2018年04月16日

KIYO「The Psyche」

8442346C-9E43-4E61-B6EE-C831AB6CD91E

シルバーバック、元スラングのギタリスト「KIYO」さんのソロアルバム「The Psyche」を聞いた。

この衝撃作は札幌ミュージックシーンの歴史的傑作だと言えよう。
まず驚くのは、このアルバムはクラシックでもジャズでもロックでもない、あらゆるジャンルを超えた唯一無二の音楽だということ。
特にコード感が独特で素晴らしい。

私はロックシーンが古典芸能化してきたことを危惧している。ジャンルに縛られ独創性を失った者に未来はない。そんなシーンに波紋を投じた作品だ。

それぞれの楽曲も優れている。
やはりタイトル曲「The Psyche」が白眉だ。
メロディ、リズム、コードのどれもが独創的で凄い。
タイトル曲以外も、どの曲も優れたメロディがあり、アレンジにも様々な工夫やトリックが施されている。

又、録音の状態も良い。
ギターだけの録音は難しいものだが、芯のあるシンプルな音が録れている。
飽きの来ない、ずっと聞いていられる良い音だ。

静かな作品であるが、音楽家KIYOさんの集大成であり、人間性も垣間見ることができる。
音楽を作るというのはこういうことだと思い知らされた気持ちである。

copperdesk20 at 00:01|PermalinkComments(0)mixiチェック ライブ 

2018年03月22日

シェッタガーリア出演時間変更

出演時刻が変わりました。
身内の不幸があったため、シェッタガーリアの出演時間は19時30分からとなります。
ご了承下さい。

シェッタガーリア ライブ
2018/3/25(日)
第8回東日本大震災札幌チャリティロックフェスティバル
会場:BESSIE HALL(札幌市中央区南4条西6丁目晴ればれビルBF1)
開場/開演:15:00/15:30
料金:¥1500(オリジナル缶バッヂ付き)
*予約は受け付けておりません。

2018higasinihon


copperdesk20 at 15:22|PermalinkComments(0)mixiチェック ライブ 

2018年03月05日

料理と絶望

IMG_0192
IMG_0191

概ね料理の事しか考えていないのである。
GABANのスパイスを少しづつ買い増していくのが、嬉しくてたまらないのである。

週末はアヒージョ、バッファローウイングチキン、ビーフステーキ、クリームシチューを作った。
この歳で料理に目覚めるとは人生わからないものである。

しかし問題が起きた。
アヒージョと牛肉ステーキを食べると体調が悪くなるのである。
どうやらニンニクを食べ過ぎると胃腸に負担がかかるらしい。
さらに牛肉アレルギーであることはアレルギー検査で分かっていたが、霜降りとか脂が多いとダメらしい。
吐き気と腹痛と目まいでヤヴァイ感じになる。

料理の腕は少しづつ上がってはいるものの、自分の料理を食べては、床に横たわっているのである。

立て。立つんだジョー。

シェッタガーリア ライブ
2018/3/25(日)
第8回東日本大震災札幌チャリティロックフェスティバル
会場:BESSIE HALL(札幌市中央区南4条西6丁目晴ればれビルBF1)
開場/開演:15:00/15:30
料金:¥1500(オリジナル缶バッヂ付き)
*予約は受け付けておりません。
*シェッタガーリアの出演時間は20時からです。
2018higasinihon


copperdesk20 at 19:25|PermalinkComments(0)mixiチェック 料理 | ライブ

2018年02月22日

シェッタガーリア/郎平 ライブ情報

2018higasinihon


シェッタガーリア ライブ
2018/3/25(日)
第8回東日本大震災札幌チャリティロックフェスティバル
会場:BESSIE HALL(札幌市中央区南4条西6丁目晴ればれビルBF1)
開場/開演:15:00/15:30
料金:¥1500(オリジナル缶バッヂ付き)
*予約は受け付けておりません。
*現在のところ、シェッタガーリアの出演時間は未定です。



郎平 ライブ
2018/6/30(土)
Litha.....太陽が満ちる日
会場:CRAZY MONKEY
開場/開演:18:00/18:30
料金:前売り¥3000/当日3500(+drink\500)
出演:マダムエドワルダ / 郎平 / リドル / ゴールデンフラワーズ


シェッタガーリア アコースティック ライブ
2018/10/27(土)
ゲンズブールナイト
詳細未定


シェッタガーリア ワンマンコンサート
2018/11/4(日)
会場:BESSIE HALL(札幌市中央区南4条西6丁目晴ればれビルBF1)
詳細未定

copperdesk20 at 18:32|PermalinkComments(0)mixiチェック ライブ 

2018年01月19日

パエリア 大失敗

ここ二、三日料理のことばかり考えて、満を持して作ったパエリアだったが、激マズで死にそうになった。
こんなまずい料理は食べたことが無い。

敗因は、水を入れ忘れたことだ。

焦げ付いているのに米は炊かさってなく、やたら濃い味のエグミのかたまり。
水を忘れただけでなく、欲張って色々な種類の具を入れ過ぎた。
出汁が出過ぎて、よくわからない味になった。

後から気がついて水を入れたが遅かった。
死ぬ程まずい。

しばらくスペイン料理は食べたくない。
トラウマになる程のまずさ。

一時間半もかけたのに。
せっかく0.4gで580円のサフランを買ったのに。
ヤリイカしか売ってなくて、一杯800円もしたのに。

エビ、鶏肉、タラ、アサリ、イカ、パプリカ、トマト、
香辛料も入れると4000円以上かけて、凄まじくまずいものを作りました。

吐き気を我慢して半分くらい食べたが、
神様、もう限界です。


copperdesk20 at 03:16|PermalinkComments(0)mixiチェック 料理 

2018年01月17日

山ちゃん アヒージョを作る

IMG_0170

今年は年始に2つの事を自分に誓った。
1つは、催眠導入剤等の薬物を恒常的に使用しないこと。十年来の睡眠障害も、早寝早起きで治りつつある。
2つ目は、平日はアルコールを断つこと。週末もなるべく飲まない。
今の所上手くいっているのだが、ずっと酒の肴ばかり食べていたので、夕飯に何を食べていいのか困る。
そこで、55歳の手習いではあるが、料理を学ぶことにした。
全くの素人である。料理と言っても、魚を捌くことくらいしか出来ない。
突然スペイン料理が食べたくなった。
アヒージョだ。
2回くらいしか食べたことないのに。

ニンニクに芯があって、それを取らないと苦味がでるとか、全く知らないことばかり。
しかし今の世の中、ネットが教えてくれる。
パプリカパウダーとか、謎の物もある。

慎重に計量して、
「エビと牡蠣とトマトのパプリカパウダーとチリパウダーによるピリ辛アヒージョ」
が出来た。

美味い。
人生で初めて料理らしい料理を作ったが、こんなに上手くできるとは。
ネットによる情報とパプリカパウダー、チリパウダー、乾燥パセリなどの香辛料の流通の進化の賜物である。
感動した。
あまりにソースが美味いので、残ったソースにパスタを入れて食べたが、これもいい。

今度はパエリアとアクアパッツァに挑戦だ。

copperdesk20 at 17:24|PermalinkComments(0)mixiチェック 料理 

2018年01月13日

北海道の温泉9 千歳 祝梅温泉

syukubai

超穴場。

知る人ぞ知る、千歳ディープスポット。廃墟系秘湯。
私自身、この近くの「日の出町」に住んでいたのだが、知らなかった。

祝梅にこんな道があったのか?と思わせる、廃棄物の山の間に、かろうじて通れる道を進むと、倒れた巨大ボーリングピンがある。

噂の「祝梅温泉」だ。

民家の居間を通るような感じで階段を下りると、茶色いモール泉がある。
熱い。45°前後か。
しかし、かなりいい湯だ。

小樽から通っているという常連さんと話をしたが、湯の温度は日によって違うとのこと。
「小樽から通う価値がある。」とおっしゃっていた。
しかも長橋から。
長橋は変な人が多いのでは、と少し不安になる。

syukubai2


窓の外には、もう少しで美しくなったかな?という中途半端な池もある。
結構大きい池だ。
入り口にある、看板代わりに作られた巨大なボーリングピンが倒れている事を鑑みると、経営者は行楽地のようにしたかったけど、少しやる気がなかった。
そこも良い。

民家の居間のような受付には、何故か野菜が売っていた。
安いから買ってみた。美味かった。





copperdesk20 at 19:49|PermalinkComments(0)mixiチェック 北海道の温泉 

北海道の温泉8 ニセコ 五色温泉旅館

gosiki

五色に変化すると言われる美しい温泉。
五色温泉には、道を挟んで「五色の里 ニセコ山の家」と「五色温泉旅館」がある。
私は「五色温泉旅館」の別館に宿泊する。
ここは湯治場的な雰囲気を持ち、自炊のための炊事場が解放されている。

夏は庭でBBQをする事も可能。
浮き世を離れ、涼しい高地でやるBBQは気持ちがいい。
gosiki3


腹が満たされたら、ニセコ連峰を眺めながら露天風呂に入る。
至福。
gosiki2



copperdesk20 at 19:14|PermalinkComments(0)mixiチェック 北海道の温泉 

2018年01月01日

北海道の温泉7 ニセコ昆布温泉 鯉川温泉

f99425fb

ニセコにはたくさんの銘泉がある。新しくて清潔感のある湯もあるが、主観的ニセコNO1は「昆布温泉 鯉川温泉」だ。
温泉も建物自体も枯れた味わいを満喫できる。

2017年から宿泊はできなくなったが、日帰り入浴でも十分その良さは堪能できる。
c10ef638


ここに来たら是非、温泉卵を食べていただきたい。温泉卵自体は珍しくないが、ここのは何故か旨い。
eb39c0de


ニセコの温泉は、外国客が増えている。
彼らも入浴の作法に関しては気を使っているようで、少し緊張しながら入っているのが微笑ましい。

copperdesk20 at 07:46|PermalinkComments(0)mixiチェック 北海道の温泉 

北海道の温泉6 知内温泉「ユートピア和楽園」

4812ebc9

北海道最古の温泉と言われる。
「上の湯」「下の湯」と名付けられた男女別の内湯2か所と、素朴な「混浴露天風呂」がある。

道南、特に海沿いの温泉は、漁で体を冷やした漁師が利用するため、熱湯が望まれると言われている。

特に「混浴露天風呂」は47℃程の激熱湯だった。(ただし日によって変わるらしい。)
熱すぎて誰も来なかったので気に入った。

5b5cec04

「上の湯」「下の湯」も風情がある。
泉質も素晴らしい。
火傷や胃腸病への効能の高さから湯治場として栄え、現在でも湯治場として多くの人々が訪れているとのこと。
68f3fd30

近くにの福島町に「横綱千代の山・千代の富士記念館」がある。
ここもおすすめ。

copperdesk20 at 07:13|PermalinkComments(0)mixiチェック 北海道の温泉