『 ボールサイドにレフリー:2 』throughin
そして
『 今、ボールはどこ?
『 スロー・インする場所はどこ?

そのスロー・インのボールのある
サイドにレフリーがふたり
配置されます!
リード と トレイル ですね!

で、今、
自分はどこのポジションへ行く?

ファウルが起こって、レポーティングが
終わったら、レポーターはオポジットへ
行きますよね。

そこはレポーターのポジション!

で、ボールはどこからスロー・イン?

ということは ・・・・・ 自分はどこへ? ヴァイオレイションのときも同じことですね!

これ! わかってないと ・・・ コート上で迷子になっちゃいますよ!(笑)

最後の約束

『 もし間違っても、間違ったまま行こう! 』 (笑)

僕たちが主役じゃなく、ゲームが主役!  だから気にしない! 気にしない!(笑)

そのままの流れで落ち着いて次にスイッチサイドをしていけば解決するさ!
なんとかなるさ!(笑)

 ・・・・・・・・・・ きっと誰も気づいていません!(笑) 

この時期が 『 ボールサイド・レフリー・2 』 を学ぶチャンスです(笑)



3POあるある話①

『  これから3POを始められる 3PO初心者 の方へ

私、みなさんより、少し先に3POを始めているので・・・・・・・・・・、
少し先に失敗も数多くしています ・・・・・・・・・・    (笑)

そんな 『 あるある話 』 をご紹介するカテゴリーです(笑)
まぁ ・・・・ 初心者では必ず通る?(笑)道  ・・・ ですから、
体験されて、ケースに出会ったら、あまり凹まないで、ほくそ笑んでくださいね(笑)


ワクワクどきどきの心地よい緊張感で3call
初心者的な3POが始まると ・・・・・(笑)

どぉーしてもマニュアルが気になって、
また、センターからの景色になかなか
慣れ親しめなくって(笑)
目の前のプレイのストーリーなんか
頭が真っ白で感じ取れなくって(笑)
ついつい
「 ボール中心 」 になっちゃいます(笑)
ついつい
ボールプレイの1対1を凝視  (笑)

で、
いきなりのトリプル・コール!(笑)

プライマリ・エリアは誰? (笑)

セカンダリーは誰? (笑)

どこから始まったプレイ? (笑)

触れ合いは上? 下? (笑)

迫力のトリプル・コール
周りから観ていると、とても
『 積極的ぃ~  』
『 説得力 抜群  』 (笑)
でも、
この視野の取り方での判定ではせっかくの3POシステムが台無しです(笑)
3人で余裕を持ってゲームのすべてをそれぞれで感じ取れるように
どこのプライマリで、どこから始まったプレイなのか?

そこで、インターバルで集まって修正をかけていきます。
『 笛は1個、鳴ればいいから 』 (笑)

『 だから、自分のエリアから始まるオン・ボール、オフ・ボール のプレイに集中 』
『 まずは、それぞれがそれぞれのプライマリに集中! 』
『 あとの2人が、今、どこにいるか? ぐらいは確認できる余裕を持とうよ! 』
 あっ、
『 このケースは自分じゃない 』 (笑)  そう思えるくらいの余裕を!
 で、
『 あれっ? 鳴らないの? じゃぁ、助けるね! 』 で吹くくらいの余裕を!(笑)

でもね、トリプル・コールがダメだなんて ・・・・・
 ・・・・・・・・・・ きっと誰も気づいていません!(笑) 

この時期が 『 プライマリ 』 を学ぶチャンスです(笑)








映像がほぼ正しい(笑)

最近のレフリー勉強会事情は
映像を撮影してすぐに振り返る010-02

そんなことが日常になっています。

ここが一番、加速度的に一気に
レフリーの力を向上させる最近の
改革変化のような気がしています。

拠り所としてのマニュアルや
ガイドラインなどが次々発表され
ゲーム後の振り返りでマニュアルに
基づく動きや位置取りのお話を
させていただいても ・・・・・。
また、
吹いたケース、吹かなかったケースのお話をさせていただいても ・・・・・。
自分で自分のことを客観的に観ることはけっこう難しいので ・・・・・・ (笑)

ついつい 「 ふぅぅぅ~~~ん ・・・・・・ 」 状態になったり
ケースの話で、本人の残像の話をお聞きしたりしても ・・・・・
吹かなかったものは、見えていないので意識の中に無かったり(笑)
吹いたものについては、やはり客観的な事実の現象の話ではなく
全くの別話で 「 ファウルの説明 」 の話になりがちで ・・・(笑)

『  じゃぁ、一度、客観的な映像を見てみましょう  』

自分の所作振る舞いやケースの現象を客観的に観察できます
 「 百聞は一見に如かず 」 ということわざがありますが ・・・
まさにドンピシャ!(笑)  
伝えたいことを、簡単に納得してもらえて、どうすればいいのか?
といった、次の課題が簡単に自己覚知出来てしまいます(笑)

今までは、
本人の残像や印象に残っているケースであればいいのですが ・・・・・
まったく残っていない、覚えのないケースは、いくら話しても無駄でした(笑)

しかしながら、動かぬ証拠(笑)として映像に残っているので
なぜ、印象に、残像に、心に 残っていないのかも確認出来ます(笑)

自分の伸びしろがギュイーンと広がっていく気がします

イケてない審判主任のガヤ話に耳を傾けるより(笑)
映像を1ゲーム撮影してもらっている方が、その信ぴょう性が違います!

とても大切ですね  レフリーズ・アイ・ビデオ  (笑)





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
記事検索