2008年01月29日

しろぼんねっと

すみれ『 しろぼんねっと 』という保険診療点数表検索をする医療従事者支援サイトで、最近、勉強しています。
診療行為別に点数表の解釈および点数を掲載していますが、医療関係者でも、よく読まないと解釈が非常に難しいし、具体的にどうやればいいのか、運用を含めて考えていかないと、実用的ではありません。
医師電子カルテになってから、医師の業務が煩雑になっていて、負担を軽減できる方策を提案しないことには無理だといわれます。
診療科ヒアリングを行っていると、診療報酬の勉強と臨床の現場を正しく理解しておかなければいけないと、つくづく感じます。
ヒアリングで話してくれる先生たちは、本当に誠実に診療を行っていると感じます。それがゆえに 経済的なことにタッチせずに、何をどこまでやれば点数化できるのかを理解できないまま、日々の医療行為を行っていて、何だかもったいないという気がします。価値があることを知っていれば できることも 多くあります。
臨床効果だけでなく、経済効果も考えて、患者満足度が向上することができれば、それが一番いいことです。

 

 


coralfish364 at 22:48│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔