扇道士武功

2006年09月13日

魂血術

 どもです。今日で扇道士の武功は一区切りですね。
<お知らせ>
 前日の九護防壁ですが、いくつかコメントをいただき、確かに同時併用したはずですが自信がなくなってきました。ですので、オープンで確かめるまではあいまいな文章にしますっ!ってえらそうに言うなまた、九護防壁と武士の武功との併用はできないようですので、その点もあいまいに修正します皆様にはご迷惑をおかけしますm(_ _)m

 ということで、“魂血術”です。

 恒例の発動画像です。

魂血術始め










 身体の周囲に青い光が出てきます。

魂血術中頃










 何か魂が弾けて、血に変わったような・・・?

魂血術終わり










 体力回復したぜーっていう感じでしょうか。

 魂血術も実際は使用したことがありません狩りの時は回復アイテム使いまくりです。
 ただ“つゆ魂。”のめんつゆさんによると、魂血術はPvPで使えるようです。詳しくは、そちらのサイトをご参照下さい。めんつゆさん、勝手に名前を出してすいません。
 ということで、扇道士の武功は終わりです・・・いえ、もう1回だけやります。ということで、また明日

2006年09月12日

九護防壁

 いつも通りどもです。育成進行中といっておきながら、完全な情報プログになってしまっていますね。鬼魂ができないので仕方ないですが、これからも基本的な情報をおおくりしていくことになりますので、よろしくお願いします。

 本日は、知力極振りの扇道士にとっては必須の“九護防壁”ですね。もちろん、杖道士も必須です。
 発動はこんな感じです。

九護防壁発動








 全身をまあるく包まれて、

九護防壁発動後








 全身に何かを浴びたような感じです。
 レベルMAXで130秒間防御力が上がります。消費する鬼力も136と多いですが、自分だけではなくパーティ全員に効果があるので喜ばれます
 僕はレベル35程度で九護防壁をMAXにしましたが、同じ頃組んだパーティにもう一人同じレベルでMAXにしていた道士がいたので、同時に発動させてみました。
 そうしたら、竜亀に対して、

竜亀
 

 こいつです





 何もしない時は100前後のダメージですが、同時発動中はダメージが“1”でした。九護防壁すごいっちなみに、一人発動中ではダメージが7ぐらいだったと思います。ただし、確実に併用が成功していたという確信がまだありませんので、待ち遠しいオープンテストで試して、結果がわかれば改めて掲載します。
 もし武士ならば、加えて“護身強気”と併用すれば怖いものなしです!が、これも併用できるかわからないので、オープンで確認してみます。
 ということで、あいまいな文章になってしまいましたがお許し下さい。すべての謎は、オープン確認でわかります。
 よしっ!重要な武功だけど、書くことが少ないのでこれで終わりっ!



2006年09月11日

時空換

 いつもどもです。本日は時空換ですね。

 では、いつものように、発動っ!

時空換発動









 発動すると、元いた場所はこうなって、

発動元消え









 ここに移動っ!

移動先









 って近っ。武功値が1だとこれぐらいしか距離がないです
 時空換は、どこに移動されるかわからないようですし、発動中に攻撃されると発動が止まってしまうようですし、使えるとは到底思えないんですけど・・・。なので、武功値を増やすと距離が伸びますが、増やそうとは思いません。
 僕はこれぐらいしかわからないです。ごめんなさい


2006年09月10日

風神撃

 どもです。本日は便利な風神撃です。

風神撃功力25で取得可能です。
打撃を与え、一定の距離まで吹き飛ばします。

 一通り攻撃発動からヒットまでどうぞ

風神撃発動




 こうしたら、場所が変わって、

風神撃ヒット






 こうなって、

風神撃停止








 こうなっちゃうと。目が覚めたぁみたいな顔になると。
 攻撃は白い羽のような形をしていてきれいですね。
 この風神撃の良いところは、攻撃した妖怪を吹き飛ばすことと、吹き飛ばされた妖怪がほんのわずかな時間ですが身動きがとれないような状態になることでしょう。
 吹き飛ばす点は、妖怪を離したいときに便利です。特に、十二妖−亥−、−戌−、−酉−までは相手からの攻撃を受けずに倒せるでしょう。
 身動きできない点は、僕は貧乏神やカブーなどの遠距離攻撃をする妖怪に対して攻撃するときに便利だと思っています。掌風→炎尾矢→風神撃の順で攻撃して、吹き飛ばしたらすぐに近づいて、炎尾矢(時々掌風)→風神撃を繰り返しています。このやり方だと、遠距離攻撃もやられずに倒せます。
 とにかく、僕の考えや方法が間違っていたとしても、便利なんですっ!
 それだけは忘れないで〜さようなら〜

 ところで、“黒視眼”を十二妖のどれかにやった人はいませんか?情報があれば教えて下さい。

2006年09月09日

黒視眼

 どもです。
<お知らせ>
 ・相互リンクに新たに“屑籠鬼魂”様を加えさせていただきました。扇道士の攻略サイトですので、何かと利用させてもらうと思います。よろしくお願いします。
 ・なんと数日でカウンタが200を超えました。これもひとえに相互リンクして下さった管理人の方々のお力と、わざわざお越し下さった皆様のおかげです。基本的な情報や駄文しかありませんが、今後ともよろしくお願いします。

 それでは、本日は黒視眼の番になります。

黒視眼功力21から取得可能になります。
敵を目くらましさせる能力ですね。


 黒視眼発動っうりゃー

黒視眼発動



 目が〜、目が〜

黒視眼ヒット








 ということです。攻撃がヒットした画像を取り忘れていたため、上の画像は公式サイトからいただきました。ごちそうさまです。
 発動している時間は、妖怪の上に出ている赤い眼の閉じ方でわかるようです。‘ようです’というのは、実際使用したことがないからです。必要ないと書かれているサイトも多いですね。
 ただ、十二妖−申−以降のボス戦では何かしら利用できそうな気がしないでもないです。風神撃を利用してのノーダメージ戦というわけにはいかないでしょうから。
 まあ、黒視眼の武功値を上げるなら、炎尾矢か砕氷牙の方を上げますけれどね。あれっ?そう思うってことは、やっぱり使えない武功なのかも

2006年09月08日

砕氷牙

 どーもです。いつも通りお知らせから。

<お知らせ>
 ・公式サイトに声優紹介のページが追加されました。
 ・新たに、“珠洲と鬼魂”様と相互リンクをさせていただきました。また、“つゆ魂。”様と“鬼魂ですってね”様から正式に相互リンクの許可をいただきました。今までの相互リンクをしていただいた方々も含め、プログやサイトの先輩方として、今後もご指導よろしくお願いします。

 本日は、砕氷牙についてです。

砕氷牙功力17で取得できる武功です。
最大4匹まで一斉に攻撃できます。


 その攻撃がこれ

砕氷牙







 上から4本の氷矢が出ている感じですね。
 上からの攻撃のために、段差があるエリアでは自分の攻撃したい妖怪の上にいる妖怪に当たることがけっこうあります。わざとではないですが、ちょうど上で狩りをしている人にとっては迷惑になります。
 僕の場合は、そのような状態であれば攻撃するのを少し待って、上の人との攻撃位置をずらすか、風神撃で飛ばしてから攻撃するようにしています。
 それから、4本並んでいるように攻撃されるので、妖怪が重なっているとどちらかにしか当たっていないような気がします。

 他に意見がありましたら、コメント欄まで。
 前日の記事については、めんつゆ飲料様、珠洲宙舞様、やっくん様から意見をいただきましたが、多くの方から意見をいただくことで選択肢も増えますし、完成度も上がっていくと思います。よろしくお願いします。

2006年09月07日

掌風と炎尾矢

 どもです。まずはお知らせから。
<お知らせ>
 リンク先を増やしました。“つゆ魂。”様と“鬼魂ですってね”様はリンクフリーとのことでしたので、お願いだけしてリンクさせていただきました。“おにだまファン”様はうまい具合にお願いがありましたので、こちらからもお願いしてリンクさせていただきました。
 それぞれのリンクさせていただいた皆様、よろしくお願いします。もし、何か不都合がありましたらご連絡下さい。

 では、掌風と炎尾矢について。の前に、こいつだっ!

陰陽神功 陰陽神功。すべての扇道士の基本となる武功ですね。ここではそれだけで。


 それでは、本題です。

掌風掌風


炎尾矢炎尾矢


 この二つを比べていきます。僕の武功値の振り方が掌風に10、炎尾矢に5ですので、それが基準になっています。まずは、攻撃力ですが、

掌風攻撃              炎尾矢攻撃
掌風攻撃炎尾矢攻撃






 何度かやってみましたが、およそ100〜50ぐらいの差で掌風の攻撃力の方が高かったです。当たり前ですが、武功値の違いでしょうね。
 次に、発動したときの状態から、

掌風発動              炎尾矢発動
掌風発動炎尾矢発動







 ちょっと画像の大きさが違うので、見にくくてすいません。
 拡大して見るとわかると思いますが、掌風の方が幅があります。これは、清陰谷や竹林エリアなどの段差があるところでは、炎尾矢より当たり判定が出やすいですね。それから、この画像ではわかりませんが、距離的には炎尾矢の方が長いです。おおよそですが、妖怪でいうとひとつめ1匹分ぐらい長いです。う〜ん余計わかりにくい説明になってしまいましたね。

 さて、その他の重要な点として、消費鬼力があります。掌風は武功値10で消費が10、炎尾矢は武功値5で消費が13です。

 これらを総合して、僕の場合は掌風を10まで上げました。攻撃力が高くて、消費鬼力が少なければありがたいなという感じです。ただ1点を除いてですが・・・。

 掌風発動前









 これだ!この発動するまでの時間がなければ、掌風がもっと使いやすいのになぁ。
 他の意見も多々あると思いますので、これを見て何かあればぜひコメント欄にお願いします。

 ということで、僕の結論としては個人々々好きなようにすればいいっ!そんな結論かいっ

2006年09月06日

平民時の共通武功

 どもです。本日は、誰でも知っている共通武功についてです。本当に詳しく知りたい方は、公式やWikiで確認しましょう。
 その前に、
 <お知らせ>
 ・カウンタが100を超えました!ありがとうございます。感謝感激雨あられです!
 ・釣りだっ(2)の最後のあたりを一部修正しました。

 では、共通武功を関西弁とともにどうぞ

軽功軽功(めっちゃ走るで)


空中空中踏歩(めっちゃ飛ぶで)


運気運気調式(めっちゃ回復するで)


掌風掌風(めっちゃカメ○メ波みたいん出すで)


 以上です。

 一般的に、軽功と空中踏歩はMAXまで上げる必要があるようです。というのも、軽功は移動が速くなりますし、空中踏歩はMAXにしないといけない場所があるからですね。

 フライング第二弾では、功力が低い人が、軽功を使わずどこでも歩いているのを見かけました。僕もやっていたので懐かしく思いましたが、清陰関や冥珠城といった街では、軽功を使用しても鬼力は減りません。ですので、街中では走りまくりましょう。

 さて、問題(?)は運気調式と掌風です。道士の場合は、二つとも使える武功といえます。が、いくつかの情報を見ると、どちらかに振るか、どちらにも振らないか、いろいろと意見が出ています。このあたりは、個人の使い勝手になってくるものと思います。
 ちなみに、僕の場合は運気調式には振らず、掌風を10まで上げています。その理由は、明日の扇道士専門武功の炎尾矢に絡めて、お話します。

 まったく関係ありません(?)が、公式サイトの職業→道士で、1次転職が「〜暗然殺手に〜、〜達成すれば刺客に転職できます」という説明になっているのは、ナイショです。

 ということで、本日はおしマイケル・・・どうでもいいですが、マイケルはどこいったんですかねぇ。