爆ちゃんのふくしまグルメ放浪記

原発事故での風評被害にもめげず、県内に留まり、懸命に頑張っている飲食店を中心に綴っています。福島県には美味しいものが沢山あります。愚生の口コミや画像が一助となり、福島の地を訪れ愉しんで頂ければ幸甚の極みです♪

「相模屋食堂」の記事を以て食べ歩きブログは憩息いたします!


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあればメールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

sagamiya10
 二本松市(旧岩代町)小浜中学校近くに在る「相模屋食堂」。二代目店主の名前が「勝」ということでカツ丼は「勝どん」という名前が付いている。安倍首相も政権奪回した際に食べた縁起の好いカツ丼です。画像はその名代の「カツ丼(勝どん)」

sagamiya3
「カツ丼」。普通はお重で出されます。愚生の場合、特別に丼ぶりで出して貰うことが多い。お重より丼ぶりの方がご飯の量が少ないのだが、やっぱり丼ぶりからはみ出してるアノ感じが好きだ。出来ればお新香は丼ぶりの上に置いて欲しい(笑)

sagamiya2
「カツ丼」は、蕎麦屋のタレで煮込んだカツ丼ではなく、ラーメンスープで煮込まれたカツ丼。上に乗ってるのは三つ葉やグリンピースではなくニラっていうのがまた好い。肉も程好い厚さで、食べ応えあり。値上げされたがそれでも750円は安い。

sagamiya1
「政宗ラーメン(600円)」。みそ味のラーメンに目玉焼きが入ってます。何故に政宗かといえば、その昔、ここ小浜城には若き伊達政宗が居城していたという由来から。

sagamiya
「ラーメン(450円)」は、豚骨と鶏ガラを中心に採ったスープが自慢の昔ながらの中華そば。初代の頃とは微妙に違うがどこか懐かしいホッとする味わいです。

DSC_6208
「ホルモン定食」。 ホルモンは甘辛い濃い目の味付けでご飯やビールにバツグンに合います。みそダレを変えたらしいが、まぁ昔ほどではないが十分に美味しいです。ここは県内産のコシヒカリの一等米をガス釜で炊いているのでご飯そのものが美味い。

sagamiya6
「焼肉定食」の焼肉の味付けもかなりイケてます。

sagamiya9
「カツ煮」。これでビールは至福のひと時(笑)

sagamiya4
 メニューはこんな感じ。これぞ大衆食堂といった良心的な値段です。

sagamiya5
「相模屋食堂」のカツ丼は、幸運を呼ぶカツ丼としても地元で評判らしい。まぁ「ソースカツ丼」は普通だと思うが、煮込みカツの「勝どん(カツ丼)」は味、値段ともに文句無しの逸品。先日、ユーチューブを見てたら、若手落語家がこのカツ丼を食べて「地元のソウルフード・・・ん~至って普通のカツ丼」と評していたが、自分で支払いもしないからこの価値が分からないのだろう。腐すのが得意な立川流らしい(笑)

※原発事故での風評被害にもめげず、県内に留まり、懸命に頑張っている飲食店を応援しようと始めた食べ歩きブログですが今回を持ちまして憩息します。また再登場した際には笑ってお付き合いください。皆さん、ありがとうございました!


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあればメールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

【相模屋食堂】

 営業時間 11:00~

 定休日 月曜日

 TEL 0243-55-2150

 住所 福島県二本松市小浜反町10

 店の場所はこちらをクリック➡https://yahoo.jp/1AMU-h

二本松市安達の蕎麦屋「蕎麦音」の極上せいろ


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあればメールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

DSC_6269
 二本松市安達町、JR安達駅から数分の場所にオープンした「蕎麦音(そばね)」。何やら蕎麦を啜る音や、蕎麦打ちの音など、蕎麦に関わる心地好い音をイメージして名付けられたという。極上の手打ち蕎麦が自慢で、細身で冷たく〆られた蕎麦は見栄えも味も絶品。どれもレベルの高い蕎麦に仕上がっています。画像は「田舎せいろ」

DSC_6270
「田舎せいろ」。硬派な田舎蕎麦とは別物で、やや色黒の角の立った細身の蕎麦。蕎麦音せいろとは違う産地の蕎麦粉を使い、品の好い田舎蕎麦に仕上がっています。

DSC_6271
 店名が冠された「蕎麦音せいろ」は、色白で細身の更科蕎麦。〆方も好く、食感、のど越し共にバツグンです。かえしは削り節の魚のえぐみがちょっと気になる。

DSC_6272
「蕎麦音せいろ」。蕎麦は細身だが冷たく〆られた蕎麦は歯ごたえ、のど越しが実に心地好い。値段も手ごろで、量も多く、十割ではないが美味しい蕎麦です。

sobane
「海老天せいろ(大盛り)」。せいろの大盛りは板蕎麦風に提供されます。

sobane1
「海老天せいろ」の天婦羅。揚げ方も好い感じです。

DSC_6273
「蕎麦音せいろ」を注文したら、山葵は自分ですり卸すスタイル。卸したての山葵はバツグンの香りだが、蕎麦が直ぐに運ばれて来たので、蕎麦は表面が乾く前に一気呵成に啜りたいし、卸すのが気忙しい。山葵だけでも早めに提供して欲しいと思う。

DSC_6263
店の前に置かれた立て看板。メニューの手作り感が好い。

DSC_6264
 オープンして間もないので外観や店内とも綺麗です。夕方からは蕎麦はもちろん、刺身や自慢の酒肴で店主選りすぐりの酒が頂ける。蕎麦屋はやはり蕎麦前を楽しまなくちゃ醍醐味は薄れる。ということで、次回はのんびりと電車で行って蕎麦前をいろいろと楽しんでから、〆に蕎麦と行きたいと思っている。通し営業でやってくれればありがたいのだが、聞けば休憩があるとか。まあ、当たり前か(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあればメールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

【蕎麦音 (そばね)】

 営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00

 定休日 火曜日

 問い合わせ 0243-24-6160

 住所 福島県二本松市油井字背戸谷地20-8

 店の場所はこちらをクリック➡https://yahoo.jp/VeIuBz

「たいへいラーメン」のメニュはどれもボリューム満点


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあればメールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

DSC_6288
 国道49号線とインター線の角に在る「たいへいラーメン」。メニューのどれもがボリューム満点で、しかも美味い。厨房には店主と奥さんだろうかフル回転で鍋を振っている。接客や盛り付けなどは他のおばちゃん二人がやっている。画像は「かつ丼」

DSC_6287
「かつ丼(御飯少なめ)」。ここはチャーハンやみそタンメンが人気だが、かつ丼マニアの愚生としてはやはりカツ丼は外せない。揚げ立てのカツをラーメンスープで甘辛く煮込んだ愚生好みの味わい。肉は薄めだが、ラーメン店らしいコクのあるカツ丼です。

taihei
「チャーハン」。たいへいラーメンというとこのチャーハンが有名で、シンプルな具材と味がクセになる。ボリューム満点。残念ながら半チャーハンはありません。

taihei1
「みそタンメン」。これが一番人気だろうか。ボリューム満点で盛り付けも豪快。炒めた野菜が香ばしいコクのあるスープ。麺も中太のモチモチ手打麺。食えども食えども中々減りません。周りを見れば皆さんぺろりと平らげてるのには感心する。

taihei2
「タンメン」。みそタンメンと同じくボリューム満点。突出して美味しいという訳ではないのだが、ホッとする味わいで、それがまた食べたくなるのだろう。

taihei3
「焼きラーメン」。焼きラーメンというから九州博多の焼きラーメンの様なものかと思っていたら、あんかけの載った普通の五目焼きそば。ただ違うのは手打ちの中太平打ち麺をカリッと焼いていて、その食感はクセになる味わい。これも人気の一品です。

taihei4
「餃子(単品350円)」。見た目が如何にも美味しそう。カリッと香ばしく焼かれていて好い感じです。サイドメニューに好いが「餃子定食(570円)」もあります。

DSC_6284
 麵類メニューはこんな感じで、細麺もあります。

DSC_6283
 御飯類のメニュー

DSC_6286
 国道49号線からこの「たいへいラーメン」というチョッとセンスの無い看板を目にした人は多いだろう。どう見ても旨そうなラーメン店には見えないが、どっこい市内でも人気の食堂なのだ。駐車場は裏に在り、正面入口より裏口から入ってくる人が多いです。営業は11:30~だが、早めに入れてくれたりと気遣いも有り難い。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあればメールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

【たいへいラーメン】

 営業時間 11:30~15:00 17:30~22:00(日祝日は通し営業)

 定休日 木曜日

 問い合わせ 024-951-7076

 住所 福島県郡山市富田町愛宕前77-7

 店の場所はこちらをクリック➡https://yahoo.jp/MS_zWZ

郡山市桑野の居酒屋「きらく家 まめ蔵」でランチ


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあればメールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

DSC_6150
 郡山市桑野の人気居酒屋「きらく家 まめ蔵」。店内は履物を脱いで上がるスタイル。掘りごたつの席は衝立で仕切られて座り心地も好い。足元には足裏マッサージを兼ねたゴルフボールが。画像は、鶏と魚介のWスープが自慢の「醤油ラーメン」

DSC_6280
「醤油ラーメン」。彩りが好いがカイワレは折角のスープを損なうので愚生的には要らない。味は濃く感じるが、魚介系の出汁がしっかり効いてるからだろう。チャーシューはやわらかく味わい好し。麺はこだわりの特注の細麺を使用していて、このスープとの相性はバツグンです。かなり美味しいラーメンです。塩味もあるのだろうか。

DSC_6151
「まめ蔵Bランチ」は、トロサバの味噌煮。さっぱりした味噌煮だが、愚生的にちょっと甘い。お新香やみそ汁も好いが、ご飯の炊き方といい、ご飯の味わいが好い。

DSC_6278
「まめ蔵Cランチ」は、朝仕込みのアジフライ定食。身がふっくらとしていて揚げ方も好い。和風タルタルソースが付く。まめ蔵らしくサラダには枝豆などの豆入り。和風ドレッシングも好い感じで、盛り付け一つにも店主の真面目さが伝わってきます。

DSC_6279
 これだけふっくらしているのは新鮮な証。かなり秀逸なアジフライです。

DSC_6153
「ミニ本マグロ丼」。ランチメニューのラーメンのセットメニュー。マグロの色合いといい、マグロの香りと味もイケてます。サイドメニューにおススメです。

DSC_6145
 本マグロ丼の他に、ミニソースかつ丼、ミニ海鮮丼、ミニサバ味噌丼、ミニ角煮丼などがあります。ランチは火曜日~土曜日限定。ランチの営業時間は11:30~14:00。

DSC_6142
 店の前に置かれた看板メニュー。

DSC_6141
 昼の営業が11:30とは知らずに開店のだいぶ前に店に到着。すると女将さんだろうか、「すみません、少し待ってください。もう少ししたら開けますね」と、早めに開けてくれた。こういう気遣いは有り難い。夜のメニューを見れば、店主選りすぐりの酒が取り揃えられていて、値段も良心的。まだランチしか頂いてはいないが、酒肴もかなり期待できます。次回は夕方の早い時間に伺って酒を愉しんでみたい。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあればメールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

【きらく家 まめ蔵】

 営業時間 11:30~14:00(ランチ、火~土)17:00~24:00

 定休日 日曜祝日

 問い合わせ 024-923-2212

 住所 福島県郡山市桑野2-16-9

 店の場所はこちらをクリック➡https://yahoo.jp/y9KmaR

「三春茶屋」は観光客にはウケるのかなぁ


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあればメールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

DSC_6254
 福島県の中ほど、郡山市の東に位置する三春町は歴史のある小さな城下町。三春町といえば「滝桜」が全国的にも有名で、全国から観光客が訪れる。国道288号線沿いに在る「三春茶屋」。外観も店内も歴史を感じる造り。画像は「デコ屋敷定食」。名物の「ほうろく焼き」の他、山芋、ワラビ、フキノトウみそなど田舎料理ばかり。

DSC_6255
「ほうろく焼き(単品680円)」。三春名物の三角揚げの中にネギ(季節の野菜)などが入り、伝統ある甘い味噌ダレをかけたもの。サクッとした歯応えの後に嫌味な油と香りがするが、三角揚げは焼いて生姜醤油で食べた方が美味いと思う(笑)

miharu
「ほうろくざる(大盛り二枚+ほうろく焼二個)」。ほうろく焼きとざるそばのセット。蕎麦は製麺所のものだろうか。えごまの佃煮が載せられた田舎蕎麦風。

DSC_6253
 おすすめメニューの「茶屋娘(ちゃやっこ)」 。ミニ天丼とそばかうどんのセット。そば、うどんは冷たいものと温かいのを選べます。この日はざるそば。ミニ天丼は、海老天、スナップエンドウ、ナス、ピーマン。揚げ方も丼ダレもまあまあです。

DSC_6257
 土産のコロッケ。昔味わったコロッケという感じでホッとする味わい。定食にすると1000円オーバー。三個入りですが、写真を撮る前に一つ食べてしまいました(笑)

DSC_6247
 メニューはこんな感じで、搗き立ての餅も人気。他にも蕎麦や石焼ビビンバ、一品料理などあります。どれも観光客向けなのか強気の値段設定。この日は二人で3000円オーバー。ん~この値段だと他でもっと美味しいのを食べれたな(笑)

DSC_6246
 店内はテーブル席と座敷席。囲炉裏などもあり、田舎の雰囲気を味わえます。

DSC_6245
「三春茶屋」は愚生の知る限りでも古くからやってる食事処。造りは田舎の民家風だが駐車場も広く、ドライブインを田舎風にした感じと言った方が好いだろうか。「ほうろく焼き」が名物で、「名物に美味いものあり」と銘打っているがどうなのだろう(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあればメールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

【三春茶屋】

 営業時間 11:00~19:30

 定休日 木曜日

 問い合わせ 024-762-2602

 住所 福島県田村郡三春町大字山田字下田77

 店の場所はこちらをクリック➡https://yahoo.jp/RUY6Sq

中島村の白河ラーメンの名店「ごっつんこ」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

DSC_1760
「ごっつんこ」という店名は童謡からの命名だろうか。何やら女将さんが白河の人気店「手打ちラーメン英(はなぶさ)」で修業したとか。「英」よりも仕込みが丁寧で、透き通ったスープが何よりの証明。好い仕事してます。画像は王道の白河ラーメン。

DSC_1759
「ラーメン」白河ラーメンはなんと言っても透き通ったスープから香り立つ醤油が特徴で、ここのスープも醤油が強調されてはいるが、しょっぱさに中に甘さも感じます。

DSC_6235
「冷やしラーメン(夏季限定)」。ラーメンスープとは違い和風ダシが効いたスープ。味は濃いめのだが、氷が溶けると好い感じに。冷たい方が麺の秀逸さが分かります。

DSC_6238
「味噌ラーメン」。具材はラーメンと同じで、コクのある味噌と極上スープのシンプルな味噌ラーメンだが、かなりレベルの高い味わいです。

DSC_2075
「塩ラーメン」。これも秀逸。修業先の「英」よりも美味しいと思う。

DSC_2076
 塩ラーメンは基本の鶏ガラと豚ガラのスープにかつお節の香りが仄かに漂います。ゆで卵のトッピングがこの店の特徴。シャキシャキした食感が残る細身のメンマもチャーシューもイケてますが、何より手打ち麺の食感、のど越し、香り共に好く絶品です。

DSC_1758
「辛しニララーメン(味噌)」。糸唐辛子などが盛られビジュアル好し。品名から大量のニラをイメージしてたがニラは香り付け程度で、味わいはまろやかで優しい味わいの中にもコクがあり、バツグンの美味しさ。愚生的おススメの一品です。

DSC_2078
「餃子と半ライス(スープとお新香付き)。値段は450円と強気の設定だが、中の餡の具合といい、焼き方といい中々イケてます。餃子もおススメです。

DSC_6233
 メニューはこんな感じ。

DSC_1753
 その昔、この界隈に美味しいラーメン店が在り、ゴルフの帰りに数回立ち寄ったことがあるのだが、見つからないのでここへ立ち寄ってみた。これが大正解。白河市内で食べるラーメンよりレベルが高いです。調理をする女将さんを息子さんが補助しながら頑張ってる店で、これからも応援して行きたいそんなラーメン店です。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【ごっつんこ】

 営業時間 11:00~14:00 17:00~20:00

 定休日 火曜日

 TEL 0248-43-2767

 住所 福島県西白河郡中島村滑津字平名塚12-8

 店の場所はこちらをクリック➡https://yahoo.jp/TJ1sPX 

田村市船引町の和食と蕎麦の名店「羽生(はにゅう)」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

hanyu1
 田村市船引町は郡山市の東部に在り発展著しい街だ。蕎麦と和食が人気の食事処「羽生」は、田村市船引町東部台、町内からチョッと坂を上った通称「平和通り」沿いの新興住宅街の一角で営業している。店内はカウンター席とテーブル席と座敷席。小さいながらも清潔感があり好い雰囲気です。画像は「手打ち蕎麦」

hanyu
「手打ち蕎麦」。色白の更科系の蕎麦で、茹で時間は30秒。夏蕎麦にしては香りといい、のど越しといい、レベルの高い蕎麦だと思います。ミニ丼とのセットが人気。

hanyu2
セットの「ミニヅケ丼」。マグロ赤身の香りと漬けダレのバランスが好い。

hanyu3
セットの「ミニヒレソースかつ丼」。カツもやわらかくソースも好い味わい。

hanyuu
セットの「ミニ天丼」。そばのかえしに甘さをプラスした丼ダレ。

hanyu4
「天ぷら定食」。蕎麦も秀逸ですが和食も好い。天婦羅もサクッと揚げられていて、小鉢や赤だしのみそ汁も丁寧な仕事ぶりを感じるが、何よりもご飯が美味い。

hanyu6
 昼の蕎麦とのセットメニュー。他の蕎麦とミニ丼の組み合わせも出来ます。

hanyuu1
 店内はテーブル席と座敷席。こじんまりした空間ながら落ち着いた雰囲気。昼も好いが、店内のメニューの看板を見る限り夜も好さげです。

hanyu7
 先日は昼の開店時間前に到着し駐車場で待機してると、次の客が来店。こちらを無視して店内へ。開店の11:00時の数分前に暖簾が出されてたようで、停まった駐車場からは見えず、11:00時まで待ってたのだが、普通は先客に声をかけてから入店するだろうに。そんな事があったが、そんな厭な事を忘れてしまうくらい美味しい料理でした。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【羽生 (ハニュウ)】

 営業時間 11:00~2:00 17:30~20:30

 定休日 水曜日

 問い合わせ  0247-82-5514

 住所 福島県田村市船引町東部台2-293

 店の場所はこちらをクリック➡ https://yahoo.jp/EAKrk8

分厚いソースかつ丼が人気の食事処「成駒」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

nari1
 二本松市岳温泉の坂道の一番下の一角に店を構える食事処「成駒」。場所柄観光客が多いが、最近ではテレビ放映の影響もあって分厚いカツ丼を求めて全国から客が押し寄せる。福島県内には会津若松市を中心に分厚い「ソースカツ丼」を出す店は多いが、ここもボリュームの点では負けてはいない。画像は「ソースカツ丼(ヒレ)」

1403868843927
 日祭日ともなれば店は客でごった返し、注文を聞いてから揚げるので待つこと約30分ほどかかる。ヒレは大ぶりのヒレ肉が2枚。それを6切れにカットされたヒレの厚さは約3センチといったところか。出された瞬間、もう笑いしか出ない(笑)

narikoma
「ソースカツ丼(ロース)」。カツ丼にはレモンと芥子が付いてます。ロースは厚さが約2センチながら相当な重みが感じられる。衣は厚めで、超ビックサイズの「磐梯カツ丼」が有名な、会津の十文字屋ほど硬くはないがやや似た感じです。

1403868844634
「ソースカツ丼(ロース)」。米はササニシキだというが、この日は炊き立てだったのだろう、全体的にご飯がべちゃっとなってたのがチョッと残念。でも、ソースがフルーティでさっぱりした味わいなので女性でもぺろりとイケちゃいます。

narikoma2
「カツカレー」。二本松市岳温泉地区では「安達太良カレー」が有名で地元の名物にしようと取り組んでいます。まあ、カツカレーもボリューム満点だが、味は至って普通。

851775582 成駒5
 「醤油ラーメン」。さっぱりした中にもコクのあるスープで、基本となる透き通ったスープは仕事の丁寧さもうかがえます。飲んだ〆にも好さそうなラーメンです。

DSC_1711
 以前伺った際のメニュー。価格は多少値上がりしてます。

DSC_1710
 B級グルメ「安達太良カレー」もおススメです。

1403429738189
 「ソースカツ丼」の、そのパフォーマンスに圧倒されるだろう。二本松市岳温泉地区では「安達太良カレー」を売りにしているが、やはり人気は「ソースカツ丼」。「安達太良カレー」に150円(価格改定の可能性あり)をプラスしただけで巨大なロースカツが載せられる。だったら「ロースカツカレー」を頼まなきゃウソです(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※注)この食べ歩きブログは「食べログ」の過去の記事を参考にアップしてるので、記事によっては当然古い内容のものもありますのでご理解ください。

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【御食事処 成駒(なりこま)】

 TEL・予約 0243-24-2412

 住所 福島県二本松市岳温泉1丁目115


頓珍館(とんちんかん)・安積町店の「あってりラーメン」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあればメールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

tonchin1
「頓珍館」の本店は会津若松市に在る。郡山安積店が出来てたま~に利用している。画像は店の人気メニューの「あってりラーメン」。煮玉子が半分入ったビジュアル的にも個性的。焦がしネギが特徴のコッテリしながらもあっさりとしたラーメン。

tonchin
「あってりラーメンとランチのチャーシュー丼(100円)」。ネギ油の香ばしさがなんとも食欲をそそる。熟成された玉子麺のような感じの麺で美味しいが、味が濃いので途中で厭きる。100円のチャーシュー丼に惹かれたが、半ライスの方が好かったかも。

tonchin3
「こってり味噌ラーメンとミニソースカツ丼」。背脂と油かすが入ったみそラーメンは名前の通りかなりこってり。会津みそを使っているのか香りも味もパンチが効いています。「ミニソースかつ丼」は茶碗で提供されます。

tonchin5
「ソースかつ丼(M)」。やはり会津が本店ということもありソースかつ丼は本格派。甘さの中にもさっぱりしたソースがバツグンです。小鉢とお新香、みそ汁付き。

tonchin4
「ソースカツ丼(L)」肉は薄目だか衣と甘めのオリジナルソースが好い。ソースかつ丼は「ミニ」~ラーメンの丼ぶりで提供される「がっつりソースかつ丼」の四種類。

tonchin6
「しょうゆ拉麺」。ん~美味いが、ワカメは要らない(笑)

tonchin7
 店内はテーブル席と座敷席。落ち着いた雰囲気の中で食事を楽しめます。

tonchin2
「頓珍館・郡山安積店」は市内安積町長久保地区。「よさこい」などが並ぶ国道の裏通りで、近所には和食の名店「はた野」がある。駐車場も広く利用し易い環境です。どのメニューもボリューム満点で、がっつり行きたいサラリーマンなどにおススメ。常連さんに人気なのは「タンメン」のようなので、次回はタンメンを味わってみたい。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあればメールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

【頓珍館 郡山安積店】

 営業時間 11:00~15:00 17:00~20:45

 定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)

 問い合わせ 024-945-9899

 住所 福島県郡山市安積町長久保1丁目6-8

 店の場所はこちらをクリック➡https://yahoo.jp/O2_-l2

「おむすび一路」のおにぎりはかなりイケてます!


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあればメールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

DSC_5904
 郡山市の内環状線、開成山公園の南側に出来た「おむすび一路」。市内堂前には「たけや」という大御所が在り、どうしてもそこと比べてしまうがが、食べてビックリ、その秀逸なおにぎりに一瞬にして虜(とりこ)になった。画像は「おむすびセット」

DSC_6080
「おむすびセット」は店内のイートインスペースで頂ける。自家製の玉子焼き、お新香、日替りのみそ汁が付く。一個セットからあるが二個セット600円。250円以上のおにぎりは差額分をプラスするシステム。画像のおにぎりは青森県蟹田産の塩雲丹。

DSC_6081
「青森県蟹田産の塩雲丹(600円)」。生ウニとは違い、程好い塩加減の中に雲丹の濃厚な香りが漂う。おにぎりにはバツグンの相性。寿司屋に比べれば安い(笑)

DSC_6083
「筋子(400円)」。コンビニのおにぎりとは全く別物で、海苔は歯切れがよく、握りはふわふわでご飯も甘い。中身の具といい、かなりレベルの高いおにぎりです。

DSC_5906
「おむすびセット」は一個ずつ握ってくれます。画像では分からないが「たらこ」

DSC_6076
 店内の食事メニュー。

DSC_5907
持ち帰りのおむすび色々。愚生のおススメはおにぎりではないが「広東チャーシュー」

DSC_6078
 イートインスペース。こじんまりしてますが意外と落ち着きます(笑)

DSC_5908
「おむすび一路」。営業時間が10:00~というのが愚生には有り難い。店主や従業員の接客も好く、如何にも人の好さそうな店主の握るおにぎりは絶品です。持ち帰りのおにぎりは未だ買ってないが、出来ればにぎり立てを味わって頂きたい。ご飯の炊き方、握り方、お新香や玉子焼き、日替りのみそ汁、全てがいい仕事をしています。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば、メールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

【おむすび一路】

 営業時間 10:00~15:00

 定休日 日曜祝日

 問い合わせ  024-954-3383

 住所 福島県郡山市鶴見坦1-13-20

 店の場所はこちらをクリック➡https://yahoo.jp/tzBgLC
食べログ グルメブログランキング
J-CASTニュース
livedoor 天気
Amazonライブリンク
楽天市場
ギャラリー
  • 「相模屋食堂」の記事を以て食べ歩きブログは憩息いたします!
  • 「相模屋食堂」の記事を以て食べ歩きブログは憩息いたします!
  • 「相模屋食堂」の記事を以て食べ歩きブログは憩息いたします!
  • 「相模屋食堂」の記事を以て食べ歩きブログは憩息いたします!
  • 「相模屋食堂」の記事を以て食べ歩きブログは憩息いたします!
  • 「相模屋食堂」の記事を以て食べ歩きブログは憩息いたします!
  • 「相模屋食堂」の記事を以て食べ歩きブログは憩息いたします!
  • 「相模屋食堂」の記事を以て食べ歩きブログは憩息いたします!
  • 「相模屋食堂」の記事を以て食べ歩きブログは憩息いたします!