バスケ好き!レフリー大好き:熱いおっちゃん のblog : NBJ

レフリーからバスケを楽しむ 熱いおっちゃんのブログ

ミニバスケットボールに関わって、バスケットボールの日本公認審判員になり、
  その初心を忘れないようにブログでいろんな活動報告をしています。
 レフリー仲間からは<熱いおっちゃん>と冷かされて呼ばれていますが、
        それはそれで気に入っています(笑)
      まだまだより良いレフリーになりたくって
  日々バスケットボールの活動を仲間と一緒に楽しんでいます。

ミニTOスコア記入方法

先日ミニバスのTOscoresheet
のマニュアルまとめ
を作成してブログで
紹介させていただき
ました。

ミニバスTOマニュアル
へのリンク


それで、D級新米さん
からコメントをいただき
D級新米さんの都道府県の
地区ブロックではミニバス
のスコアシートへの記入方法で
「ファウルの記載方法」等が
一般の書き方と同じに変更
しているとのことでした。

あくまでも私の想像になりますが
2021年6月1日の「審判初心者さん」
からのコメントや・・・・・、

ミニバスルールのまとめ2021へのリンク

2021年6月2日のブログ内容・・・・・

ミニバスのスコアシートへのリンク

で、話題になりましたが ・・・・・

2021年4月1日から施行されている
日本バスケットボール協会発行の
ミニバスケットボール適用規則
というレジュメの内容で、一般の
競技規則書からスコアシート以降
を「丸写し」した箇所が76ページ目
から展開されていて
ミニバスケットボール適用規則へのリンク

これはJBAのミスだと、私は考えています

大前提の「スコアシート」がまず間違っています。
( ミニバスのオリジナルのスコアシートは
   以前よりJBAから公開されています  )

ですので、それ以下に続く記入方法もミニバス用
ではなく、間違って一般の記入方法がそのまま
転記されているんだなぁ~・・・・・と。

早い目にJBAから、訂正などのアナウンスが
発表されてきたらいいなぁ~って考えています。

>他にも相違点があるので、
>是非ご確認の程お願い致します。
とのコメントですが ・・・・・

JBAからのアナウンスがあるまで
ちょっと動けない というのが
私の正直な感想です。(笑)

ちなみに ・・・・・
2021年4月1日から施行されているのですが
2022年3月末に代々木で開催された
「全国ミニバスケットボール交歓大会」
では、どのようにされていたのか?

どなたかご存じないですか?(笑)


コメント質問に感謝!

とても熱心にルールのIMG_2641
勉強をされておられる
「 バスケ創めました。」
さんという方からコメント
欄で質問をいただきました。

子供さんがミニバスを
創められたのをきっかけに
「 審判目線が知りたい 」
とこの拙いブログをコメント
欄まで読まれておられるとの
こと ・・・・・。

ちょっと気恥ずかしいです(笑)
ありがとうございます。

L2Mタイムアウトへのリンク


コメント欄での回答はけっこうな長文が
予想されたので本文で簡単に説明させて
いただきますね。よろしくお願いします。

質問1 ・・・ は、一般のゲームでのL2Mで
シュートが決まったらタイマーが止まるの
でタイムアウトや交代が可能になる規則の
確認で ・・・「?」で質問されている部分は
すべて可能です! 

質問2 ・・・は、ミニバスではL2Mでは
シュートが決まってもタイマーが止まらない
ので ・・・ でもルールを読み込むと
審判がゲームを中断させた場合 」は ・・・
なにやら出来るような? 出来ないような?(笑)

競技規則 18-2-8 や 19-2-5の条文での
「 審判がゲームを中断させた場合 」
ですが、
ケースで考えられるのは
・ゴールした後、ボールがとんでもないところ
 まで転がって行って、取りに行くのにとても
 時間が掛かる場合。
・隣のコートからボールが転がり入って来て
 危険が予想される場合。
・コートの床が転倒などの汗で濡れていて
 モップを導入したい場合。
・審判やTOのミスや不注意で
 ゲームが止まってしまった(笑)
・会場の備品や施設の不具合で
 ゲームが中断した場合。
などの「 競技規則で想定されていない状況
が考えられます。

基本、審判は状況を判断し笛を吹いてボール
デッドにして時間やプレイを止めます。
( 通称:レフリータイムというやつですね )

でね、我々レフリーにはJBAから
プレーコーリングガイドライン 」という
現場で起こる多種多様な事柄に理解を深めたり
競技規則の行間を埋めるような指針や指標の
所謂「ガイドライン」というレジュメが
配布されています。

そこに記載があるのですが ・・・・・。

ゲームをちょっと分けて説明しますと
「 第1Qから第4Qの残り2分前まで 」と
「 第4Qもしくは延長Qの残り2分後(L2M) 
とではゲームの勝敗決定の状況が異なります。
ゲームが佳境入ったという状況ですね!

上記のレフリータイムでは
原則タイムアウトや交代は認めるが
L2Mの時間帯では
   タイムアウトや交代は認めない
と書かれています。

理由は・・・・・
タイムアウトや交代が認められたために、
そのチームが得点できる可能性が明らかに
⾼くなると判断されることにより、勝敗に
影響をおよぼしたり、どちらかのチームが
著しく有利または不利になる可能性があるため。
と書かれています。

バスケ創めました。さん、
これで疑問は解決しましたでしょうか?(笑)

でもね、私の予想では、このルールを
知っている私の周りの日本公認審判は
少ないような気がしています ・・・ (笑)

バスケ創めました。さんの熟読読み込み
と着眼点はすごいですよ

楽しいですね 
審判寄りの目線での観戦(笑)



触る と コントロール

バスケットボールのnbjnbj
競技規則に出て来る
言葉で「 触る・触れる
と「 コントロール 」と
いう用語があります。

ショットクロック24秒の
操作で時間を計り始める
タイミングやリセット
するタイミングで・・・・・
けっこう戸惑われる
ことがあるようです

ショットクロックの操作
について少しを整理して
おきたいと思います。

触れる:ふれる 触る:さわる」
 は読んで字のごとく、ボールに
 触れただけ、触っただけという意味で
コントロール 」は英語ですね(笑)
 その昔は  保ち持つ  と書いて
「 保持:ほじ 」と言ってました。

ルールの文言でいいますと 
競技規則  14-1-1   ボールのコントロール
チームコントロールとは、そのチームのプレーヤー
がライブのボールを
持つドリブルをしたとき、
・・・・・に始まる
となっています。

24秒はコート内でチームがボールをコントロール
している時間を計るわけですから【 始まり 】で
「ボールに 触った触れた 」という行為と
「ボールを 持つ か ドリブル」という行為と
この意味の違いを知っている必要があります

カットボールのとき
ドリブルしている白チームのボールに
青チームが触れてボールが床を転がった。
よくある光景ですね!(笑)
この場合、青チームはボールに触った
だけで、コントロールしていないので、
その転がっているボールは、まだ白チーム
がコントロールしていることになり、継続
してショットクロックは動き続けます。

青チームが転がっているボールをはっきり
持った時点で青チームのコントロールに
移るのでそのときにリセットして青チームの
24秒を計り始めます! 忙しいですね(笑)

もう間違いなく青チームのボールになるだろう
ということで勝手にリセットしちゃダメですよ(笑)
青チームがボールを持つまではガマンです(笑)

【 リバウンドのとき 
青チームがシュートを打って
リングにボールが当たりました
何秒残っていても、必ずリセットで、
その表示は真っ暗な状態にしておきます。
そして【 待ちます 】(笑)
ディフェンスだった白チームがジャンプして
ボールに触りました残念ながらエンドライン
の外に出てしまいました。
エンドから青ボールのスローインですね。
よくある光景です!(笑)

白チームはボールに触っただけでコントロール
ではないので、ショットクロックは動きません。

もう間違いなく白チームのボールになるだろう
ということで勝手にスタートしちゃダメですよ。
誰かがボールを持つまではガマンです(笑)


【 スローインのとき 
白チームにコートの外でスローインのボールを
渡しますがライブのボールを与えられたときに
コントロールは始まります、が、ボールはまだ
スローインされておらず、コート内の誰にも
触れていないのでクロックは動きません(笑)

競技規則でショットクロックが動くのは
スローインされたボールがコート上の
プレーヤーに正当に触れたとき。
と書いてあります。

コート上のプレイヤーとは白青どちらでもOK!
正当に・・・は、キックボールではないという意味。

白チームが投げたボールに、白、青どちらの
プレーヤーでも触れたらスタートです。
ということは、メインのタイマーと
同時スタートということになりますよね。

メインのクロックが1秒進んだら
ショットクロックも1秒進みます!

これがマジックタイムの原則です!

長い話になりましたが
理解して正しい運用が必要な
時間の管理のお話でした(笑)

ちなみにミニバスでは
ファウルの時はすべて24秒にリセットです


今週末がまず本番

今週末の土日に大阪ではtravel
「 チャレンジカップ 」
という、この初夏の時点
で大阪府の各地区ブロッ
クから勝ち抜いてきた
ミニバスチームの中央
大会が開催れます。

地区ブロックの予選会に
レフリー依頼があって
あちこちとレフリー協力
で各地区に参加させて
いただくのですが ・・・・・。

長期間のコロナブランクの
影響でしょうか?

審判の判定でいうと ・・・ トラベリングの
取り上げが苦手な審判の方々が多いよう
な気がしました。
0ステップルールの導入後いろんな
ことが起こりトラベリングの理解に
戸惑われておられるように感じました。

今一度、理解を深めるために整理をして
おく必要があるように思っています。

あともうひとつはTOの子供たちのお仕事の
ショットクロックのリセット作業について!

今から3年前の2019年4月から採用された
ルールですがこのコロナの失われた3年間。
先輩から後輩へ引き継ぐ機会や余裕も無かった
のでしょうね! 無理もありません

また、TO主任として後方支援される
大人の方々にとっても情報が不足して
いるのだと思われました 
無理もありません

先日のコンテンツでご紹介した

ミニバスTOマニュアルへのリンク

の3種の神器レジュメにも簡単に
紹介していたのですが・・・・・

理解いただきたい簡単なまとめとして

🔵「 触れる 」と「 コントロール 」の違い。
カットボールの時点でリセットされて
  しまうことがしばしば
 )

🔵「 14秒リセットの5種類ケースの理解

新14秒リセット2021へのリンク

触れるの時点でショットクロックが
  スタートしてしまうことがしばしば )

 コントロールを確認してスタートですね!

🔵「 リングに当たれば必ずリセット
14秒以上残った状態でリングに当たっても
  リセットしないことがしばしば

この3点は基本事項で大切ですね!(笑)

でもね、みなさんのお陰で、私、笛を吹いた
時点でショットクロックに目をやる習慣が
身に着きました ありがとうございます

あと、マジックタイムもちょっとずつ(笑)

目配り、気配り、心配り ・・・・・と
とても忙しい審判でしたが ・・・(笑)
なんとかひとつずつ身についています

楽しいですね  バスケのレフリー(笑)


ミニバスTOマニュアル

どうやらコロナも段々TOteam
と落ち着き始めている
気配を感じています。

ミニバスもあちこち
で夏の大会の予選会が
各地区ブロックで開催
されていますね

この2~3年の間
ずいぶんとブランクが
あったので ・・・・・
卒業・卒団した6年生
からTOの方法などが
下級生の後輩たちへ
うまく引き継がれていないので
後方支援をされている保護者の方々が
ちょっと困っている というお話を
小耳にはさみました(笑)

この7月2日・3日の土日に
大阪U12ミニバス部会でも「チャレンジカップ」
という大阪府の中央大会が開催されます。

そのTOの準備として少しリメイクした
最新版のマニュアルを作成しましたので
このブログでも公開させていただきます。

ミニバスTOの仕事まとめ
 TOの仕事を早見表でまとめています。
ミニバスTO直前チェックリスト
 審判とコミュニケーションをとるツールです。
ミニバススコア書き方マニュアル
 最新版のマニュアルを作成しましたので

大阪ではプリントアウトをして
ラミネート加工を施してTOの
各テーブルに設置しています。

また各地区ブロックやチームにも配布
して日頃の勉強にも活用しています。

ブログ読者のみなさん!
ミニバス再開ですね!
もし、よろしければ、
いかようにもお使いください。

ちょっとした老婆心ながら(笑)
熱いおっちゃんより


と言うよりも・・・

若いレフリーの方々のRshoes
プレゼンテーションを
眺めていて ・・・・・
学んだことがあります。

S級の方の感想の
「負けず嫌いですねぇ~」
と言うよりも ・・・・・
「 勉強熱心!」
なんです ・・・ 実は(笑)

ひとりごと ・・・。へのリンク


彼らの走る姿を観察していると
足元がピカピカ光っています(笑)

なに?  なに?    なにぃ~・・・?(笑)
早速、情報収集しました(笑)

密かな流行りの【 3N2 】ブランドの
レフリーシューズとのこと(笑)
【 3N2 REACTION VX1 PATENT LEATHER
  BASKETBALL REFEREE SHOES 】
という、ピカピカの靴です。

重さは8オンス! 1oz = 28.35g ですから
なんと 8 × 28.35 = 226.8g
オープン価格で $79.99

22歳の彼、曰く
「めちゃくちゃ軽いんで  おススメです!」

商品の紹介解説文を読むと、ピカピカの理由は
パテント レザーという耐摩耗性と通気性を
同時に強化した特殊な表面加工の生地とのこと。

早速、彼に質問しました。
「 これ、履くと、走る姿、カッコよくなる?」

『 ・・・・・・・・・・・・・・ 』

今、円安やしなぁ~ ・・・・・、
$1 = 136円 やしなぁ~・・・

この間、レフリーシューズ

ご褒美(笑)へのリンク

買ったばっかやもんなぁ~・・・・・。

昭和の価値観は
「 もったいない! もったいない!」
「 まだ使える! まだ使える!」
「 我慢!我慢!辛抱!辛抱!」

あぁ~、生まれ変わりたい(笑)

ひとりごと ・・・。

先日の社会人連盟の大会nbjref
には大勢の上級審判も
参加されていました。

旧知のS級の方々と
壁の花になって観戦
しながら近況報告や
最近の情報の収集を
したり(笑)
自分へのフィード
バックをお聞きしたり。

私、観戦しながら頭に
浮かんだことを独り言
で声に出してしゃべる
ことがあります(笑)

自分のプレゼンテーションを
気にしていたことも影響してか・・・・・(笑)

身体が重い ・・・(笑)へのリンク


若いレフリーの方のオンザコートでの
プレゼンテーションを観ていて ・・・
「 なるほどなぁ~ ・・・・・ 」
「 走るときはつま先で床を後ろに蹴るんやな!」
「 腕はグーで肘を少し曲げて振るんやな!」

そのひとりごとを小耳にはさんだ
隣にいたS級の方が
「 NBJさん、どうしました?」と。
訳を話すと
「 NBJさん、相変わらず
   負けず嫌いですねぇ~(笑)」

「 それより、ゲームを見せてもらって」
「 流石です! 美味しいところだけ現れますね 」
「 プレーヤーとよく話されていましたね!」
「 本当に楽しそうだと周りで言ってたんです」

「 その透明のレフリーマスクいいですね!」
「 NBJさんの表情がよく分かりましたよ 」
「 口の動きなど、話し掛けているのも 」

お世辞でも、ウレシイお褒めの感想ですね

あと、NBJさんのプレカンでの話し方も
大切な情報のポイントだけを整理されていて
個人的に大好きです。
ぜひ、後進の若いレフリーのためにも
やり続けてくださいね。

私、もうこの時点で、己惚れてますね(笑)

でもね、そんなことより
今の私の課題はプレゼンテーション!

走れないおっちゃんは、ただのおっちゃん

もう一度、自分自身に魔法の言葉を確かめました。

『 伸びしろですねぇ~・・・・・

ふふふ、
楽しいですね バスケのレフリー(笑)


親指肩クイクイ(笑)

保護者審判(勉強中)さん000
から質問のコメントを
いただきました(笑)

もっとこだわろう!へのリンク


ゲームを観戦していると
EOQやEOGあたりで
トレイルの審判が相手
レフリーに
親指で肩をクイックイッ
と指すジェスチャー

されていたとのこと。

よく観られているなぁ~
着眼点がすごいなぁ~
で、マニアックな質問
だなぁ~・・・なんて(笑)

コメント欄にも簡単に解説を
させていただいたのですが
本文でもう一度確認しまーす!
保護者審判(勉強中)さん、ありがとうございます。

バスケは残り時間と得点差を競うスポーツで
残りコンマ何秒まで競技規則で決まり事が
あるくらい厳しい世界があります。
それをレフリーが確認し判断するのですが
バスケの審判はゲーム中は、なにせ忙しい

そこでお互いで現状の情報を共有するための
決まりごとの合図があります。

例えば
・メインのタイマーが25秒以上残りで
・ショットクロックが24秒スタート
という最後の数秒のプレイの状況では
EOQやEOGの合図より先にショット
 クロックバイオレーションがあるよ!
これが親指肩クイクイ動作です。

この登場でマニュアルに記載されている
人差し指をお互いが挙げて確認する
「 ラストセコンドプレイ 」
( 最後の数秒のプレイになるね )
は、このケースに対して
・メインのタイマーが23秒以下残りで
・ショットクロックが24秒スタート
8秒はあっても24秒バイオレーション
  はもうないよね!

という合図に特化することになります。

と言うことは ・・・・・ブザービーターの機会が
来るので、得点を認めるか? 認めないか?
そのときのトレイルはアングルに集中しようね!

親指を肩へクイクイという合図で、相互の
時間に対しての情報共有の確認が出来て、
間違ってショットクロックの合図でゲーム
終了の笛を吹くといったEOQやEOGの
一番大切な時間帯でレフリーの笛がジャマを
するといったことが無くなるのだろうと思います

ちなみに、AKBさんの懐かしの恋チュン
「 恋するフォーチュンクッキー 」では
この合図以外にトラベリングもあります(笑)

カモン、カモン、カモン、カモン、ベイビー

楽しいですね バスケのレフリー(笑)


身体が重い ・・・(笑)

以前IMG_0216
「動き出しましたね」
というコンテンツで
「 過去2~3年は、
レフリー機会がほとんど
無く心身ともにだらしなく
サボっていた審判活動の
そのツケがハッキリと
浮き彫りになっている気配
も感じながら ・・・(笑)」
とお話をしていました。

数値ではっきり言うと
当時より体重が6kg 増えています(笑)

この土日の2日間大阪社会人連盟の
男子リーグ戦大会にレフリー参加を
してきました。

動画を撮影し、その自分の姿を見るのですが ・・・
観るに堪えないプレゼンテーションです

容姿が端麗でなく、走る姿もいまいちで
ポコッとおなかも出ているし、背中の姿に
とても年寄りを感じます ・・・・・

家内にも動画を見せながら
『 これ!どうよ?なぁ・・・、 おっさんやん 』
『 プレーヤー達は嫌がるやろなぁ~・・・ 』
『 この画像のNBJには憧れないよなぁ・・・ 』
と言うと
「 あれ? あなた、おっさんやで!」(笑)
「 気づいてなかったの? 」(笑)
という返事 ・・・・・
『 (  知ってるで  ・・・・・ ) 』

2日間、大人のハイレベルなゲームに
携わると ・・・・・、今日はあちこちが痛く
( 今までは水曜日からだったのに・・・)

会場にいるレフリーの数名の方々や
3POのパートナークルーの方にお歳を
お聞きすると ・・・ 19歳です、21歳です、
22歳です、18歳です。20歳です ・・・・・・・
( ・・・・・ 3倍してもまだ年上やん、オレ

彼らの立ち姿や走る姿は
とてもカッコいいですね
憧れます(笑)

ちょっと、らしくない、愚痴になりましたが
私、魔法の言葉を持っています!

『 伸びしろですねぇ~・・・ 』(笑)

今後も割り当てをいただくために
この伸びしろに修正を掛けて行かないと・・・

ちょっと危機感を覚えたNBJでした(笑)

もっとこだわろう!

もっとこだわろうbuzz
お題に書きましたが ・・・

先日の審判の研修会の
研修項目のひとつに
バスケットボールは
時間(秒数) と 点数 」
にこだわるスポーツです。

この面白さ厳しさ
両面があるので審判の
役割の基本としてぜひ
こだわってほしいと
お伝えしました。

理由は
時間的に間に合ったかどうか?
審判が確認し判断し決めるスポーツで
それが攻撃権に関係していて得点に
結びつき、勝ち負けに関係するから。

・5秒以内にスローインをして
・8秒以内にフロントコートへ
・24秒以内にショットをして
・リバウンドをとればあと14秒間攻撃
・最後に入った逆転のシュートは認めるのか?
・残り0.3秒では何が出来る?

じゃぁ~
・5秒の成立の数え始めはいつから?
・8秒以内にフロントコートへ入った条件は
・24秒以内にショットをした条件は
・ショットクロックの残秒はこれでOK?
・最後に入ったシュートを認める条件は
・0.3秒で出来ることは? 出来ないことは

なんて ・・・ 
みなさんへの質問コーナーでは
審判の役割をする上で競技規則を知っていて
それをオンザコートでその通りに体現し表現
し、最後にチームの勝ち負けが決まる!

それを、決める、責任の一役が審判です!

この楽しさ怖さをお伝えしたかったです。

質問は、個人的な感想を聞いているのではなく
また当てずっぽうの出たとこ勝負の珍回答を
期待しているのでもなく ・・・・・(笑)

競技規則に書かれている答え

を聞いているんだけどなぁ~ ・・・(残念
そこからより具体的に現場で必要な
「引き出し」の「見せ方」のお話を
したかったんだけどなぁ~・・・・・。

伝えたいことを細かく解説していくと
研修会の予定時間がとても足りません

そうそう、あと、体験的な学びにと思い・・・・・
プロジェクターにストップウォッチを
映し出して、みなさんにビジブルカウント
を実際にしていただきました!(笑)

その感想はみなさん全員同じ感想でした(笑)

なんとなくコートでされている所作が・・・
周りのみなさんに見せている自分の姿が ・・・・・

実は「何もこだわっていない」と
周りにバレバレなことって、バスケの
レフリーにはよくあります。

そこを指摘するとみなさん戸惑われます(笑)
今まで言われたことがなかったのかな?

となると ・・・・・
時間がもったいなかったですね。

もっともっと、こだわりましょう!(笑)

楽しいですね バスケのレフリー


堺リーグに感謝!

自連盟で久しぶりの審判nbjref
研修会を開催しました。
所属の審判の方々の
ブラッシュアップを
兼ねて今後の課題など
が明確になればいいと。

午前中に座学を行い
午後からは実技で!

そんな計画で体育館や
会場を探していると ・・・

「NBJさんって
 熱いおっちゃんの
 ブログのNBJさん?」

一度お会いしたかったので
ぜひぜひ我々のリーグ戦大会
を使ってください!

本当にブログをやっていてよかったと
思えた一瞬でした。ありがとうございます。
感謝です

主催者のYMGさんからいただいた条件は
「 私もその研修会に参加させてください」(笑)
・・・・・ YMGさんも熱いですね!(笑)

ちなみにここだけの話ですが ・・・・・
ブログでの私と、実際の私、そして
研修会でインストラクターの私 ・・・・・(笑)

基本「熱いおっちゃん」というキャラでやって
いるのですが、いかがだったでしょう?(笑)

研修の内容も一生懸命本気の覚悟と準備で ・・・
その割には他に類を見ないハッチャケぶり
で自分自身も周りを巻き込んで楽しんで
いるのですが ・・・・・ ある意味びっくりされる
方々が多いのも知っていてやっています(笑)

研修会の反省を、帰りに「餃子の王将」で
行ったのですが、これからもリーグ戦大会に
お世話になってウィン・ウィンの関係で
継続できればウレシイね!
ということに、我々の都合で、勝手に・・・(笑)

理事長さまを初め、お世話になったみなさま
にくれぐれもよろしくお伝えください。

この場を借りて感謝をお伝えさせていただくと
ともに、今後ともよろしくお願い致します。

本当にありがとうございました  M(_ _)M

YMGさんへ追伸 (笑)
IMG_1731
私のブログのさすが
ファンのお方です(笑)
審判控え室に ・・・ なんと
本当に感動・感激・
感謝です!(笑)
ありがとうございました



新しい審判の合図③

審判の合図シリーズのIRS
最後になります(笑)

これは我々下々の
レフリーにはIRS
が無いので、あまり
必要がありませんが(笑)

TOPリーグ等を観戦
するときの情報として。

イラストを見れば
もうお分かりかと(笑)

ヘッドコーチが表現し
それを承ってCCが
合図するという順番で

現行のレフリー主導での
限られているケースで
確証がなくIRSで確認
しておきたいといった
手順に対して、新しく

ヘッドコーチが
1ゲームに1回
レフリー対して
IRSのレビュー
をリクエスト出来る
新しい合図です。

「 ヘッドコーチ チャレンジ 」
と言います。

この新しいルールと連動して
スコアシートに記入欄が追加
されることにもなっています。

新しい審判の合図②

先日イリーガルtending
シリンダーという
合図をご紹介しました。

これも後輩から教えて
もらったFIBAネタ
 ・・・・・ なんですが(笑)

ゴールテンディング
もしくは、
インタフェアレンス


ルールはご存じだと
思いますが・・・・・
( 念のため簡単に )

リングより高いところに
あるボールが
・バスケットに向かって
 落ち始めている。
・ボードに当たった後。
このボールに触ると
「 ゴールテンディング 」

ボールがリングに触れて
いる間に、またバスケットに
入る可能性が残っているときに
バスケットやバックボードに触れたり掴んだり
揺らしたりしてボールがバスケットに入ること
を妨げたりした。
「 バスケット インターフェアレンス 」

この2つのバイオレーションをディフェンスが
した場合は、ボールがリングに入らなくても
得点を認めることになります!

この判定のプライマリはトレイルです。
で、現行の審判の合図を知らない方々が
けっこう多いように思うのですが ・・・(笑)
その手順は
・笛を鳴らして時計を止め、注目を集める(笑)
・TOに向かってカウントの合図をする。
・次の攻撃のスローイン・ディレクションをする。
です。(とても普通で地味で分かりにくいですね)

この合図についても、笛が鳴ったときに
何が吹かれたのか分かりにくい、どう処置
をしていいのか分からないことがあるようです。
リードの相手審判ですら何が起こったのか
分からないことがあるようです(笑)

そこで声掛けでレポートする新種の合図が
デビューすることになるみたいです。

そのレポーティング動作は
「 片手で輪を作って、もう一方の
  人差し指でその上をクルクル回す 」

いかにも バスケットやリングの上で
なにか怪しいことが起こっている合図ですね(笑)

じゃじゃ◯さん! 師匠!
こんなん出ましたけどぉ~ ・・・
いかがでしょう?(笑)



24秒の成立の考察

審判勉強中さん!
見習いC級さん!nbjref
質問のコメント
ありがとう
ございました!

審判勉強中さんへ(笑)


私からの回答が
少し長文になります
ので本文でお話させて
いただきますね(笑)

コメントの内容としては
24秒や8秒の成立まで
あと数秒だというタイミングで
ターンオーバーが起ったとき
( まだボールコントロールが移っていない状況 )
で、ショットクロックの合図が鳴った!
どのように考え対応したらいいのでしょう?
というお話です。

この24秒でのドンピシャのケースで
ガイドライン的な通達があったことを
覚えているのですが ・・・・・
( ずいぶん探しましたが見つかりません

結論から言うと審判の判断で行かせる
笛を吹いて24秒を成立させるのではなく
あきらかに相手ボールになり得点の可能性が
生まれるだろうと判断した場合は行かせる

そんな内容の文章だった気がしています(笑)

よく言われる「 Feel the Game 」という感覚的
なことと同じような感覚で理解しているのですが

例えば、最近ではアンスポのクライテリアC4
では、ボールのコントロールが移り替わって
いない状況でも審判の判断でアンスポに出来る
ようにガイドラインでの改定が行われました。

古くは、ショットが放たれ、空中にボールが
あるときに24秒のブザーがなりボールがリング
に当たらなかった場合・・・・・
その後、速やかにあきらかにディフェンスの
ボールになると分かった場合、成立させずに
継続させよう!といった申し合わせがあり
競技規則にも明文化されてました  29-1-2 

エアボールの直接キャッチだけではなく、
ボールが床に落ちた場合でも、バックボード
に当たった場合でも「 速やかに明らかに 」で
あればブザーは無視されゲームが続行される。
という方向に現場ではなっています(笑)

ですから、私の感覚で逆説を言いますと、
その瞬間の新たなボールマンに、相手が
絡んできていて「速やかじゃない場合」には
24秒や8秒は ・・・・・ 吹きます!(笑)

なんといっても、 
「 ルールの精神 」
「 Feel the Game 」の精神
から考えても ・・・・・
競技規則  第1条に
「 チームの目的は ・・・・・ 得点すること 」
と明記されています。

ですから ・・・・・
「 スピーディなゲーム展開の継続!」
「 リズミックなゲーム展開の継続!」
「 審判の笛がゲームを邪魔しない!」(笑)

バスケットが面白くなる判断がいいですよね
もちろん1ゲームを通じて同じ基準:判断で
( 相手チームに起こっても同じ判断を!)

以上は
個人的な意見です(笑) いかがでしょう?
みなさんはどう考えて、どうされてますか?

イリーガル シリンダー

先日、大阪U12部会
の審判委員会sylinderの運営
実行委員会があり
まして ・・・・・ 

私にもお呼びが掛かり
参加をさせていただい
た折に ・・・・・
後輩のレフリー仲間が

NBJさん!
最近ブログサボってますね。
こんなネタはどうです?

って教えてもらった
ネタなんですが(笑)

バスケの本家本元の
FIBAさんでは
ルールやその運用に
変更や改定などが
ある場合、まずは4月に
発表し、その年の10月
から有効実施としています。

JBAでは、それを受けて
10月の世界の実施状況から
翌年4月に実施予定として発表されることが
けっこうな頻度で毎年のように行われてきて
いると思っています。

で、先日の2022年4月にFIBAが公開し
この2022年10月1日から世界で有効となる
新しい「 審判の合図 」が追加されるようです。

2021年度からシリンダーの概念が明確化され
オフェンスにもシリンダーの概念があるよ!
ということで、相手のシリンダーの中に
入り込んで触れ合いを起こすプレイについて
はきっちりと判定していきましょう!
ということに進化しましたよね。

新年度での運用確認へのリンク


そのシリンダーの概念に基づいて、オフェンス
とディフェンスが対峙したときの触れ合いに
ファウルを吹いた場合に、吹かれたプレイヤー
やベンチや観衆に対しても、何が吹かれたのか
分かりにくいことがあったようです(笑)

そこでこういったシリンダー関係でのファウル
については「イリーガル シリンダー 」という
声掛けでレポートする新種の合図がデビューする
ことになるようです。

そのレポーティング動作は
「 両腕と手を前に出し(前へならえ)上下に動かす 」

いかにも シリンダーの巾を示している合図ですね(笑)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
記事検索