爆ちゃんのふくしまグルメ探訪

原発事故での風評被害にもめげず県内に留まり懸命に頑張っている飲食店を応援しています。このブログが福島の地を訪れる一助となれば幸甚の極み♪

2018年09月

福島市の老舗「もりなが食堂」の極旨海老天丼


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内で懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でもブログランキング応援バナーのクリックやfacebookへのシェア、twitterへのツイートなどにもご協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますのでご参考に。 おススメの店やご意見などあれば mr.cordial@live.jp にお気軽にご連絡ください。

DSC_3883
 福島市早稲町に在る創業60年の老舗「もりなが食堂」。海老天丼はここという人は多いだろう。サクサクに揚げられた海老天とチョッと色黒の甘辛ダレとの相性は歴史を感じる味わい。画像は「上海老天丼(通常は2本で700円。3本は900円)」

DSC_3881
「上海老天丼(1本追加)」。海老の揚げ方や天ダレも然ることながら、やや硬めに炊かれたご飯とタレが絶妙。お新香のたくあんもワカメのみそ汁も美味しい。

FB_IMG_1537926945801

「ジャンボ海老天丼(1200円)」。上天丼に使う細身の海老とは違い、大ぶりの海老を使った贅沢な一品。食べ応えあり。海老を堪能するにはこちらがおススメ。

morinaga1
「上天丼」。海老にまとわり付いた衣のサクサク感がたまらない。タレの色は江戸前風に濃いめだが甘みがあり、正に「超うまうま」。並は600円(小さめの海老)。

FB_IMG_1537926814998
「ラーメン(450円)」。昔懐かしい中華そば。載ってる具材もシンプルにチャーシューとメンマにナルト、刻みネギ。餅入りラーメンが気になっている(笑)

DSC_3886
「冷やしラーメン」を注文したが届いたビジュアルは冷やし中華。ん~冷やし中華っぽい。強いて言えば胡麻油の香りが無いがやっぱりコレって冷やし中華でしょ(笑)

morinaga2
「天ぷらそば」。蕎麦はどうでも汁が美味い。そこに海老天が入るから更に美味い。

DSC_3880
 メニューも豊富で何を食べても美味い。でもやっぱここでは超うまうまな海老天丼は外せない。揚げたて海老天は1本220円からお持ち帰りできます。

DSC_3878
 店は国道から西側に一本脇道に入った通り沿い。自民党福島県連の裏通り。隣にホテルが出来てコインパーキングも新設されたので以前よりも利用し易くなった。店内はカウンター席とテーブル席のみ。狭いながらも雰囲気が実に好い福島市の名店です。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内で懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でもブログランキング応援バナーのクリックやfacebookへのシェア、twitterへのツイートなどにもご協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますのでご参考に。 おススメの店やご意見などあれば mr.cordial@live.jp にお気軽にご連絡ください。

【もりなが食堂】

 営業時間 11:00~18:30

 定休日 日曜・祝日

 TEL 024-522-6286

 住所 福島県福島市早稲町8-13

 店の場所はこちらをクリック→https://yahoo.jp/5Hfeyi

本格的白河ラーメン「手打ち中華 麺匠 ぜん」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

DSC_2846
 市内善方池の傍に本格的白河ラーメン屋がオープン。場所は国道4号線から脇道を入った住宅街の一角。店名やビジュアル的に市内大槻町の白河ラーメン店「ことぶき家」で修業したと思っていたがやはりそのようだ。画像は「手打ち中華」

DSC_2845
 手打ち麺の小麦の香りが乏しいのは麺を打ってから寝かせている。手打ち麺の食感とのどごしを優先しているからだろう。「手打ち中華」のチャーシューにかぶり肉が入ってるのは凄い。カイワレは個人的に好きじゃないが修行先がそうだからなぁ(笑)

DSC_1240
「手打ち中華+煮玉子」。白河ラーメンは鶏ガラを中心に豚ガラを使い、甘みの出る野菜などは使わないで採った透き通ったスープが特徴で、醤油の香りと手打ち麺の小麦の香り、そして焙った香ばしいチャーシューの三位一体を楽しむラーメンです。

DSC_4339
「手打ち中華+煮玉子」。今回はかぶり肉が入ってなかった。でもチャーシュー三枚は有難い。煮玉子はオープン当初は玉子が新鮮過ぎて表面がボロボロだったが、ツルツルしてました。でもチョッと茹で過ぎか、せめて後30秒早く茹で上げた方が好い。

DSC_1685
「チャーシューワンタン麺」。チャーシューはモモ肉と肩ロース、小さいながらかぶり肉の三種類。ワンタンは具入りだが餡の香りが強調されてないのでスープの味を損なわない。のど越しも好い。カイワレは彩りは好いが白河ラーメンにはホウレン草が好い。

DSC_4428
「ワンタン麺」。ワンタンの餡はニンニクや生姜の香りが強調されてないのでスープの味を損なわなく美味しい。白河ラーメンにはカイワレよりやはりホウレン草が好い。それから丼に貼り付いてる三角海苔は安っぽい香りがするので要らない。

DSC_1238
 店内は一人客用のテーブル席(10名)とテーブル席、座敷もあります。

zen
 チケット購入は券売機で。オープン当初は「中華そば」と「チャーシュー麺」だけだったが「ワンタン麺」もラインナップ。店内も店員さんも明るくて好感が持てます。

DSC_2850
 店の場所は国道4号線の善方池の歩道橋から脇道を左に入った住宅街の一角。入ると直ぐにヨークベニマルの社員寮が在るが、その昔はここはヨークベニマルの実業団野球部の室内練習場だった。まあ、そんなことはどうでも好いか(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【手打ち中華 麺匠 ぜん】

 営業時間 11:00~16:00

 定休日 月曜日

 TEL 090-1068-2523

 住所 福島県郡山市富久山町久保田字大原104-11

 店の場所はこちらをクリック→https://yahoo.jp/6EIkgD

喜多方ラーメン名物といえば「坂内食堂」の肉そば


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内で懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でもブログランキング応援バナーのクリックやfacebookへのシェア、twitterへのツイートなどにもご協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますのでご参考に。 おススメの店やご意見などあれば mr.cordial@live.jp にお気軽にご連絡ください。

IMG_20131103_083943373
 喜多方ラーメンを全国に知らしめたのは「坂内食堂」の存在が大きい。全国チェーン店の「坂内食堂」や傘下の「小法師」などの影響もあり全国区的人気となった「坂内食堂」だが、やはり本店の味は格別。画像は「肉そば」。見た目のインパクトは驚くが、見た目とは違いさっぱりした味わいなので女性でも最後までイケます。

63f88ace 坂内食堂4
「支那そば(中華そば)」。坂内食堂は塩ラーメンなのだが醤油ラーメンだと思っている人も少なくない。トッピングはやわらかチャーシューが4~5枚とメンマとネギのシンプルさも好い。豚の香り漂うスープと麺の相性はバツグンです。

bannai
「ネギラーメン」。普通の中華そばの上にオリジナルなタレで和えた白髪ネギをトッピングした見た目にも好いラーメン。ネギの美味しい時期におススメです。

bannai1
「ネギチャーシュー」。その名の通りネギラーメンの肉そばバージョン。贅沢な一品。

bannai2
「冷やし支那そば」。冷やしラーメンというと山形が有名だが、ここのは別物。醤油が際立ってます。チャーシューも脂の多いバラ肉を使ってるので脂が固まってて、好き嫌いは分かれるかも。冷やしラーメンなら会津坂下町の「いしやま食堂」が好い。

IMG_20131103_083936245
 喜多方で塩ラーメンといえば「坂内食堂」だが、喜多方らしいかどうかは別にして愚生的には「喜一」が好い。「塩川屋」「うめ八」「満喜」などにもどうぞ。 

DSC_1443
 坂内食堂はやはり「肉そば」に尽きます。醤油ラーメンならこの隣りに在る「松食堂」がおススメ。またここで修業した弟子の店「香福」は醤油味で勝負してます。見た目もチャーシューの味わいも坂内食堂と同じですのでそちらへ行くのも一興。

DSC_1442
 メニューはこんな感じ。(価格改定の可能性あり)

bannai3
 土日祝日ともなれば店の前には大行列。この光景は喜多方の名物といっても好いだろう。朝の7時から開店する「朝ラー」の店で早朝から客は絶えません。

DSC_1437
「朝ラー」は喜多方の風物詩。この界隈だと「まこと食堂」もやってるが豚臭い濁ったスープはどうも好みではない。それなら、まこと食堂の初代の弟子の店「あべ食堂」の「チャーシューメン、油多め、ネギ多め」が愚生的におススメです。まぁ、喜多方へ来たら塩ラーメンと醤油ラーメンの最低2杯は食べなきゃダメですよ(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内で懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でもブログランキング応援バナーのクリックやfacebookへのシェア、twitterへのツイートなどにもご協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますのでご参考に。 おススメの店やご意見などあれば mr.cordial@live.jp にお気軽にご連絡ください。

【坂内食堂 (ばんないしょくどう)】

 営業時間 7:00~18:00

 定休日 木曜(祝日の場合営業)元旦

 TEL 0241-22-0351

 住所 福島県喜多方市字細田7230

 店の場所はこちらをクリック→http://yahoo.jp/QT74Fh

「松食堂」。坂内食堂の隣にこんなに美味しい店が在るのになぁ


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内で懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でもブログランキング応援バナーのクリックやfacebookへのシェア、twitterへのツイートなどにもご協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますのでご参考に。 おススメの店やご意見などあれば mr.cordial@live.jp にお気軽にご連絡ください。

DSC_4381
 喜多方ラーメンの超人気店でもある坂内食堂の隣に在る「松食堂」。坂内食堂は塩ラーメン、塩より醤油ラーメンが好いという人にはこちらがおススメ。喜多方ラーメンの中でも丁寧な仕事ぶりが窺える店です。画像は「チャーシューメン(800円)」

DSC_4380
「チャーシューメン」。隣の坂内食堂というと丼一面に豚バラ肉のチャーシューが載った肉そばが名物だが、忙しいからかチャーシューが中途半端に硬い時がある。ここのチャーシューは豚ロース肉を使ったものでトロトロで特に脂身が美味い。

DSC_4378
「ラーメン(600円)」。スープが透き通り浮いてる油が如何にも美味しそう。ここは化学調味料は一切使わない拘りぶりで、素材を生かした昔の喜多方ラーメンらしい豚ガラスープの香り漂うラーメンです。喜多方ラーメンの王道と言っても好いだろう。

DSC_4379
「ラーメン」。チャーシューが3枚は嬉しい。こってりながらもさっぱりしたスープとちぢれ麺の相性はバツグン。醤油ラーメンだと「まこと食堂」が全国的にも有名だが、下処理が雑でアクの回った豚臭い濁ったスープよりこちらの方が断然美味い。

DSC_4377
「チャーシューメンとラーメン」。盛り付けはチャーシューとメンマとネギとシンプル。値段的に200円しか変わらないのでチャーシューメンがおススメです。

DSC_4376
 メニューは醤油ラーメンのみという潔さもまた好い。

DSC_4373
「松食堂」は昔から地元や喜多方ラーメン通の間では知らない人はいなかったが、最近はネットの口コミなどもあって結構混んでいるようです。店内はテーブル席と小上がり。混んでる時は相席となります。料理が運ばれて来たら料金を支払うシステム。

DSC_4374
 土日祝日ともなると坂内食堂は凄い行列になるが、そんな行列を横目に松食堂に入るのは何となく気分も好い。喜多方ラーメンの中でも珠玉の味わいで、醤油ラーメンだとここ以外では初代まこと食堂の味を忠実に守っている「あべ食堂」がお気に入り。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内で懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でもブログランキング応援バナーのクリックやfacebookへのシェア、twitterへのツイートなどにもご協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますのでご参考に。 おススメの店やご意見などあれば mr.cordial@live.jp にお気軽にご連絡ください。

【松食堂 (食堂松)】

 営業時間 10:30~17:00

 定休日 不定休

 TEL 0241-22-9904

 住所 福島県喜多方市字細田7232

 店の場所はこちらをクリック→https://yahoo.jp/gDuQZb

本宮市の超人気食堂「柏屋」のソースカツ丼


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

DSC_3187
 本宮市の人気店「柏屋」。中でもソースカツ丼は人気の逸品。会津地方のオリジナルのとんかつソースで作るソースカツ丼とは違い、どちらかというと新潟や福井の「タレかつ丼」に近い、甘辛でさっぱりした味わいです。画像は「名代ソースカツ丼」

DSC_3188
「名代ソースカツ丼」は、ロース肉だが脂身を落としてあり、やや歯応えが残る揚げ具合。衣とタレが何とも香ばしくクセになる。「キャベツはお付けしますか?」と聞かれるが、別に聞かないで入れた方が好さそうな気がするがどうなのだろう(笑)

DSC_3186
「ヒレソースカツ丼(カツは三枚)」。名代ソースカツ丼とは違い、やわらかく揚げられています。ヒレ肉は枚数によって「ミニは2枚」「上は4枚」「超ミニは1枚」

kashiwaya1
「上名代ソースカツ丼」。コレには言わなくても千切りキャベツが入ってます。脂も余計にカットされていないので豚肉本来の味が堪能できる。脂身が甘くて美味い。

DSC_4351
「煮込みカツ丼」。揚げたてのカツをラーメンスープで煮込む愚生好みの煮込みカツ丼。卵のとろみ加減も好いしイケてるが全体的に量は少ない。愚生的にはやはり煮込みカツ丼は二本松小浜の相模屋食堂のが味的にも値段的(750円)にもお気に入り(笑)

DSC_3184
「ラーメン」。シンプル且つ懐かしい、鶏ガラスープのさっぱりした味わい。ラーメンの美味しい店は煮込みカツ丼が美味い。ミニソースカツ丼のセットはあるが、煮込みカツ丼とのセットは無いようだ。言えばやってくれるのかも知れないな。

DSC_3179
 メニューはこんな感じ。カツ丼がメーンだが色々と揃っています。

DSC_3177
「柏屋」は、鶏料理専門店だった金丸食堂と人気を二分する超人気店。土日祝日となれば県内外から客が訪れます。兎に角、タレかつ丼のようなソースカツ丼は絶品で、食べたら病みつきになること間違いなし。ということで、1ヶ月ほど休んでた食べ歩きブログですが、ボチボチ綴って行こうと思いますのでお付き合い下さい。合掌再拝。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【柏屋食堂】

営業時間 11:00~15:30 16:30~20:00

定休日 火曜日

TEL 0243-34-2129

住所 福島県本宮市仲町33

詳しい店の場所はこちらをクリック→http://yahoo.jp/4mIB-L

カジュアルダイニング「えんび」の極旨中華


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内で懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でもブログランキング応援バナーのクリックやfacebookへのシェア、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

enbi5
 郡山市さくら通り、開成山公園の北側の一角で営業しているカジュアル中華レストラン「えんび」。店の外観はプレハブ風だが中は洒落た空間が広がり、中華料理店とは思えないカフェのようで雰囲気も好い。以前は10:30~の営業だったので重宝してたが最近は11:00~のようだ。画像はコンビ定食「回鍋肉と豚肉とキクラゲの玉子炒め」

enbi4
 メニューはオープン当初から色々と替わり、現在は日替わりメニューやコンビ定食が人気。とにかく料理もご飯もボリューム満点。「回鍋肉と豚肉とキクラゲの玉子炒め」はどちらもご飯の進む二品。中でもこれだけ美味しい回鍋肉には中々出会えません。

enbi2
「麻婆和えそば」。人気の麻婆豆腐を炒めた中華麺にかけた「麻婆焼きそば」。冷やし中華発祥と同じ仙台で誕生し、今では市内ラーメン店でも出される話題の一品。

enbi3
「麻婆チャーハン」。名前の通りシンプルなチャーハンに人気の麻婆豆腐がかけられた一品。見た目にはそれほど多くは見えないが皿自体が大きいのでかなりボリューミー。

enbi1
 限定メニュー「担々麺とパイコー丼」。酸辣湯麺(サンラータンメン)は定番メニューで食べられるが、担々麺は限定でしか食べられないので希少な一品。担々麺だけでもボリューム満点だが、パイコー丼は普通に一人前はある。完食は無理(笑)

enbi
 これも限定メニュー「フカヒレラーメン」。フカヒレラーメンには目がない。フカヒレもそこそこ入ってて味わい深い。ライスが付いてるのであんかけ丼にして楽しめる。

enbi6
「マーラータンメン」。色からしてかなり刺激的なラーメンです。酸辣(サンラー)ではなく麻辣(マーラー)。シビれと辛さが何ともクセになる味わい。

enbi7
 昼の10:30から営業していたので愚生的には便利だったが最近は11:00~と普通の食堂と同じになってしまったのは残念。企画も楽しくて、土曜日は「ある店のランチ」として、店主の親父でもある元櫻喜のマスターが登場してます。

enbi8
 店の前にはクレープ屋が。市内細沼に在る某鮨家の次男坊(せいちゃん)が元女将で母親と、えんびのオーナーの支援の下で頑張っている。オーナーは障碍者の自立支援を手助けしているというが、中々できるものではなく素晴らしいことだと思う。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内で懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でもブログランキング応援バナーのクリックやfacebookへのシェア、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【カジュアルダイニングえんび】

 営業時間 11:00~14:00(L.O. 13:45)17:00~23:00(L.O. 21:30)

 定休日 日曜日

 TEL・予約 024-925-6767

 住所 福島県郡山市桑野1-13-25

 店の場所はこちらをクリック➡http://yahoo.jp/EAwUCc

「レストラン・エルマール」開店10周年


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

DSC_4322
 レストラン「エルマール」開店10周年でお得なメニューをやっているということなので行ってみた。パスタメニュー三種類とピザ、サラダとドリンクは別注文でそれぞれ200円。客は女性ばかり。大坂なおみ選手の決勝戦の如く完全アウエー状態(笑)。画像は「ぶっとい!ソーセージのナポリタン」。大盛り(1.5倍)はプラス100円。

DSC_4323
 値段的(500円)に手頃な「ぶっとい!ソーセージのナポリタン」を頼んでる客が多いようだ。やや太めの麺でやわらかく茹で上げてます。ソーセージは辛いチョリソだが普通のソーセージに替えれるらしい。ソースの酸味と甘さのバランスも好い。

DSC_4291
「イタリア産ベーコン(パンチェッタ)のカルボナーラ(700円)」は細麺を使用し、パンチェッタは小さめだがクリームソースの中にトリュフのような独特の味わいがあります。黒胡椒はお好みで。パスタの大盛り(1.5倍)はどれもプラス100円。

DSC_4316
「エルマール特性ミートソーススパゲティ」は細めの麺を使い、煮込んだ牛挽肉とトマトのバランスが好く味わい深い。ここは生パスタを使っていてどれも味わい深い仕上がり。茹で上がりを考えて細いパスタを使っているが冷めても美味い。

DSC_4318
「マルゲリータピザ」は生地がもちもちで焼き加減も完璧。冷めると硬くならず、味わいも損なわないのは流石と言う他は無い。600円はお得です。

DSC_4319
 ピザ生地とチーズ、トマトソースとイタリアンバジルと味付けがシンプル故にその業が光ります。サラダとドリンクがそれぞれ200円。1000円でイタリアンを堪能。

DSC_4289
 サラダとドリンクは別注文でそれぞれ200円。

DSC_4287
 10周年記念限定メニュー。コンプリートしました(笑)   

DSC_4293
 この店舗には以前、鮨家だるま系の「パローネ」が在ったことを知る人は少ない。パローネが追い出され「エルマーレ」が出店。「レストラン・エルマール」は介護施設やフィットネスクラブを運営する「エルキューブ」に併設されている健康志向のイタリアンレストランの総本山。市内にはうすい百貨店内や三春町にも系列店がある。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【レストラン エルマール】

 営業時間 11:00~15:00 17:30~22:00

 定休日 火曜日

 TEL 050-5890-8246

 住所 福島県郡山市八山田3丁目8-1

 店の場所はこちらをクリック→https://yahoo.jp/OfnQ-g

須賀川市の「とまり木」のカフェランチと絶品スフレパンケーキ


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

tomarigi
 須賀川市の「とまり木」は昼はランチ、午後2時からはカフェタイムとなりスフレパンケーキが楽しめる人気カフェ。こじんまりしてる店内だが所所に拘りを感じます。画像はスフレパンケーキから「キャラメルバナナ」。ふわふわのスフレケーキに生クリーム、バナナ、バニラアイスが添えられ、キャラメルソースがかかった一品。

DSC_3635
 今週のランチBセット「とまり木オムライス」 。ビジュアル的にも好い。ボリュームもあります。酸味の強いケチャップで玉子と中のライスとバランス好く頂きます。

DSC_3636
 Aセット「明太クリームスパゲティ」。Aセットはナポリタンにも出来ます。しっとりとしてるのかと思いきや、自分でもよくありがちなチョッとパサつき気味(笑)

DSC_3631
 セットのスープとサラダ 。サラダの美味しい店は間違いありません。

tomarigi
 スフレパンケーキ「プレーン」 。スフレパンケーキは14:00~。プレーンの他、キャラメルバナナ、抹茶黒みつ、フレッシュブルベリーなどがあります。

tomarigi1
 スフレパンケーキ「抹茶黒蜜」。 彩りが素晴らしいくもちろん味もバツグン。注文を受けてから仕込んで焼き上げるので時間がかかりますのでじっくり待ちましょう。

DSC_3638
 本日のデザートの「レモンのソルベ」。ソルベとはシャーベットのこと。彩りよく爽やかなデザート。食事にプラス200円(税別)で付けられます。

DSC_3624
 ランチメニューはこんな感じで毎週替わるようです。

DSC_3625
 店内は2人掛けテーブル席が2つと3人掛けテーブル席1つ。窓側にカウンター席が。店内は狭いが席はそれぞれゆったりと配置されいてのんびりと寛げます。駐車場は店の隣(西側)に2台確保されています。空いてない時は近隣のコインパーキングへ。

DSC_3623
 以前、この店の前を通ったら次から次へと客が入っているのをみて気になっていた。須賀川市というとつい「かまや食堂」に行ってしまうがカフェランチも悪くはない。店も洒落てるが何を食べても美味い。ランチメニューも時々変わるようなので楽しみ。カフェタイムからのスフレケーキはコンプリートしたいと思っている(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【cafeとまり木】

 営業時間 火~金 9:00~20:00 土・日 11:00~21:00

 定休日 月曜日

 TEL 0248-94-7271

 住所 福島県須賀川市馬町1-7

 身の場所はこちらをクリック→https://yahoo.jp/UuZ3E2

海老香るラーメンが更に進化した「麺屋 すずらん」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

DSC_2200
 郡山市静町に海老や鯛の出汁を使ったラーメン屋ができたというので訪問するも、ラーメンに対する努力は認めるが、肝心なラーメンはというと中途半端でイマイチだった。移転したと知ってはいたが興味が湧かずにいた。訪問してビックリ、以前より格段に美味しくなっているのだ。画像は期間限定で一日10食だけという「雲丹そば」

DSC_2201
「雲丹そば(山葵付き)と日替り丼(辛味チャーシュー丼)」。濃厚でクリーミーなスープは雲丹の香りが満載で甘みなども絶妙なバランス。トッピングも綺麗で彩りが好い。日替わり丼の「辛味チャーシュー丼」の上の方を食べて、下のタレが染み込んでいないご飯を残ったスープに投入しリゾット風に。雲丹そば専用の追い飯もあります。

DSC_2233
「海老つけ麺(しょうゆ)と日替り丼(ネギマヨチャーシュー丼)」。濃厚スープは海老の香りが強調されていて奥深い味わい。 麺は極太、茹でキャベツと大ぶりなチャーシューと穂先メンマが載り、香り付けのレモンも添えられてます。

suzuran1
「海老香るまぜそば」。とにかくよくかき混ぜてから頂きます。 ビジュアルは好さげだが二郎系で、愚生的にはもやしが邪魔だし、ネギも多く嫌味な香りが残る。

DSC_2217
「煮干そば、味玉と穂先メンマを追加トッピング」。以前の店では見られなかったメニュー。海老や鯛スープではなく、王道の煮干しラーメン。しっかりとした醤油味のスープにしっかりと煮干しの風味が加わっています。カイワレは要らない(笑)

24131054_1040669389405430_5233860986079763635_n
「海老みそラーメンと日替り丼(ネギマヨチャーシュー丼)」。白味噌と赤味噌を独自にブレンドして熟成させた味噌スープに海老の香りが加わって奥深いコクと味わい。以前の店のものより格段に美味しい。日替り丼のビジュアルはいつも同じ(笑)

suzuran
 夏期限定メニュー「冷やし真鯛そば」。彩りが好い。塩ダレスープはキンキンに冷やされてて鯛のほぐしも入ってる。 細麺がスープと合う。チャーシューやメンマ、香りの柚子は好いが、葱は硬いし小松菜もイマイチ。シンプルに味わいたい。

DSC_2238
 サイドメニューでおススメなのが「ゆで餃子」。焼き餃子もあるが、以前の店で食べた茹で餃子が美味しかったので注文してみた。タレも更に美味しくなった気がする。

DSC_2198
店内の看板は、以前静町店で玄関上に飾られてたもの。

DSC_2189
「麺屋すずらん」。店内はカウンター席とテーブル席がゆったりと配置されている。清潔感もあり、店員さんの対応も好く、好感が持てます。こういうニューウエーブのラーメン屋が頑張ってると応援したくなる。これからも更なる進化に期待したい。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【麺屋すずらん】

 営業時間 11:00〜14:30 17:00〜21:00(スープがなくなり次第終了)

 定休日 水曜日(祝日の場合、翌日休み)

 TEL 024-983-9198

 住所 福島県郡山市土瓜1-20

 店の場所はこちらをクリック→https://yahoo.jp/P6tOWK

須賀川市郊外の超人気店「ら~めん好房」

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

DSC_4149
 須賀川市の郊外に店を構えながらも、市内の「かまや食堂」と人気を二分する「ら~めん好房」。店内を切り盛りする女将さんが順番通りに注文を取り、次々と仕事をこなしていく姿は見ていて気持ちいい。「ワンタン麺(味玉入り、プラス50円)」

DSC_4150
「つけ麺(1.5盛)」。超極太麺が主流の今どきのこってり、どろどろ系のつけ麺とは違い、細麺を使ったさっぱりとした厭きの来ない味に仕上がってます。 

DSC_4151
「つけ麺(1.5盛)」。麺は普通盛りは1倍か1.5倍が選べます。大盛りは2倍か2.5倍で100円プラス。普通盛りでも他の店より量が多いので1.5盛でも食べ応えがあります。

DSC_4152
 つけ汁は基本のラーメンスープを使った魚介系のさっぱり風味で脂が多く熱々になってます。つけ汁の中には細かく刻んだチャーシューやメンマなどが入ってます。

DSC_4153
 夏限定「冷し担々麺(味玉入り)」。見るからにさっぱりとした担々麺でスープも肉味噌もやさしい味わい。ワカメ入りはどうかと思うが冷やしなので好しとしよう。

koubou1
「ラーメン」。煮干しと節系の香り漂うスープはさっぱりしながらもコクもある。ちぢれ麺だと米沢ラーメンに近い味わいになる。チャーシュー2枚入りで500円とは驚き。

koubou2
「トンコクら~めん味噌辛口(550円)」。普通のさっぱりとしたラーメンとは違い豚骨を効かせた味わい。味噌辛口の他、醤油、味噌、塩があります。

koubou
「工房ラーメン(大盛り)」。店名が冠せられた一番人気のラーメン。背油がスープにコクを出す。チャーシュー4枚入り。通常盛りで600円は驚きのパフォーマンス。

DSC_4146
 メニュー。絶品だった「水餃子」が無くなっていたのは残念(泣)

DSC_4143
 須賀川市内から車で10分ほどの川東駅近くの分かり難い場所に在りながらも行列必死の人気店となっている「ら~めん好房」。味も然ることながら、コストパフォーマンスもバツグンで、須賀川市というより福島県の名店だと思います。

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!

【ら~めん好房 (こうぼう)】

 営業時間 11:00~19:30

 定休日 不定休(1の付く日に休むことが多いらしい)

 TEL 0248-79-2012

 住所 福島県須賀川市小作田字谷地1-2

 詳しい店の場所はこちらをクリック→http://yahoo.jp/bKm7Mb
記事検索
QRコード
QRコード
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
ギャラリー
  • 白河らーめんの元祖といえばやっぱり「とら食堂」(更新)
  • 白河らーめんの元祖といえばやっぱり「とら食堂」(更新)
  • 白河らーめんの元祖といえばやっぱり「とら食堂」(更新)
  • 白河らーめんの元祖といえばやっぱり「とら食堂」(更新)
  • 白河らーめんの元祖といえばやっぱり「とら食堂」(更新)
  • 白河らーめんの元祖といえばやっぱり「とら食堂」(更新)
  • 白河らーめんの元祖といえばやっぱり「とら食堂」(更新)
  • 白河らーめんの元祖といえばやっぱり「とら食堂」(更新)
  • 白河らーめんの元祖といえばやっぱり「とら食堂」(更新)