爆ちゃんのふくしまグルメ探訪

原発事故での風評被害にもめげず県内に留まり懸命に頑張っている飲食店を応援しています。このブログが福島の地を訪れる一助となれば幸甚の極み♪

2017年04月

創業60年の郡山市の名物焼き鳥屋「花春酒蔵河童」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterなどでも話題にして頂けますと幸甚です!

kappaa
 桜通りを登った左側、安積国造神社門前に如何にも美味しそうな黄色の看板が見えて来る。地元なら知らない人はいない焼き鳥屋の名店「花春酒蔵河童」。この店に初めて伺ったのはもう30年以上前の大学時代のこと。その頃は初代の親方が焼き方をしていて、その独特の雰囲気に圧倒されたものだ。コの字型のカウンターといい、焼き台といい、花春の地酒といい、焼き鳥といい、酒肴といい、これぞ場末の呑み屋の最高峰。

DSC_0645
 焼き鳥は塩、タレ、にんにく醤油の三種で味わえる。画像は、豚ばらをにんにく醤油で。何とも香ばしく、クセになりそうな味わい。手羽やばら肉などに合います。

DSC_0644
 レバー。タレは甘すぎず、サラっとしていて流石は老舗の味わい。

DSC_0647
 かしら(塩)。塩味の濃さも絶妙で肉の味を引き出している。

DSC_0646
 タン(塩)

DSC_0321
 しろ(タレ)

DSC_0322
 手羽先(にんにく醤油)。にんにく醬油がなんとも香ばしくて美味しい。

DSC_0750
 うずら(にんにく醤油)。

DSC_0752
 なんこつ(にんにく醤油)

DSC_0747
 煮込みは脂が殆ど処理された塩味のやさしい味わい。

DSC_0323
 馬刺しユッケ。これも日本酒にばっちり。

DSC_0549
 河童オリジナルの「トマとろろ」。トマトととろろの絶妙なコラボ。

DSC_0552
 にんにく焼き

DSC_0543
 馬刺し

DSC_0553
 お新香も古漬けっぽくて好い味わい。

DSC_0185
 焼き鳥(もつ焼き)の種類も豊富。味付けはおまかせでもOK。

DSC_0186
 気の利いた酒肴や一品料理も盛り沢山で、呑兵衛には堪らない店だ。

DSC_0182
 60年続く、焼き鳥屋の名店「花春酒蔵河童」。安積国造神社門前の黄色い看板が目印。呑兵衛の愚生が通わなかったのは、ここの大将がバリバリの共産党員と教わってたからで、まぁ恐らく正義感に満ちた反骨者だったことは想像出来る。その名残が、入り口に掲げられてる民商の看板なのだろう(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を

 【花春酒蔵 河童(かっぱ)】

 TEL 024-922-3520

 住所 福島県郡山市清水台1-6-15

 http://yahoo.jp/nBZO-Q←詳しい場所はこちらをクリック!

お食事処というよりドライブイン「かなざわ」の特製もつラーメン


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

1437461334859
 須賀川市の国道4号線沿いに在る「かなざわ」。かなりの老舗で、大分昔に立ち寄ったことがあるくらいだが、道路沿いに立つ「特製もつラーメン」の幟が気になって立ち寄ってみた。画像は「特製もつラーメン」

1437461335061
 「もつラーメン」というと山形の煮込んだモツラーメンをイメージしていたが全くの別もの。モツは歯応えがあり、ニンニクの効いた一杯に仕上がっている。辛さはそれほどでもなく、愚生的には豆板醤や一味をもっと効かせて辛い方が好いかも。でもこの程よい好い辛さが一番人気になってるのだろう。

1437461335223
 「特製もつラーメン」のオススメの食べ方はこんな感じ!

DSC_1368
 「ホルモン定食」+「半ラーメン」のセット。ホルモン炒めは、炒め具合が絶妙の野菜と歯応えのあるモツがニンニクの利いたタレとバツグンの愛称で食欲をそそります。「半ラーメン」は、さっぱりしたスープと細麺がなんとも懐かしく優しい味わい。

DSC_1369
 「ホルモン炒め」。愚生的にど真ん中の味わいです。

DSC_1372
 「アジフライ定食」のアジフライ。ビジュアル的には洋食店の盛り付け。衣がやや厚めでサクサク。小鉢やみそ汁などの味付けも好い。

DSC_3933
 定食部門一番人気の「ニンニクミソだれ焼肉定食」。ニンニクがガツンと効いててクセになる味わい。ご飯よりも一杯飲みながらつまみたい(笑)

kanazawa
 「しょうが焼肉定食」。ニンニクみその焼肉定食より、こっちの方がご飯に合う。豚ロース肉は画像的に大きく見えるが値段相応の大きさです。

DSC_1367
 店内メニューはこんな感じ。とにかくメニュー豊富。選ぶのに困った時は「当店人気☆」のメニューを選ぶのが好いと思います。「桜刺身定食」はかなり珍しい。

IMG_20150721_114335605
 ここ「かなざわ」は、「食べログ」などでは「金沢食堂」になってたり、ネットでも「お食事処かなざわ」となってたりするが、愚生的には「ドライブインかなざわ」と言った方がピンとくる。最近は「たれカツ丼」なんてのもそこそこ人気のようだし、ミルフィーユになってる「カツ丼」も捨てがたい。いつまでも残しておきたい大衆食堂です。営業は有難いことに10:00~となってます。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【ドライブインかなざわ(お食事処かなざわ)】

 営業時間 10:00~ (15:00~17:00まで休憩あり)

 定休日 不定休

 TEL 0248-75-2839

 住所 福島県須賀川市森宿字ヒジリ田54-33

 店の場所はこちらをクリック➡http://yahoo.jp/gzchLL

二本松市安達の人気中華料理店「宝華(ほうか)」の宝ソバ


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

DSC_4131
 二本松市安達の人気中華料理店「宝華 」。ここの名物といえば画像の「宝ソバ」。「宝ソバ」とは、他でいうところの「油ソバ」。食べ方はとにかくかき混ぜる。箸が滑るがそんなことは気にせず混ぜ続ける。一口啜ると、ん~今までには食べたことのない味わいに感動。そのままでも美味いが酢と辣油をお好みで投入し、変化を楽しむ。

DSC_2494
「宝セット 」。宝ソバ(油ソバ)に半チャーハンが付く一番人気のセットです。冷奴付き。次回から使えるドリンク券と勘定時に550円に1枚サービス券も付く。

houka2
「ネギチャーシュー宝ソバ(油ソバ)&ライス」。ネギの美味しい時期におススメなのがこのネギチャーシューの油ソバ。ご飯と意外に合います。

houka
「キムチ宝ソバと半チャーハン」。辛いのが好きな人にはこのキムチの油ソバ。

houka3
「冷たい油ソバとチャーハンのセット 」。暑くなると登場する冷たい油ソバ。見た目は冷やし中華だが、間違いなく油ソバです。ドリンク券は使ったことがない(笑)

DSC_4132
 セットの炒飯。これも絶品で愚生的にもトップクラスの味わい。でも、たま~に職人向けなのか凄くしょっぱい時もあります(笑)

DSC_4128
「とりうま煮メン」。かなりのボリュームで、スープは並並しかも熱熱なので火傷注意。炒めた野菜や鶏肉などの香ばしさが溶け込んだスープが麺とよく絡み合う。

DSC_4133
 餃子はカリッと焼かれてて彩りは好いが味は至って普通です(笑)

DSC_4127
 店内。テーブル席と奥に個室と座敷あり。

DSC_4122
 古くから「油ソバ」を提供している「中華の宝華 」。店主の修行先は東京東小金井の中華料理店「宝華」。本店は「宝ソバ」を求めて大行列だが、こちらは並ばず同じ味を楽しめます。普通の中華食堂だが、地元ではかなりの人気店で味も本格派。他の中華メニューも豊富で味もかなりイケてます。田舎の中華食堂と侮ってはイケません。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【中華の宝華 (ほうか)】

 営業時間 11:00~15:00 17:00~20:00

 定休日 火曜日

 TEL 0243-23-3116

 住所 福島県二本松市油井字天王田89-1

 店の場所はこちらをクリック➡http://yahoo.jp/yCEAgg

須賀川市の大衆食堂の名店「太陽食堂」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

DSC_2009
 須賀川市内には名店と言われる店は多い。ここ「太陽食堂」も大衆食堂の名店と言って好いだろう。メニューは和洋中など幅広く、どの料理もイケてます。何より良心的な値段設定とボリュームが人気の秘訣だろう。画像は人気の「焼肉定食」。

DSC_2006
 「焼肉定食」には、みそ汁、お新香、小鉢が付きます。鉄板の上に盛られ、彩りが好い。ニンニクとケチャップ風味のオリジナルのタレがなんとも美味しくご飯が進みます。付け合わせはナポリタンと茹でたもやし。と厚みのある豚肉四枚を片栗粉を付けて焼いてあるので、オリジナルのソースがまとわりついて箸では滑って掴み難い(笑)

DSC_2008
 「ハンバーグ定食」。厚みのあるハンバーグは、ピーマンと玉ネギを炒めてとんかつソースをアレンジしたタレに仕上がってるが、焼肉定食のタレの方が好いように思う。付け合わせは焼肉定食と同じで、ナポリタンの味わいも好い感じです。

太陽食堂
 「かつカレー」。ボリューム満点でカレーも家庭的な味わい。

DSC_2005
 「ラーメン」。チャーシューが二枚でメンマもしっかりした仕事ぶり。懐かしいスープの味わいと中太麺のツルツル感がなんとも好い。これで450円とは驚き。

taiyou
 基本のスープがさっぱりした味わいなのでタンメンはかなりイケてます。500円。

taiyou1
「ソースカツ丼」。揚げたてのカツにたっぷりソース。無難に美味しいです(笑)

DSC_2003
 メニューはこんな感じ。どれも良心的な値段設定です。

DSC_2010
 道路沿いの「食事処・太陽食堂」の看板。 店舗や駐車場も新しく、店内もカウンターやテーブル席、座敷などもあり。ゆったりしたスペースが確保されていてのんびりと食事を愉しめます。「第四金・土・日はお客様感謝デー」で全品50円引き。ということはラーメンは400円。これぞ大衆食堂の名店と言って好いだろう。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【太陽食堂】

 TEL 0248-75-2929

 住所 福島県須賀川市南上町33-1

郡山市の洒落た路地裏に在る韓国料理店「太陽(テアン)」

 
東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックや、facebook・twitterなどでも話題にして頂けますと幸甚です!

DSC_3477
 韓国料理店「太陽(テアン)」は、今や郡山市の小洒落た路地裏となった大町に在る。可愛らしいママさんが一人で切り盛りしている店で、料理はかなり美味しいと思います。画像は韓国料理では定番のナムルいろいろ。どれも好い味わいです。

DSC_0338
 イカと野菜の唐辛子炒め。程好い辛さと奥深い味わい。

16ddae6a
 「カルビ焼き」。テーブルの上に焼き台が出されて自分で焼くのだが、面倒なのでママさんに焼いて貰ったが、やっぱ一枚ずつ焼くのがイイね(笑)

DSC_3480
 「チヂミ」。この日のチヂミは分厚いが香ばしく焼かれてて美味しいが、愚生的には薄くてパリッとしているのが好い。ママ手作りのタレもイケてます。

DSC_0096
今日のキムチは発酵がすすみ酸っぱい。でも愚生的にはこのくらいが好きだ。

d4d813c9
スンドゥブチゲ(豆腐チゲ)。酸味の強いキムチが奥深い味わいに。

DSC_0337
 韓国料理店ではまずはナムルなどの小鉢が提供される。味もバツグン。

DSC_3474
 店の名前は「太陽」と書いて「テアン」と読む。

DSC_3473
 この路地は以前、泥沼の離婚係争中の鮨家「だるま」が居酒屋をオープンしたのだが、あっという間につぶれた曰く付きの路地裏。久しぶりに伺うと洒落た路地裏になっていた。小洒落た店も次々とオープンし、今や郡山市の名物路地裏となった。

 
東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックや、facebook・twitterなどでも話題にして頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【韓国家庭料理テヤン (太陽)】

 TEL 024-934-5690

 住所 福島県郡山市大町1-2-15

 店の場所はこちらをクリック➡http://yahoo.jp/PU9cUJ

カフェの様なオシャレなラーメン屋さん「めん処・成」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

IMG_20150106_111818487
 画像は、郡山ブラックのニューウエーブ「黒中華そば(煮玉子入り)」は愚生お気に入りの一杯。他のラーメンも個性的且つ仕事ぶりが丁寧で彩りもよく、店主の拘りとセンスが窺える。清潔で女性客でも気軽に入れる洒落た店内も好感が持てます。

DSC_0968
 「黒中華そば」は、醤油の香りが引き立っていながらしょっぱさというより甘みも感じるクセになる味わいです。具はラーメンの王道、チャーシュー、メンマ、ホウレン草、とナルトが二枚ってのがここの拘り。黒中華には白いご飯が合う。

DSC_0996
 「じゅんそば」は豚と鶏のスープで作ったラーメンの王道の味。背油も程好い感じでしつこくなく、スープの甘さを引き立ててます。チャーシューも二種類入り。

d724c2c6 成、塩そば4
「塩そば」。彩りが綺麗。スープも透き通り店主の真面目さが窺える一杯。

16998096_1065296573575429_3909330951591363576_n
「支那そば(煮玉子入り)」。これも王道の味わい。ライスと一緒にどうぞ(笑)

p1 成、肉そば
「肉そば」。チャーシューも今どきの柔らか過ぎるものではなく好い感じです。

IMG_20150106_111701838
 「豚飯」。愚生的にはネギは少ない方が好い。豚そのものを味わいたい。

DSC_0969
 もっちりモチモチの水餃子(3個)。ぼんじりなど、つまみも美味い。

DSC_3495
 メニューはこんな感じ(平成29年3月1日現在)

IMG_20150106_111408544
 ラーメン激戦区の郡山でも安定した人気のある「めん処成」。洒落た店内はカフェのよう。店主らの対応も好く、昼時はあっという間に満杯になる人気店です。

DSC_3499
 ここ「めん処・成」や「しょうや」や「信成」「めし処・克」「墨家」など、若手経営者が競い合って郡山ブラックラーメンのレベル向上を目指しているのは非常に頼もしい限り。市内には郡山ブラックの元祖「ますや」を筆頭に「枡はん」「春こま食堂」など老舗食堂が在るが、若手のニューウエーブのブラックラーメンも秀逸です。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【めん処 成 (せい)】

 TEL 024-935-3306

 住所 福島県郡山市朝日1-7-12

 http://yahoo.jp/coinDo←詳しい店の場所はここをクリック!

郡山市から移転営業、絶品白河ラーメン「手仕事麵屋・創(つくり)」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

DSC_4246
 「手仕事麺屋・創(つくり)」は、国道4号線を郡山市から白河市へ向かって、白河市へ入ると左側に在ります。裏手は地元では有名な蕎麦店「大清水」。「手仕事麺屋」と銘打っているだけに、麺はもちろん一品一品が丁寧に作られているのが分かります。画像は「チャーシュー麺」。全てのラーメンに煮玉子が入っているのが嬉しい。

DSC_4245
 「チャーシュー麺」。肉は薄めだが丼ぶり全体に盛られています。白河ラーメンは炙ったチャーシューの香ばしさが特徴で、ここのチャーシューも香り高い逸品に仕上がっています。愚生の好きなかぶり肉はないが、バラとモモの二種類が入ります。

tukuri1
人気の「ワンタン麺」。ワンタンはふわふわでのど越しの好い仕上がり。

DSC_3570
 「塩ラーメン」。店主こだわりの天然塩を使用した自慢の一品。バラ海苔を入れると味わいが増します。白河ラーメンは醤油が好いが、塩もイケるんです。

tukuri
 「つけ麺」。ここの麺は秀逸なのだが愚生的にチョットと茹で過ぎの感は否めない。麺は好みもあるが「硬め」で頼むのが好いかも。のど越しの好い手打ち麺です。

DSC_3569
 「白河醬油ラーメン」は、手打ち麺とチャーシュー、チャーシューの炙った香ばしさがスープに溶け込んだ醤油の香りといい王道の味わい。スープは全体に薄味で、麺はやわらかめに仕上げています。白河ラーメンの中でもレベルの高い一品だと思います。

DSC_4243
 メニューはこんな感じ。どれも丁寧な仕事ぶりが伺えます。

DSC_3563
 郡山市の富田、釣具屋の上州屋の路地を入った住宅街の一角で営業していたラーメン店「創」。白河ラーメンなのでやはり郡山よりは白河の方がその価値を分かる人が多いのは確か。店主はフライフィッシャーで、店内にはフライリールやフライベストなどが飾られています。店主夫婦の人柄が滲み出てる白河ラーメンの名店だと思います。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【手仕事麺屋・創(つくり)】

 営業時間 11:30~15:00

 定休日 木曜日

 TEL 090-4046-1764

 住所 福島県白河市萱根大清水37-1

 店の場所はこちらをクリック➡http://yahoo.jp/5eWd1j

知る人ぞ知る郡山市の名店「宝来軒(ほうらいけん)」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

IMG_20151219_114651136
 「宝来軒」は、マスコミの取材なども断ってるという頑固そうなオヤジと女将さんふたりで切り盛りしている小さな店で、場所は市内並木、トヨタ並木店と並木温泉の路地を入ったところに在ります。画像は半ちゃんタンメンと中華そば(奥)

IMG_20151219_114715362
 郡山市内、否、県内でもトップクラスの美味さなのがタンメン。麺はタンメン用の平打ち麺ではないが、野菜の絶妙な炒め加減といい、スープの味わいといい絶品です。市内には超有名なタンメン専門店が在りますが、愚生的にはこちらの方が好みだ。

IMG_20140507_113820158
 半ちゃんらーめん。700円。

IMG_20140507_113827250
 今どき「らーめん」が500円で食べられる貴重な店です。スープはチョッと濁ってはいるが、昔ながらの支那そば風で厭きの来ないラーメンです。

IMG_20151219_114700683
 中華そば。600円。チャーシューが3枚入ってることもあり、「らーめん」よりはややこってり目。コクがあるスープと麺が絡み合い絶妙な味わいに仕上がってます。

IMG_20151219_114709511
 半チャーハン。セットの「半チャーハン」は、好きな麺にプラス250円(ラーメンとなら200円)で味わえます。味はチャーハン(炒飯)というより「焼飯(やきめし)」といった感じで、これまた絶品。

IMG_20140507_11451605
 餃子。以前は提供していたが今は出してはいないようだ。

IMG_20151219_114204888
 メニューはこれだけ。愚生的おススメは「タンメン」です♪

DSC_3921
 営業時間は11:30~14:00ですのでご注意を。暖簾は出てはないが常連客でいつも満員のマニアックな超人気店です。初めて伺う際には、開店間もない時間が好いかも。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【ラーメン処 宝来軒(ほうらいけん)】

 営業時間 11:30~14:00

 定休日 不明

 TEL 024-923-1331

 住所 福島県郡山市並木3-5-20

 店の場所はこちらをクリック➡http://yahoo.jp/Qpde6f

山形の人気店が「行人沢そば」が郡山市で再オープン


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックや、facebook・twitterなどでも話題にして頂けますと幸甚です!

gyounin
 「行人沢(ぎょうにんざわ)そば」という店名は、山形県川西町の行人沢という地名が由来。山形ではかなりの人気店だったというが、縁あって山形から心機一転、郡山桑野の地で営業することになった。蕎麦は十割の外一、山形にありがちな色黒の田舎蕎麦ではなく、やや緑がかった細身の蕎麦は中々秀逸。画像は「せいろ」

DSC_3584
 「せいろ」新蕎麦らしいやや緑がかった色合いが美味しそう。蕎麦の表面が乾かないうちに一気呵成に啜る。香りは好く、歯応え、のど越し、かえし共に好し。

gyounin1
「自然薯(とろろ)せいろ」。蕎麦も美味いが自然薯がまた美味しい。

gyounin2
「天ぷらせいろ」。季節によりタラの芽やコゴミなどの山菜が提供されます。

DSC_3583
 「鴨せいろ」。つけ汁は程よい大きさの器で提供され、刻み葱と鴨肉は3~4枚ほど。鴨の脂が浮いてて、味も濃すぎることもなく程好い味わいです。まあ、愚生的には今が旬の葱はぶつ切りにして炙って焦げ目が付いたらさっと煮込んだものが好い。

DSC_3585
 小鉢の玉こんにゃくが如何にも山形らしい(笑)

DSC_3581
メニューはこんな感じ。 この時期、温かい「にしんそば」が気になる(笑)

DSC_3587
  山形県川西町は渓流釣りの途中に通ることがあるが、川西ダリア園などもあって素晴らしい町だ。メニューには山形の蕎麦屋らしく「板そば」もあり、色黒の硬派な蕎麦をイメージしてたが品のある仕上がり。店主は店の奥で蕎麦を仕上げ、愛想の好い奥さんが一人で店を切り盛りしている感じの好い店です。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックや、facebook・twitterなどでも話題にして頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【行人沢そば】

 営業時間B11:00~15:00(売切れ次第終了)

 定休日 月曜日

 TELB024-983-0866

 住所 福島県郡山市桑野2-29-16

 店の場所はこちらをクリック➡http://yahoo.jp/z72_1r
 

喜多方の名店の味が会津坂下で復活「らーめん伊藤」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックや、facebook・twitterなどでも話題にして頂けますと幸甚です

DSC_3639
 喜多方ラーメン店の中でも大好きだった「さゆり食堂」が閉店してしまい寂しい思いをしていたが、会津坂下町で復活したと聞き伺ってみた。その名は「喜多方らーめん伊藤」。正しく煮干しが香るラーメンはあのさゆり食堂の味わいだが、当時よりも更に進化しているようにも思う。画像は「チャーシューメン」

sayuri3
 「チャーシューメン」。とろとろに煮込まれたチャーシューはやわらか過ぎず絶妙な歯応え。味付けも濃すぎずスープや麵とのバランスを考えた人気の一品です。

sayuri1
 「ラーメン」。店主の仕事に対する真面目さにじみ出てます。煮干しが香り、スープと麵、具材の一つ一つのバランスが絶妙。これぞ喜多方ラーメンの王道。

sayuri
 「背脂ラーメン」。さゆり食堂時代からの名物。昔は「白雪ラーメン」とか洒落た名前だったと思うが、その名もズバリの背脂入りのラーメンは甘みが加わり更に味わいを増す。愚生的にオススメの一品で最後まで熱熱で頂けます。 

sayuri2
 「みそチャーシューメン」 。チャーシューが隠れて見えませんが、みそチャーシューメンです。モヤシは絶妙の炒め加減で香ばしく味噌との相性はバツグン。

DSC_3637
 メニューはこんな感じで種類は少ないですがどれも絶品。

DSC_3634
 昨シーズンの渓流釣りの帰りにいつも混んでるラーメン屋を発見。「なんで、こんな辺鄙な場所に在るラーメン屋が混んでるのだろう」と興味津々で訪問したのが最初だった。それがナントあの「さゆり食堂」の店主だと聞いてまたびっくり。

DSC_3635
 店の場所は会津坂下町塔寺堤ノ上、近所には立木観音が在る。この看板が目印。コンビニなどドライブインなどが入ってたような古びた建物で店内は一人客用のデカいテーブル席とテーブル席でかなり広い。営業は11:00~14:00の三時間のみ。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックや、facebook・twitterなどでも話題にして頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【喜多方らーめん伊藤】

 営業時間 11:00~14:00

 定休日 火曜日

 TEL 080-3196-1981

 福島県河沼郡会津坂下町塔寺堤ノ上2658-1

 店の場所はこちらをクリック➡http://yahoo.jp/v4u9Eq
記事検索
QRコード
QRコード
J-CASTニュース
livedoor 天気
Amazonライブリンク
楽天市場
ギャラリー
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道