こらそん保育園

自家製のベーコン、生ハム、ソーセージがある

京都一乗寺の『焼肉屋いちなん』のブログ。

炉開きのこと。

twitterでつぶやく
Check
炉開きの日は「おめでとうございます」とご挨拶をすることと、ぜんざいがいただけることは覚えていたが、炉のお点前はすっかり忘れておりYouTubeで予習してから出かけたのである。でも、やはり45点。手や体が自然に動くよう、またいちから稽古に励みたい。終盤に建水を持って水屋に下がるとき、和服の女性がひっくり返ってしまう、映画のあのシーンが思い出され恐怖した。多分、今後も呪いのようにここで同じ回想をするだろうが、私の最重要ポイントでもあるので気を引き締めることだ。ところで、この日もごいっしょに稽古をしていただいた方に、私のスマホにあった古い写真をお見せしたところ「あら、父です。若っかいな〜」とその和尚さまを指さしてお笑いになった。親しい方々とともに母が大徳寺を訪れた時の写真である。50年ほど前になるだろうか。

84D96A13-AC48-456E-90FF-A5B6B2A604A6

61C74555-B597-4095-AB3D-5D73E0E1C5CE

E2E709FC-9341-450B-8DB3-A6DEAA377C6F

9EEE72AE-FBA6-4F90-9904-FC7C633C77CE

7462164E-99EA-40D3-8D3F-1ECAD371FA04

7E68BF7E-5323-4023-83D5-5841BB2D3770

2FC287D0-E0EC-4ACA-BA4F-30E8634FA55F

2E5E9F2B-4BFA-4AA9-A2A0-A8D25963AE29

85820F85-0566-4B96-902A-5391C2EC330F

日曜日のこと。

twitterでつぶやく
Check
自分で作ったのがいちばん!ソーセージを売っている人は多分そう信じているはずで、私もここのサルシッチャを知るまではよくそんな勘違いをしていた。ところが、いまはこの『サルシッチャ入りパニーノ』を定期的に食べないと気が狂いそうになるほど惚れ込んでいる。今回の山椒入りは香味がまたずば抜けていたので聞くと、種を抜いて軽く乾燥させているとのこと。とても真似できない。

ソーセージのあとはたこ焼き屋さんの名店2軒をハシゴした。日曜日だけれど、夜は台風24号が来るらしいから飲んでしまえ、となったのだ。あまりにレベルの高いソーセージに、少しヤケになっていたのだとも思う。

◆サルシッチャ!デリ
http://salsicciadeli.kinugoshi.net/
◆タコとケンタロー
http://beacon-kyoto.com/spot/S0000000846.html
◆みはし屋
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/yoko-nagao/17-00077

72E1164B-C089-4B86-8590-46C96F9F9DF4

D9729868-9CDB-4EBF-AF9F-F1794F03A008

今朝のこと。

twitterでつぶやく
Check
いっしょ行こうかと半分冗談で言ったら、嫌がらないので今朝は久しぶりにふたりで登校したのだ。ランドセルは叡電の踏切を渡るまで私が持った。5年生の2学期である。凛ちゃんは練習中の騎馬戦の話をした。運動会では担ぐ係になるそうだ。先日の参観日では、4時間目の算数をみて帰ろうとする私を強引に引き止めるので、給食と昼休憩を挟み5時間目の道徳まで、結局3時間も学校にいた。私はさて、誰に礼を言えばいいのだろう。

65C8CE28-C0BB-4417-B827-04235BE16339

933C4006-480F-4743-BD01-1DEEC62FD5A2

本日より営業再開。

twitterでつぶやく
Check
1EBD5030-039B-4D0B-A369-5FC1D975BE09
東京研修中の暴飲暴食で、体重が70kgを久し振りに超えてしまったが、思いのほか楽に走れた。北山大橋で折り返すつもりが、西賀茂大橋まで行く意欲が出たこともうれしい。ちょうど15km、気温が低かったこともあるだろう。8月は15日から31日まで17日間も休んでしまったが、今日からめでたく営業再開だ。
5A60E10F-1298-4539-ABA0-ED32078EDCB9

出雲路橋のこと。

twitterでつぶやく
Check
スピードは少しも出ないけれど、ノロノロと北山大橋までを走る。出雲路橋の行きは西を、帰りは東を通るのだが、そこへ来ると私は必ず母のことを思い出す。この橋のそばのベンチに腰掛けて、母と過ごした時間のことだ。母は生家に近い東詰よりも、橋を渡った西岸のベンチに座り下鴨を眺めるのを好んだ。ここから見る比叡山と大文字がいちばんだと讃え、少女時代の思い出を語った。

疲弊しきったときに心の拠り所になるのが信仰で、その祈りの対象を神と呼ぶなら、走っているとき母は私の神である。
9017AB32-E79B-4A6F-AE2F-AD2B10A7318C
F95EF8D7-CC79-4800-A359-4DE3025DC052
F2029CCB-D905-40A2-9D69-392C335F96FB

交通トラブルのこと。

twitterでつぶやく
Check
京阪の事故のため、私が乗った車両も枚方市駅で止まってしまった。運転再開は未定らしく、駅員のアナウンスに従い同駅から京阪交野線に乗り換える。このひと月で事故による乗り換えは二度目である。河内森駅で下車し河内磐船駅まで5分ほど歩き、JR片町線で大阪天満宮駅まで行く。そこから再び徒歩で地下鉄南森町駅に向かい、二駅目の谷町四丁目に到着。15分の遅刻で済んだのは、大阪に詳しい友人からLINEで経路情報を送ってもらっていたからだ。まことに便利な世の中だ。

製品の異物混入についての今日の話が興味深かったのは、講師が元生活協同組合のクレーム担当で、ご自身の体験談が中心だったからだろう。同窓生の告別式に出るため、11時半に早退する。

7EB38DAA-B13F-4FA7-8A1A-2A0F6EBE69E9
4E7A5E19-A878-4D69-9577-BBD1D1BC9589

柊本くんのこと。

twitterでつぶやく
Check
10時前に病院に着いたのだが、柊本はシャワー中らしく病室にはいなかった。日曜日の病棟は静かで、ベッド脇の小テーブルには、問題集の解答を筆記したような用紙がある。京都検定を受験すると前に聞いたが、きっとその勉強だろう。

大腸ポリープを取って入院5日目。今朝、こんなメッセージが届いたので高槻病院へ会いに来たのだ。脳卒中で倒れたのは一昨年で、リハビリに励んでいる最中にまたである。「けど今回もついてるねん、定期検査で見つかったうえに良性、しかも奥の方じゃなかったんよ」彼はいつも明るく前向きで「こんなのは手術とも呼ばない、と先生から聞いたので腹筋したら下血して叱られたわ」そして、無茶をする。

数年前に鴨川をランニング中の柊本とよくすれ違った。すでにフルマラソンを数度経験していることや、老いた母の世話をしている話を私はいつも感心しながら聞いた。脳卒中で半年間入院したことは後に知るが、ようやく歩けるようになったからと、宝ヶ池のドルフで会ったのは昨年の5月のことだ。左半身に麻痺が残り杖を支えに歩く彼に、けれども悲壮感は不思議なほど感じなかった。「病気になって初めて知ったことが多くある。リハビリして、できることが少しずつ増えることもおもろいで」私が断食とフルマラソンに挑もうと決意したのは、柊本と会ったその日である。「必ずまた走れるように頑張るから、そのときは頼むで」私が激励されたように思えたのだ。

柊本の旧知の3人が先日来店したことや、桃井が亡くなり葬儀が明日あることなどを伝えた。そして、2月にフルマラソンを初めて走ったのだが、それは君のおかげで感謝する、と言うと彼は私の手を握りありがとうと笑った。京都駅にもどりまだ昼前だったが、私はひとりで痛飲した。

AD72CE17-FEB8-4A55-A910-53F04A8B2B96
683C965F-313B-4AC4-8B06-291F61C6B3E8
D33C6A0A-5748-4FEC-BD14-2F18993632CC
ADD9F9CD-5EFE-446B-9036-283619926A37
544D5DB0-8E1E-4EBB-91F9-DCEA5C2489F6
D07D1051-EE42-43C0-866E-7A6D5193970A

金曜日のこと。

twitterでつぶやく
Check
早起きてをして講習会に出かける前にソーセージを仕上げたのだが、茹で上がりを見てがっかり。リン酸塩を使わず弾力を出すのは、思った以上に難しい。無添加ソーセージを自在に作れるようにもなりたいのだが、まだまだだ。

「金曜日だからいいじゃないですか」との誘惑に負けて、お昼は例の99円のハイボールをいただいた。日本食品衛生協会に見つかったら、資格どころか試験さえ受けさせてもらえないかもしれぬのに。ずっと気になっていたことを思い切って実行してしまうのは、だけども気分がいい。

夕方、一乗寺に帰り急ぎ足で恵那くの前を通り過ぎようとしたら、スタッフと目が合ってしまった。6時5分前だが、ビール1本だけと誓い席に着く。店主の谷口さんは「しんちゃんひとりだけで大丈夫ですか」など言いながら、頼みもしない『冷やし魚介つけ麺』を試作中だからと言ってふるまってくれた。特製麺に魚介スープ、鶏チャーシュー、すべて夏仕様のあっさり味で、ぜひすぐに商品化してほしい絶品だった。「まだ内緒ですよ」と言われたけどもう我慢できないのだ。

◆つけめん 恵那く
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260303/26016477/

69AC7EE3-A0B2-48A1-91A6-FEE43B34D4E5
6917A13C-C527-4FAE-84F9-12006C0D0ADA
2BCD12A0-43CB-4164-B932-8EE6D834A8C7
55831AB1-FFAB-4FEF-9188-79930D9A629B
85B6356D-591C-4A78-83C0-08D460EF6B13

ソルロンタンラーメンのこと。

twitterでつぶやく
Check
ずっと気になっていたソルロンタンラーメンのお店に行ったのは、いつもより涼しく感じた木曜日。「3人か、すぐ席作るし入って待ってて!」パワフルなアジュマはそう叫ぶと、先に座っているひとり客を強引に相席させて私たちの席を作ってくれた。インスタントのがあるのは知っていたが、自家製のソルロンタンラーメンをうち以外でいただくのは初めてなので期待は高まった。

しばらくして、保温性の高い韓国製のステンレス鉢で出てきたのは、まるで私が作ったかのような雑な盛付けのもので、純白の乳化スープでもなく麺も冷麺用のそれだったが、深みのあるスープは予想よりはるかにハイレベルで、私は一滴も残さずに飲み干してそして唸った。「ソルロンタンは初めてか?何時間も炊きながら、浮いた油はじぇんぶ捨ててるから美味しいねん」。私は牛脂もいっしょにスープと乳化させる派だが、こちらは「取る派」でだから店名もそこからきているのかもしれない。

たいへん美味しかったです、お店を出るときに名刺を渡すと「京都の人か、ここに電話しもていいのか」とおっしゃる。はい、また来たいです、と言うと「その時はバスで来て。たくさん人を連れてやで」と規格外のセリフが返ってきた。大阪、いや韓国人から学ぶものも多い。

◆トルファン
https://s.tabelog.com/osaka/A2701/A270104/27083348/top_amp/
D3441410-A8D1-413E-85DA-A58FDCB2DE95
0E924326-6BAF-4006-B785-18892C9C3F88
FFD7ECCA-C69D-4530-9D6E-DD99252CDE37

オフィス街のランチ

twitterでつぶやく
Check
お弁当やコンビニ食の人もいるのに、谷町四丁目の有名店を食べ歩く贅沢な日々を過ごしている。今日はミシュラン推薦の洋食屋で極上のカレーをいただき、食後は専門店で香り高いコーヒーを楽しんだ。夏野菜をソテーして添えるカレーが好きだ。小さい店だのに、引き締まった空気の流れる喫茶店も魅力的だ。

どこで何を食べたかはすべて記録しているが、授業は少しも頭に入っていない。最終日にある試験はさて、いったいどうなることだろう。落第したら当日再試験らしいが、一発で終えて昼飲みしたい。ULUCUSの秀ちゃんは、今日は私が起きている時間は寝ていなかった。

DCC1CD9C-085D-43FE-9046-FADF104A2CBA
72358ECB-69FB-425B-A6C5-CDDB156D5639
5F39B3C2-6141-4DD6-AF2F-77467999703F

◆洋食家 ふじ家
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27012521/
◆珈琲館 えんの森
https://s.tabelog.com/osaka/A2701/A270104/27066839/top_amp/
情報発信型出会い系変態焼肉店
店主のつぶやき
月 別
ブログ内検索
お店の情報
有難い過去のコメント
  • ライブドアブログ