今日で東日本大震災から7年。


死者
15,895人

行方不明者
2,539人

震災関連死
3,647人


現在もプレハブ仮設住宅で暮らす方は、宮城県内だけでも
3,225人


改めて数字でみると、本当に信じられない。



7年前の11日に、これだけの方が犠牲になったのだ。


この事実と、あの日の光景を忘れてはいけないし、後世に伝えていかなければならないと改めて感じている。



今日は朝に閖上に行ってきた。

IMG_9285

お墓に行くと、すでに花が供えてあった。

誰だろ。。。



「お墓もだいぶ多ぐなったな~」

と、父が周りを見渡して言う。



風が強くて線香に火をつけるのが毎回大変だ。


手を合わせ、どうか安らかに見守っていてくださいと心から言葉がでてくる。

どんなに苦しんで亡くなったかっを考えると、安らかに・・・、ただそれだけだ。





今日は震災関係の報道が多く目に入ってくる。


閖上は報道される度に、行政と住民と対立して復興が2年3年遅れた・・・。

などと紹介される。


実際はそんな単純な話ではないし、当時は本当に苦しい思い、選択の連続だった。

未だにそのしこりが残っていると感じることもたまにあるが、今はいいまちを造っていこうと行政も住民も前を向いているように思う。


津波にのまれ、なにもかもなくなったまちを復興させるということは、時間がかかって当然のはず。

他の地域と一概に比較できることでもない。


将来的に持続できる、安全で、活気のあるまちができるはずだと信じてる。






昨日は、閖上地区に新たに建設された復興公営住宅の入居者へ、鍵の引渡しが行われた。

IMG_9275

3月11日前ということもあり、報道陣が多かった。


しかし、来賓席の前に壁のように立ち並ばなくてもよくない。。。



入居する方は

「やっとだ~」

「もうここさ行ぐごどにしたのわ~」

IMG_9277

といってどこに入るか教えてくれた。


全て納得して行くわけではないが、選択しなければならない時期にきて、仕方なく決めた方もいる。


被災者はもとにもどることのできない中で、7年経ってまた引っ越すことになる。

仮設から出れるとしても、新たな生活を不安に思うのは当然だ。




そこから帰ると

IMG_9278

威圧感のある方が!

父の同級生で、私の後援会長だ。


「いや~、食ったごどもね~ものけされんだ」(食わせられる)

「俺はマヨネーズかげで食いでんだげども、まさが目の前ででぎねべ」


二人とも嫁に気を使いながら生活しているようだ。。。




その後、父が明らかに元気になった様子が見てとれた。

やはり、昔からの人に囲まれて暮らすのが、心地いいんだなと思う。



閖上に戻れるのは今年の夏頃、暮らしなれた思い出の詰まった場所に戻り、穏やかに過ごしてもらいたい。








1人でも多くの方に見て貰えるよう、ブログランキングにも参加します。

1日1ポチお願いします。→ 人気ブログランキング





Twitterをやっている方は是非ツイートをお願いします。 



Facebookをやっている方はポチっとをお願いします。