爆ちゃんのふくしまグルメ探訪

原発事故での風評被害にもめげず県内に留まり懸命に頑張っている飲食店を応援しています。このブログが福島の地を訪れる一助となれば幸甚の極み♪

2015年11月

洋風食堂・AOKIYA(アオキヤ)の衝撃的カレー「バーニングBLACK(超激辛100倍)」

 
東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックに御協力頂けますと幸甚です!

IMG_20151127_111547209
 福島市松川地区、旧4号国道(現114号線)沿いに在る洋食店「AOKIYA(アオキヤ)」。店内はテーブル席と座敷があり、メニューはカレーだけでも11種類。スパゲティやピザ、セットメニューやランチもやっています。「バーニングBLACKカレー」はここの人気の逸品でこれを目当てに来る客が少なくない。

IMG_20140515_115245932
「バーニングブラック」は見た目はビーフシチューの色合い。トロトロの牛肉が好い。ライスの上にはアーモンドやレーズン、糸唐辛子が載り彩り好し。ひと口頬張ると辛さより野菜やフルーツなどの甘みとコクを感じる。ん~美味い。一気に半分ほど平らげる。と一息、来た~~~!ハンパない辛さだが、スプーンが止まらない。ん~~美味い。ん~~でも辛い。途中で水を飲みヨーグルトを口にしサラダで舌を整える(笑)

IMG_20151127_111414152
 バーニングBLACKと共に人気なのが「赤いカレー」。アオキヤではバーニングブラックよりこちらの赤カレーを看板メニューにしている様だ。

IMG_20151127_111421793
 バーニングBLACKが牛肉なら、こちらは鳥肉。じっくり煮込んだ鶏手羽が二個盛られてて、ルーにはマッシュルームがふんだんに入ってる。バケットも飾られてて如何にもお洒落なカレーだ。辛さは選べるが、「激辛の弱め」が定番だ(笑)

IMG_20151125_121142690
 ランチの「焼肉カレー」。これも辛さが選べます。やはり「激辛弱め」で(笑)

IMG_20151125_121156492
「焼肉カレー」。ライスの上に載せられた焼肉というかポークソティがバツグンで、このソースがかなり秀逸。カレーで食べるのがもったいないくらい美味しい。

IMG_20140515_115229738
 愚生的おススメはやはり「バーニングBLACK」。「超激辛100倍」はダテじゃない。辛いのが好きな方、というか激辛ファンにはたまらないカレーだと思います。辛いのが苦手な方は辛さを控えてくれますので要相談(笑)

IMG_20151127_111008314
 カレーにはサラダとヨーグルトが付く。前にはピクルスも付いてたと思ったが今は提供していないのか、たまたま切らしていたのか。ドリンクは別注文です。

IMG_20151125_12282155
 道路沿いに「洋風食堂・カレー&コーヒー・AOKIYA」の青い看板と、駐車場には「赤いカレー」の文字が出てますので見落とさないように。そういう愚生も「松川に美味しいカレー屋さんがある」と聞き及び、行ってみたのはいいが、ここだと思って入ったら「エスポワール」という店だったことがあったっけ(笑)

 
東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックに御協力頂けますと幸甚です!

 【洋風食堂AOKIYA(アオキヤ)】

 TEL 024-567-3512

 住所 福島県福島市松川町本町100

猪苗代地区郊外の民家で味わう田舎蕎麦。「手打そば処まるひ」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←応援クリック、ありがとうございます!

IMG_20151101_142650694
 福島県内にも「新そば」が出回り、香り高い蕎麦が愉しめる季節となった。猪苗代地区には蕎麦屋の名店が多く、ここ「手打そば処まるひ」にも連日蕎麦好きが通っています。画像は「天ぷら付もりそば」

IMG_20140304_143307828
 ここへ来たのは未だオープンしたての頃だっただろうか、知人が「美味しい蕎麦屋があるんですよ」と言うんで連れってって貰ったのが最初。蕎麦はやや太めの田舎蕎麦で、不揃いだが味わい深い蕎麦の印象があった。

IMG_20140304_143316559
 震災後に久々友人と立ち寄ってみたのだが、出て来た蕎麦は短か過ぎて、啜るというより食べるという感じ。かえしも「こんなに甘かったか」というほど甘過ぎる。サービスの漬物にしてもイマサンで足が遠のいてしまった。

IMG_20151101_142644711
 いつも「天ぷら付もりそば」にしてしまうが、天麩羅を食べてると蕎麦本来の味を損なうから要らないと思っているが、まぁ、田舎のごっつおだから天麩羅は外せないのだろう。蕎麦はいい感じなのだが、かえしは相変わらず嫌味な甘さが残る。

IMG_20151101_142659884
 天麩羅は春は山菜など季節に応じて変わります。

IMG_20151101_141918593
 漬物はサービスだが、いつも塩加減がイマイチでこれはチョッと残念。

IMG_20151101_142214290
 メニューは「天ぷら付もりそば」「天ぷら付とろろそば」「お子様セット」の三種類。お代わりの「もりそば」が600円。だったら天ぷらの付いていない「もりそば」メニューがあってもいいのではと思ったりもする(笑)

IMG_20151101_141143669
 店は、猪苗代湖方面から裏磐梯に抜ける集落の民家の一室で営業している。愚生的には、かえしも甘めではなくもっと江戸前風の辛めがいいのだが、蕎麦自体は中々味わい深い地元産蕎麦粉十割の田舎蕎麦です。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←応援クリック、ありがとうございます!

 【手打そば処 まるひ】

 TEL 0242-64-2128

 住所 福島県耶麻郡猪苗代町大字蚕養字樋ノ口乙264

昭和33年創業の「彩華飯店」は、五目あんかけ焼そばの元祖


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←応援クリック、ありがとうございます!

IMG_20151115_114925779
 市内に3店舗在る「彩華飯店」、中でも針生店は異彩を放つ。看板はあるが暖簾が出ている訳でもなく、場所も住宅街の曲がり角。初めての客は入店するとなると覚悟がいるだろう(笑)。画像は店名が冠された「彩華ラーメン」

IMG_20151115_114910733
 手前が「彩華」、奥が「ラーメン」。彩華ラーメンは、炒めた野菜と豚肉の香ばしさがあっさりスープに溶け込んでクセになる味わい。

IMG_20151115_114916970
 ラーメンは、あっさり味の昔風ラーメン。

IMG_20150207_112059708
 元祖「五目焼そば」。特段に美味しいという味ではないが、このシンプルな味付けが逆にファンを魅了する。愚生は酢を投入して頂きます。

IMG_20150207_111718481
 焼肉ランチ。肉は薄切り肉。解凍ものなのだろうイマイチな味わいだが付けダレはいい感じです。サラダやみそ汁、ドリンク(グラスビール他)が付いて880円。ここはご飯の炊き方がバツグンでかなり美味いです。

IMG_20150207_111724591
 ランチの牛肉。ここは中華料理の他に焼肉もやっていて、種類も豊富なようです。夜に伺って焼肉を愉しみたいと思っているのだが、未だ実現できず。

IMG_20151115_115223454
 愚生的にかなり秀逸だと思うのが餃子。皮ももっちりで餡もしっかり入り、食べると肉汁が溢れ出します。一人前270円。画像は二人前。

IMG_20151115_11543110
 餃子の包み方が綺麗で市内でもこれほどの餃子には出会えません。

IMG_20150207_110848847
 昼に伺うと水とおしぼりと共に提供されるゆで卵。

IMG_20150207_11350412
 「彩華飯店」は昭和33年に市内堂前町で創業。当初は中国人の料理人を雇って始めたようで、創業者の苦労が偲ばれる。今や市内には「大槻店」「静町店」「針生店」と3店舗在り、愚生の場合、住まいから近い「針生店」を利用しています。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←応援クリック、ありがとうございます!

 【彩華飯店(さいかはんてん) 針生店】

 TEL 024-934-4375

 住所 福島県郡山市大槻町針生118

魚料理が美味しいと評判な小料理屋「大一屋(だいいちや)」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←応援クリック、ありがとうございます!

IMG_20140711_115321792
 市内西ノ内。近くには大田西ノ内病院があり、通り沿いの目立たない場所で営業してる「大一屋」さん。美味しい魚料理が食べられると評判な小料理屋です。

 仕出しなどもやっていてどの料理もきちんと仕事がされていて何より美味しいです。画像は愚生イチオシの「大漁丼」。このボリュームで1750円。

IMG_20140711_11525572
 昼は「刺身定食」や各種、料理の種類に応じて膳が用意されています。中でも「大漁丼」は見た目も華やかで、中身は正に「大漁」そのもの。小鉢類も付いてます。

IMG_20140711_115309198
 載せられてるネタは、マグロ(メジマグロ)の刺身が3~4枚、鰹、イカ、タコ、カンパチ2~3枚、ヒラメ、タイ、甘海老2本、カニ、イクラ、ウニ、玉子焼きなどなど、ご飯より具材の方が多くてご飯を掘り出すのが容易ではない(笑)

IMG_20151110_120159977
 「大一屋・竹膳」。刺し身、天麩羅、煮魚(焼き魚)、茶わん蒸し、小鉢数種類、フルーツ、漬物、ご飯、みそ汁が付いて1750円。「梅膳」、「松膳」もあります。

IMG_20151110_120233811
 この日は銀鱈の煮付け。味わい好し。

IMG_20151110_12024179
 天麩羅は海老の他5種類ほど。

IMG_20151110_120252171
 この日の刺身は、マグロ、カンパチ、イカ、甘海老。

IMG_20151110_120258862
 もずく酢、キムチ、ホタテ焼きの小鉢。

IMG_20151110_121548500
 市内の人気店「益元」と肩を並べてもおかしくない店だと思うし、 「大漁丼」は、益元の海鮮丼と比べても負けてはいない。値段はこちらの方が高いが、それだけの価値、いやそれ以上の価値はあると思う。

 前日の宴会の余韻であろう酒やたばこの残り香が気になるが、まぁそれでも郡山市内でこれだけの美味しい海鮮丼や魚料理を食べられる店は少ないと思います。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←応援クリック、ありがとうございます! 

 【大一屋 (だいいちや)】

 TEL 024-932-0239

 住所 福島県郡山市西ノ内1-15-1

元祖「菊忠」系というべき極上の白河ラーメン


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←応援クリック、ありがとうございます!

IMG_20141103_114619788
 白河市内には、白河ラーメンの元祖ともいうべき「とら食堂」系を始め、「朝日屋食堂」と「茶釜食堂」の系統がある。ここ「菊忠食堂」は元祖菊忠系というべきラーメンで、市内には3店舗在るようです。画像はラーメン。

IMG_20141103_114611420
 白河ラーメンの特徴は、その日に打った手打ち麺の小麦の香りと、野菜類の入らない豚骨鶏ガラスープで割った醤油の香り、そして炙ったチャーシューの香りが絶妙に絡んでいるラーメン。シンプルゆえに各店舗で味わいがそれぞれ違ってくる。

IMG_20151025_111111155
 ここは製麺業も営んでいるので、麺も見た目は手打ちのちぢれ麺だが、他の店の手打ち麺とは違う食感。やはり機械で作ってるからだろうか。スープは支那そばの王道といった昔ながらの懐かしい風味。画像はワンタンメン。

IMG_20151025_111105816
 肉みそラーメン。少し甘めの味噌でさっぱりとしたスープが自家製麺と絡む。ミンチ肉は鳥肉だろうか、バターとコーンも入り札幌みそラーメン風に仕上がってます。パンチが欲しい人には「辛子肉みそラーメン」がおススメ。

IMG_20151025_111312402
 自家製餃子。まぁ味わいは普通です(笑)白河ラーメンはスープが繊細なので、みそラーメンに餃子は合うが、醤油ラーメンだとニンニクなどで白河ラーメンの繊細なスープの香りや味わいがビミョーに損なう気がします。

IMG_20151025_111243510
 ミニカレーはルーをスープで割ってるのだろう、中々の味わいです。

IMG_20151025_110436884
 メニューはこんな感じ。

IMG_20141103_115336430
 常連さんらしき客の多くは、醤油ラーメンよりも「肉味噌ラーメン」や「辛子肉味噌ラーメン」を注文している。チャーハンやカレー、焼肉丼もあり、それぞれ「ミニ」も出来る。まぁ、愚生的には白河ラーメンはやはりシンプルな醤油が好い。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←応援クリック、ありがとうございます!

 【菊忠(きくちゅう)食堂】

 TEL 0248-23-2829

 住所 福島県白河市北中川原146
 

猪苗代町の「まるいち食堂」の絶品カツ丼と極上麺


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックに御協力頂けますと幸甚です!

IMG_20150315_151243885
 フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)福島猪苗代大会のデュアルモーグルで2位に輝いた遠藤尚選手らが贔屓にしている猪苗代町の老舗「まるいち食堂」。帰省すると必ず立ち寄るといいます。画像は「ソースカツ丼」

IMG_20150315_151234239
 ソースカツ丼。見た目は小ぶりな感じだが、どっこい意外とボリュームがある。揚げたてのカツが自家製ソースを更に美味しくさせている。衣はカリッと肉はやわらかい。肉とキャベツとソースのバランスがいい。絶品です。

DSC_1985
 ラーメンは実にシンプルで香りも好し。見た目通りのさっぱりスープだがコクがあり、麺との相性もバツグン。このラーメンはかなり旨い。

DSC_1984
 麺はこんな感じ。「どこの麺ですか?」と聞けば、「自家製です」とのこと。小麦の香りもして、モチモチ。ん~この麺はハマりそうだ。

IMG_20151024_111915185
 札幌みそラーメン。普通のみそラーメンもあるが、札幌みそラーメンとの違いはコーンやバターが入るか入らないかだろうか。野菜の香ばしさと、濃い味噌味ながら甘みのあるスープがモチモチの自家製麺と絡み合う。

IMG_20151024_111831980
 焼き方がチョッと足らないが味わいのいい餃子です。

IMG_20151024_112150753
 煮込みカツ丼。蕎麦屋のカツ丼ではなく、いわゆるラーメン屋のカツ丼。ソースカツ丼の方が人気だがこちらもかなりイケてます。揚げたてのカツに煮込みカツ丼のタレが浸み込む。ラーメンのスープがバツグンなのでこの味わいが出るんです。

IMG_20150315_150618257
 店内メニュー。ラーメンやソースカツ丼など町の食堂らしいメニューが並ぶ。店のイチオシメニューはタンメンだというが未だ食べたことはありません(笑)

DSC_1982
 猪苗代方面へはたまに行くが、この店にはワカサギ釣りのシーズンには桧原湖への帰りによく立ち寄る。店内は質素ながら清潔感漂っている。女性店員の愛想もいい。どの料理を食べても間違いありません。猪苗代町の名店だと思います。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックに御協力頂けますと幸甚です!

 【まるいち食堂】

 TEL 0242-62-3710

 住所 福島県耶麻郡猪苗代町町尻342 

記事検索
QRコード
QRコード
J-CASTニュース
livedoor 天気
Amazonライブリンク
楽天市場
ギャラリー
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道