「親子スクール・お米作り体験」は、6月22日(土)に姶良市の畜産研修センターで開校式を行い、当日に新名さんの田んぼえ田植えをし、産直姶良とがんまいの生産者と交流を行いました。
130622姶良親子スクール田植え03この親子スクールは毎年行っているもので、生産者の方々と一緒に親子でお米作りを体験しながら、食の大切さを学なぶものです。
130622姶良親子スクール田植え06今年度第一回目の22日には28家族・約100人の親子が参加。JAあいらの生産者や経済連の関係者・コープの地元の組合員や姶良センターの職員など、全体で120人以上が集まりました。
130622姶良親子スクール田植え04開校式の後、すぐ近くの新名さんの田んぼに参加者は入り、生産者やJAのみなさんの指導で手で稲の苗を植えました。初めて参加する方が多く、苗の持ち方や、植え方など、最初はぎこちなかった参加者・子どもたちも、約40分ほどで植え終わる頃には次々に手順よく植えることができるようになっていました。
130622姶良親子スクール田植え07研修センターに戻ったあとは、生産者の奥様方と地元の組合員のみなさんが準備した昼食の「夏野菜カレー」「つけもの」などをいただき、子どもたちへの「お米クイズ大会」や「バケツ苗の育て方講習」そして「生産者に聞くお米作り学習・交流」の時間を過ごしました。


130622姶良親子スクール田植え05参加者からは「田んぼの泥の感触が、私自身初めてで、貴重な体験になりました。カレーモ美味しかったです」「植えるところが楽しかった。田んぼにかえるがいたのがたのしかったです」「田んぼの半分の数列植えただけで、足やら腰やら・・・!生産者のご苦労がほんの少しだけど体験でき、これからも感謝しながらいただきたいと思います」「前々から田植えの体験をさせたいと思っていました。子どもが4歳になったのでようやく参加できました。これまでは漠然と『(お米作りは)大変なんだよ』といってきましたが、私も身をもって体験し、きちんと大切さを伝えられるように思いました。収穫まで通して学びたいと思います」などの感想をいただきました。

なお、この親子スクールは29日(土)に田車を使った「草取り体験」を計画しています。また、夏には「稲の花見&案山子作り」。秋に「稲刈り体験」そして「収穫祭」で終了の予定です。