今日は写真いっぱいでお送りします。


昨日の朝、空気が冷たくなったが、晴れていてとても気持ちがいい天気だった!
004


事務所でこんな出来事があった。
012

ミミとララオ君のご対面。

ミミ6歲、ララオ君1歲

ミミさん押され気味でした。。。



夜、閖上人による食事会があった。
028

48年組み・54年Kさん・56年組み

いろんな話をした。

その中で48年組みのE・Nさんが
「区画整理したら1丁目だって元の場所に住めるかどうかは分からないよ・・・ガラガラポンだってありえる。(抽選)」
と言っていた。

確かに、道路だって盛り土したらなくなるし、同じように作るとは限らないだろう。
公民館も学校も知り合いの家だって、新しい土地になる。
閖上に戻るという言い方を良くするが、新閖上に新しく住むという感覚かもしれない。
実際そこまで考えていなかった自分に呆れた。。。


48年組みK・Kさんがこんな本を持ってきていた。
031

持っているのは56年組みYゾウ。

閖上の情緒ある風景も載っていた。



そして今日、朝から名古屋からのゲストtsuzu-raさんと一緒に閖上へ
仙台→沖野→閖上のルートで
035


齋藤病院も無くなっていた。
036


やはり電柱が目立つ
037


まずは日和山へ
041


ここからの景色も秋という感じがした。
046


元漁港では釣りをしている人がこんなに!
050

釣れている様子はなかった。。。

その後橋を渡り、2丁目の辺りへ
057


ふと川沿いを見ると
058

岸壁というかなんというか・・・とりあえず整備されていた。


湊神社
059

丁度このぐらいの時期はここのお祭りだった。
私の誕生日ぐらいだったので、ここのお祭りは好きだった。

私の好きな栗ご飯や、お赤飯を作ってくれた母。
思い出すと食べたくなる母の味。



そして我が家跡
061

ここからの景色も奥の建物が無くなってさらに殺風景な感じがする。

ふと隣りを見ると、わかば幼稚園も無くなっていた。
065


思い出の場所が無残な姿であるのも辛いが、無くなるのはもっと辛いな。

Twitterで
「亡き息子の母校でした」という返信に、なんとも言えない気持ちになった。


何もないはずの閖上に猫
068

寒そうに身を丸めていた。


その後気になっていた「閖上まちカフェ」へ
069


中に入るとそこにはたくさんの支援物資があった。
071

靴、衣料品、食器、食料品、ノート、歯ブラシ・・・

072



コーヒーを飲みながらこの本を見た。
075

閖上の地震直後の様子と津波直後の様子が載っている。

やはり地震直後、崩れた家の前で立ち話する人達が写っていた。

”母もこんな感じで話していたのだろう”
と推測してしまう。

津波がここまで来るはずはないと思って・・・。


小学校体育館の写真展示は9月いっぱいで終わりという話だったが
077

10月以降もやっている。

思い出探し隊の方々、ボランティアの方々ありがとうございます。
078

080



最後に弟のところへ
085

観音寺仮納骨堂
086

お線香をあげて、手を合わせ
「お母のことばかり気にしてごめんな」
と心の中で謝った。


濃い午前中を過ごして事務所へ

そこにはいつもの日常が繰り広げられていた。
PCに向かう男たちと犬一匹(^。^)

私も
「よーしっ」
と、やる気を見せつつ
「飯いきませんか?」
とランチへ向かうのであった。。。



昨日【WEB R25】に私の記事が掲載されました。
wxr_image

震災後、初公式試合の時写真。

お時間のある方はご覧になってみてください。






1人でも多くの方に見て貰えるよう、ブログランキングにも参加します。

1日1ポチお願いします。→ 人気ブログランキング




English ver → http://blog.livedoor.jp/coolsportsphoto-english/

German ver → http://blog.livedoor.jp/coolsportsphoto-deutsch/



Twitterをやっている方は是非ツイートをお願いします。 



Facebookをやっている方はポチっとをお願いします。