爆ちゃんのふくしまグルメ探訪

原発事故での風評被害にもめげず県内に留まり懸命に頑張っている飲食店を応援しています。このブログが福島の地を訪れる一助となれば幸甚の極み♪

2016年11月

猪苗代町山根地区に在る名物食堂「やまね食堂」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

yamane8
 ワカサギ釣りで店の前を通る度に気になって気になって仕方なかった「やまね食堂」。場所は蕎麦屋の人気店「まるひ」の近く。集落の一角に目立つド派手な看板と暖簾に入るにはチョッと躊躇するかも。店内も外観同様個性的です。画像は「カツ丼」

yamane5
「カツ丼」。肉はそれなりで味は甘めだが、ラーメンダレで煮込んであり、煮込み具合といい好い感じです。みそ汁もホッとする味わい。「ソースカツ丼」もあります。 

yamane1
 「ラーメン」。自家製麺を使用してます。スープの色合いも個性的。小松菜と厚切りのチャーシューとメンマ、彩りはいい。スープをひと口。ん~なんだろうこの風味は。東京の屋台で食べたラーメンの味わいで、懐かしくホッとする味わいだ。

yamane
 「ラーメン」を注文した後に気付いたが、メニューに「ラーメン定食」という貼り紙を発見。値段は750円とラーメン単品大して変わらないのに「ライスとメンチカツ」が付く。ん~そっちにすれば好かったかも(笑)

yamane9
 「ミニラーメン(350円)とミニカレー(400円)」。ラーメンはミニでも食べ応えあり。相変わらず個性的な味わいです。今回はチャーシューがバツグン。カレーもラーメンスープで煮込んでいるのか、具材はシンプルだがそこそこイケてます。 

yamane4
 ミニメニューが充実してますので、二品頼むのがおススメです。 

yamane3
 地元に愛される「やまね食堂」。店内はカウンターと小上りのテーブルが2つ。10名も入れば満杯だろうか。メニューはラーメンなどの定番メニューが中心で種類は豊富です。出前もやっています。ワカサギ釣りの帰りに立ち寄るのが楽しみです。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【やまね食堂】

 TEL 0242-64-2506

 住所 福島県耶麻郡猪苗代町蚕養字山根586-2

須賀川市長沼(旧長沼町)の名店「ちから寿司」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

chikara4
 「ちから寿司」にはかなり前に友人から呼び出されてここで一献した記憶があるが、それ以来の訪問。昔のイメージはなく、田舎に在ってキラリと光る寿司屋の名店でもある。とにかくメニューが豊富で、ランチメニューも色々と揃えてあります。画像は土産の「イクラばらちらし」。彩りも華やかで甘めの味わいなので子供に喜ばれます。

chikara2
 「海鮮丼ランチ」。小さく切ったネタが彩り好く盛られています。別盛りでトロの握りが一貫付きます。コストパフォーマンスも好過ぎる人気のランチメニュー。

chikara1
 「三色丼ランチ」は、イクラとウニとマグロの三種の小丼と干瓢巻き、うどん、小鉢、あら汁などが付きます。いろいろと楽しめて大満足。

chikara3
 イクラとウニとマグロの「三色丼」。ウニが極上で「ウニ丼」も好いかも。

chikara6
 「干瓢巻き」。干瓢巻きは大好きだが、愚生的には山葵をたっぷり入れたのが好い。

chikara5
 メニューはかなり豊富です。

chikara7
 通常メニューの他にランチメニューも色々と揃えてあります。「長沼復興ランチ」というのもあり地元愛が感じられるし、寿司屋ながら十割蕎麦も頂けます。

chikara
 知る人ぞ知る寿司屋の名店。シャレた江戸前の寿司屋も好いが、こういう昔ながらの大衆的な寿司屋というのがどこかホッとする。夜は宴会中心で寿司屋が作る鍋というのも美味しそう。ここは酒類も豊富で、入手困難な日本酒名酒や本格焼酎が手頃な価格で呑めます。次回は十割蕎麦付きのランチか「ウニ丼」を注文しようと思っているが、寿司屋に来て一献しないというのも何か寂しい気もするなぁ(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【ちから寿し】

 TEL 0248-67-2623

 住所 福島県須賀川市長沼字金町32

 

郡山市磐梯熱海町の超人気みそラーメン店「味噌屋」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

味噌屋ラーメン
 郡山市の磐梯熱海町、国道49号線沿いに店を構える「味噌屋」へは昔から来てはいるが、人気があるのが不思議なくらいで「食べログ」にもアップすることもなかった。カップラーメンなどにもなっており、味噌ラーメンでは郡山というか県内でもトップの人気を誇る超有名店。画像は、店名が冠された一番人気の「味噌屋ラーメン」。

味噌屋ラーメンセット
「味噌屋ラーメンセット」。半ライスとお新香付き。味噌ラーメンは奇を衒ったものでもなく、特段に美味しいというものでもなく、至って普通の味わい。料理というのは意外とこういうのが人気の秘訣だったりもするんです(笑)

misoya
 「味噌だれつけ麺」も店のおススメ。具材が別盛りなのでなんとなくシャレた感じで豪勢に見えるが、味噌ダレのつけ汁にしてもイマイチパッとしないし、至って普通のつけ麺だと思います。割スープが添えられてるが、寒い時期はつけダレを割って最後に頂くより、麺の方へ割スープを注いで温かくして食べるのも悪くはない。

misoya2
 麺は黄色みがかったオリジナルの玉子麵で麺は通常のラーメンの二玉分。冷たく締められてるので歯応えがあります。まぁこれも至って普通のつけ麺です(笑)

味噌屋ねこまんま味噌ラーメン
 「ねこまんま味噌ラーメン」。丼ぶりの底にご飯が隠れてて、麺を食べた後には名前の通りの「ねこまんま」を楽しめます。 鰹節が好いアクセントになってます。

misoya1
 「ニンニクみそ丼」。これは中々イケてます。肉味噌の味がちょっと甘めなので自家製ラー油をプラスして辛くして食べるのが好いかも。

misoya3
 メニューの一部。とにかくアイデア豊かなメニューが揃っています。

misoya4
 今では県内外から客がやって来る超人気店で、祭日ともなれば行列は当たり前。駐車場が広く、名前を書くとポケベルが渡され、車の中で待つことができます。店主は元「どさんこラーメン」の店主で、この場所に越して大成功を収めた。ラーメンの好みは人夫夫で、好き好きだろうが、店主の味噌ラーメンに対する拘りと情熱、研究熱心さは伝わってきます。でも、やはり味よりも風水というか、方角は大事なのかもなぁ(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【味噌屋 (みそや)】

 TEL 024-984-4000

 住所 福島県郡山市熱海町高玉字南麻生沢1-97

白河ラーメンの隠れた名店「手打中華おおくま」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

DSC_2216
 白河市内から泉崎村方面に行く途中の閑静な地区にポツンと在る「手打中華おおくま」。地元では人気のラーメン店で歴史は古そうだ。注文を終えると程なくして皿に盛られた画像の「鶏ガラ」がサービスされる。ビールが飲みたくなります(笑)

DSC_2215
 「鶏ガラ」は、ラーメンダレとネギがかかってて、自家製ラー油をかければ上等な油淋鶏の味わいに。鶏ガラは、首や肋などをふんだんに使用しているのが窺えます。

DSC_2219
 「ワンタンメン」。濃いめのスープは醤油の香りも好い感じで、細めの手打ち麺の小麦の香りもいいし、白河ラーメンの中でもちょっと違った美味しいラーメンだと思います。ただ、チャーシューは白河ラーメンらしい炙った香ばしさが足りない。

DSC_2217
 愚正のイチオシは「塩タンメン」。さっぱりした味わいでスープは熱熱。さっと炒めて茹でた野菜の甘さがスープに溶け出してなんとも美味しい。 

DSC_2218
 麺は他の白河ラーメンより細めだがしっかりした歯ごたえで、のど越しも好い。肉はチャーシューが載せられてるが、愚生的には豚バラ肉を野菜と一緒に炒めて煮込んだものが好い。それでもかなり秀逸なタンメンだと思います。

DSC_2220
 「ワンタン麺」のワンタンは餡の無いシンプルなもので、のど越しが好い。「ワンタンスープ」というメニューもあり、次回はそれも楽しんでみたい。

DSC_2213
メニューはシンプル。「塩タンメン」はあるが「味噌タンメン」はありません。できれば「塩ラーメン」も欲しいところ。「中華ざる」ってのも気になるなぁ(笑)

DSC_2212
 店内はカウンターと小上りの座卓があるだけで、メニューもシンプル。「鶏ガラ」のサービスが気になって伺ったが、これには大満足。「これだけ良い鶏ガラを使っています」という店主の拘りと自信を感じます。スープが極上なので、塩ラーメンを食べたいと思うが、メニューにないのが残念。白河市にはまだまだ知らない店があるなぁ。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【手打中華おおくま】

 TEL 0248-27-3325

 住所 福島県白河市久田野塚田41-1

  

100年の歴史を持つ会津若松市の老舗名物食堂「三角屋」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

sankaku2
 会津若松市の老舗食堂「三角屋」。100年の歴史を誇る名物食堂だが、名物なのは料理も然ることながら、やはり女将さん。けっこう歳は重ねてはいるが、いつも着物を着て接客しているのが微笑ましい。画像は名物の「ソースかつ丼」

sankaku5
 ソースカツ丼はボリュームもあり、ソースはさらっとしててさっぱりとした味わい。「煮込みカツ丼」も食べたいと思うが、残念ながらメニューには無い。

sankaku6
 ソースカツ丼には「ミニラーメン」も付きます。小さいながらも本格派。

sankaku3
 「みそラーメン」と、カツ丼に付く「ミニラーメン」を比べてみる。

sankaku4
 「みそラーメン」。見た目からも独特で、野菜を煮込んだこの店のオリジナル。格段に美味しいという訳ではないのだが、どこかホッとする味わいです。

sankaku
 「チャーシューメン」。豚ガラが香る昔懐かしい味わい。麺は太麺を使用。味がしっかりしているのでスープに負けてません。チャーシューもイケてます。

sankaku7
 メニューはこんな感じ。「冷し中華そば」と「まる冷し中華そば」はどんな違いがあるのか興味津々。丼ぶりか皿かの違いだったりして(笑)

sankaku8
 「三角屋」は、その名前の通り、三角形の土地に建てられている。区画整理などで今の形になったのだろうが、やはり100年の歴史というのは凄い。昔は「三角屋」ではなくちゃんとした名前があったらしいが、いつのまにやら愛称だった「三角屋」が屋号になったという。雰囲気といい、味わいといい、歴史を感じる名物食堂です。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

※注)この食べ歩きブログは「食べログ」の過去の記事を参考にアップしてるので、記事によっては当然古い内容のものもありますのでご理解ください。

 【三角屋 (さんかくや)】

 TEL 0242-27-1758

 住所 福島県会津若松市本町3-6

懐かしい支那そばとささみ衣揚げが人気の「とん太」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

DSC_2225
 郡山市内にはとんかつ屋は多く、愚生的には駅前に在った「たかの」がお気に入りだったのだが残念ながら閉店してしまった。安積町の「とん㐂」も人気だが、ここ「とん太」も昔からのファンは多い。中でも人気なのが画像の「ささみ衣揚げ」。

DSC_2224
 鶏ささみの唐揚げというか、鶏ささみの天ぷらと言った方が好いだろうか。衣がサクサクで、柔らかく揚がったささみはなんとも美味しい。自家製とんかつソースもいいが、愚生的にはチキン南蛮風に酸っぱいタレとタルタルソースでも味わってみたい。

DSC_0807
「支那そば」 は、とんかつ屋だけあって豚ガラベースのあっさりしながらもコクを感じる懐かしい味わいで他のラーメンとは一線を画します。大ぶりのチャーシューと柔らかめの細麺が特徴で、値段はそこそこだが麺の量が多いので十分満足。

DSC_0806
 オススメなのが「支那そばとミニささみ衣揚げ丼セット」。客の多くが注文する人気メニューです。「ミニヒレかつ丼」とのセットもあります。

DSC_2226
 「煮込みかつ丼」。みそ汁、ポテトサラダ、お新香、紅ショウガ付き。

DSC_2227
 「煮込みかつ丼」。とんかつ屋だけあって肉がジューシー。揚げたてのカツをラーメンのタレとスープで煮込んだカツ丼で、味は意外とさっぱり味に仕上がってます。

DSC_0803
 メニューはこんな感じ。値段はトータル的に良心的だと思います。

DSC_2222
 「とん太」の場所は、新さくら通りを大槻町方面へ向かって自衛隊郡山駐屯地の北側のビルの一角。経営難に陥ったという話も聞くが、新たな店舗で新たな客層を掴んでおり、連日賑わってるのは昔からのとん太ファンとしては嬉しいものだ。郡山市の老舗豚かつ屋の支那そば&ささみ衣揚げを味わってみては如何でしょう。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【とん太】

 TEL 024-926-0750

 住所 福島県郡山市土瓜1-223

矢吹町の名店「つむら家食堂」の極旨トマトラーメン

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

IMG_20140511_114623387
 「つむら家」は平日もひっきりなしに客が訪れる人気店で、土日祭日ともなれば行列は必至。店内はこじんまりとしているが無駄のない造りになっている。店内中央にはメニューなどが書かれた大きな看板が置いてある。値段はそこそこなのだが、味も然ることながら接客なども好印象でリピーターは多い。画像は名物の「トマトラーメン」

IMG_20140511_114616571
 「トマトラーメン」は、かなり完成されたラーメンに仕上がっています。トマトとセロリ、ひき肉の感じがなんとも好い。少しのオリーブオイルと粉チーズの隠し味が本来のスープの味を損なうことなく渾然一体となって美味しさを更に引き出している。最後の一滴まで楽しめる至極の一杯です。残ったスープでリゾットも好いかも。

DSC_2185
 「塩ラーメン」。スープの美味しい店は塩ラーメンも美味しい。白河ラーメンでは「英(はなぶさ)」や「ごっつんこ」の塩ラーメンが好きだが、ここも中々イケてます。ただ、鰹節の香りを強調する余り節粉が多過ぎるようにも感じる。

IMG_20140511_114906189
 「支那そば」は、煮干しが効いたラーメンで、白河ラーメンの流れを汲む麺はかなり旨く、スープも浮いた油の上品さで主人の腕のよさが窺える極上の一杯。

14639769_825733417569937_3071868085085689053_n
 「チャーシューメン」は鶏ガラベースの中華そば。チャーシューは3種類、愚生の好きな「かぶり肉」も入っているのは好印象。最近はどの店でも、彩りでカイワレを入れる店が多くなったが、最近のカイワレは品種改良されているのかスープ自体の味を損ねないようになった気もする。でも、やはりラーメンの青菜はホウレン草が好い。

IMG_20140511_115602406
 「そぼろご飯」。好い味付けです。平日は「チャーシュー丼」もあります。

DSC_2183
 店内の黒板にはメニューや蘊蓄などが書かれてて人柄を感じます。

DSC_2182
 メニューはこんな感じ。。「中華そば」は、白河ラーメンと同じオーソドックスなもの。「支那そば」は、煮干しが効いたラーメン。因みに「お魚のラーメン」はスープの底に削り節が隠された和風ラーメン。それぞれがかなり旨いです。

DSC_2187
 店名は苗字の「円谷」から来てるのだろう。「円谷」というとウルトラマンの「円谷プロダクション」が有名なのでどうしても「つぶらや」と呼んでしまうが、県内では「つむらや」と読む人の方が多い。まぁそんな薀蓄はどうでもいいが、「中華そば」も「支那そば」も捨てがたいが、愚生のおススメは「トマトラーメン」です。

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログも覗いてみて下さい。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!

【つむら家】

 TEL 0248-42-3855

 住所 福島県西白河郡矢吹町曙町78

伝統の白河ラーメンの味を忠実に受け継いでいる「ともゑ食堂」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

1403429739346
 「ともゑ食堂」は矢吹町内から離れた場所で営業しているが、白河ラーメンの超有名店「とら食堂」の流れを汲む老舗食堂で、味は折り紙付き。画像は「チャーシューメン」。使用しているのは豚もも肉のみで、白河ラーメン特有の炙った香りは乏しいが、さっぱりした味わい。愚生的には「かぶり肉」が欲しいところ。

2ea33e7e
 「チャーシューメン」は彩りが好い。白河ラーメンらしい醤油の香ばしさが漂う。具材はチャーシューとメンマ、ナルト、絹サヤ、のり。それにネギはタマネギが少々入っているようで甘さを感じる。味は濃いめだがバランスの好い味わいです。

1403429738861
 「ラーメン」は、今どき500円。白河ラーメンは、醤油と手打ち麺の小麦の香りが決め手だが、麺は手打ちにありがちな不揃いの麺ではなく、具材の一つ一つにも店主の拘りと心意気を感じる。かなりレベルの高い一杯だと思います。

DSC_2192
 「タンメン」。白河ラーメンはスープが極上なので塩味もイケるんです。ここのタンメンは、野菜がシャキシャキで絶妙な炒め&煮込み具合。野菜の甘さがスープに溶け込んで、県内でもかなり秀逸なタンメンに仕上がってます。 

6763ab13
「半カレー」は400円。半分といってもそこそこあります。具材は豚肉とタマネギのみだがこれが実にいい。懐かしい蕎麦屋さんのカレー。福神漬けが泣かせます。

DSC_2190
 店内のメニューの札。やはりおススメは王道のラーメン。

DSC_2188
 店舗が新しくなってからしか行ってないが、旧い店舗にも行ってみたかったなと思う。店内は厨房前の数席のカウンターとテーブル席、座敷テーブルで厨房はオープンキッチンなので店主の仕事ぶりが見える。客の多くはラーメンの大盛りを注文してるが、大盛りでも600円なら然もありなん。矢吹町の名店だと思います。 


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【ともゑ食堂】

 TEL 0248-45-2711

 住所 福島県西白河郡矢吹町三城目24

修業先の「坂内食堂」が塩ラーメンなら「香福」は醤油ラーメンで勝負


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

loufuku1
 喜多方市内では朝からラーメンを食べる「朝ラー」が有名だが、「香福」もその一軒。店主は喜多方ラーメンの超有名店「坂内食堂」で修業。本家が塩ラーメンなら、こちらは醬油ラーメンで勝負。画像は「お肉ラーメン」。見た目は「坂内食堂」の肉そばと同じビジュアルだが、オープン当初よりチャーシューが大きくなっている。

koufuku6
 以前食べた「お肉ラーメン」。以前の方が坂内食堂に似ています。チャーシューはやわらか過ぎず、硬すぎず、しょっぱすぎず、坂内食堂の肉そばに負けてません。

koufuku9
 オープン当初に提供されてた「お肉ラーメン」。丁寧さが伝わってきます。

koufuku
 「お肉ラーメン」と「ラーメン」。色合い通り、優しい味わいです。

koufuku2
 「ラーメン」。チャーシュー四枚が入り、優しい味わいで店主の仕事ぶりと人柄が感じられる一杯ですが、スープは品があり過ぎというか、チョッとパンチが足らない気がする。背脂入りのこってり味も食べてみたい。

koufuku8
 「青春ラーメン」。シンプルに浅葱がトッピングされてるだけのラーメン(笑)

koufuku3
 店内メニュー。「青春ラーメン」の他「告白ラーメン(ラーメンに白髪ネギがトッピングされてます)」とか恥ずかしくなるようなネーミングが書かれているが、味は至って真面目なラーメンです。ミニ丼もあり、トッピングメニューも充実してます。

koufuku5
 喜多方市の中心部、分かりづらい場所にあるが「香福」ファンは結構多く、土日祝日ともなれば開店(7:30)時間前から行列ができることもある人気店。店内は醤油の香ばしさが漂っていて食欲をそそります。伝統と進化でいえば、これからの進化が益々愉しみなラーメン屋です。「坂内食堂」の塩ラーメンと食べ比べも好いかも(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

※注)この食べ歩きブログは「食べログ」の過去の記事を参考にアップしてるので、記事によっては当然古い内容のものもありますのでご理解ください。

 【香福(こうふく)】

 TEL 0241-23-3878

 住所 福島県喜多方市字3-4840-1

超極太麺のタンメンとみそタンメンが人気の「中国飯店なるき」

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

※食べログでは「爆ちゃんの孤独のグルメ探訪♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

IMG_20141213_115635946
 30数年前、郡山市冨久山町に引っ越してきた時からこの場所に在った中華屋さん。味も昔と変わらず、活気のある人気店です。最近のお気に入りは肉そば。他でいうところのパーコー麺。基本のラーメンに豚唐揚げの味が溶け出して奥深い味わいに。

IMG_20141213_120426749
 愚生の好きなのはみそラーメン。タンメンとは違い麺は細麺、炒めた野菜の香ばしさ、甘みとコクと香辛料が効いたスープが麺に絡まって絶妙な味わい。

DSC_2058
 店一番人気の「タンメン(塩)」。野菜もシャキシャキでボリューム満点。

o0640048012529393390 タンメン、なるき4
 「みそタンメン」。愚生的に味噌味の方が好い。

DSC_2059
 タンメンの麺は超極太麺。普通の麺にも変えられます。

IMG_20131130_113926484
 「カレーは飲み物」と言ったのはウガンダ。愚生的にこの「天津丼」も飲み物だと思う。でも、値段がチョッと高いから最近は手が届かなくなった(笑)

IMG_20141213_120743151
 炒飯は中華の王道の味わい。これもボリュームがあります。

naruki
 「カツ丼」は値段的に期待したがイマイチ。カツは予め揚げておいたカツを使っており、味付けも不味くはないがやや薄めでご飯とのバランスが悪い。

IMG_20141213_115629418
 やはりこの肉そばが好い。一度食べればハマリますよ(笑)

IMG_20140924_110337937
 昼時になると営業のサラリーマンや職人さんや家族連れなどで満員。やはり極太麺のタンメンが人気です。メニューも豊富で、夜は単品やコース料理で楽しめます。

IMG_20140924_110357679
 国道4号線沿い。この看板が目印。郡山市内の人気老舗中華食堂です。

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!

【中国飯店 なるき】

 TEL 024-932-9642

 住所 福島県郡山市富久山町久保田字愛宕86

記事検索
QRコード
QRコード
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
ギャラリー
  • 喜多方市熱塩加納の老舗「ほまれ食堂」
  • 喜多方市熱塩加納の老舗「ほまれ食堂」
  • 喜多方市熱塩加納の老舗「ほまれ食堂」
  • 喜多方市熱塩加納の老舗「ほまれ食堂」
  • 喜多方市熱塩加納の老舗「ほまれ食堂」
  • 喜多方市熱塩加納の老舗「ほまれ食堂」
  • 喜多方市熱塩加納の老舗「ほまれ食堂」
  • 喜多方市熱塩加納の老舗「ほまれ食堂」
  • 喜多方市熱塩加納の老舗「ほまれ食堂」