2007年11月17日

「自己組織化する分子」の作成に成功:「生命」との関連は

通常価格 283,500円TOKIOetTOKIお仕立て上がり正絹高級創作訪問着「鴛鴦花ノ丸紋」(新古品)
Brandon Keim 2007年11月08日
表面上にある、分子コンポーネントの構造。分子の「自己選択」によって2つのサイズに整理されている。分子の列の間の距離は約1ナノメーター(このキャプションは、プレスリリースより)
Photo Credit:Forschungszentrum Karlsruhe und Max-Planck-Institut fur Festkorperforschung Stuttgartナノテクノロジーの研究室で「進化」を作り出す研究者たちは、いつか本物の生命を誕生させることができるだろうか?この疑問が頭に浮かんだのは、ドイツのナノテク研究者らが、組織化された行動をとるようプログラムされた分子を設計したという情報を目にしたときだった。

不規則に配置されると、これらの分子は自ら、ある配列に並びなおしたという。問題の論文は、『米国科学アカデミー紀要』(PNAS)で発表予定だが、まだPNASのウェブサイトには掲載されていない。論文発表に伴うプレスリリースには、詳細に書かれている部分と、がっかりするほど説明の乏しい部分とが混在している。そもそも、一体それがどんな分子であるかも書かれていない。マックス・プランク研究所とカールスルーエ工科大学(KIT)の研究チームによる「設計」――まさに「知的な設計(インテリジェント・デザイン)」だ――がどんなものであるかについては、分子に対して大きさ順に並ぶよう命令を与えたということしかわからない[「インテリジェント・デザイン」とは、生命や宇宙の精妙なシステムが、知性ある設計者によって設計されたとする説]...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)






<% amazon %>


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

銅板 (厚み2.0mm)【ブラス&カッパー】

銅板をお探しならこちら。
サイズ種類、多数あります。
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)