爆ちゃんのふくしまグルメ探訪

原発事故での風評被害にもめげず県内に留まり懸命に頑張っている飲食店を応援しています。このブログが福島の地を訪れる一助となれば幸甚の極み♪

2019年07月

桧原湖早稲沢地区の山塩ラーメン屋「しお〇」

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

shiomaru5
 裏磐梯の桧原湖の西手奥、早稲沢地区の三叉路のところの民家で営業している「山塩ラーメン屋しお〇」。桧原湖周辺で山塩ラーメンというと米澤街道檜原歴史館内に在る「奥裏磐梯らぁめんや」が有名。その昔は喜多方ラーメンの人気店「喜一」の系列店「Sio-YA」だったが、店名を新たにして営業している。画像は「会津山塩ラーメン」

shiomaru4
「会津山塩ラーメン」。山塩をふんだんに使っているようで、喜一や奥裏磐梯らぁめんやのようなやさしい感じではなく力強い。チャーシューはやわらかく、メンマは歯応えあり。麺は喜多方のような平打ちちぢれではなく、中太の丸い麺で面白い。

shiomaru1
「会津山塩とうみぎラーメン」。福島県内では「とうもろこし」のことを「とうみぎ」と呼ぶ人が多い。彩りは好いが繊細な山塩ラーメンにコーンは好みが別れるかも。

shiomaru0
「会津山塩ネギラーメン」。如何にもやさしそうなビジュアルで、山塩と白髪ネギの相性も好い。冬場のネギの美味しい季節にはおススメの一品です。

23032402_742574855948108_3681404178949800521_n
「会津山塩チャーシューメン」。チャーシューはやわらかい仕上がりで味がやや濃いめなので半ライスと温泉卵を注文し余ったチャーシューのっけて食べてみたい。ってか、それなら「会津山塩ラーメンとミニチャーシュー丼セット」に温泉卵で好いか(笑)

shiomaru6
「山塩つけ麺」。冷たく〆た中太のツルツルしたのど越しの好い麺を、山塩ラーメンのスープをもっと濃いめにしたお澄ましのようなつけ汁にどっぷり浸して頂きます。

shiomaru
 基本メニューはこんな感じ。あとは店内の貼り紙も見てください。

shiomaru3
「早稲沢屋しお〇」。民家を改装した店舗で、店内はテーブル席やら座卓やら座敷やらが配置されてます。営業時間は10:00~16:00まで。場所は米沢街道の入り口です。

shiomaru2
 この界隈にはワカサギ釣りが解禁となる11月になるとちょくちょく出没する。釣り場は「奥裏磐梯らぁめんや」の真ん前が多い。帰りや昼に食べに行くも、喜一系じゃなくなったからか、チャーシューがイマイチになってて足が遠退いてしまった。最近は評判が好いのでまた顔を出そうかな。「しお〇」や「裏磐梯道の駅」のレストランにしろ、美味しい山塩ラーメンがあるのでワカサギ釣りの後の楽しみが増えました(笑)

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:ラーメン | 猪苗代

王道の郡山ブラック「しょうや」の中華そば

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

syouya4
 今や「郡山ブラックラーメン」は県内外に知られることとなり、市内の各店では独自の味を追求している。「しょうや」は、その昔、郡山市清水台の安積国造神社の裏手に在った伝説のラーメン店「ますや分店」の味を追い求め続け、今では郡山ブラックの王道ともいえる「しょうやブラック」を確立した。画像はその自慢の「中華そば」。

syouya0
「中華そば」。色合いは如何にも濃くてしょっぱそうだが、富山ブラックとは違ってメンマも塩抜きしてるし、チャーシュー大ぶりで好い味わい。ラードがたんまりの「ますや分店」のラーメンに比べるとこちらはさっぱり系に仕上がっています。

syouya3
「チャーシューメン」。チャーシューは薄切りで、やわらかくはなく食べ応えあり。でも、普通の中華そばにも二枚入ってるのでそれで十分のような気がする(笑)

syouya5
「中華そば+ワンタンのせ&肉味噌ご飯」。ワンタンは皮が厚めなので普通のフワフワ感には乏しいが、食感とのど越しが面白いし、餡が多めに入っているので食べ応えもある。「肉味噌ご飯」は美味しいが、やはりブラックラーメンには白いご飯が合う。

syouya1
「中華そば+煮たまごのせ」。麺はやや細めのストレート。麺にスープの色がみるみるしみ込んでいきます。やはり富山ブラックと同じく黒胡椒多めが合います。

syouya
 夏季限定「冷やしラーメン」。トッピングがイマイチだが味わいはイケてます(笑)

syouya6
「汁なし中華そば」。前々から気になってたメニューに挑戦。見た目は油そばだが、しょうやのオリジナルな味わいでなんとも香ばしくて美味い。全体をよくかき混ぜて、タレをまんべんなく和えた方が好い。ラー油で味変。ん~コレはハマりそう(笑)

syouya7
 ビールと「おつまみ三点盛り」。昼のチョい飲み。好い感じだが、チャーシューにはマスタード、メンマにはラー油が欲しい。余ったら中華そばにトッピング。

syouya8
 メニューはこんな感じ。開店は11:00~だったが11:30~になりました。

syouya9
 郡山市内には「枡はん」や「ますや本店」など郡山ブラックの老舗が在り、その老舗に追いつき追い越そうと、「しょうや」を始め「成」や「らぁ麺おかむら」など気鋭の店主らが競い合っているのは頼もしい。郡山市はラーメンの街なので、いろんなラーメン店がありいろんなラーメンを頂けるが、郡山ブラックもぜひ食べてみてください。

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:ラーメン | 安積永盛駅郡山駅

郡山市八山田の食事処「あしび(馬酔木)」のガッツリ系肉定食

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

0d01939d
 市内八山田の雑居ビルに在る「馬酔木(あしび)」。馬酔木はツツジ科の常緑の大型低木で、馬が食べると麻酔状態になるというので「馬が酔う木」と書く。同名の短歌雑誌もあったが、恐らく短歌や俳句好きだと推測する。女将さん、以前は市内堤で「和神」という定食屋をやっていたが閉めてこちらへ。画像は「元祖しょうが焼き定食」

df79c53e
「元祖!しょうが焼き定食(並盛り)」。見るからに福島市の名店「鉢の木」の生姜焼き定食を彷彿させる。豚肉は分厚くて味も悪くはないが、この日は肉がチョッと硬かったかな。鉢の木の生姜焼きとは全く違う、この店オリジナルのしょうが焼きでした。

ashibi2
「ガーリックポークソテー(小盛り)」。ビジュアルはしょうが焼きに似ているが、愚生的にはこちらの方が味わい的にも好きだ。以前はみそ汁ではなくラーメンスープだったが、この日はあさりのみそ汁でした。たくわんも2切れの半分に(笑)

ASHIBI2
「唐揚げ定食(並盛り)」。国産鶏を店自慢のタレに漬け込んで、カリッと香ばしくジューシーに揚げた人気の一品。丼ぶり飯の大盛りは漫画で出てきそうなてんこ盛り。大盛り、中盛りには納豆が付くが、だったらライス少なめは安くして欲しいな(笑)

ashibi3
「日替り定食(牛バラ肉のピリ辛スタミナ炒め温玉のせ)」。小さめの牛バラ肉とニンニクの芽がピリ辛ダレで炒められていてご飯が進みます。日替り定食のライスも「少なく」と頼んだが、丼ぶりとのバランスもありやや多め。納豆も付いてました。

ASHIBI
「鶏白湯ラーメンと日替りミニ丼」。鶏白湯ラーメンが店のイチオシ。見た目がごちゃごちゃしてているが味わいも複雑。もっとシンプルで好いかも。この日のミニ丼は「豚のネギ塩焼き」。ミニというがボリュームあり。あしびのサービスメニューです。

ashibi4
 定食メニューは、全て肉のガッツリ系。人気は「元祖!しょうが焼き定食」。職人さんや若い人らはライス大盛りを注文し当たり前のようにペロリと平らげている(笑)

ashibi5
 ラーメンメニュー。醤油、白湯、塩の三種類。トッピングも無くなった。

ashibi6
 その昔はケーキ屋の「不二家」の在った店舗で、外観は定食屋というより洋食屋の雰囲気です。店内は狭くカウンター席とテーブル席の無駄の無い配置。大食いのサラリーマン向けの食堂だが、如何せん提供されるまで時間がかかるのが玉に瑕。以前の女将さんは着物に割烹着姿だったが、今は従業員と同じユニフォームでした(笑)

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:定食・食堂 | 郡山富田駅

いつまでも遺しておきたい郡山市の名酒蔵「河童」

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

kappa1
 創業60年以上続く居酒屋「花春酒蔵・河童」。郡山駅前からさくら通りを上り、安積国造神社門前の黄色の看板が灯れば営業開始。雰囲気のある暖簾をくぐれば、コの字カウンターと人の好い女将さんが迎えてくれる。焼き鳥(串焼き)を中心に気の利いたつまみが揃っています。画像は「花春の純米酒(冷酒)」と「銀杏(ぎんなん)」

kappa7
「ばら(にんにく醤油)」。焼き鳥は「塩」「タレ」「にんにく醤油」の三種で味わえる。こだわりが無い人は焼き方はお任せが好い。ネタに応じて焼いてくれます。

kappa6
「手羽(にんにく醤油)」。にんにく醤油は何とも香ばしくクセになる味わい。

kappa11
「なんこつ(にんにく醤油)」。歯ごたえのある軟骨とニンニク醤油も合います。

kappa!
「ハツとカシラ(塩)」。小ぶりな焼き鳥で味付けも絶妙です。

kappa10
「しろ(タレ)」。タレも老舗らしく歴史を感じる味わいです。

kappa
「馬ユッケ」。ニンニクを和えて醤油を少々。日本酒には最高の一品です。

kappa12
「馬刺し」。辛ニンニク味噌と醤油で。玉ネギの千切りも好い感じ。

kappa13
「トマとろろ」。ネーミングからして誰もが気になってしまうメニューだ。トマトとトロロのコラボは個性的で且つ絶妙な味わい。一度食べれば病みつきに。

kappa!!
「煮込み」。白髪ネギが盛り付けられていてビジュアルも好い。よく煮込まれたモツは脂が処理されてて臭みもない。塩味でさっぱりしていて極上の和食のよう。

kappa4
 コの字カウンター。「袖すり合うも他生の縁」というが、初めて会う人も昔からの酒友のような気がする。隣りを気にする人や密談には不向きかも(笑)奥に飾られてる初代の店主と「カエルの詩人」で有名な草野心平とのパネルにも歴史を感じます。

kappa5
 この店に初めて来たのは40年近く前で、まだ大学生だった頃だ。大人の世界と独特の雰囲気に圧倒された。入り口に掲げてある「安田純治」と「民主商工会」の看板が初代店主が共産党支持者で偏屈だったことを窺わせる。居酒屋は「一・ひと、二・酒、三・肴(さかな)」と言ったのは山口瞳。いつまでも遺しておきたい名店です。

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:焼き鳥 | 郡山駅

郡山市細沼のふぐ割烹「きくち」のランチを楽しむ

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

kikuchi3
 郡山市細沼町、労働福祉会館の斜向かいに在る割烹料理店「きくち」。ふぐの季節になるとその味を求めて客が訪れる名店でもある。その昔はさくら通りの教会裏手でやっていたがバブルに乗って現在の地に移転した。画像は人気ランチの「ざる点心」

kikuchi0
「松花堂弁当」。刺身と煮物、焼き物や小鉢などが彩り好く盛り付けられていて、どの料理もレベルが高く丁寧な仕事ぶりがうかがえます。ご飯もみそ汁も美味しい。

kikuchi4
「松花堂弁当」。刺身はマグロと鯛、煮物の炊き方も流石。小鉢やタコのやわらか煮も絶品。量的にもランチなら十分。値段も1100円とリーズナブル。

kikuchi2
「ざる点心」。1430円とチョッと高めだが、彩りが好いし種類もほうふなので食べてても愉しい。以前は、ざるそばだったと思ったが稲庭うどんに替わったようだ。

kikuchi5
「ざる点心」の稲庭うどん。愚生的にはチョッと茹で過ぎに感じるが、稲庭うどんは歯応えよりのど越し。ゆかりご飯の俵のおにぎりの他に麺類が付くというのが好い。

kikuchi
「豚しょうが焼き定食」。和食料理店のランチというと魚が人気だが生姜焼きもファンが多く、流石に大衆食堂の生姜焼きとは一線を画す極上の味わいなんです。

kikuchi1
 薄切りの豚ロース肉が5枚。和食料理店らしく普通の生姜焼きとは違い赤味噌 を生姜と共に甜麺醤 のように煮込み甘辛く仕上げた独特のタレ。バツグンに美味い。

kikuchi6
 ランチメニュー。使用してる米は佐渡産こしひかり。

kikuchi7
 近所の「鮨家だるま」と同じく、ホテルハマツ前の不動産屋とは曰く付きの店だが、そうした困難にめげずに頑張ってます。フグも久しく食べていないなぁ(笑)

kikuchi8
「きくち」と言えばやっぱりふぐ料理。虎丸の老舗ふぐ割烹料理店「赤津(現在は割烹ゆり)」と人気を二分。赤津も二代目となり、こちらも二代目が頑張ってるようだ。夏場にはおこぜ料理や鮑料理も出してたと記憶する。郡山屈指の名店だと思います。

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:割烹・小料理 | 郡山駅

蒙古タンメン中本インスパイヤ系「極辛味噌専門店・麺屋つどい」

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

tudoi0
 郡山市大槻町の元ラーメン店(三八太)の店舗に極辛味噌専門店「麺屋つどい」がオープンしたのは2月のことだったか。蒙古タンメン中本インスパイヤ系ということで激辛好きが日参してた。どうやら落ち着いたようなので行ってみた。店内はゆったりとしたテーブルの配置。店主や店員さんの対応も好し。画像は「辛旨つけ麺と辛旨丼」

tudoi8
「辛旨ラーメンと辛旨丼」。やはり人気は辛旨ラーメン。極辛味噌専門店と銘打ってるから、いきなりの激辛より辛さが控えめのこれでレベルを確認する人が多い(笑)

tudoi2
「辛旨ラーメン」。辛さのレベルは5段階で2くらいか。味噌のスープの甘さと蒙古麻婆(つどい麻婆か)のバランスが絶妙。徐々に辛さが湧きたってきます。

tudoi
「激辛旨ラーメン」。届いた瞬間に旨辛ラーメンとは違った刺激が。蒙古タンメンの看板メニューでもある「北極」は具がモヤシと豚バラだけだが、キャベツや麻婆餡も入り辛さの奥に甘みも感じます。激辛もある限界を超えると美味さに変わる(笑)

tudoi1
「味噌ラーメン」。つどいの基本の味がコレ。野菜しゃきしゃきでスープの味わいもかなり好い。この美味しさがあるから辛味を加えてもバランスが壊れない。

tudoi4
「旨辛つけ麺 (太麺)」。大ぶりのチャーシューと温野菜が付いてます。辛さより甘さを感じる付けダレ。つけ麺だからと思いっきり啜ったりするとエライ目に合いますのでご注意を。一口ずつゆっくりと口に入れましょう。最後は割スープで完食。

tudoi5
「旨辛つけ麺 (太麺。並盛)」。麺の種類は聞かれたが、量は聞かれなかった。見れば中盛も大盛も同一料金っぽい。チャーシューは大ぶりで炙ってあるので香ばしい。太麺はもっちりしてるが、何か麺が短い。噎せないように敢えて短くしてるのかな。

tudoi3
「ミニ辛旨丼(50円。限定30食) 」。蒙古タンメン中本と同じ味わい。中華料理店の麻婆豆腐のような複雑な味ではなく一味唐辛子の辛さだけが強調されている。

tudoi6
 券売機でチケット購入。旨辛ラーメンの注文の仕方に決まりはあるが店員さんがやさしく教えてくれます。定番メニューの他にも限定メニューが登場します。トッピングやミニ丼が充実。「レディースセット」や「お子様セット」などもあります。

tudoi7
「蒙古タンメン中本」は、個人的に凄く美味しいという訳ではないのだが、辛さというのは舌というより脳内が刺激されるのかどうしてもまた食べたくなるようです。立て看板に書かれてる「本能が求める辛旨がここにある」というのはそういうことだろう。市内にも激辛ラーメンを提供する店はあるが蒙古タンメン中本のインスパイヤ系はこの店だけ。辛旨ラーメンが好いが、辛さが苦手な人は味噌ラーメンがおススメです。 

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:ラーメン | 郡山富田駅

郡山市開成の和菓子屋「喜楽堂」の抹茶セットとおこわランチ

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

kiraku1
 郡山市には美味しい和菓子屋が点在している。自宅から近い「喜楽堂」もその一軒。あんこは甘さが控えめで、作り立ての大福はやわらかくて絶品。大福の種類も豊富で色々あるがやはりこしあんが好い。「安積羊羹」は、郡山市内の和菓子店の中でもかなりお気に入り。画像は「抹茶と上生菓子(夏場は水まんじゅう)のセット(350円)」

kiraku
「おこわランチ(350円)」。11:00~は店内でランチが頂ける。おにぎり2個とみそ汁と小鉢、お新香付き。おにぎりは最近テレビにもでて人気になってる内環状線沿いに在る店とどっこいどっこい。抹茶のセットと合計で700円はかなりお得だと思います。

kiraku5
「おこわランチ(普段はおこわと赤飯)」。この日はおこわがのおにぎりが無くて普通のおにぎりに。ご飯の炊き方は流石に完璧で、ふわっと握られていて美味しい。

kiraku2
「おこわランチ」と喫茶のメニュー 。この時期はかき氷もやってます。

kiraku8
「安積羊羹」。市内の和菓子店の中でもお気に入りの羊羹。甘さが控えめで上品な味わい。とらやの羊羹と比べても遜色は無いと思う。値段も断然安いし(笑)

kiraku9
「和菓子いろいろ+シュークリーム」。羊羹の小さなサイズあり。大福は夕方6:00からは半額になるようです。ゆべしも人気です。和菓子の他に洋菓子もあります。

kiraku6
「和菓子いろいろ」。大福、羊羹、ゆべし、茶まんじゅう、柏餅。

kiraku7
「大福とだんご」。大福はこしあんといちご。開成山といえば桜の名所。開成山大神宮の南手に在る源平旅館の団子が名物だが、ここの団子も知る人ぞ知る逸品。

kiraku3
 喫茶スペースはテーブル2つ。密談や密会にも好いかも(笑)

kiraku4
 お気に入りは「大福」と「羊羹」。愚生は酒飲みの「左党」だが、大の「甘党」でもある。羊羹やらおはぎで呑むなんてしょっちゅう。そんなことをいうと驚かれるが、都内の老舗和菓子屋には日本酒を置いてる店もあり、だんごで日本酒は普通です(笑)

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:和菓子 | 郡山駅郡山富田駅

郡山市の誇る大衆食堂「福味食堂」は何を食べても美味しいです!

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

FUKUMI1
 さくら通り沿いのホテルハマツの北側に在る大衆食堂「福味食堂」。ジャンボ唐揚げが人気だが、どの料理を食べても美味しい。愚生のお気に入りは「醤油らーめん」と「煮込みカツ丼」。その二つが味わえる「ミニ煮込みカツとミニらーめんセット」もおススメ。画像はそのミニ煮込みカツとご飯。ここは何より、ご飯の炊き方がバツグン。

FUKUMI
「ミニ煮込みカツとミニらーめんセット」。煮込みカツ丼は単品950円。醤油ラーメンは単品550円。このセットだと750円。ミニとなってるがどちらも食べ応えあり。

FUKUMI4
「ミニらーめん」。ミニというがチャーシューも分厚くて麺の量もそこそこあります。ストレート麺はやややわらかめ。鶏ガラと豚ガラ、野菜などから採ったスープはシンプルな中にもコクがあり、具材の一つ一つにも店主の丁寧な仕事ぶりがうかがえます。

FUKUMI5
「ミニ煮込みカツ」。カツ丼も好いがご飯とカツ皿に分けた食べ方も悪くはない。ミニというが下手な食堂の普通サイズより大きい。煮カツを頬張ると揚げたてのカツの衣にしみ込んだタレと肉汁があふれ出す。ご飯との相性好し。ん~美味い。

FUKUMI9
「醤油ラーメン(550円)」。八王子ラーメン風の玉ネギ入り。味わい的にも極上の八王子ラーメンと遜色はない。懐かしくもあり、愚生的にかなり好みの味わいです。

FUKUMI2
「半チャーハンら~めんセット(700円)」。ラーメンと炒飯のゴールデンコンビ。大衆食堂でありながらその辺の中華料理店より秀逸な味わいなんです。

FUKUMI3
「からあげ定食」。2個盛りから注文できますが、1個で十分な大きさです。オリジナルのタレに漬け込んだ鶏肉をサクサク衣でジューシーに揚げられています。ご飯との相性を考えて味は濃いめ。余った唐揚げは持ち帰り出来ます(パック代30円)。

FUKUMI0
 昼は大衆食堂、夕方からは居酒屋スタイル。酒肴も然ることながら日本酒や焼酎も店主拘りの酒が揃えてある。夕方は行けそうにないから昼飲みでも好いか(笑)

FUKUMI8
 郡山市の名店「福味食堂」。昼時はあっという間に満員になる超人気店。何を食べても間違いなく美味しいです。食堂で大事なのはご飯が美味しいことが何よりも大事だと思っている。値段が安くてもご飯が不味いのは論外。ここのご飯は炊き上がり、味わいともバツグンなんです。こういう大衆食堂の名店が郡山市に在ることが誇らしい。

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:定食・食堂 | 郡山駅

「らぁ麺おかむら」の鴨らーめんシリーズに面(麺)喰らう!

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

oka1
 ラーメンの街郡山でもトップクラスの人気を誇る「らぁ麺おかむら」。オリジナル企画「水木なにしよう!」で出される限定ラーメンも店主拘りの食材を使った渾身の一杯。中でも鴨シリーズは大のお気に入り。事情があって行くのを控えていたが「ポルチーニ薫る鴨らーめん」が提供されるというので矢も楯もたまらず行ってみた(笑)

oka
「ポルチーニ薫る鴨らーめん」は「お鴨ぶらっく」「超鴨ら~めん」に続く第三弾。スープは前回の超鴨ら~めんと同じく鴨のネックをふんだんに使い、麺は何やらいわき市の「さ近」さんの自家製を前日の営業終了後に取りに行ってきたらしい。「ポルチーニ薫る」というだけあってポルチーニの香りが味に深みとコクを出す。ん~うまし。

oka2
「ポルチーニ薫る鴨らーめんと日替りのMIKU丼(角煮丼)」の立て看板。

oka4
「超鴨ら~めん」。以前食べた限定麺の「お鴨ぶらっく」の衝撃は忘れられない。今回の鴨ら~めんも「超」が付いてるだけあって、鴨のネックをふんだんに使って採ったスープは鴨の風味が香り立ち、醤油との相性は超バツグン。九条葱だったら完璧。

oka5
「超鴨ら~めんと超鴨白湯ら~めんとMIKU丼(OYAKO丼)」の立て看板。

oka6
「お鴨ぶらっくとmikuの日替り丼+クリームブリュレ」。いわき市の創作ラーメン店「やま鳶」とのコラボ企画。斬新ながらも何処か懐かしい、ラーメンがご馳走だった頃の珠玉の味わい。醤油は白河市の根田醤油と香川県のかめびし醤油とのコラボ。

oka7
「お鴨ぶらっく(九条葱プラス)とクリームブリュレ」。あまりの美味さに連食。たまり醤油と熟成醤油と京都産九条ネギの相性はバツグン。初日のお鴨ぶらっくとは違って醤油の角がとれてまろやかな味わいになっていた。クリームブリュレも大好物(笑)

oka0
「お鴨ぶらっくとMIKU丼(豚そぼろのスパイシー甘辛丼)」の立て看板。

okaoka2
 店内の「美味さに麺喰らう」の掛け軸。これだけ勢いのある字というのはそうは出会えない。正にラーメンも人の出会いも一期一会。これだけの立派な書を画鋲じゃ可哀そう。建具屋でこの書に見合った額縁や額装を注文した方が好いと思う。

oka3
 店主の岡村さんの人柄と美人店員のMIKUさん、新人の男性店員さんの気持ちのいい接客で固定客も掴み大繁盛。人気が出るとやっかむ人も出てくるもので、くだらない風評を流してるという声も聞こえてくる。でも、批判というのは嫉妬の裏返しでもあり、その実力を認めている証左とも言える。何をされようがホンモノは残ります。

「水木どうしよう!」は、オリジナリティ溢れるラーメンが提供されることもあって定番メニューを久しく食べていないが、これからの鴨シリーズから目が離せない(笑)

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:ラーメン | 郡山富田駅

3回食べればクセになる「平安食堂」の個性派ラーメン

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

heian3
「平安食堂」に初めて行ったのは今から約30年ほど前のこと。市内堤の分かり難い場所だったが大繁盛店で、個性的で不思議なラーメンに衝撃を受けた。手伝ってた知人に聞けば親の店だという。その頃の値段は大盛りでも300円ほどで、初代店主が「子供の小遣いでも食べられる様に」との思いが込められていた。画像は「ラーメン」

heian2
「ラーメン(500円)」。スープに油は殆ど浮いてなく、さっぱりしていて不思議な味わい。具は小さなチャーシューが2枚と極細メンマと刻みネギ。麺はインスタントのような細ちぢれでやわらかくこれもなんとも個性的。酢を入れるとまた美味い(笑)

heian
「冷やしラーメン(500円)」。流行りの冷やしラーメンが登場したというので行って食べて病みつきに。スープがさっぱりしてるのでこれは合います。年中やってます。

heian1
「冷やしラーメン」。最近はどのみせも冷やしラーメンを出すようになったが、これほど冷やしラーメンが合う店は中々ない。会津坂下町の「いしやま」とまでは言わないがかなりイケてます。胡麻油が付いてくるので酢と共に入れると味わいが増す。

heian4
「チャーシューワンタンメン(600円)」。小野町の「仙台屋食堂」をやさしくした感じで何ともクセになります。ここのラーメンには白胡椒と酢がバツグンに合います。

heian5
「ワンタンメン(600円)」。餡の入っていないワンタンはのど越し好し。

heiann
「ラーメン(大盛り)」。大盛り(1.5倍)は100円増し。特盛(2倍)は200円増し。

heian7
 地元のグルメ雑誌に載ってる記事が貼られてた。読めば愚生が初めて行った市内堤の前に池の台で創業したとか。初代の身内は跡を継がなかった為に途絶えていたが、某建設会社社長が経営に乗り出し市内久留米で再オープン。そして現在の地に移転した。

heian9
 メニュー。店内には「このラーメンは三度食べてみて下さい!」との貼り紙がある。正にここのラーメンは食べれば食べるほどクセになる麻薬系ラーメンなのだ(笑)

heian8
 昔の平安食堂を知る者としては「子供でも誰でも手頃な値段でラーメンを」という初代の精神は無くなってしまったが、女性店主一人での営業になってメニューにも創意工夫が見られます。昔より麺の量が多いので、麺の量を少なめにした安価なラーメンを出せば好いのにと思うが、そんなことをしても今どきの子供は来ないだろうな(笑)

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:ラーメン | 郡山富田駅

記事検索
QRコード
QRコード
J-CASTニュース
livedoor 天気
Amazonライブリンク
楽天市場
ギャラリー
  • 朝ラーで人気のタイジンジャーの「キタカタ」~「キタカタ弐」
  • 朝ラーで人気のタイジンジャーの「キタカタ」~「キタカタ弐」
  • 朝ラーで人気のタイジンジャーの「キタカタ」~「キタカタ弐」
  • 朝ラーで人気のタイジンジャーの「キタカタ」~「キタカタ弐」
  • 朝ラーで人気のタイジンジャーの「キタカタ」~「キタカタ弐」
  • 朝ラーで人気のタイジンジャーの「キタカタ」~「キタカタ弐」
  • 朝ラーで人気のタイジンジャーの「キタカタ」~「キタカタ弐」
  • 朝ラーで人気のタイジンジャーの「キタカタ」~「キタカタ弐」
  • 朝ラーで人気のタイジンジャーの「キタカタ」~「キタカタ弐」