131030子育てスタッフ交流0110月30日(水)に、コープ国分店で「子育てひろばスタッフ交流会」を開催しました。
今回のスタッフ交流会には国分店、姶良店、かのや店、しぶし店の4つのひろばから11人のスタッフが参加しました。
講師は、くらしの学習応援団の細川真弓さん。「わらべ唄」と「手作りおもちゃ」の講習をお願いしました。

131030子育てスタッフ交流03「あんたがたどこさ」の歌に合わせてお手玉をわたしていく遊びでは、一気に緊張がほぐれていきました。このお手玉を、2回目、3回目は、“おはぎ”や“ねったぼ“に見立てて、最後はきなこをまぶして食べるしぐさに、わらべ唄遊びのおもしろさを感じました。

講師がこれまでご自身で作った手作りおもちゃを紹介いただいたあと、実際におもちゃ作りに取り掛かりました。
131030子育てスタッフ交流02「今日は自分の子どもや、子育てひろばの○○ちゃんに!とイメージして作ってください」と言われ、それぞれがひろばの子どもたちや自分の子どもを頭に浮かべて作り始めました。
材料は、割り箸、厚紙、ペットボトルのふたで、各自で準備してきました。
ペットボトルのふたにキリで穴をあけ、ペンチでひろげてひもを通して…と夢中でつくり、ウルトラマン、たぬき、うさぎ、かっぱ…と、たくさんのかわいいおもちゃができあがりました。
実際にひろばで使えるように、グループでお話を作りながら遊んでみました。

131030子育てスタッフ交流04おもちゃ作りのあとは、それぞれの子育てひろばの交流をしました。それぞれのひろばの様子を報告した後、お茶菓子の出し方、おもちゃの消毒の仕方など情報交換をし、これから先の子育てひろばをもっと楽しくしようとみんなで決意しあう場になりました。

交流会後のアンケートでは「身近な物でおもちゃが作れ、久しぶりに絵を描いたりアイデアを考えたりしてとっても楽しかったです。帰ってからの息子の反応が楽しみです」「とてもかわいい人形が自分でも作れて良かった。ひろばでお話の時に使ってみます」「昔ながらのわらべうたや童謡は耳に心地よく、また使いたいなと思いました」「他のひろばの良いところをたくさん聞くことができました。おもちゃ作りのときも和気あいあいと交流出来てとても良い交流会でした」の声が寄せられました。