バスケ好き!レフリー大好き:熱いおっちゃん のblog : NBJ

レフリーからバスケを楽しむ 熱いおっちゃんのブログ

ミニバスケットボールに関わって、バスケットボールの日本公認審判員になり、
  その初心を忘れないようにブログでいろんな活動報告をしています。
 レフリー仲間からは<熱いおっちゃん>と冷かされて呼ばれていますが、
        それはそれで気に入っています(笑)
      まだまだより良いレフリーになりたくって
  日々バスケットボールの活動を仲間と一緒に楽しんでいます。

質問がありました。

和歌山での審判愛好会cd
の審判控え室は ・・・・
バスケの審判勉強の
意欲満々テンションが
渦巻いています(笑)

多くのS級やA級審判が
集まるこのプライベート
大会は審判での切り口で
運営を任されている私と
同い年の元上級審判の方の
お人柄の賜物だと感じています。

実際、2日間でのべ5~60名
の審判が集まり、20名以上の
審判が宿泊し懇親勉強会に参加
しています(笑)

で、和歌山U25 の審判の方々が
わざわざ私の前に集合し ・・・
「 大阪体育大学◯年の◯◯です!」
「 失礼します、同じく大阪体育大学・・・」
と、挨拶に来られたり。

この挨拶 ・・・ とても懐かしいですね!

で、たくさんの上級審判がおられるのに
私に、いろいろ聞きに来られます(笑)
これはきっとこのブログの賜物ですね(笑)

熱いおっちゃんNBJさんが NBさん
なんですね! 今、初めて知りました(笑)
・・・・・・・  あちこちの大会会場で今までに
よく耳にした言葉です(笑)

で、U25 審判の方からの 質問なんですが ・・・
3POのリードで、クローズダウンから
ローテーションするタイミングが分からない!
とのことでした。

で、私の私的な回答なんですが ・・・・・(笑)

原則、ボールサイドレフリー2だから、きっと
ボールの位置によって向こうへ行こうかどうか
タイミングを見計らっているんだと思うんよね。
いわゆる ・・・ ボールの位置中心 ・・・ って感じ。

それをね、ストロングプレイヤー中心!
得点源のフィニッシュプレイヤー中心!
に考え方を変えればどうだろう?
得点のキーとなっているプレイヤーの
背番号を覚えて、そのプレイヤーが
今どこにいて? 最終的にどこに来る?

そういった意識を持てばどうだろう?

例えば、向こうにジョーダンがいれば行く!
    ロッドマンなら行かない!(笑)

あと、バスケのオフェンスって最終的に
左右に 2vs2 と 3vs3 に分かれる感じ
になるよね ・・・ で、どんなときに
どのように、何番の選手が点を取りに
来るのかって興味を持つのも大切!

今、ボールはあそこにあるけど その内、
こっちに展開されて来て◯番がこうする!

要は ・・・ スカウティング だよね!
ボール中心じゃなく、プレイ中心!

・・・・・・・・・・・・・・

ん~っと ・・・・・
それじゃぁね、次の決勝戦を僕が吹く
ので、今言ったことをリードで意識して
実践してみるから、参考に観ていてね 

白は4番と5番、青は 13番と22番ね!

で、あとで感想を聞かせてね


そういえば ・・・・・・ ずぅ~っと長い間
「 今からコートでやるから 観ていてね!」
こんなことを言い続けてきたように思います。

ですから、自分自身が勉強したことを
自分が出来るようになって、それを観て
もらって勉強してもらう ・・・ そんな習慣
になってここまで来たんだと思います。

NBJ語録に ・・・・・
レフリーはね、
何を言っているのか  ではなく
何をしているのか? それが大切だよね!

楽しいですね 観られているレフリー(笑)


B級最後のゲーム

年度末の毎年恒例のwakayama
レフリー勉強会!

和歌山審判愛好会

今年も呼んで
いただけたので
ハリキって参加させて
いただきました(笑)

勉強会に使用させて
いただく大会は近府県
の大学医学部のカップ戦
のバスケットボール大会
で、最近の医大生も190cm000121
オーバーの背が高い選手や
ドリブルスキルの高い選手
シュートタッチの完璧な選手
などが多数おられますよね!

なんといってもIQが高い
ので戦いの内容の濃さにも
毎年びっくりしています(笑)

今年度最後の1泊の
お泊りレフリーです。
もう少し感慨深く言うと
私 ・・・
B級最後のレフリーです。

観て勉強に
オールドファミリー
年度末恒例の和歌山まとめ

友人でもある和歌山の元A級の方が
このレフリー勉強会を主催されて
おられ、和歌山のほとんどのレフリー
S級・A級・B級 ・・・・・ が参加され
いろんな情報交換をさせていただいています。

割り当ては2日間すべて3POで担当を
3ゲームいただき、審判主任も3ゲーム
ほどさせていただきました。

割当てには割当者の思いがある!

最終日の決勝CCの割り当てをいただき
クルーには、和歌山ミニ連の前審判長と
和歌山ミニ連現審判長!
そして 私のミニ連仲間3人組で3POを

とてもタフなゲームでした
ほっておくとラフになりかねないような。
お互いがバスケIQの高いチームなので
スカウティングがバッチリで勝ち方を・・・
相手のやっつけ方を・・・しっかりと定めて
また、自チームの点の取り方のパターンを
数オプションかを作って来ていて ・・・・・
メンバーチェンジをするたびになんとか
自チームに流れを持って来られるように
あの手 この手 のディフェンス、そして
あの手 この手 のオフェンスを駆使して

CCの私、インターバルやタイムアウト時
などに、今までのレフリー活動で蓄積して
きたものをここぞとばかりにクルーと情報
共有しながら、「 レフリーもチームだ!」
と意気込みながらの平常心をキープして
本当に充実したレフリーゾーンでした。

第4クォーターの残り2~3秒で
3ポイントを決めて  78vs78
の同点で延長戦になる大接戦でした。

お互いが 78点ずつ得点するゲーム
って中々出逢わないくらい白熱集中
した好ゲームでした(笑)

想像に難くなく お互い点を取るたびに
大声援が怒涛の如く渦巻きます(笑)
笛の音3Sでないとクロック止まりません

お互いのキーとなるプレイヤー達の役割の
それぞれの プライド と プライド の戦い

レフリー、一切ジャマすることなく・・・
誰が見ても ファウル! 
誰が見ても バイオレーション!
オビアスなものだけを取り上げる

レフリークルーはチームとして最初から最後
までこのことに徹底出来たと思う素晴らしく
見応えのあるゲームだったと思います 

3人の感想は、大の大人がお互い笑顔で
ニコニコしながらのアイコンタクトで
「 あぁ~、あぁ~、楽しかったぁ
「 凄く 凄く 楽しかったねぇ~

B級最後のゲーム
心に残る Good Game になりました

楽しいですね バスケのレフリー(笑)

一般ルールでミニバス

先日、大阪の寝屋川nbjnbj
という市のバスケの
カーニバル大会に
レフリーで呼ばれて
参加してきました。

市内のミニバスの
6年生の選抜チームと
同じく市内の中学生の
1年生選抜と2年生選抜!

で、男女別のリーグ戦で
各チーム2ゲームずつの
大会です。

とても素晴らしいと思いました!

昨年度、6年生だった中学1年生
中学1年生だった、今の中学2年生
で、5年生だった6年生 ・・・・
要は先輩後輩の関係ですよね(笑)

あと1ヶ月経って新年度の4月に
なったら小学6年生はそれぞれの
校区の新中学1年生になります。

ある意味、市内に10数か所の中学校
が展開されている中でのバスケ部活の
顔合わせ的な ・・・(笑)

で、もうひとつ素晴らしいと思ったのが
その競技規則がミニの6年生も
中学生と同じ一般ルールで

スコアの書き方も一般のスコア記入。

ですから、男子は7号ボール
女子は6号ボール、で305cm

3ポイントはもちろん、8秒、バックパス
交代はいつでも自由、第4QのL2Mでは
ゴール時にゲームクロックは止まります(笑)

小学生、すごいですよ!
7号ボールで3ポイント、
ボールをリングまで届かせてきます

8秒以内にフロントコートへ!
これは声掛けすればすぐに習得しますね。

一度、フロントへ入るとバックコート
へ返ることは出来ない!
これは、知識はあるが経験がない 

中学の先輩、作戦考えました!(笑)

ガードがドリブルでフロントコートに
入ったタイミングでタイトにプレス#D
思わずバックコートへドリブルで
逃げてしまいます (笑)

U15 の街クラブの大会さながらの
小学生と中学生の混合大会です。
なんの問題も無く成立していました

ミニバスもいよいよ3ポイントが導入され
6号ボールでリングの高さが3m5cm と
一般と同じになりますね!

小学校の体育館では、満足な正規の
3ポイントラインが引けない問題が
続出のようですが ・・・・・

それも含めた今後のカテゴリーの
方向性があるようですね!(笑)

全国ミニ大会の代々木競技場の
3ポイントラインはどうするのでしょう?
305cmの高さのリングは各コートで十分な
用意が出来るのでしょうか?

何か大きな決断で進んで行かないと
解決しない問題が山積しているよう
ですね。

もうすぐ、ミニバスでも
ペイントエリアへドライブペネトレート
ヘルプ・カバーディフェンスで
3Pのスポットへキックアウトパス

そのパスがちゃんと通ったのなら
ドンぴしゃで3ポイント打ってくるので
パッサーがやられていてもファウル
吹くなよ!(笑)

ホーバス・ジャパンの戦いのような!

ついこの間まで、大英断でガラパゴスに
別れを告げて ・・・・・ 抜群なスピードで
過渡期を乗り切って来ています。

まだ行こう 誰も追いつけない
くらいのスピードで ・・・・・(笑)

オリンピックで日の丸を


バッシュのヒモがほどけたら

先日、ミニバスあるあるでIMG_1948
バッシュのヒモが・・・・・
というテーマでコンテンツ
を作成しました。

バッシュのヒモが・・・

以前は、ミニバスって
友情・ほほえみ・フェアプレイ
なにがなんでも勝つぞぉ~
っていう勝利至上主義はダメ!

そんな「ミニバスの精神」が
ミャクミャクと流れていました。

ルールもあって無いような感じの
ときもあり・・・(笑)
まあまあ~ なあなあ~ てな感じ
で、競技規則を深く掘り下げない
ある意味:適当な抜け道を探る感
が満載ですり抜けて来ていた時代
もあったような気がします(笑)

でも、それじゃぁ、小学生とは言え
スポーツの目標は勝つこと!
目的は勝ち負けから多くを学ぶこと!
で、規則があるんだよ!
そういう大切なことをサポートして
行こうって考えていました。

だから、ルールの精神を数多く深く
勉強しここまで学んで来たんだと
思っています。

で、ブログ仲間のチーバくん!
からコメントをいただきました。

あまりにも感動したので興味のある
方が検索しやすいように本文にも
リライトさせていただきました。

競技規則が想定していない事象
それは規則の精神で解決策を
探って行こう研究同好会(笑)

楽しいですね バスケのレフリー(笑)

チーバくん!
・選手の靴ひもには注意して危険がないか
 気にしておく。

・ただし、靴ひもは自己責任として基本的
 にはゲームを止める理由としない。

・ほどけた選手が結びたそうな様子を見せ
 たら、コートの端などプレイの邪魔に
 ならない場所で結ぶよう声をかけるが
 ゲームは止めない。

・タイマーが止まってどちらのチームにも
 有利不利が生じないタイミングであれば
 結び直させることもある。

・結び直そうとして密集で急にしゃがみこむ、
 解けた紐を踏んで転倒する、などで危険と
 判断した時は即座にゲームを止める。

・ほどけない結び方を練習しておくよう
 当該選手に声をかける。

解けない結び方を身につけさせるのもミニバス
指導者の役目と思い、時間を取ってチームで
練習することもありますが「イアン・ノット」
など高学年はすぐ覚えても低学年にはなかなか
難しいですね。
地道に続けていきたいと思っています。


U12 やU15 という指導者やチームを広く
求めて活動が出来るようなカテゴリーに
なり、街クラブとしてチームが位置づけ
られて、それなりのアマチュア・セミプロ
・プロの指導者の方々と出逢う機会が最近
増えてきたように感じています。

指導もプロなら考え方もプロ!
ですから、レフリーにもある意味
厳しくリスペクトされています(笑)

レフリーも頑張らなくっちゃ

あっ、こんなルールが ・・・

私、レフリー仲間とL2M
会場であったときに
普段から抱えている
ちょっとした疑問を
話題提供と自己啓発
の意味も含めてワキ
アイアイとお話する
のが好きで ・・・(笑)

だから、こんなブログを長いこと
やっているのでしょうね(笑)

先日、こんなレアなケースに出逢いました。
( 画像をタップすると拡大されますよ)

簡単にまとめると ・・・・・
第4クォーターの残り2分を切って
競技規則で想定されていない状況で
審判が笛を鳴らしてゲームを止めた場合
タイムアウトや交代は認められない。

というルールです。

ですから ・・・ EOG の L2Mで
隣のコートからボールが入って来たので
レフリータイムを取って一旦中断して、
ゲームを再開しようとしたときにTOの
ブザーが鳴って、「 交代 」だと!

「 ルールで交代出来ませーん!」
『 んじゃ、タイムアウト! 』
「 それもルールで取れませーん!」
『 ・・・・・・・・・・ 』

どうなんでしょう?(笑)

ルールを知っている!ということと
この担当ゲームに適用する!ということ

ケース by ケース で柔軟にしていいのか?
それとも
競技規則通りに!

いつも、こういう悩みがあるのですが
その根底には、私 ・・・・・
もし、相手ベンチから
「 ルールはこうじゃないのですか?」
「 ルール通りにして下さい!」って
 アピールされたら ・・・・・

ゲームコントロールという感覚で
どのように決断していけばいいのか?

ルール知らなければいいのにって
思うこともしばしば ・・・・・(笑)

ご存じでしたか? こんなルール(笑)

楽しいですね バスケのレフリー(笑)


バッシュのヒモが・・・

ミニバスに関わっているとnbjref
ゲーム中にプレーヤーの
バッシュのヒモがほどける ・・・

ありますよね!

先日の大会で審判仲間
との何気ない会話で
どんどんと話題が過熱
されて膨らみだし(笑)

あらためて引き出しを
ブラッシュアップさせる
考え方を整理しました。

ゲーム中に靴の紐がほどけたプレーヤーが
レフリーにアイコンタクトや声掛けをして
紐を結ぶ時間が欲しい!とアピールする
ことがありますよね(笑)

みなさん、どんな考え方で
どのように対応してますか?
といった話題になりました。

実際、競技規則で想定していないケース
なので、勝ち負けを決めているゲームの
最中であることや、その規則の精神を感じ
取って対応していくことになるんだろうね!

特にバスケットボールって得点を取る
時間帯 ・・・「勝機の流れ」・・・という
潮目をじっくり待つ忍耐力なども必要
になっているスポーツだとしみじみ
思うことがあります。
ワンチャンスであっという間に大きな点差
でもひっくり返す湘北高校のように(笑)
( 2/29 にDVD来ましたぁ

そこに、靴のヒモ ・・・・・ (笑)

どうします?(笑)

友情・ほほえみ・フェアプレイで
なんでもかんでも ・・・・・
許してもらえるのでしょうか?(笑)

それから、話は進んで ・・・ 競技規則は
隣のコートからボールが転がり込んでくる
ケースなんかも想定していないよね(笑)

でも、このケースはどちらのチームにも
責任の無い偶発的な問題ケースだから ・・・

ゲームクロックやショットクロックがTO
の操作ミスによって問題が起こったときの
笛を吹いてゲームを止めて正しい状態に
戻すためのレフリータイムを取るタイミ
ングに似ているよね!

さてさて、みなさんは、靴のヒモ
隣のコートから転がり込むボール

どのように解釈をして実際の
行動に移されていますか?

中立・平等・公平 ・・・・
ゲームのコントロール ・・・

難しいですね(笑)

ファウルの笛を吹く

ファウルの笛を吹く審判メカ202403
ちょっとした味付け
的な言葉で ・・・・・

①ペイシェント
 ホイッスル

②ケイデンス
 ホイッスル

という言葉があります。

①は「忍耐」という意味合いで
プライマリのレフリーが発見した
「プレイの瞬間的な判定を排除する」
ための味付け言葉と考えています。

「発見」した触れ合いへの
「分析」に時間を使い、
 吹く・吹かないの
「決断」のクオリティを高めましょう!
ということだと考えています。

発見  →  分析  →  決断 【 忍耐 】(笑)
へぇ~、なるほどって言葉では理解できる
のですが ・・・「 じゃぁ~どうする?」って
いう具体的な意識や方法論になると ・・・?

我流・私流でやっている私の意識方法
なんですが、【 感情移入 】っていう
言葉を使って表現しています・・・・・。

そのプレイの目的を理解して
相手に責任のあるコンタクトを受けても
まずは「 イケェ~~ 」とプレイ継続
応援の感情移入します(笑)

で、観察継続をして、そのプレイが
成就しないことがわかった時点で
「 そっかぁ~~、アカンかぁ~ 」
【 ピッ 】と笛を吹く決断をしています。

ある意味、強い気持ちのプレイの奨励を
望んでいるのですが、個人やチームの
やりたいプレイへの影響の出方も感じ
取りながら ・・・ 一番近くで楽しんでいる。

夢中になったレフリーの魅力のひとつは
ここかなぁ~・・・って思っています(笑)

感情移入の言葉でふっと思い出しました。
8年前にブログで笛を吹くタイミング
についてこんなことを(笑)

笛のタイミング ③/3

PS:
8年前の「 アドヴァンテージ 」
「 ディスアドヴァンテージ 」
っていう言葉 ・・・・・ 懐かしいですねぇ
私、こんな言葉で育ってきましたぁー

今は昔、死語・死動作が多く(笑)
新種の英単語 続出ですねぇー!(笑)


みなさまのお陰です!

このブログをやっていてunspo
よかったなぁ~ ・・・と
しみじみ思って感謝です。
勉強になります!
みなさんのお陰です!(笑)

見習いB級さんから微妙
なケースの質問をいただき、
私見で回答をさせていただ
いていたたところ ・・・・・
ルールのスペシャリストの
「 H野 」さんから
フィードバックをいただけ
ましたので、本文でも
おさらいさせていただきます。

レアなケースかも・・・ですが
起こった時には拠り所の
競技規則の理解とルール
通りの処置を!ですね(笑)

見習いB級さん
UF C4 クリアパスについてですが、先頭を
走っている味方へパスをしようとしましたが、
パッサーがファウルをされました。
(パスはレシーバーに届いたのですが…)
この場合、UF C4は適用でしょうか?

「 H野 」さん
今回のトピックで話題となっている件で
前を走っている味方プレイヤーを「B」と
し、パスをしようとしてファウルをされた
プレイヤーを「A」とします.

「A」が,うしろ あるいは 横から,防御側
プレイヤーによる触れ合いを起こされた。
そのとき「A」と相手チームのバスケットと
の間には他の防御側プレイヤーはいなかった.

という状況でよろしいですか?

その触れ合いをファウルとして取り上げるか
取り上げないかの議論は,ここではしないもの
として,審判がファウルを宣したものとします.
また「B」に対するファウルがあった場合に
ついてはご理解されていることとします.

上記の文で,2つの条件はすでに当てはまって
いるので,あと1つの条件に当てはまるか否か
でオートマチックにアンスポになるか,オート
マチックではなく,ほかの規定のハード・コン
タクトや不必要な故意の触れ合い等に照らして
アンスポーツマンライク・ファウルかどうかを
判断すべきかが決まります.

あと1つの条件とは,
「A」が相手チームのバスケットに向かって
 進行しているかどうかです.
 ここの部分の規則でいう“進行している
 プレイヤー”とは,“ファウルをされた
 プレイヤー”のことを指しています.


すなわち「A」が相手チームのバスケットに
向かって進行していなければ条件に当てはま
りません.

ここで,次のようなことが考えられます.

①「B」が前を走っているけれども,
 「A」は,自分でドリブルをしてバスケット
   に向かって攻めようとしている.

②「A」は,はじめは自分で攻めようとしてい
   たが「B」が前を走っているので「B」
   にボールをパスして「B」に攻めさせ
   ようとしている.

③「B」にボールを投げたあと「A」は
  自分もその攻めに参加しようとして
  相手のバスケットに向かって走っている.

④ ・・・・・
⑤ ・・・・・
などです(ほかにもいろいろ考えられますが)

①と③の場合は,最後の条件に当てはまり,
オートマチックにアンスポーツマンライク
・ファウルになるし,

②の場合は,オートマチックにはアンスポー
ツマンライク・ファウルにはなりません.

そのほかの場合でも「B」に向かって投げら
れたパスが空中にある間や「B」が受け取っ
たあと,まずいと思った防御側プレイヤーが
「A」やそのほかのプレイヤーに故意に
ファウルをして,「B」が得点する前に
ゲームを止めてしまおうとした場合は,

“規則の精神から逸脱した触れ合い”や
“不必要な触れ合い”に該当しアンスポーツ
マンライク・ファウルが宣せられるべきと
考えられます.

以上です.


競技規則の文言を、それ以上でもなく、それ
以下でもなく、あるがままに理解をする!
また、その繰り返しによって
規則の精神を行間に学ぶ

楽しいですね バスケのレフリー(笑)

見習いB級さん、H野さん
ありがとうございました


近畿ミニ大会 in 滋賀

滋賀県で開催されたkinkimini
近畿ミニ交歓大会に
参加してきました。

近畿は2府4県の
6ブロックでの持ち
廻りなので6年ぶり
の滋賀県開催です。

昔から
「 近畿はひとつ 」
を合言葉にそれは楽しく
おかしく面白く ・・・・・(笑)
それでいて、決めるところ
は真摯にまじめに真剣に。

そんな感じでレフリーの
交流交歓を楽しんできました。

滋賀県の協会審判長がU12の
ミニバス所属出身ということもあって ・・・
( すごいですねぇ~、ミニ出身の県審判長 )
お若い頃からやんちゃなところを
知っているので、本当に懐かしく
旧交を温めさせていただきました。

6年前に参加したときの懇親会では
滋賀のみなさんから還暦レフリーと
して寄せ書きをしていただいた記念
の赤いTシャツをいただきました(笑)

6年ぶりの66歳は「緑寿」というらしい
と滋賀のみなさんがわざわざ私のために
調べていただき、緑色の上下スウェット
緑色の靴下、そしてフナ寿司(笑)を
お祝いとしていただきました。

ミニバスケットボール連盟が無くなり
U12の近畿ブロック大会が各府県の協会
の開催になり、またU25の若者レフリー
のB級の研修会指定になり ・・・・・
( 全国ミニ大会もしかり )

高齢の中堅どころには
ちょっと寂しい気が ・・・(笑)

近畿はひとつ!の合言葉で2府4県が
大会をおもしろおかしく支え、横の
つながりを大切にしたあの当時 ・・・ (笑)

にっくきコロナで奪われた3年間など
たくさん失われつつある中で、滋賀の
みなさんの「 あの当時の再現 」(笑)
本当に懐かしく、うれしく、頼もしい
「 近畿魂 」を見せていただきました。

当時の近畿ミニ連盟の審判長が兵庫から
2世代でお2人旧交を深めに来られました。
和歌山の当時のミニ連審判長からも
会いに行けないけど・・・懐かしいね!
なんていうライン連絡が続々と ・・・
来年は兵庫県へとつながっていきます。

『 近畿はひとつ 』

滋賀県の審判長 や U12の審判長のお陰です。

滋賀県のみなさま 感謝です 

お疲れさまでした

ありがとうございました

高体連に感謝!

前回のブログでIMG_4710
お話ししていた
高体連の新人戦。

最終日の割当て
をいただき遂行
させていただき
ました!(笑)

控え室に帰って
ポスカンを終えた後
なんと高体連の方々
からサプライズで
花束を頂きました

そのメッセージは
「 NBJさん、お疲れさまぁ~ 」
「 長年、ありがとうございました 」
とのことでした。 
その後、
スピーチも依頼され、集合写真も(笑)
思いもよらない素敵なサプライズに
なんだか ・・万感の思いの込み上げが ・・・

今回の割り当てがIMG_47029
私のB級ライセンス
での高体連のラスト
ゲームということを

私自身が・・大変お世話に
なった高体連に感謝の
気持ちをすごく感じ続け
ながら今回オンザコート
に立っていたのですが ・・・

なぜ、高体連の方々
がその、私の気持ちを
ご存じだったのか ・・・(笑)


私が日本公認審判員
になりたての頃・・・・・
高体連の方々には
本当にお世話になりました。

ミニバス所属で、チームのHCの役割が
メインで、日常的にミニバスに関わって
いて、日本公認のライセンスを取得する
のは当時は本当に至難の業でした(笑)

当時はミニ連盟の審判委員会がうまく機能
していない状況も重なって、ミニバス以外
の一般のルールでの審判のスキルを上げる
機会には全く恵まれませんでした(笑)
レフリー夜明け前がとても大変でしたね!

時間を費やし、やっとの思いでライセンス
を取得させてもらったら ・・・・・ そこからは
何を血迷ったのか (笑)
一心不乱に高体連へ、さも何か忘れ物を
探しに行くような鬼気迫る武者修行に(笑)

「 ワッペンは通行手形やぁ!」

とにかく、高校の方からのレフリー依頼
は無条件で全日程に◯印をつけて即返答(笑)

当時のレフリー日記手帳の記録を観ると
高校・学生・クラブ・実業団 ・・・・・等々
年間に126試合を吹いていました(笑)
で、その内で所属のミニバスを吹くのは
たったの8ゲーム!(笑)

高体連のAA級やA級の審判の方々や
インターハイやウィンターカップ出場
を目指す指導者の方々と無理やりお知り
合いになって、とにかくバスケのお話を
いっぱいお聞きしていました!
「 話し上手は、聞き出し上手 」
そんな実感を伴いながら楽しい日々でした。

おかげさまで、当時、大阪にインターハイ
がやって来たのですが・・・(それも2回も!)
そのインターハイの1回戦ですが講習会に
参加させていただき2回とも吹かせて
頂きました! とてもいい思い出です

当時、息子がミニバスをしていてその保護者
からチームの指導者、そして日本公認審判員
になり、審判活動だけはここまで継続させて
いただきました。

これもひとえにあちこちの高校会場で1回戦
から楽しいゲームを展開していただけている
高体連の大会のお陰です。

こんなに楽しく、充実した日々を
本当にありがとうございました (笑)

大阪高体連に感謝です (笑)


時は流れ・・・。

高体連の新人戦IMG_7065
大会の割り当て
がメールで送付
されて来ました。

大会もこの土日で
いよいよの佳境に
入っていきます

私のいつもの
ルーティーン
なんですが・・・

まずは当然自分の
割り当てを確認し、
次に、他の誰がどんな割り
当てを頂いているか?(笑)
特に私の所属の U12カテゴリーの
ミニ連から誰がどんな割り当てを?

毎回けっこう楽しみにしています(笑)

自分が日本公認審判員 ( 今のB級 ) で
まだ駆け出しの当時は、ミニ連所属の
日本公認審判がミニバス以外の他連盟を
吹きに行っている方はなぜか皆無でした。

けっこう一人旅感がありました(笑)
  NBJさんはどこの人?
  あぁ~、ミニバス! ミニの人ですか!
  ミニにも公認審判がおられるんですね!
こんな感じでの控え室でのぼっち感が(笑)

それが、この割当表を眺めていると
ミニ連所属のA級ライセンスが 2名。
U25 でステップアップを目指している
19歳が1名、20歳が1名、25歳が1名
しっかりとCCやU1、U2の割り当て
を頂けていて、日々頑張っている様子が
目に浮かび、本当にウレシイ限りです。

そうそう、65歳も1名 CCで ・・・ (笑)

U25 でステップアップを目指している
若いレフリー達が、審判活動に興味を
持ってモチベーション高くスクスクと
このまま成長して行ってもらえること
を願ってやみません。

しっかりとレフリーの勉強に加えて
バスケの勉強、プレイの中身の勉強
も楽しんで実力をつけて、ミニバス
のプレイヤーのために高度な感覚の
判定サポートをしてもらえ、ゲーム
がより楽しく面白いステージにどん
どんと向上していけばいいよなぁ~
って期待がすごく膨らんでいく
今日この頃のNBJです(笑)

将来にとても夢を見られますね

向上心あふれる若いレフリーが
ミニ連に所属してくれている!

そんな、何気ない、ささやかなことが
とてもうれしい年寄りになりました 

レフリー活動、
長いことやってみるもんですねぇ~(笑)



3POの経験で向上を。

私の所属するU12のcw
ミニバスカテゴリー
では、審判研修会で
よく個々に指摘され
ているキーワードに ・・・
「 ボールウォッチャー 」
という言葉があります。

どういう意味かと言うと
ボール中心の直接視野で
その1対1のみを観察し
判定しているレフリング。
そんな意味合いです。

とにかくボールだけを追い
かけて見ているって感じ。

これですと、1対1で起こるファウルは
見ているので吹くことが出来るのですが
その1対1の関係以外の残りの8人の間
で起こっていることについては無関心で
見えていない状態になりがちです ・・・(笑)

それどころかパスの行方に翻弄されて
ヘトヘトになられているレフリーも(笑)
( パスより速く移動は無理ですよ !)

ミニバスといえども最近はオフボール!
いわゆるボールのないところから始まる
ボールをもらうための1対1のプレイから
しっかりと見始めておかないと、やった!
やり返した! なんていうことも分からない
判断が出来ないケースも起こり得ます 

2POだとコートに2人しかいないので
ついつい責任感強く全部吹く! (笑)
そんな緊張感と有り余った集中力でボール
中心になっちゃうのかも知れませんね ・・・(笑)

ひとり多い3POの練習を実践でしてみると
プライマリのエリア分けがキチンと出来て
いて、コートに実在する仮想の色分けエリア

このケースは自分がプライマリだ!
このケースは今は自分じゃない!

そして、リードレフリーは今どこにいる?
ボールは今コートのどこにある?
で、ボールサイドにレフリー2人で!

クルーのお互いが、今どこにいて
何を見ているのか?
チェックインは? チェックアウトは?

さっきからこのチームの点の取り方は
最終的にはここにプレイが来るよね!

なんだか、こんな気持ちの余裕が芽生えて
きて、周りが見え出す!というか、相手を
思いやる平常心が芽生えるというか ・・・(笑)

ボール中心でしゃかりきになっている過去の
自分の生真面目さを笑っちゃいます 

自分だけでは見えないプレイがある!
それは相手が見やすいアングルだ!
だから自分じゃない、相手のプライマリだ!

3POだと、3人で観ている120度という
切れ目の無いアングル角度での視野がある
ので、3人の内の誰か一人はきれいな
アングルでもってプレイを捉えられて
いることを理解して 直接視野、間接視野
の使い方に慣れて行こう

そういうレフリーの感覚や意識、動きを
取り入れながらトライ&エラーを繰り返す
ことで、体験的にどんどんと分かり出す
「レフリーゾーン」というところに
飛び込んで行くのだろうなぁ~って思います。

この・・・ 簡単な・・・ 理屈・・・
もっと早くに出逢いたかった ・・・・・

駆け出しレフリーさんへ

駆け出しレフリーさん202404
コメントありがとう
ございます!
お陰さまで ・・・・・、
久しぶりにバスケコート
の画像のデザインを作成
させていただきました(笑)

お尋ねの件 ・・・
 非公式ながら(笑)
参考噂話としてお伝え
させていただきます。
新年度以降に正式に所属の
カテゴリーや協会などから
の伝達講習会などで正確な
確認をしてくださいね!
( そういえば・・・昔・・・よく開催された
  ルール変更などの伝達講習会 ・・・
  開催されなくなりましたね ・・・・ )

簡単にまとめてみます。
・3POで
・トレイルやセンター前からのドライブで
・イラストの黄色ペイントエリア内で
・ヘルプ、カバーディフェンスにファウル
 が起こった場合の
プライマリの一番手は
【 リード 】が責任をもとう!

こんな感じです(笑)

今までは、一度つかんだアングルはプレイ
の最後まで手放さずIOTを駆使して
アングルを捉え続けましょう!
それがプライマリ一番手です!
とトレイルとセンターに
責任を課せられていました。

現状の・・・ それでは、あまりにも
リードが暇を持て余すので 
やることがほとんど無い (笑)

だから少し忙しくなるように
役割を持たせるのかな ・・・ ? 
なんていう冗談や ・・・・・

テレビなどでの客観的な観戦客モードで
言わせてもらうと、ペイントエリアでの
ファウルでトレイルが鳴っているのに
なぜ、リードはノーコールなの?

っていう素朴な疑問から起こる猜疑心(笑)

つい最近までの、その昔、2POでの
ペイントエリアで起こる現象の場合
プレイに近いレフリー、またはプレイが進んで
行く方にいるレフリーがプライマリでした!

もっと言うと、ペイントでのファウルの
説得力を表現するためにも、上からの
(トレイルからの)重ね合わせる笛が
あって、ダブルホイッスルにして欲しい
ケースだったよね! ・・・  なんてね(笑)

それゆえ、新しい3POシステムが出た時
当時のリードのノーコールに対しては、私
とても違和感を感じたのを覚えています。

ともあれ、2POのリードの立場から

3POのトレイルの前から出たペネトレート
への目の前のヘルプディフェンスを判定する
のは、やぶさかではないのですが ・・・・・

センターの前から出たペネトレートへの
ヘルプディフェンスについては ・・・・・
POC見える? アングルある?
という疑問が今でも残りますし ・・・・・(笑)

第一、先日まで、クロスコール!って
言って7割くらいは不適切な判定だって
解説していたのに ・・・・・ (笑)

その昔の言い逃れ冗談のようにPOCが
レントゲンのように透けて見えたんだ!
っていうのか・・・・・(笑)

現代的にCTスキャンかMRIのように
スライス画像で見えていました!(笑)

なんて ・・・・・ ね(笑)

あっ  その昔、その昔 って、私
口癖のように「その昔」を使いますね
15歳の中学生やU25の方々には何の
興味も関係も無い無駄そのものですね 
これからは ・・・・・
「 おっちゃんの若い頃はなぁ~ ・・・ 」
に変更したいと思います (笑)

楽しいですね 審判のブログ(笑)



U25レフリー

さわちカップではnbjref
顔見知りの方々と
お会いすることが
多く、コロナで
失われた時間を
取り戻すように
旧交を深めていました。

昨年11月の香川県善通寺
での近府県招待大会で
久しぶりにお会いした
方々も高知県のさわちカップ
に来られていて ・・・・・
「 お互いバスケ好きですねぇ~ 」
なんて会話を弾ませながら
お酒がどんどん進みました(笑)

NBJさんが来られているんなら
うちの若手レフリーを呼びますから
一度見てアドバイスをお願いします!

いえいえ、私でよかったら
バンバン見ますよ(笑)

で、香川県の善通寺市の北、
丸亀市の南 あたりでしょうか!
そこからわざわざ高知県まで
レフリーに来てくれました。

なんと年齢が中学3年生の15歳
若いレフリー発掘が激しい昨今の
事情を鑑みても ・・・・・ 中学3年生って ・・・・・
今月中旬には高校受験だそうです

少しお話をさせていただくと ・・・
とても大人びた好青年じゃぁ、ありませんか!
いやいや、でも中学3年生の思春期だもんね!

で、そのレフリーぶりにびっくり(笑)
今どきのハンドホイッスルで ・・・・・
今どきのジェスチャー ・・・ パフォーマンス
で、今どきのプレゼンテーション ・・・・・

吹き終わってポスカンで少しお話を
させていただきましたが、彼の持っている
情報にもびっくり(笑)

昨年のお盆くらいから、ちらほら噂が広まって
この新年度の4月からポピュラーになる3PO
の審判のプライマリのメカなどの更新情報にも
とても精通されていて ・・・・・ 彼の地元香川県の
丁寧な指導の細やかさに驚かされました 

ええかげんな、なんちゃってIR3級じじぃが
とやかく言うことに引け目を感じます(笑)

とは言え ・・・ お互いレフリー好きなので
話す話題は尽きません(笑)

現状の彼のスキル現在地・居場所の少しだけ
向上していく伸びしろ・目標になるところを
出来るだけ印象に残る、わかりやすい表現で
伝えさせていただきました ・・・・・

バスケットボールを大切に、リスペクトして
おおらかに、のびのびと成長して行って
欲しいなぁ~・・・・・て本当に思いました

ずぅ~~・・・っと、ずぅっと楽しい
レフリー活動だったらいいね(笑)

次に会う時の成長ぶりをとても
楽しみにしていまーす(笑)

楽しい皿鉢カップ

とても楽しい2泊2日の000
「 皿鉢カップ 」でした。
( さわち と読みます )

四国や中国地区のチーム
が集まってゲームを楽し
むのですが ・・・・

参加チームには今年度末
に全国ミニバス大会に
出場するチームが2~3チームおられたり ・・・
とてもゲームレベルや内容の濃い大会です。

会場は 黒潮アリーナ!

高知には大会前日から大阪審判団 として
基本は懇意の愛媛県南予からの参加チーム
の帯同レフリーとして大阪から審判3名で
参加させていただきました。

割り当て ・・・ いかようにもご活用ください!
とても使い勝手のいい大阪3人組です(笑)

前日から高知入りをさせていただき、
かまえていただいて、大歓迎を受けました!

・ひろめ市場 ・日曜市(芋天)
・土佐の赤牛 と ビール と ワイン
・明神丸本店でのカツオの塩たたき
・あおさのりの天ぷら ・酒盗
・はらんぼ ・ちちこ ・めひかり
・ちゃんばら貝 ・ひおうき貝
・四万十のえび ・四万十ポーク

もう ・・・・・ どれをとってもお酒の肴に
最高の逸品ばかりで ・・・・・ 
高知の方々はいいですねぇ~! こんな
美味しいものばかりが毎日身近にあって
・・・・・ 私、思わず来年の約束もさせて
いただきました(笑)

四国の大会に参加させていただくと
残りの四国三県や中国地方からも
たくさんの交流チームが参加されて
知り合いがどんどんと広がります。

あの時、あの大会で、お会いしましたね!
一緒に吹きましたね!
思い出は尽きません

高知の さわちカップ 関係者のみなさん
とてもお世話になり本当に
ありがとうございました

またお会いする日を
楽しみにしています(笑)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
記事検索