東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあればメールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

DSC_6269
 二本松市安達町、JR安達駅から数分の場所にオープンした「蕎麦音(そばね)」。何やら蕎麦を啜る音や、蕎麦打ちの音など、蕎麦に関わる心地好い音をイメージして名付けられたという。極上の手打ち蕎麦が自慢で、細身で冷たく〆られた蕎麦は見栄えも味も絶品。どれもレベルの高い蕎麦に仕上がっています。画像は「田舎せいろ」

DSC_6270
「田舎せいろ」。硬派な田舎蕎麦とは別物で、やや色黒の角の立った細身の蕎麦。蕎麦音せいろとは違う産地の蕎麦粉を使い、品の好い田舎蕎麦に仕上がっています。

DSC_6271
 店名が冠された「蕎麦音せいろ」は、色白で細身の更科蕎麦。〆方も好く、食感、のど越し共にバツグンです。かえしは削り節の魚のえぐみがちょっと気になる。

DSC_6272
「蕎麦音せいろ」。蕎麦は細身だが冷たく〆られた蕎麦は歯ごたえ、のど越しが実に心地好い。値段も手ごろで、量も多く、十割ではないが美味しい蕎麦です。

sobane
「海老天せいろ(大盛り)」。せいろの大盛りは板蕎麦風に提供されます。

sobane1
「海老天せいろ」の天婦羅。揚げ方も好い感じです。

DSC_6273
「蕎麦音せいろ」を注文したら、山葵は自分ですり卸すスタイル。卸したての山葵はバツグンの香りだが、蕎麦が直ぐに運ばれて来たので、蕎麦は表面が乾く前に一気呵成に啜りたいし、卸すのが気忙しい。山葵だけでも早めに提供して欲しいと思う。

DSC_6263
店の前に置かれた立て看板。メニューの手作り感が好い。

DSC_6264
 オープンして間もないので外観や店内とも綺麗です。夕方からは蕎麦はもちろん、刺身や自慢の酒肴で店主選りすぐりの酒が頂ける。蕎麦屋はやはり蕎麦前を楽しまなくちゃ醍醐味は薄れる。ということで、次回はのんびりと電車で行って蕎麦前をいろいろと楽しんでから、〆に蕎麦と行きたいと思っている。通し営業でやってくれればありがたいのだが、聞けば休憩があるとか。まあ、当たり前か(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあればメールアドレス〈mr.cordial@live.jp〉に御連絡を!

【蕎麦音 (そばね)】

 営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00

 定休日 火曜日

 問い合わせ 0243-24-6160

 住所 福島県二本松市油井字背戸谷地20-8

 店の場所はこちらをクリック➡https://yahoo.jp/VeIuBz