爆ちゃんのふくしまグルメ探訪

原発事故での風評被害にもめげず県内に留まり懸命に頑張っている飲食店を応援しています。このブログが福島の地を訪れる一助となれば幸甚の極み♪

2019年04月

極上の白河ラーメンが味わえる「手打中華 餐(さん)」

               

san
 須賀川市方面から国道14号線をいわき方面へ進み、石川町内を抜けた辺りの右側に在る「手打中華 餐(さん)」。白河ラーメン店の中でもかなりレベルの高い味わいで県内外から客が押し寄せる人気店です。画像は愚生的イチオシ「胡麻味中華」

san7
「胡麻味中華」は、かなり秀逸でクセになる味わい。胡麻が均等に擂られておらず、よく擂った部分は芝麻醤のような深いコクを感じ、軽く擂った部分は香りが高い。途中で自家製の辣油を入れれば担々麺風の味わいになり自分流の食べ方を楽しめる。

san10
「胡麻味中華(大盛り)」。白河市内でもゴマ中華を出す店は在るが、胡麻の風味が濃厚で基本のスープが確りしてるので味わい深く仕上がっています。かなりうまし。

san3
「醤油味中華」。鶏ガラと豚ガラだけで採ったスープから漂う醤油の味わいと手打ち麺の小麦の香りとチャーシューの香ばしさ、正に白河ラーメンの王道の味わい。

san1
「醤油チャーシューメン」。白河ラーメンのチャーシューは炙ってあるので、スープを一口目に香ばしさを感じます。豚ロース、豚バラ、豚かぶり肉の三種類。うまし。

san9
「醤油チャーシューメン(大盛り)」。以前はチャーシューメンはメニューに無かったので、肉好きには嬉しい。麺は普通盛りだと少なく感じるので大盛りが人気です。

san11
「当店のこだわり」。手打中華と銘打っているだけに麺が秀逸。数日寝かせて熟成させるとモチモチにはなるが小麦の香りは少なくなる。やはり白河ラーメンは麺の小麦と鶏スープ、炙ったチャーシューの三位一体の香りを楽しんでみたい。

san4
 メニュー。以前は「醤油味中華」と「ごま味中華」の二種類と大盛りのみだったが、二代目になりそれぞれチャーシューメンがラインナップされた。

san5
 国道沿いに建つ「手打中華 餐」の看板を目にした人も多いだろう。この通りは美味しい店も多く点在している。中でもここは石川地方に在りながら、本場の白河市内のラーメン店を凌ぐ美味しさ。昼の営業のみ。「売り切れ終了」になる前にぜひ。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにもご協力頂けますと幸甚です!

※食べログも「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪♪」で参加していますのでご参考にしてください。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp へご連絡を!



関連ランキング:ラーメン | 磐城石川駅


              

郡山市菜根の人気中華料理店「中国名菜華林(かりん)」

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

karin7
 郡山市のヨークベニマル菜根店の道路を挟んだ北側、割かし近所に在るのだがお邪魔する機会が少ない中華料理店「華林」。中華料理店というより中華レストランといった雰囲気。何かの事情でしばらく休業していたが再オープン。平日昼どきから老若男女で賑わっている人気店です。画像は平日限定のAランチ「エビと旬野菜の塩炒め」

karin6
 ランチは2種類。この日は「エビと旬野菜の塩炒め」とBランチは「鶏肉と葉たまねぎのピリ辛炒め」。Aランチには杏仁豆腐かドリンクが付きます。塩加減が好く、ブロッコリは硬めでエビはぷりぷり。小鉢とサラダ、搾菜も好い感じです。

karin1
「麻婆丼」。四川風本格麻婆豆腐と銘打ってますが辛さは控えめで四川のパンチはない。テーブルの四川山椒や辣油をプラスしてお好みの辛さと痺れに。

karin2
「ミニ担々麺セット」。人気の麻婆豆腐と坦々麺の両方食べられるお得なセットメニュー。以前食べた画像だが現在このセットは無くなってしまったかも。

karin3
 セットの「ミニ担々麺」は、愚生的に辛さが足らないので辣油をプラス。

karin8
「回鍋肉レギュラーセット」。中華料理の中でもご飯との相性がバツグンの回鍋肉。炒め方が流石にプロ、野菜シャキシャキで甜麺醤が絡んだ肉も美味い。

karin
「五目焼きそば」。麺の表面はカリカリで中はしっとりモチモチ。野菜のあんかけ具合もバツグン。 中までパリパリの五目揚げ焼きそばも人気です。

karin5
「杏仁豆腐」。かなり美味い。他のセットにもプラス250円で付けられます。

karin4
 中国料理といっても広東、四川、北京、福建、杭州などなど様々。ここ「中国名菜華林」は本格中華料理店ではあるが、より手軽に中国料理を楽しめるようにと辛さなども控えめで全体的にヘルシーに仕上がっている。万人受けする料理を提供するというのは、ある意味料理人の真骨頂でもある。ただ、出てくるのがチョッと遅いかな(笑)

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:中華料理 | 郡山駅安積永盛駅郡山富田駅


               

郡山市冨田の洒落たカフェ「voix de coeur(ヴォア ドゥ クール)」

voix
 郡山富田駅から西へ100メートルほど行った右側に在るカフェレストラン「voix de coeur(ヴォア ドゥ クール)」。店の前を通ると駐車場は満杯で気になって立ち寄ってみた。民家の造りでテラス席もある。ランチや丼ぶりメニューも豊富で朝の7:00~やってるのでモーニングなども愉しめそう。画像は「ハンバーグセット」

voix1
「ハンバーグセット」。ワンプレートに雑穀米とサラダ、マッシュポテト、パスタの上にハンバーグが盛り付けられていてビジュアルは好いが、ハンバーグの小ささがチョッと気になる(笑)ハンバーグソースは秀逸です。ライスは白米かパンも選べます。

voix2
 Bランチ(パスタ)。この日は「ブロッコリーときのこの和風パスタ」。麺は細めでややアルデンテの茹で上がり。和風のスープ仕立てでそこそこイケてます。

voix3
 ランチに付くサラダとスープ。サラダは無難に美味しい。スープは玉ネギとセロリが入ったコンソメ仕立て。黒胡椒が欲しいところだがテーブルには常備されてない。

voix5
 ランチにはパンが付く。パン自体は美味しいが和風スープにはイマイチ。レーズンパンはどうなのだろう。丸いパンはハンバーグソースとマッシュポテトで頂いた。

voix4
 食事にはデザートが付く。「ヨーグルトのババロアとチョコレートアイス」

voix7
 テイクアウトした「ヴォアドゥクールサンド」。洒落た箱に詰められていてチョッとした土産にも喜ばれるかも。玉子焼きがバツグンに美味かった。

voix6
 小瓶のビール。グラスは冷えてたが肝心なビールは温かった(苦笑)

voix8
「ヴォア ドゥ クール」は、内環状線と荒井郡山の交わる高架橋の下に在ります。余談だが、本当なら郡山富田駅はこの高架橋を利用してバスなども乗り入れ可能になる予定だったが、品川市長の独断で東側に200メートルほど行った現在の場所に造られた。冨田駅前には品川市長の右腕といわれる河内勉社長の「アルク」が在る(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにもご協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますのでご参考にしてください。 また、おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp へお気軽にご連絡ください!



関連ランキング:カフェ | 郡山富田駅


                 

猪苗代町川桁地区の人気店「きっちんほっと yr(わいあーる)」

YR1
 観音寺川の桜で有名な猪苗代町川桁地区。唯一無二の個性的な料理が食べられるというのでお邪魔してみた。店内はオープンキッチンでテーブル席と座敷席があり、こじんまりしてるがお洒落な空間が広がってます。画像はシェフ自慢の「カツレツ」

YR2
「カツレツ」。イメージしてたカツレツではなく、千切りキャベツの上にカツが載るオリジナルなソースカツ丼風。カツはやわらかく煮込んだ肉をカリッと揚げてあり面白い食感。ソースはデミグラスソースとトンカツソースを併せた様なブラックソース。

YR3
 シェフのイチオシ麺は「麺味噌(味噌ラーメン)」。洋食シェフの作るラーメンだから期待大。炙った大ぶりのチャーシューが2枚と煮玉子が載っていてビジュアル好し。

YR4
「味噌ラーメン」。何やら食べ方は、最初はかき混ぜないで澄んだスープを楽しんでから、丼底の味噌を溶いて食べるという。麺は玉子麺で全体的にやさしい味わい。

YR
「ハンバーグ」。ワンプレートに盛り付けられてて大人のお子様ランチ風。ハンバーグとデミグラスソース、ナポリタンなど一つ一つが丁寧な仕上がり。サービスで出された小鉢(大根のブラックペッパーと分葱の胡麻和え)とみそ汁もかなりイケてました。

27500884_1524474854331687_5746697178744223842_o
「オムライス」。見た目には至って普通のオムライスだが、載ってるオムレツを切るとその厚さにびっくり。今風のとろッとしたオムレツではなく絶妙な火加減にシェフの業が分かります。チキンライスの味加減も好くデミグラスソースとの相性もバツグン。

YR7
 麺味噌(味噌ラーメン)の食べ方の解説。

YR8
 店内メニュー。ピザは予約のみ。カツレツは丼ぶりだとは思わなかったが、単品とライスだと100円安い700円になるのか。だったら別々で注文した方が好いかも(笑)

YR9
 店は川桁地区のメインストリートに在り、外観はこんな感じ。人の好さそうな夫婦二人で切り盛りしてるアットホームな洋食店です。駐車場は店から南に50メートルほど行った場所に在ります。観音寺川の桜はゴールデンウイーク頃に満開になります。蕎麦好きには有名な「きまぐれそば七」も好いが、ここもおススメです。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。閲覧の際はブログランキング応援バナーのクリックや、facebook・twitterなどで話題にして頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!



関連ランキング:洋食 | 川桁駅



               


郡山公設市場内の「市場食堂」の刺身定食

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

※食べログでは「爆ちゃんの孤独のグルメ探訪♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

DSC_5588
 郡山公設市場の2階に在る「市場食堂」。刺身以外の煮魚などは業務用だからイマイチ。同じ市場食堂なら白河市の店の海鮮丼が好い。画像は「刺身定食」。大皿に盛られてるので少なく感じるがそこそこあります。お新香、赤だしのみそ汁付き。

DSC_5590
「刺身定食」の盛り合わせ。マグロの中トロと大トロ、ホタテ、カンパチ、赤貝、甘エビ。大皿よりもネタ中心に盛り付けた方が好いと思うが、大トロはイケてました。

DSC_5587
「鰻のひつまぶし」。スーパーに卸す鰻で、細切れになっているのでひつまぶし風か。吸い物なので最後は吸い物に入れて茶漬け風に頂く。ん~イマイチ(笑)

ichibasyokudou
「マグロの中落丼」。香りの好いマグロで無難に美味しい。

DSC_1182
「こだわり海鮮丼」。本マグロや大ぶりのボタンエビ、ブリ、鰻などが入り豪華な盛り付けだが、値段は普通の海鮮丼のほぼ倍というのはチョッと高い気がする。ご飯が多くてネタとのバランスが悪い。みそ汁は赤だしのなめこ汁でした。

ichiba
「海鮮丼」。値段や味的にこれが一番のおススメかも。

ichiba
 本日の定食1は「メンチカツカレー」。カレーはどこか学食風で懐かしい味わい。メンチカツは業務用だろうが無難に美味しいです。みそ汁は豚汁でした。

ichibasyokudou1
「煮込みカツ丼」。味付けは甘めだがそこそこイケてます。カツは地元スーパーなどでも売られているやわらかトンカツ。揚げすぎても、煮すぎても硬くならないのが好い。至って普通の食堂の味と値段でお得感はない(笑)

ichiba
 おススめメニュー。日替り定食は三種類から選べます。

DSC_5580
 市場の食堂というと美味しい魚が安く食べられるイメージだが、ここ郡山市場の「市場食堂」は言っては悪いが余り期待しない方がいい。まあ、朝早くから営業してるし、雰囲気は悪くありませんので話のネタに。先日、食堂内で郡山水産の遠藤喜志夫社長に遭遇したが、昔の面影は無く老け込んでたなぁ。時代の流れを感じました(爆)

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!

【市場食堂(郡山公設市場2階)】

 営業時間 6:00~14:30

 定休日 日曜日・祝祭日・隔週水曜日

 TEL 024-966-0199

 住所 福島県郡山市大槻町字向原114

 店の場所はこちらをクリック➡https://yahoo.jp/lgj2OD                   

「めん処・成(せい)」の極旨おつまみでチョイ飲み(笑)

sei
 ラーメン激戦区の郡山市内でも安定した人気を誇る「めん処・成」。洒落た店内はカフェのような造りで居心地の好い空間が広がってます。ここはおつまみと生ビールも旨いのでチョイ飲みするのに最高なんです(笑)画像は「チャーシューのネギ和え」

sei4
「もちもちゆで餃子(3個)」。皮がもっちりしていて食感が好い。普通に餃子のタレで食べるが棒棒鶏などの辛いタレをかけても好いかも。ビールに最高です(笑)

sei3
「ぼんじりポン酢」。ポン酢とチョッと歯ごたえのあるぼんじりの相性はバツグン。一味唐辛子をふりかけてチョイ辛に。ん~これもビールが止まりません(笑)

sei1
 この日のお通しは、ほぐした鶏肉のポン酢がけ。お通しも手抜き無し。

sei5
 キンキンに冷されたグラスに注がれた生ビールの味わいとのど越しはそこいらの居酒屋より秀逸。この日のお通しはメンマ。ラーメン屋で飲んでるって感じになる(笑)

sei6
「黒中華そば」。他の郡山ブラックよりもどこかお洒落で且つ個性的な味わいで、醤油の香りが引き立っていながら、しょっぱさというより甘みを感じる。具は薄くて大ぶりのチャーシュー2枚、メンマ、ホウレン草とネギ。愚生お気に入りの一杯です。

sei9
 一番人気の「じゅんそば(煮玉子)」。豚と鶏のスープで作ったラーメンの王道の味わい。背油も程好い感じでしつこくなく、スープの甘さを引き立ててます。

sei8
 限定メニューの「にごり醤油(煮玉子)」。背脂入りのじゅんそばともまた違い、醤油の香りが強調しつつふんだんに盛り付けられた二種類のネギが複雑な甘みをもたらす。その昔、某有名料理人がやってた豚骨醤油ラーメン屋を思い出した。

sei2
 メニューはこんな感じ。ラーメンも然ることながらおつまみも秀逸なんです。

sei7
 場所は市内朝日。内環状線からチョッと奥まったところで営業してます。以前は回転寿司屋が在った後ろ(西手)。提供されるラーメンはどれも美味しくて丁寧な仕事ぶりとセンスが窺えます。「蕎麦前をやらないなら蕎麦屋なんて行くな」とは池波正太郎。ここは蕎麦屋ではないが「(中華)そば前」を楽しんで貰いたいそんな店です。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。閲覧の際はブログランキング応援バナーのクリックや、facebook・twitterなどで話題にして頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!



関連ランキング:ラーメン | 郡山富田駅


            



郡山市の老舗「都寿司西屋」の江戸前寿司

miyako5
 国道49号線と静御前通りの交差点の角に在る「都寿司西屋」。郡山市内最古の寿司店らしい。暖簾は朝から出しっぱなしで外観もイマイチ。近所なのだがチョッと躊躇してたが、昼飲みしようと思い立ち伺ってみた。恐る恐る店に入る。取り敢えずビールを所望するも「昼はアルコールは出してないんです」とのこと。画像は「にぎり(上)」

miyako6
「にぎり(上・2000円)」。トロと赤身、鯛、ホッキ、赤貝、甘海老、イクラ、そして鉄火巻き。期待はしていなかったのだが、親方の握る寿司は見た目にも綺麗で「なんでもっと早く来なかったのか」と後悔。この日は鯛のあら汁も付いてました。

miyako7
「あら汁」。丼ぶりで提供されたが、これがかなり美味しい。極旨なあら汁が付いて2000円は安い。にぎり寿司は1100円、1500円、2000円の三種類とのこと。

miyako3
「ちらし寿司(上・2100円)」。マグロはトロが2切れと鯛、ホッキ、赤貝、甘海老、ホタテ、イクラ、玉子焼き。玉子焼きは江戸前のカステラ風で好い仕事してます。

miyako4
「ちらし寿司(上)」。貝好きとしては赤貝とホッキ貝が入るのが嬉しい。シャリはやや冷たく感じた。椀はお吸い物。上品な味わいだがインスタントだろうか(笑)

miyako
「にぎり寿司(持ち帰り)」。店では飲めないので、これで昼飲み(笑)

miyako1
「都ちらし」。生のネタは入りません。江戸前の仕事を施した干瓢や椎茸、油揚げ、玉子焼きが甘めに味付けられ、自家製のおぼろがまた泣かせます。蓋に刻み海苔がくっ付いてるのはご愛嬌。お稲荷さんと干瓢巻きの「助六寿司」もあるようです。

miyako2
 包装紙から出すとビニール紐で頑丈に縛ってあった。ワイルドです(笑)

miyako8
 店内には大岩魚の額が飾られている。「どこで釣った岩魚ですか?」と聞くと、愚生もよく行く渓の名が出た。それを機に渓流釣りやワカサギ釣りの話で盛り上がる。

miyako9
 国道49号線を通ったことのある人ならこの佇まいを知ってる人も多いだろう。流行っていないようだが老舗には老舗になる理由がある。店内は5人ほど座れるカウンターと小上りのテーブルが1つ。10人も座れば満席だろうか。「酒は何時から出すんですか?」と聞けば夕方から。まあ、昼なら持ち帰って家で飲むのが好いか(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。閲覧の際はブログランキング応援バナーのクリックや、facebook・twitterなどで話題にして頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!



関連ランキング:寿司 | 郡山駅安積永盛駅郡山富田駅


               


ん~「自家製麺・工藤」のつけ麺はやっぱり美味いね!

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

kudou3
「自家製麺・工藤」が、愚生的日本一の餃子屋だと思ってた「扶桑」の跡地にオープンして何年経ったのだろう。オープン時間がまばらというのが気になるが、市内のつけ麺店ではやっぱりここが好い。画像は「にぼにぼつけ麺(味玉と温野菜トッピング)」。

kudou2
「にぼにぼつけ麺(味玉と温野菜トッピング、小盛)」。W煮干しの濃厚スープ。チャーシューは厚めで炙ってます。つけ汁からは煮干しのいい香りが漂う。極太麺をどっぷりつけて頂く。濃厚さの中にある甘みと煮干しのビターな感じも好い。

kudou7
「にぼにぼつけ麺(味玉トッピング、並盛)」。熱々のスープにチャーシューとメンマ、味玉を投入し、冷たく〆られた麺をたっぷりとくぐらせて頂く。どうしても徐々にスープが温くなるが美味さは変わらず。温かい麺でも注文できるのだろうか。

kudou1
「黒ニンニク煮干味噌つけ麺(温野菜トッピング、並盛)」。店主の故郷・青森といえば田子町のニンニク。このメニューは仕入れにより提供できないこともあるようです。黒ニンニクと煮干しの相性はバツグンで何んとなく元気が出た感じがする(笑)

kudou5
「にぼにぼつけ麺(味玉トッピング、並盛)」。メンマの✖点が「工藤さんに来たぞ」という感じになる(笑)今回のトッピングは味玉のみ。前回食べた時よりビター感は控えめで、まろやかさの中に深いコクを感じる。全てに店主の拘りを感じます。

kudou11
「辛しつけ麺(小盛り&味玉と肉盛り)」。基本のつけ麺に一味唐辛子がトッピングされていて、つけ汁に投入しパンチをプラス。麺に絡めて食べるのも好い。一味唐辛子は韓国産だろうか、それほど辛くは無く、つけ麺の味わいを損ねてません。

kudou0
「青森津軽煮干し中華そば(すとろんぐ)+デラックス」。この日は煮干し中華そばONLYDAYということで初煮干し中華を頂いた。やわらかい麺と酸味の効いたスープが絶妙に合います。トッピングのデラックスは、味玉とチャーシュー、メンマが多め。

kudou8
 メニュー。第2・4日曜日限定で「青森津軽煮干し中華そば」や、第2・4水曜日は「激NIBO」の裏メニュー、「じゃんにぼ」なる夜限定メニューがあるようです。

kudou9
 メニュー。「辛しつけ麺」は経験済みだが、火鍋をアレンジした激辛の「ほっとぽっとつけ麺」が気になるなぁ。「吸いこむとむせて大惨事になります」らしい(笑)

kudou4
 緊張感の漂う店なので苦手な人もいるだろう。でも、つけ麺は修行先の大勝軒の流れを損なうことなく店主の拘りと愛情が凝縮した珠玉の逸品で食べる価値あり。開店時間は基本11:00頃~だが、最近は「本日は11:30~」の看板が出てることが多い。駐車場は店から30メートルほど先の右側に駐車スペース(10台)が確保されています。

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:ラーメン | 郡山駅



            


道の駅安達下り車線の隠れ家的カフェ「花咲(HANASAKU)喫茶」

hanasaku1
 道の駅安達下り車線はよく利用してる。パン屋「二本松ベーカリー」や食事処「道ナカ食堂」を通り過ぎ、奥まで行くと二本松の提灯祭りの山車と智恵子抄で有名な高村光太郎夫妻のパネルなどが展示されている。その左側に在る隠れ家的カフェが「花咲(HANASAKU)喫茶」。画像は「クリーミーボロネーゼ・ハンバーグセット」

hanasaku
「クリーミーボロネーゼ・ハンバーグセット」。限定メニューは季節で変わる。生パスタを使ってて味わいは悪くはない。ドリンクとサラダは付いてるが、ボロネーゼソースもハンバーグも業務用のインスタントっぽく、これで1380円はチョッと高いかな。

hanasaku2
「明太子スパゲティ」。刻み海苔がふんだんに盛り付けられててビジュアル感が好い。セットにはサラダとドリンクが付きます。ドリンクはアメリカンコーヒー、アイスコーヒー、アイスティー、コーラ、オレンジジュースから選べます。

hanasaku3
 明太子スパゲティは不味くはないが細麺はパサパサで、好く言えばナンプラーの様な香りがクセになる味わい。悪く言えば海苔なのか明太子なのかチョッと生臭い(笑)

hanasaku4
「茄子とトマトのスパゲティ」。茄子が入ってるナポリタン風だからか麺はやわらかめでチョッとパサパサ感は否めない。トマトソースの味わいは悪くはありません。ここのパスタは洒落てはいるが全体的に量は少な目。道の駅だから仕方ないのかな。

hanasaku5
 セットのサラダ。オニオンチップがなんとも香ばしくて好い感じです。

hanasaku6
「抹茶ミルクフローズン」。抹茶の香りと程好い甘さ。見た目も好い。

hanasaku7
 奥まったところに在るので客も少なくのんびりできる。初めて訪れた時は、こんな場所にこんな癒しの空間を見つけてなんか嬉しい気分になった。

hanasaku8
「花咲喫茶」は、二本松市の超人気ラーメン店「若武者」グループの一軒。女性一人で切り盛りしてるので、オーダーから片付けまでセルフサービス。道の駅の敷地内に聳え立つ「万燈桜」は見頃を迎えてました。西には安達太良山も遥かに望めます。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!



関連ランキング:喫茶店 | 松川駅


                

本宮市の人気大衆食堂「食の工房・大観」

daikan
 本宮市の国道4号線沿いに在る大衆食堂「食の工房・大観」。知らないとチョッと入り難いが、一度来ればリピーター必至。メニューはどれもボリューム満点。店内は広く、1人用の大きなカウンターテーブルと4人掛けのテーブル席に小上り。2階では宴会もできるようだ。男性店員さんの対応が微笑ましい。画像は「五目焼きそば」

daikan8
 人気は「五目焼きそば」。ウズラの玉子が載り至って素朴なあんかけ焼きそばなのだが、チョッと甘めでなんともクセになる味わい。芥子が多めなのも嬉しい。愚生的には更に酢を投入。市内の某中華屋が人気を博した頃の五目焼きそばに似ています。

daikan4
 ランチのおススメセットも人気で、この日は「ラーメンとソースかつ丼」のセット。ラーメンは昔ながらの味わい。ソースかつ丼の豚肉は薄めだが中々イケてます。

daikan5
「醤油ラーメン」。豚骨と鶏ガラ、野菜などで採ったであろうスープは懐かしくもあり、今では少なくなった王道の支那そば風。単品だと570円は良心的な値段です。

daikan6
 ランチセットの「ソースかつ丼」。分厚いカツも好いが、薄めの豚肉をからっと揚げてタレにくぐらせたカツも香ばしくて美味い。ここはご飯の炊き方も好いです。

daikan1
「レバニラ定食」。片栗粉をまぶしたレバーをさっと揚げて炒めてあり、クセは無くやわらかい仕上がり。もやしとニラの炒め方、何より味付けがバツグン。

daikan2
「レバニラ」。味付けはやや濃いめなのでご飯が進むがバランス好く食べないとご飯が足らなくなります。レバニラを3口、ご飯を1口くらいだろうか(笑)

daikan3
「餃子」。皮はモチモチで餡は細かく刻んでありトロトロの仕上がり。焼き色も好い感じです。自家製のみそダレで食べるのがおススメ。これで300円はかなり安い。

daikan7
 メニュー。他にも単品メニューなども揃っています。

daikan9
 店の前に建つこの五目焼きそばとジャンボエビフライの看板を目にした人も多いだろう。とにかくここのメニューはどれもボリュームがあり大食いの人におススメの一軒。みんなで色々頼んでシェアして食べるのが好いかも。大味ではなくどの料理もイケてます。ラーメンが秀逸なので、次回は煮込みカツ丼を食べてみたいと思っている(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!



関連ランキング:ラーメン | 五百川駅


               
記事検索
QRコード
QRコード
J-CASTニュース
livedoor 天気
Amazonライブリンク
楽天市場
ギャラリー
  • プロレス好きの店主が作る「ブレーンバスター」の極旨ラーメン(再更新)
  • プロレス好きの店主が作る「ブレーンバスター」の極旨ラーメン(再更新)
  • プロレス好きの店主が作る「ブレーンバスター」の極旨ラーメン(再更新)
  • プロレス好きの店主が作る「ブレーンバスター」の極旨ラーメン(再更新)
  • プロレス好きの店主が作る「ブレーンバスター」の極旨ラーメン(再更新)
  • プロレス好きの店主が作る「ブレーンバスター」の極旨ラーメン(再更新)
  • プロレス好きの店主が作る「ブレーンバスター」の極旨ラーメン(再更新)
  • プロレス好きの店主が作る「ブレーンバスター」の極旨ラーメン(再更新)
  • プロレス好きの店主が作る「ブレーンバスター」の極旨ラーメン(再更新)