2018年09月22日

シェッタガーリアコンサート SOLD OUT!

2018.11.4
シェッタガーリアワンマンコンサート
SOLD OUT!

予約が定員に達しましたので,打ち切らせていただきます。

予約していただいた方には心より御礼申し上げます。

今年も椅子席をご用意しています。

当日券は発売いたしません。ご了承下さい。
IMG_0130


copperdesk20 at 16:53|PermalinkComments(0)mixiチェック ライブ 

2018年09月20日

シェッタガーリア Tシャツ 工藤ワビ良平デザイン

C254B35C-788A-46C7-AB4E-1AB43D113E9B


私が小樽から札幌に拠点を移して音楽活動を始めた時、技術的には小樽にも上手い人は沢山いたのだで、札幌で上手なミュージシャンを見てもそんなに驚かなかったが、センスという意味では札幌には驚くべき人々がいた。

アート、グラフィック、映像、演劇、そういった創造的なシーンそれぞれに、異彩を放つ人がいた。美術系や服飾系の専門学校もあり、北海道中からセンスの塊みたいな人が集まって来るのだが、その中でも飛び抜けて、飛び抜けて、飛び抜けてカッコイイ男がいた。

工藤ワビ良平。

ミュージシャンとしても、ただ者ではない独自の存在感を漂わせ、ファッションでも札幌おしゃれ番長として君臨していた。オサレ界隈で良平ちゃんを知らなければ、もぐりだろう。

その後、株式会社デザ院を設立し、ワビサビ wabisabiとして数々の重要な賞を受賞し、世界的な世界的デザイナー先生になってしまったのである。

あのヨージヤマモト先生の新ブランドs'yteでTシャツをコラボレーションしたりとか、もう、やりたい放題なのである。

おしゃれ番長、工藤ワビ良平ちゃんが、シェッタガーリアのメンバーになった訳だから、小樽商人、私ミミ山田が放って置くわけがない。

早速11月4日のコンサートで工藤ワビ良平ちゃんデザインのシェッタガーリアTシャツを販売予定です。売り切れが予想されます。
通販するかどうかは未定です。





copperdesk20 at 20:00|PermalinkComments(0)mixiチェック ライブ 

2018年09月14日

いよいよ予約開始!

シェッタガーリア ワンマンコンサート

2018.9.15 13:00より予約受付開始!
予約は shettagarlia@gmail.com にメール下さい。
(ライブ名、お名前、枚数、電話番号をお書き下さい。)

24時間以内に返信がなかった場合,08040440092にお電話下さい。

2018.9.15のdrownerzライブ会場でも、直接受け付けします!


「マノン・レスコーの物語 Histoire de Manon Lescaut 」

新ベーシスト 工藤“ワビ”良平 加入!
ゲストバイオリン 小林かおり 参加!
2017.11.5 ライブDVD 会場限定販売 2500円!

2018.11.4日曜日
18:00開場 18:30開演
前売、予約3000円/当日3500円
(いずれも別途ドリンク代500円必要)
ベッシーホール
札幌市中央区南4条西6丁目8-3
晴ればれビル

主催 オフィス観音011-766-7224
予約 shettagarlia@gmail.com
又は オフィス観音HP
予約開始 2018.9.15 13:00より
2018shetta1
2018shetta2


copperdesk20 at 19:07|PermalinkComments(0)mixiチェック

2018年09月11日

シェッタガーリアライブ 予約受付について

シェッタガーリア ワンマンコンサート
2018.9.15 13:00より、いよいよ予約受付開始します!
この日はちょうどdrownerzのライブなので,ライブ会場でも、直接受け付けします!
御来場の方は直接お申し付け下さい。

DZ0915_02



シェッタガーリアワンマンコンサート
「マノン・レスコーの物語 Histoire de Manon Lescaut 」

新ベーシスト 工藤“ワビ”良平 加入!
ゲストバイオリン 小林かおり 参加!

2018.11.4日曜日
18:00開場 18:30開演
前売、予約3000円/当日3500円
(いずれも別途ドリンク代500円必要)
ベッシーホール
札幌市中央区南4条西6丁目8-3
晴ればれビル

主催 オフィス観音011-766-7224
予約 shettagarlia@gmail.com
又は オフィス観音HP
予約開始 2018.9.15 13:00より

copperdesk20 at 15:41|PermalinkComments(0)mixiチェック

2018年08月23日

シェッタガーリア 2018 チラシ

2018shetta1
2018shetta2

今年も色々構想を練っています。
ステージも物販も。

お待ちしています。


copperdesk20 at 22:16|PermalinkComments(0)mixiチェック ライブ 

2018年08月08日

シェッタガーリア 2018.11.4

https://youtu.be/FYZlazzWGoY

シェッタガーリア ワンマンコンサート
「マノン・レスコーの物語 Histoire de Manon Lescaut 」

新ベーシスト 工藤“ワビ”良平 加入!
ゲストバイオリン 小林かおり 参加!

2018.11.4日曜日
18:00開場 18:30開演
前売、予約3000円/当日3500円
(いずれも別途ドリンク代500円必要)
ベッシーホール
札幌市中央区南4条西6丁目8-3
晴ればれビル

主催 オフィス観音011-766-7224
予約 shettagarlia@gmail.com
又は オフィス観音HP
予約開始 2018.9.15 13:00より

copperdesk20 at 12:18|PermalinkComments(0)mixiチェック ライブ 

2018年07月23日

怒髪天「夷曲一揆」とシェッタガーリア

E22EA837-52E8-4F65-8979-7E410860F6CE

怒髪天の新譜「夷曲一揆」は聞きましたか?
演奏、楽曲共に脂の乗りきった バンド絶頂期と思える名盤です。
特に7曲目の「ゴミ集積所の破落戸」は、シェッタガーリアをご存知の方には是非聴いて頂きたい。
思わず、ニヤリとするばず。

超オススメ盤です。是非ご購入を!


copperdesk20 at 13:36|PermalinkComments(0)mixiチェック ライブ 

2018年07月02日

太陽が満ちる日

0996F1A6-CA39-484C-8008-56419613C2F4

マダムエドワルダとは1987年新宿クロコダイル以来の邂逅。31年ぶりか。
今回はZINさんはじめメンバーとゆっくり話せて良かった。有名バンドなのに素晴らしい人柄の人達。不思議なことに、なんか癒されたわ。
ギターの人は若くて顔が小さくて可愛いかった。めっちゃ身体触っておいた。
ZINさんとは、今度はマダムエドワルダとシェッタガーリアで、東京と小樽か札幌でやろう!と話が盛り上がった。実現するかどうかはわからないけど、想像すると楽しいじゃない。

Golden Flowersには痺れたね。
サイケでヒッピーなムードを漂わせながらも自己満足に陥らず、古臭さも感じない。
楽曲とアレンジが良いから。
最近知ったバンドでは抜群!

リドルはもう、戦友のようなものだから。
みんないろんなものをかかえながらバンドをやっているわけで、お互いの人生の一部を共有しているような感覚があるな。

今回は薩摩君と話せて良かった。
ペルシャ時代から何度も共演してるんだが、実はあまり話したことがない。ピーちゃんもマレオ君も。
別に仲が悪かった訳ではなく、当時のバンドどうしってそんな感じだった。
お互い尖がってたからね。若かったんだよね。


copperdesk20 at 18:38|PermalinkComments(0)mixiチェック ライブ 

2018年06月19日

郎平 シェッタガーリア アコ ライブ

9D990EC3-DFB2-411D-859E-15D3BE143250

E7064AE1-A687-4E8C-A0BC-417F7C8DE492

227D5EAB-A332-454E-A81C-B74A4ECF4395

御予約は

shettagarlia@gmail.com

お名前、ライブ日時、チケット枚数、ご連絡先(ご住所・電話番号・メールアドレスなど)をご記入の上、お申し込みください。

copperdesk20 at 16:04|PermalinkComments(0)mixiチェック ライブ 

2018年04月16日

KIYO「The Psyche」

8442346C-9E43-4E61-B6EE-C831AB6CD91E

シルバーバック、元スラングのギタリスト「KIYO」さんのソロアルバム「The Psyche」を聞いた。

この衝撃作は札幌ミュージックシーンの歴史的傑作だと言えよう。
まず驚くのは、このアルバムはクラシックでもジャズでもロックでもない、あらゆるジャンルを超えた唯一無二の音楽だということ。
特にコード感が独特で素晴らしい。

私はロックシーンが古典芸能化してきたことを危惧している。ジャンルに縛られ独創性を失った者に未来はない。そんなシーンに波紋を投じた作品だ。

それぞれの楽曲も優れている。
やはりタイトル曲「The Psyche」が白眉だ。
メロディ、リズム、コードのどれもが独創的で凄い。
タイトル曲以外も、どの曲も優れたメロディがあり、アレンジにも様々な工夫やトリックが施されている。

又、録音の状態も良い。
ギターだけの録音は難しいものだが、芯のあるシンプルな音が録れている。
飽きの来ない、ずっと聞いていられる良い音だ。

静かな作品であるが、音楽家KIYOさんの集大成であり、人間性も垣間見ることができる。
音楽を作るというのはこういうことだと思い知らされた気持ちである。

copperdesk20 at 00:01|PermalinkComments(0)mixiチェック ライブ