2008年03月27日

銅、相場の話題

古代史の「謎」に光 甘粛省で西夏文字の将棋の駒発見

【送料無料】☆NIPPO レールコンセント 木棚埋込み用 700mm ブラック RCF700BK
 中国新聞社によると、甘粛省武威市でこのほど、西夏文字が刻まれた製の将棋の駒が発見された。西夏の文化や娯楽など生活を研究するための貴重な資料として注目を集めている。

 駒は円形で直径2.5センチメートルで厚さは0.4センチメートル。両面にそれぞれ西夏文字と漢字の「士」が刻まれている。西夏文字が記された将棋の駒が発見されたのは初めて。

 将棋の起源はインドで発生したチャトランガというゲームで、欧州に伝わりチェスになり、中国では「象棋」になり、さらに朝鮮の「チャンギ」、日本の「将棋」になったと考えられている。

 チャトランガからチェスに至る「西ルート」では、具象的な彫刻で駒の種類を区別する。

現在、モンゴルに伝わる将棋の「シャタル」も同様。一方、中国では「文字」を記すことで駒の種別を表すようになった。今回、発見された西夏の将棋の駒も、中国文化の影響を受けていると考えられる。

 西夏は唐代(619−907年)初期から勢力を拡大したチベット系のタングート族が1038年に建国。首都は興慶(現・寧夏回族自治区銀川市)。一時は中国北西部を中心にかなり広大な領土を得たが、1227年にモンゴルに滅ぼされた。

 西夏文字は11世紀に作られた独自の文字で、20世紀後半に日本の西田龍雄などによりほぼ解読されたが、まだ不明が点もあるという。(編集担当:如月隼人)

■関連ニュース
・ 秦代の大規模遺跡発見、周囲は「盗掘村」で乱闘発生 (2008/03/18)
・ 四川で漢代の井戸を発見、大規模遺跡の可能性も指摘 (2008/03/17)

■関連トピックス <  社会>文化・科学>文化・芸術  > <  地域>西部>甘粛  >

■関連動画  中国50箇所の映像を見る
(引用 yahooニュース)






<% amazon %>



銅板 (厚み2.0mm)【ブラス&カッパー】

銅板をお探しならこちら。
サイズ種類、多数あります。
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)