@kyoto

今年のテーマは「整」

そう言えばこのブログ久しぶり。

で?
ってよく言われる。今回もそんな話。



文化の発展は、エロが支えている。
と、いう名言は誰が言ったか定かじゃないが、確かに!と腑に落ちた覚えがある。
昭和のAV(オーディオビジュアル)機器の普及は、まさにAV(アダルトビデオ)のおかげだろう。世のオヤジ達が家庭にビデオを購入する大きな動機であったことだろう。

話はザックリ飛ぶが、少子化の要因はスマホである。
適齢期の男は、お洒落をし、酒を覚え、会話を磨き、車を買い、音楽を聴いて、夢を語り…背伸びをして少しでも自分を大きく見せようと頑張ったものである。消費行動の元になる「欲」のうち、ファーストモチベーションとして性欲があった。
時代は変わり、「自分らしさ」や「自然体」が流行った。「ありのままの自分」なんて言葉に幻想を抱いた。そしてインターネットが普及し、スマホを手に入れたら、1人で欲望を満たせるようになった。

インターネットは、人と人とを繋ぐ、距離や時間を短くするツールであったはずだが、なぜか本末転倒が起きている。
自分の部屋に1人でいて、ほとんどすべての欲望が満たされてしまうため、半径5メートル以内に他人が存在しないのである。

さて。

それでは、文化の発展もなく、少子化に歯止めもかからず、仕事はAIに奪われ、お先真っ暗だ。昔は良かった。近頃の若い奴は…

ではない。そうじゃない。
経験に学び、今を見て、先に進めばいいじゃん!と思ったほうがよくないか?
たかだか2000年の歴史でそんなに人間の本質は変わるもんじゃなく、種の持つ特性や資質には類似があるんじゃなかったのか?
つまり、人間の生きるための欲求と、科学では未だ解明できない幸せという概念や、文化への欲求のままに生きればよいだけだと考えている。

色々と考えると、個と社会、自由と平和、明るい未来、確かに幻想でしかないかもしれない。でも、あーでもないこーでもないと、イタチごっこを繰り返す人間社会というものは、一歩ひいて眺めてみると自分を含めてかなり面白い。

思春期の頃からおっかなびっくり自分探しをしてきたが、最近やっと見えてきた。
経験してみる、感じてみる、考えてみる、伝えてみる、そういった毎日が自分にとって幸せなんだなと思う。
自然の壮大さや不思議に心をうたれると、それを誰かに伝えたくなる。本を読んだり映画を見て創作物の世界に浸る幸せも感じる。それはやはり、人との関わりの中に価値を感じているということだと思う。

先に進むということは、幻想を抱くということではなく、今を積み重ねることだと理解できただけでも年をとったかいがあったなあと。そして、命の危険を感じることなく、嫌なことも含めて色々と経験できていることは楽しいなあと。

40代、エロは減ったし髪も薄くなり、なんだかいろんな細胞がすり減ってるような気はするけど、僕の欲望はなかなかつきない。
そして、こんなふうに、誰に伝えるでもなく自分の意見を発表できるし、よい世の中になったなあと思うよ。

って僕は誰に伝えたいんだか。
そういえば、こないだ学生さん達とニコ動の話をして思ったのは、この辺り。
文化の価値観も変わりつつあるんだね。名誉欲や自己顕示欲ってのが手軽に満たされる時代になったのねと。
その分、実際の物体というか生物というか個体との距離感の慣れにおいて経験値が不足しがち。と、いうことは日本人、やっぱりボディタッチは苦手なままなんだろうなあ。もしくは、西洋化するのか?

西洋人のボディタッチについて、そりゃ触覚は大切だし、いいんだろうけどさ、
異性との1メートル、触れるか触れないかの距離感とか、楽しいねんけどなあ。ベタベタ触らんからこそドキドキできていいんやけどなあ。
やっぱり今後も日本文化は「間」が「美」で、空間のエロスというか、そういうわかりにくーいドキドキであってほしいなあと。

日本人

僕は日本人だ。
でも、別にアメリカ人でもインドネシア人でも別にいいような気がする。
なんとなくだけど、中国人だったりロシア人だったら嫌だなあ。まあ、それも先入観でしかないか。

日本人のアイデンティティー、ちっぽけなものだ。自分の国を好きになる、自分の国に憧れる、そんな教育を受けていない。形式的な国家斉唱ぐらいだ。

多くの日本人は西洋に憧れを持つ。
英語しゃべれたらなんとなく賢いように思えるし、アルファベット並べたらなんとなくかっこいいデザインだと思う。そんな多くの日本人。

で、日本大好き!な人はなぜか右寄り。なんでそうなるのかなあ。
そうじゃない日本大好き!ってできるような気がするけどなあ。

ストンとおちた。

なるほど。
無駄な努力はしたくないわ。
情報がたくさんあるのに、知らんかったから失敗したってのイヤやろなー。
そやけど、やっぱり時間は限られてて、出会いは時の運やから、その情報に出会えるかどうかなんてわからんから、やりたいとおもったらやってみなあかんよなー。

「抽選にハズれたらイヤじゃないすか。ショックやし」

そーゆーことなんだよなー。

感動、情熱…昭和ならそーゆー単語。平成の子はあれか、やばいってやつか。それが日本に足りないんじゃねーか?

めんどくせー

わかるわかる。
そのめんどくせーことをできるかできないかがアレだよな。

挑戦すること、努力すること、それ自体を楽しむこと。溢れる情報にHow to、つまり正解を求めるんじゃなくて、とにかくやってみる。やってみるために情報を得る。
じゃあそもそも自分は本当に何がやりたいか?そこからはじめちゃうと路頭に迷う。考えるのに時間がかかる。人生はリセットできないから臆病になるのはわかるけど、仕方ないじゃん。リセットできないんやもん。
ので、やってみる。失敗する。成功する。両方とも楽しめるということがわかるためには、やってみることがやっぱり大事だ。

ということは、うまくそそのかすことができるってのが教育する側には大事だってことになる。親、先生、先輩、上司。人を教えることで学ぶ立場にあるなら、それできた方がいいよなー。褒めてばっかりでもダメ。夢見させるばっかじゃダメ。叱ってばっかでもアウト。こりゃタイヘンだ。それこそボーズなみの無私の心構えが必要だわ。

人間関係において、仕事と割り切ってロボットみたいに作業するのもいいけど多分、余計なことをしてみて仕事も勉強も楽しむってゆーか、人生楽しまなきゃ損だよなー。

学校で強制されるベンキョーは面白くない。競争を強制されるためのベンキョーは面白くない。
でも、本来学ぶということは楽しいはず。知らないことを知ったり、できないことができるようになったり。
文化、つまりテキスト化するのが、読んで字のごとく文化ってもんだから、そこにはテキスト化する努力として学問、研究は必要だ。
人間は文化を持つから人生を楽しいと思えるということは絶対の真理だと思う。生きるために食って、種の存続のために生殖行為をするだけでは楽しくなくて、そこに至るところに楽しさイコール文化があるから感情が生まれて楽しいんだと思う。

自分さがしかー。
さて、デジタルネイティヴのこの子らは、いったいどこへ向かうんかなー。楽しみやな。

いくつになっても学んでいたいもんです。そういや、そんなセリフマスターキートンに出てきたなあ。

古代出雲

古事記関連の本を昨年からちょいちょい読んでいる。やっぱりルーツは大陸だなあ。もっと仲良くできないもんかねえ。

病気とか自然とか宇宙とか
みんな頑張らなあかんのそっちやなー。

国益とか宗教とかテロとかじゃなくてさー
地震が来ても壊れない街とか
砂漠を緑にするとか
レアメタルを宇宙からとってくるとかさー。

ちなみにワクワクするのはスクナヒコナって神様。一寸法師。

水木しげるの[古代出雲]面白かった。

鴨川

鴨川の

京都の夏の風物詩。
祇園祭、川床、鴨川縁の等間隔。

ひとり⚪︎⚪︎
ってのが、こないだ仲間うちで話題になりましたが、鴨川べりにひとり座りってのも、まあまあ度胸がいるのかもと。
まあそんなこともぼんやり考えながら、
夕涼みにアイスコーヒー片手に三条大橋。

気持ちよかったなあ。
学生さんらしき生演奏のBGMもあり
なかなかほんとに気持ちいい。

で、待ち合わせた友達と焼鳥食って帰ってきて
やっぱり夏の夜は
夏の夜ってだけで楽しいなあ。

2014-07-21-19-27-18


等間隔
届きそうで届かない距離がいいですね
人に喜んでもらってナンボですね
人間関係

距離感は縮まればいいんだけど
ほどほどの距離感もいいんじゃないかと

とにかく
聞いて笑って伝えて聞いて
喜ぶ顔が見れたなら
それでオールOKなんじゃないのかと。
記憶にかすかに残れば
それはそれで幸せなんだと
共有した時間は
埋もれないんじゃないかと
まあそう思えたらそれで大丈夫。



むむむむ。

しかし、若さとはなんと変化に富んでいるんだろう。
それだけ感受性の密度が濃いのか。
あきらかに自分の時間の進むスピードが年々早くなり、その若さという強さにたじろぐ。

自分の若い頃を思い出し、とはいえ、それほど具体的に思い出すこともできないが、やはり強さは持っていたと思う。

信頼という見栄や
アイデンティティという欲や
世間や収入、そんなものに
絡みつかれていていいのか。

よく見えるようになると臆病になる。
それは、ひとつずつ積み重ねてきた結果かもしれない。
けれど、それで満足なんだろうか?

やっぱり、求めているのは自由なんじゃないのか。
失いつつある好奇心を、抑え込んでは楽しくないんじゃないだろうか。

賢いか?
偉いのか?
できるのか?

いやいや、そんなちっぽけなもん
若さという強さの前では
これっぽっちの価値もないんじゃないか。

僕はこれでいい。
でも、求めているのはこれじゃない。
ならば、
この積み重なった経験をもとに
新しいものを探せばいいんじゃないか。

わかりきったことだろう。
年齢に抗うことはナンセンスだ。
かといって、胡坐をかくのは愚の極致だ。

人生を楽しむ。
人生を旅する。
よくわからない何かを探し続ける。

そう、わかりきったことだ。
はじめればいいんだ。
誰がどう言おうと
未来はやっぱり
僕の未来だ。

ライブ感

ライブ感ねー。
すとんと納得。

学生さんのミュージカルを見てきた。
内容は、シェイクスピア劇をアレンジ。授業だからかな。

有名劇団ってわけにはいかないけど
結構な規模と完成度。

ミスもあるしアレだけど、
フィナーレのときの感動は
アマチュアならではじゃないかな。
プロの舞台でこの空気感には、まず出会えない。

なんでだろう?と。
スポーツしかり、
演劇しかり、
音楽しかり。
例えばインディーズぐらいの位置のものの方が感動することが多い。

つまりライブ感なんだろうなあと。
その一瞬にしかない空気感なんだろうなあ。


がんばろう。

やりたいことをやってれば。

給料が安いとか
評価が低いとか
上司が悪いとか
部下がついてこないとか

親のせいとか
子どものためとか
彼女のせいとか
部下のためとか

人の役に立ちたいって?
まず自分をしっかりしろよ。

たいていのストレスは
そう。自分のせいでもあるんだよ。

他人なんだから、
君のことをそんなにわかっているわけもなく
他人も自分で精一杯だと
そりゃ扱いも雑になるだろう

キミはどうしたいんだ?
人のせいにして生きてたら
ずっと人のせいだよ。何もできない。

それよりも
自分の嗅覚を信じて
やろうとおもったことを実現するために
自分で考えて
自分で動かして
自分ができる精一杯を
やっていれば
納得できる結果へと
必ずつながるもんだから
やりたいと思うことと
やっちゃうことと
やるために他人にも気を使って
自分を試してみたら

いいじゃん!

それがね
人の役に立つってことに
なるんだよ。
お金は稼いでナンボやけどな
金儲けだけが
世の中じゃないんだよ。

わかったかい?

先生がさー
がんばれがんばれ
って、いつも帰り際に言ってくれるんだよ
なんでか知らないけど
そんなに仲良くないけどさ
仕事上の付き合いでしかないし
そもそも、教え子でさえもないのにさー。
がんばれがんばれってさー

がんばろう。

今か?

今でしょ!
って4文字で儲けた予備校講師がいたなーと。

先延ばし世代のつけがまわってきてるんだろなー。この日本に蔓延する焦燥感。

夢とか未来とかドラえもんとか。
いまだその幻想は生きる糧になっているからいいけど、思想的には進むんだろなー現世利益。真言宗だったっけ?なんであれ宗教は、そこがなけりゃ流行らねーもんなー。
来世とか天国とか極楽浄土を夢描いて先延ばしにするのは、今が行き詰まってるからだけど、
今の日本は行き詰まってても、目の前の暮らしはそれほど過酷じゃない。
イスラム世界のように砂漠が広がるわけでもない。
日本の神道も原始的には、水乞いような今の利益を得るためのお願いだから、まあそんなもんか。

気になってイスラム教の利益についてwiki読んだら笑った。
生きてる間にめっちゃアラーを敬えば天国に行けて、行った先の天国は酒池肉林。永遠の処女72人と関係を持ち、悪酔いしないお酒や旨い肉と果物をたらふく飲み食いできるんだとか。
あれ?女子はどうなるんだ?
おれ酒飲めねーし、どうしてくれんだ?
それにしても、、、笑。

それにしても
今の日本みたいに
教えたい人が多くて
教わる人が少ないと
必然的に過保護になるよねー。

日本の爺婆が
インドや中国の子どもを育てれば
数量的にはトントンか?

ないなー。

欲張りだなー。

会社の送別会。今回は2人。
仕事的には痛い。
それよりも漠然と淋しいなあと。

入学式、結婚式、歓迎会。祝いの席はそれほど照れることなく出席できるんだけど、それでもなんかやっぱり感動を表に出すのが苦手だからついつい裏方にまわりたくなる。
こないだなんか、絶対泣いてしまうのわかってたから、たまたま断りにくかった仕事を理由に行かなかったもんなー友達の結婚式。

卒業式、送別会。別れの席は、本当に苦手で、淋しいのを誤魔化してしまう自分に恥ずかしくて、そそくさと逃げ出したくなる。そりゃ、ほっといたらたぶん号泣。変に思われること間違いなし。

一期一会が素敵だと言い張ったこともある。
離れても人としての関係は変わることがないと強情をはる。
失うものなんてないと嘯いたこともある。
でもなー、淋しいもんはやっぱり淋しいし、本当は離れるとか別れるとかいなくなるとか、そーゆーの嫌なんだよなー。

仕事の人間関係は、距離感を測りながら接しているから、ダメージは少ないけど、やっぱりそこは根本的に一緒で、とにかく目の前から知ってる人がいなくなるのは、昔からさみしくてしょうがない。

淋しい思いをするなら、最初から深入りしない。
そして、痛くないふりをするという技。

でも、本当は痛いんだよなー。
嫌なんだよなー。
下手なんだよなー。
苦手なんだよなー。
距離感。

出会った人とずっと仲良く友達でいられたらいいのになー。
なかなかそうは簡単にいかないよねー。

欲張りだなオレ。

ま、いっかー

そんなつもりはなくても、まわりにいろいろ撒き散らしてんだろなー
と、ふと思った。
自重しよ。

そもそも
世の心理について
わかったふりをして
知恵もないのに
あーだこーだと言ってしまうのは
おこがましくも
恥知らずといったところか。

しかし、
そういう
一つ一つを積み重ねないと
人生が楽しくない。

ので、言わなけりゃいい。
そうなんだよなー。
自分の日記に書いときゃいいんだよ。
公言しなくても。

さみしーんだろなー
Twitterとかブログとか。
ま、このブログは誰も読んでないから
ま、いっかーと。

仏壇。

憲法なんてほとんど知らない。
と、いうことは、都合よく責任だけ押しつけられるということか。国民投票。

机上の空論だよなー。
だってさー、今までそんなにちゃんと憲法教えてないでしょ子どもに。
今、パッと思い出せるのなんて、戦争放棄と基本的人権とか、公共の福祉がどうとかぐらい。学校でなんとなく言葉を教えてもらって、思春期の自分なりに一生懸命理解したのがその3つ。

◆戦争放棄
武力に頼らず、話し合いで解決しましょう。つまり、話し合いが大事ね。話し合うには言葉が不可欠ね。利害が衝突した時、強い言葉を持っていた方が勝つのねと。運が良ければ、なあなあですませばよいんだな。

◆基本的人権と公共の福祉
とにかく自分は自分として自由で、人に迷惑をかけなければ、何をやってもいい。自分もみんなに存在を認められていて、何を言っても何をしても基本的には自由。大丈夫。
ん?公共の福祉
つまり、人の迷惑にならないようにってことか。ん?それと、みんな仲良くってことだな。

そんなことを考えてたと思う。14才の頃。で、そういうことなら、やっぱり学校で習うことって大事だなあ。

昨日、お坊さんと営業マン、二足の草鞋を履いている人と話した。
その時に、仏壇の話になった。
そういえば、毎朝ほとけさんのごはんとチーンは習慣で、よくやらされてたなあと。ほとけさんってのがご先祖様の位牌で、それは形式的でしかないように思っていたけど、そういうところは形式も大事だなあと今になれば思う。したことなかったら、その良さもわからんもんなー。

バリに行った時に、毎朝毎晩供え物をしている習慣に、信仰心の厚い国民性だなあと珍しく思ったけど、よくよく考えてみたら自分ちもやってた笑。
仏壇にチーン。
バリみたいにそこかしこに祀るとこはないけど、家には仏壇がある。
神様や仏さまっていう偉そうな他人を毎日毎日崇め奉るのは正直面倒っていうかアレやけど、血縁なら毎日ちょっとありがとうって言ってもいいかなと思う。

なるほどなー。仏壇やお墓ってそーゆーことかー。お墓はなんか怖いし行くのが面倒だけど、家にあれば楽チンやもんなー。そーかー。
ってか、仏壇おくとこないなウチのマンション。

日本人として、親に教えられた先祖を敬うという所作も、大切にしとかなあかんなと思いました。

国はきな臭いし、会社はグダグダやし、自分自身もあかんたれやけど、なんか大切にしていくもんは欲しいなあと、そう思いました。

そういう意味で、家族、血のつながり、自分が自分であることをちゃんと意識するカタチを求めるものなのかもとも。こどももそのひとつなんだろうなあと。

こどもってのは、そんな言葉や理論になおしちゃうとあかんのやろけど。愛とかそういうもんは、グダグダ言う必要ないもんなんだろうと。
それはそうなんだろうけどねー。

ま、40になってやっとやけど、理解できてよかったなあ。仏壇。





すかたん

「ちゃんちゃら」はピンとこなかったけど「すかたん」はニヤニヤきた。
ので、ググってみた。

朝井まかて
55才ぐらい。直木賞とってる。羽曳野市出身で甲南女子大の国文。写真見て、ぽいなーと。
面白い本を読むと、さっきまでクヨクヨうだうだしていたことか、嘘のように前向きになれるから不思議だ。
山に登った時もそう。
自転車に乗った後もそう。
晴れてるのが前提の気持ちよさではあるけれど。

晴耕雨読とは、よく言ったもので、晴れた日は外で、雨の日は本でも読んで楽しめと。あ、ちょっと違うか。

仕事は、雨でも晴れでも朝でも夜でも、な現代なので仕方ないとして、休日の過ごし方というか、人生の楽しみ方は、やっぱり晴耕雨読な感じがいいかも。

人から
すかたん。
と呼ばれるのは、まあ仕方ない。
でも、自分で自分の人生を眺めたときに、すかたんやなーと思わないように、毎日を楽しもうと、思い直しました。
できれば、他人様からもすかたんとか言われないようにがんばろ。

嫌いだった大阪弁がちょっと好きになった本。大阪弁を気持ち良く紹介してくれた本でした。

それにしても相変わらず、影響受けやすいお手軽な性格だ。



イロイロねー。

土曜日からなんとなく思い立ったが吉日で、8年ぶりの自炊生活を始めてみた。

朝は、ヨーグルトにバナナ、珈琲。
通勤途中にスタバかタリーズでアイスコーヒー買ってテルモスに。
内勤の時は、スーパーでお弁当買って、マグカップにレトルトの蜆汁。
晩御飯は、エースコックのワンタン麺の麺と、これまたレトルトの蜆汁の絶妙かつインスタントなコラボレーションに切った野菜と卵、ソーセージ2本を放り込む。トマトを切ってメザシを焼いて、納豆2つに漬物。

特に生活を切り詰めているわけでもない。健康を気にしたメニューでもない。
効率よく満腹感を味わうことができることにこそ真意がある。

体重は毎日測るようにしてみた。
現在80kg。標準体重は68kgらしい。
家計簿アプリをダウンロードした。
今のところマメにログをとっている。

さて、今回の目標は、
◆1ヶ月続けること
である。
子どもの頃から
◆ケジメがない
◆飽きっぽい
と、言われてきた。
不惑の声を聞いても治らない。
むしろ、三つ子の魂百まで
が、正解か。

好きになったらそればっかり
飽きたら他に気が移り
またそればっかり。
たまに戻ってそればっかり。
まあ、そんなことを繰り返してたら
こうなる。

今の仕事は順調だ。
会社は結構大変そうだ。
効率性と必要な寄り道を
バランスよく積み重ねていけば
うまくいくと思うんだが。
いろんな思いがあるからなー社会ってとこは。
いろんな人がいるからなー会社ってとこは。
それはそれで面白いとおもうんだが。

なんにせよ、
駆け引きとか計算とか
嫉妬とかエゴとか
卑屈さとか思いあがりとか
そーゆーのがなくて
真っ正面からスパッといくのが1番効率的で経済的だと思うんだが。
きれいなカタチってのは、みんながキレイだって思う最大公約数だからきれいなんだよなー。美の独自性なんて、誰かを褒めるためだけの言葉にしかすぎないよなー。
わざわざオリジナリティ力説せんでもさーそのままでオリジナル。
フランクさとこだわりとバランスがとれてればいいのにねー。

あ、ずれた。
とにかくそうそう
そー簡単にはいかないよねー。
1たす1が2であれってことばかりじゃあ
面白くないから
1たす1を10にしようとして無理して
マイナスになっちゃうか。運よく20になっちゃうか、それって神のみぞ知るって感じかなー。

さて、会社に勤めて14年。人生で最長の場所。愛着はあるようでない。なぜなのかはわからないことにしておこう。わざわざ言うまでのこともない。
愛着があるわけではないが、仕事と目の前の人達には責任を感じている。
仕事を楽しむ術は、せっかく時間を費やすんだからと身につけた。

そんなところだなー。
どうすんだろね?おれ。
価値観なーオリジナルやからなーそれも。
そろそろ面白いシアワセが向こうから歩いてきてくれへんかなー。
そろそろやと思うんやけどなータイミング的に。
宝くじが当たるとかさー。
あ、買わな当たらんか。

カウント15

カウント15。
image


今年は30回は山に行くと。
4月に入りぼちぼち仕事が忙しくなりペースダウンしたものの、半分の15回目になりました。

ブナガタケ。
比良駅から金糞峠2時間、コヤマノ岳からブナガタケ1時間。
ブナガタケから御殿山を越えて坊村へおりた1時間10分。

トータル11.5km。5時間30分。
うち休憩 20分×3 金糞峠、ブナガタケ山頂、急坂途中


エネルギー大事ねー。急坂途中で久々にカロリー切れになりそうだった。首のあたりから頭がぼんやりジンジンする感じ。アブナイアブナイ。前に自転車で経験あったからゴールも近かったけど休憩とって、残ってたメープルフランスひとつたいらげて復活。
粉のポカリかなんか持ってく必要ありやな。

粉ポカリ
水500ml2本
お茶500ml2本
うーんこれで2キロかー。ま、でもこれから夏だし必要だな。
テルモスもう一本と背中の水袋欲しいな。
なんやかんやとけっこう荷物増やしてるけど、とりあえず必要なものを持ち運ぶくらいの体力とテクニックは、つけとかなきゃねー。

今度晴れてる連休見つけたら、テン泊縦走だな。いつでも行けるようにルートやら計画たてとこー。

今年はゆうに30越えそうです。笑

2014-05-18-21-59-19



Archives
訪問者数

Recent Comments
  • ライブドアブログ