爆ちゃんのふくしまグルメ探訪

原発事故での風評被害にもめげず県内に留まり懸命に頑張っている飲食店を応援しています。このブログが福島の地を訪れる一助となれば幸甚の極み♪

2016年09月

極太の田舎うどんで作る「けんちんうどん」が名物の「鞍手茶屋」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

DSC_0544
 「鞍手茶屋」は、郡山市内から国道49号線を猪苗代方面へ向かうと中山峠の途中に在る大きな看板と古民家が目印。その佇まいもあってか観光客などに人気のあるうどん屋です。「けんちんうどん」が人気で、野菜中心で田舎のけんちん汁ではなく優しい味わい。餅とのセットメニューが好いが、愚生的には「角煮うどん」がおススメ。

DSC_1227
 画像がボケてるがおススメの「角煮うどん」。これが中々イケるんです。大きめの角煮が二個と煮玉子、それとホウレン草、かまぼこといったトッピング。けんちんうどんと違って濃い目でいい感じの味付け。うどんは極太でのど越しを楽しむうどんとは違い、モチモチで歯応えもありボリューム満点。角煮の味わいもかなり美味しいです。

DSC_0543
 「けんちんうどんセット(あんころもち)」。ここの「けんちん汁」には肉が見当たらない(あるのかも知れませんが)。尤も、けんちん汁は神奈川の「建長寺」が発祥だというから、精進料理のように肉類は入れないのが正統なのかも知れない。麦とろご飯も優しい味わいです。餅好きの愚生としては、餅を選ぶだけでも悩む(笑)

DSC006521 鞍手茶屋
 「けんちんうどんセット(うぐいす餅)。野菜たっぷりの「けんちんうどん」に「麦とろご飯」と、お好みの「搗きたて餅」が付く。餅は「あんこ」「納豆」「ごま」「うぐいす(きなこ)」「くるみ」「だいこん」「ごろへい」と種類も豊富。

10501784_692839650843928_3074342594994075376_n
 暑い時期には「もりうどんセット(うぐいす餅)」が好い。

14055034_423082567862467_7565830304900327023_n
 メニューはこんな感じ。セットメニューが人気です。

14040055_423082554529135_6600546908506953512_n
 メニューはこんな感じ。「ねぎとろ丼」はイマイチ。止めた方が無難です(笑)

13227441_1591219017855579_8165257041762061947_o
 国道49号線沿いの看板。午前10時からの営業なので便利です。「食べログ」には「鞍手茶屋・中山峠店」とあるので他にも在るのかと調べたら、いつの間にやら東京・大手町にも進出していた。店の佇まいといい、メニューといい、観光客が好みそうなメニューが多く、話のネタや観光気分で雰囲気を味わうのなら超おススメの店です(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※注)この食べ歩きブログは「食べログ」の過去の記事を参考にアップしてるので、記事によっては当然古い内容のものもありますのでご理解ください。

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【鞍手茶屋(くらてぢゃや)】

 TEL 024-984-3774

 住所 福島県郡山市熱海町安子島字鞍手山1

昭和の雰囲気を残す「お食事処いこい」さんは値段も昭和です♪


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

DSC_1778
 「お食事処いこい」は、郡山市の鎮守・開成山大神宮の南手、「源平だんご」で有名な源平旅館さんの隣りで営業してる老舗食堂。佇まいは正に昭和の雰囲気を醸し出してますが、値段も昭和で格安。画像はこの店で一番高い「カツ丼」。650円。

DSC_1777
 ヒレカツの様な脂身の少ないカツは揚げ立てで、ラーメンスープで甘辛煮込んだ味わいは値段の割にはそこそこイケます。カツ丼マニアの愚生的にも合格点(笑)

IMG_20141227_114055780
 「ラーメン」は30円値上がりして450円。ラーメンは細麺で量は多め。具材はチャーシュー、メンマ、ナルト、海苔入りだがチョッと盛り付け方が貧相。メンマは美味い。スープを啜る。ん~薄い、いや、優しい味わいです(笑)

IMG_20141227_114041581
 「みそラーメン」は見た目通りで、素朴な味噌の風味がいい感じ(笑)

IMG_20141227_11410247
 「餃子」は250円。電子レンジの「チン」って音が気になったが、まぁ味も冷凍餃子味わいです。チョッと冷たかったのでラーメンのスープで温めて食べた(笑)

DSC_1776
 店内はカウンターとテーブル席が一つ。カウンターに座ったが「こっちの方がいいばい」とテーブル席に誘われた。お菓子はサービス。店主夫婦の人柄を感じます。

DSC_1774
 メニューはこんな感じ。チャーシュー麺が新たに加わった(笑)

IMG_20141227_112426734
 源平旅館の隣りで営業。いつも早くから暖簾を出して玄関先なども綺麗に掃除されてて好感が持てます。女子大も近いのでアパートも経営してるようで「うねめ荘」とは、郡山に謂れのあるネーミングだが、ここの店主の名字が「采女」さんです。

DSC_1772
 暖簾にも歴史を感じます。料理にも値段にも老夫婦の人柄が滲み出ていて、跡継ぎはどうなのか知らないが、いつまでも残して置きたいそんな食堂です。開成山大神宮への参拝の帰りにチラッと立ち寄ってみては如何でしょう。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【お食事処 いこい】

 TEL 024-932-2476

 住所 福島県郡山市開成3-4-2

「チャイナ台所(キッチン)楽(RAKU)」の濃厚四川担々麺


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

DSC_1699
 facebookで、美味しい担々麺があるという情報をつかみ須賀川市まで行ってみた。評判の店「チャイナ台所(キッチン)楽」は直ぐに見つかった。店内に入り、そこかしこの貼り紙を見れば「月曜日」が定休日らしい。伺ったのは月曜日だったが、連休ということで営業していたのはラッキーだった。画像はその「四川担々麺」

DSC_1698
 「四川担々麺」の登場。見た目がシンプルでひき肉とネギだけの盛り付けが好い。スープを一口啜る。かなり濃厚で、これだけ濃厚な担々麺というのも珍しい。麺がスープに絡む。ん~バツグンに美味いが、自家製ラー油をかけ回すと更に美味くなった。

DSC_1696
 「豚肉のニンニクソース定食」。ミニ醤油ラーメン付き。

DSC_1700
 豚肉のニンニクソースは、ニンニク醤油がなんとも食欲をそそる。マヨネーズが添えられてて若者向きの濃いめの味わいなのでご飯が進みます。これにも自家製ラー油をかければ味わいも増します。お好みで酢をかけるのも好い。

DSC_1697
 定食に付くミニ醤油ラーメン。ネギは長ネギと浅つき。醤油ラーメンにコーンは要らないが、優しい味わいで、このスープがどの料理にもベースとなるのだろう。

DSC_1769
 「横浜塩ラーメン」。さっぱりした透明のスープに仄かな生姜の香りを感じる、かなり極上の塩ラーメンです。ビジュアル的にも申し分ない。担々麺と共に人気のようです。これもネギは二種類だが、愚生的に香りの強い浅つきは要らない気がする。

DSC_1770
 「手作り焼き餃子」。数は限定のようです。焼きも好い感じで、味も極上。須賀川市には美味しい餃子を出す店は多いが、ここもかなりレベルが高いです。

DSC_1693
 メニューはこんな感じ。

DSC_1703
 食べログでは最初にアップした人が単なる「楽(らく)」としか表示していないので検索するのも一苦労。ここは「チャイナ台所(キッチン)楽(ラク」というのが正しいネーミング。店内はテーブル席のみだがゆったりと食事ができます。何を食べても美味しいと思います。近所なら足しげく通うことは間違いない。唯、例のランチパスポートの店ってのはあまり好きじゃない。アレって常連さんは使わないでしょ(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【チャイナ台所(キッチン)楽 (らく)】

 TEL 0248-75-7557

 住所 福島県須賀川市仲の町56-1

一日限定30食。担々麺専門店「輝輝(てるてる)」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

DSC_1719
 場所は昔の人気焼き鳥店「むなかた屋」の店舗を改装し、貝料理専門店となる「貝心」が平日の昼一日30食限定で始めた担々麺専門店が「輝輝」。メニューは「こだわり担々麺」と「絶品・冷やし担々麺」の二種類。画像は「こだわり担々麺」。「辛さ」と「痺れ」が選べ、夫夫レベル「2」「2」で注文。味は、普通の芝麻醤とラー油の香り立つものではなく、ナッツ類や干し海老など色々な材料がふんだんに使われ、肉味噌の味付けも好いしこの店オリジナルの味わいに仕上がっています。

DSC_1720
 「こだわり担々麺」にはミニライスとミニサラダが付きます。敢えて具材の食感を残してるのが拘りか。辛さを2にしたが、それほど辛くはないので自家製ラー油をプラス。ラー油がそれほど辛くはないもので痺れの花椒は2でちょうど好い。一気呵成に平らげ、残ったスープはライスで楽しんだ。ん~面白い味わいです。

DSC_1745
 サービスの「ミニサラダ」のドレッシングもゴマ風味。

DSC_1747
 「絶品・冷し担々麺」 。「こだわり担々麺」もそうだが、敢えて「こだわり」とか「絶品」という冠を付けてるのは余程の自信の表れなのだろう(笑)

DSC_1748
 「絶品・冷し担々麺」は、水菜などサラダ麺風に仕上がってこれもビジュアル的に好い感じです。「辛さ3」「痺れ3」で注文したが、それほど辛くはありません。肉味噌の味わいは好いです。ナッツ類などの食感もクセになる食べて楽しい担々麺です。

DSC_1746
 自家製ラー油や花椒、酢などの調味料があるので自分なりの味を探してみては如何。

DSC_1716
 メニューは「こだわり担々麺」と「絶品・冷し担々麺」の二種類のみ。

DSC_1717
 「辛さ」「痺れ」は1~3まで選べます。足らない人は調味料で調整。

DSC_1723
 貝料理専門店の「貝心」の営業がメーンだが、昼の合間に店名を変えて限定担々麺とは中々面白いやり方だと思います。でも、駅前ということでコインパーキングに入れるしかないというのが難点。まぁミニライスとミニサラダのサービスだから好いか(笑)

 そういや、「貝心」には未だ来たことが無いのだが、オープン当初に何故か自宅に案内状が届いた。前の店の「むなかた屋」の店主と名刺交換した記憶しかないし、店主が教えたのだろうが、個人情報の持ちまわしはダメでしょ(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【輝輝 (てるてる)】

 TEL 024-953-5222

 住所 福島県郡山市駅前2-5-8 1F


懐かしい中華飯店「宏昌(こうしょう)」の麻婆豆腐丼


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

DSC_1633
 「宏昌」というと昔住んでいた新池下団地の傍で営業していた時代には何回かお邪魔したことがあるが、色々なことがあって当地での再営業となった。facebookで評判もよく、懐かしさもあって訪問してみた。当時は中々中華料理もなじみが薄く味ははっきりとは覚えてないが、「麻婆ドンブリ」を食べて記憶がよみがえった。

DSC_1632
 四川風の痺れるような麻婆豆腐ではないが、炒めた豆板醤の色合いが油に出てて好い感じ。辛みはさほどではなく、みそと生姜の香りがなんとも後を引き美味しさです。

DSC_1707
 「細切り肉ラーメン」と半ライス。青椒肉絲麺ともチョッと違う味わいで、干し椎茸が味に深みを出してます。「肉ラーメン」と注文してる客が多く人気の一品です。

DSC_1709
 麺を頂く前に、餡をご飯の上に載せれば「ミニ細切り肉丼」の出来上がり(笑)

DSC_1630
 「五目ラーメン」。炒めた野菜の香ばしいあんかけと麺が絡み合い好い絶妙の味わい。これも半ライスの上に餡をかければ「ミニ中華丼」の出来上がり(笑)

DSC_1629
 餃子はまぁ普通です(笑)

DSC_1705
 ランチもやってます。ランチにはコーヒー付き。

DSC_1626
 座敷が広くてゆったりと気取らずに中華料理を愉しめるのが好い。メニューは定番の料理から本格料理まで幅広くあります。職人気質の主人と優しそうな女将さんの夫婦二人で切り盛りしていて、これからも応援したくなるそんな店です。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【中華飯店・宏昌 (こうしょう)

 TEL 024-961-0808

 住所 福島県郡山市大槻町字北八耕地6-4

郡山市の老舗チャイニーズレストラン「みかど」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

DSC_0299
 郡山市の東手、東部幹線沿いに在るチャイニーズレストラン「みかど」。今や郡山市内でも老舗の中華料理屋だが、まぁ中華メニューがある大衆食堂といった感じで、「日替わり」メニューがお得。画像は愚生お気に入りの「みそラーメン」

DSC_0358
 カツ丼マニアの愚生としては「カツ丼」は外せない。中華料理店らしい丼に載せられた中華スープのコクが感じられるカツ丼でボリュームも最高。火曜日の日替わりメニューは「カツ丼」なので、火曜日なら食べてもいいかなぁと思う(笑)

DSC_0382
 「五目そば」。醤油ベースのスープにやや強めのとろみの五目あんかけが麺と絡み合いなんとも好い味わい。途中で酢を投入し味の変化を愉しむのが愚生流。

DSC_0326
 五目そばと見た目が似てますがこれは「肉そば」です。味わい的には五目そばと似た味わい。こういうラーメンには半ライスを注文し、麺を味わう前にあんかけを半ライスにかければ「ミニ肉丼」や「ミニ中華丼」が愉しめますよ(笑)

DSC_0270
 お気に入りの「みそラーメン」は金曜日がサービスデー。ものすごく美味しいという訳でもなく、何処にでもありそうなシンプルな味わいなのだが後でまた食べたくなるのが不思議。この日は半ライスとお新香も付けてみた。

1406089216897
 日替わりでサービスメニューが変わるので一週間愉しめますよ(笑)

1406089219144
 料理メニューは豊富で、定食類やセットメニューもあり、ランチもやっているので昼時はいつも常連客と思しきサラリーマンや職人さんなどでにぎわっています。夜はコースメニューなどもあります。気取らない中華料理店というのが老若男女、家族連れなど幅広い客層に支持され続ける秘訣なのかも知れません。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※注)この食べ歩きブログは「食べログ」の過去の記事を参考にアップしてるので、記事によっては当然古い内容のものもありますのでご理解ください。

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【チャイニーズレストラン みかど】

 TEL・予約 024-944-8338

 住所 福島県郡山市方八町2-19-10

郡山市内で鰻重といえば「大伴」を挙げる人は多いが・・・


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

IMG_20140725_114859734
 郡山市内で鰻といえばここ「大伴」を挙げる人は多い。焼き上がるのを待つのが嫌いなせっかちな客が多いのだろうか、それとも客の回転を良くしたいのだろうか、提供が早い。注文すると早く出て来るのは「待つ喜び」を愉しみたい愚生的にはチョッと残念。画像は「鰻重」の上。お新香と肝吸いも付きます。

IMG_20140725_114854513
 江戸前風に蒸した蒲焼だが中途半端。鰻自体に厚みがあり良い鰻を使っているのは分かるが、鰻の香りを引き出してはいない。やはり捌きたてじゃないからだろう。

 「並」と「上」の違いは鰻の大きさではなく、半身か一匹かというのも本格的ではない。盛り付けもイマイチで、タレも醤油のしょっぱさが際立ち過ぎかも。お新香が糠漬けというのは好い。ただ、美味しいのだが醤油がかけてあるのは余計だ。

IMG_20140725_11484158
 鰻重。年季の入った器が如何にも老舗という感じ。

IMG_20140725_113801867
 先ず出されるお茶とお茶請けの「鰻のかぶと煮」。これで一杯やりながら鰻が焼き上がるのをじっと待ちたいところだが、あっという間に提供されます(笑)

IMG_20140725_115623598
 最後に出されるアイス。「ピノ」は愚生の大好物。うまし(笑)

IMG_20140725_114538463
 店内はこじんまりとしていて、奥には座敷もあります。隣の家族連れのお婆ちゃんが「ご飯が多くて・・・」とつぶやいていたが、鰻好きの愚生でさえご飯が多いと感じたから当然だろう。ご飯は美味しいのだから、鰻の大きさや客に合わせたご飯のバランスというのも考えて、何気ない気遣い優しさも欲しいところ。

IMG_20140725_113418689
 鰻というのは「待つ喜び」というキャッチフレーズがある様に、ちょっとしたつまみを突きながら酒をチビチビやりながら待つというのが愉しいもの。

 ここ「大伴」は、時間の無い人なんかには好いかも知れないが、呑兵衛の愚生としては「肝焼き」や「う巻き」など、気の利いたたつまみで一杯やりながら待ちたいのだが、ここはそういう酒肴もないのがチョッと残念。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※注)この食べ歩きブログは「食べログ」の過去の記事を参考にアップしてるので、記事によっては当然古い内容のものもありますのでご理解ください。

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【うなぎの大伴(おおとも)】

 TEL 024-923-1378

 住所 福島県郡山市虎丸町20-10

「コンドル軒」の超個性的なラーメン

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

DSC_1655
 今やJRAの馬主としても有名な「ジン・コーポレーション」。若手実業家で全国で色々と事業を行ってるが、市内には「絆」を始めいろんなラーメン店を展開している。ここ「コンドル軒」もグループの一つ。画像は福島県では珍しい「焼きラーメン」

DSC_1654
 「焼きラーメン」には小ライスが付いてます。「焼きラーメン」というからトンコツ味の博多風の焼きラーメンを想像していたが、麺は極太平打でこってり&がっつり系の若者向きの焼きラーメンでした。お好みでマヨネーズを(笑)

DSC_1307
 「磯のカツオつけ麺」。名前が洒落てるがこれって大丈夫なのか(笑)

DSC_1309
 「磯のカツオつけ麺」は濃厚なつけ汁でトッピングの柚子が好い感じ。

DSC_1308
 麺は極太。小麦の香りが高く、食感、のど越し共に好い。

kondoru
「元祖・明太とろろ冷麺」。夏限定メニュー。とろろの上には明太子。オクラと天かすと海苔が載ってて彩りが好い。全体をよくかき混ぜて、そして途中で味変。

DSC_1310
「餃子」はランチは格安の150円という値段設定。値段の割にはかなり美味い。醤油とラー油と酢の定番の味付けで食べるのもいいが、たまには酢と挽き立てのホワイトペッパーで頂くと餃子の味が引き立ってまた美味しいですよ。

DSC_1306
 「ネギマヨ焼豚巻き」は、シーチキンマヨネーズ風の感じで美味しいが、如何せん海苔がイマサン。まぁ値段(ランチ100円)が値段だけに致し方ないか(笑)

DSC_1311
 店舗は以前、伝説の旭川ラーメンの「山頭火」が出店した場所。「山頭火」は大好きなラーメンだったが、美味しければ流行るというものでもないのが郡山市。ラーメン激戦区の郡山市で生き抜いてくのは容易ではない。ここ「コンドル軒」もオープン時は名前のように混んでたみたいだが、伺った際には名前ほど混んではいなかった(笑)

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:ラーメン | 郡山富田駅

郡山市内の牛タン屋といえば「郡山ねぎし」だが・・・


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

1452881038388
 郡山市内で牛タン屋といえばここ「郡山ねぎし」。郡山市駅前のフロンティア通りにオープンしたての頃に知人の鮨家夫婦に誘われてお邪魔したのが最初だった。

 鮨家の大将曰く、「ここのオヤジは人見知りするし、口が悪いですが人柄はいいんですよ」と言ってたのを思い出す。その鮨家夫婦もどろどろの離婚騒動。時代というのはホント移ろい易い。画像は「ねぎし定食」の牛タン。「青唐も」って言ったのに(笑)

1452881039724
 「ねぎし定食」には牛タンの他、テールスープと麦とろが付きます。「青唐辛子のみそ漬け」は言わないと付けてくれません。後から言ったりしたら怒られます。画像を見れば、みそ漬けが添えられてません。言ったのに付いてないので怒ってやろうと思ったが、それに気付いた大将がすかさず出してくれました(笑)

IMG_20141010_124237165
 テールスープは秀逸です。残ったご飯を入れれば極上クッパ(笑)

IMG_20141010_124230640
 「麦とろ」。ご飯は一杯だけお代わり自由。でも忙しそうで厭な顔されます(笑)

IMG_20140122_11492602
 「タンシチュー(シチュー定食)」。麦ごはん、お新香付き。

1452881035948
 「シチュー定食」を頼んだら、「今日はまだ出来てないよ。野菜が入ってないがそれで好かったら」ということだったが注文。出て来たのはタンと玉ネギのシチュー。デミグラスソースが好いのでそれなりに美味いです。この日はサラダが提供されました。

IMG_20141010_123333797
 昼のメニューはこんな感じ。「シチュー定食+牛タン」や「シチュー定食+豚辛」「ねぎし定食+牛カルビ」などのセットメニューや弁当もやってます。

1452881040926
 営業は11:30からだが、常連さんは暖簾も出ないうちから入店してます。そんな常連さんにはテールスープで使った牛テールの肉がサービスされたりするが、あれは美味いだろうなぁ。愚生は馳走になったことはありませんが、尤も常連じゃないし(笑)

 市内には「まねき家」という牛タン屋も中々の人気だし、本場の仙台に負けないくらい盛り上がって欲しいのだが如何せん、「牛タン屋」とはどんな食べ物なのかという認知不足もあるのだろう。客あしらいは好き嫌いが分かれるが、「郡山ねぎし」は牛タンを郡山に持ち込んだパイオニアとしてこれからも頑張って欲しいものです。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【郡山 ねぎし】

 TEL 024-933-7384

 住所 福島県郡山市並木5-3-18


郡山市の牛タン店での地位を確実なものとした「まねき家」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

DSC_2713
 郡山市内には牛タン店の老舗「郡山ねぎし」が在るが、今や市内でも牛タン店として不動の人気を誇ってるのが「まねき家」。修業先は知らないが、本場仙台と引けを取らない味わい。画像は「牛タン1.5倍定食」。定食には定番の麦めし、だしとろろ、テールスープ、お新香、青唐辛子のみそ漬けなどが付きます。

DSC_1662
「牛タン1.5倍」。何とも言えない食感と歯応え。香り深く好い味わいです。

manekiya
「牛タン(普通盛り)」。牛タンの焼きもオープン当初よりはだいぶ好くなった。やはり焼き鳥屋や鰻屋と同じく、「焼き」というのは日々進化するというのが分かる。焼き加減といい、盛り付けといい、好い感じになってます。

DSC_1924
「特上牛たん1.5倍」、特上には金粉が載ってます。特上牛タンは食事も好いが、やはり愚生的には酒のつまみで頂きたい。でも、特上牛タンはやわらかく甘みも極上だが、どっちかというと普通の歯応えのある並の方が好きかも(笑)

DSC_1928
「特上牛タン1.5倍(手前)」と「牛タン1.5倍(奥)」

DSC_2716
 ここのテールスープは肉もそこそこ入ってて味わい深い。余った麦飯はテールスープに入れてクッパ風にして最後まで楽しく味わう。

DSC_1659
 メニューはこんな感じ。夜は酒類もそこそこ揃ってます。

DSC_2717
 場所は郡山市内の小原田地区。店内はカウンター席とテーブル席と小上がり。こじんまりした店内だが綺麗に整えられており好感が持てます。近所なら晩酌に立ち寄ってビールに牛タンってのが好いが、如何せん歩きじゃチョッと遠い(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【まねき家】

 TEL・予約 024-956-1733

 住所 福島県郡山市小原田5-17-7

記事検索
QRコード
QRコード
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
ギャラリー
  • 「たからや食堂」はサービスよし、ボリュームよし!(更新)
  • 「たからや食堂」はサービスよし、ボリュームよし!(更新)
  • 「たからや食堂」はサービスよし、ボリュームよし!(更新)
  • 「たからや食堂」はサービスよし、ボリュームよし!(更新)
  • 「たからや食堂」はサービスよし、ボリュームよし!(更新)
  • 「たからや食堂」はサービスよし、ボリュームよし!(更新)
  • 「たからや食堂」はサービスよし、ボリュームよし!(更新)
  • 「たからや食堂」はサービスよし、ボリュームよし!(更新)
  • 「たからや食堂」はサービスよし、ボリュームよし!(更新)