食べログ グルメブログランキング 拙ブログでは、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば嬉しいです。ブログランキングに参加中。応援バナーをクリックして頂けたら幸甚の極み!

※食べログでは「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

sobane5
 二本松市安達町、JR安達駅から数分の場所に在る「蕎麦音(そばね)」。何やら蕎麦を啜る音や、蕎麦打ちの音など、蕎麦に関わる心地好い音をイメージして名付けられたという。極上の手打ち蕎麦が自慢で、細身で冷たく〆られた蕎麦は見栄えも味も絶品。どれもレベルの高い蕎麦に仕上がっています。画像は「田舎せいろ」

sobane0
「蕎麦音せいろ」は、以前食べたものは色白で細身の更科蕎麦の感じだったが、久しぶりに食べた蕎麦は力強い感じになっていた。香りや少し乏しいが〆方も好く、食感のど越し共にバツグンです。かえしは鰹節は控えめで醤油感が強めのもの。

sobane
「割子そば」。三種類(とろろ、めかぶ、なめこ)の薬味。県内で割子そばを食べられるのは白河市の蕎麦屋にはあるが、この辺では珍しい。色黒の硬派な蕎麦です。

sobane1
「蕎麦音せいろ」。蕎麦は細身だが冷たく〆られた蕎麦は歯ごたえ、のど越しが以前の蕎麦より格段に好い。それこそ、ズズズ~っと音を立てて一気呵成に啜りたい。

DSC_6270
「田舎せいろ」。硬派な田舎蕎麦とは別物で、やや色黒の角の立った細身の蕎麦。蕎麦音せいろとは違う産地の蕎麦粉を使い、実に品の好い田舎蕎麦に仕上がっています。

sobane2
「割子そば」。会津地方などのぶっとい田舎蕎麦も好きだが、挽きぐるみの細身の蕎麦は香り高い。この日にメニューに無かった「田舎せいろ」に似た味わい。

sobane
「海老天せいろ(大盛り)」。せいろの大盛りは板蕎麦風に提供されます。大盛りは500円増し。蕎麦は好きだが、1500円くらいだとカツ丼とラーメンが食べられる(笑)

sobane1
「海老天せいろ」の天婦羅。揚げ方も衣がサクッとしてて好い感じです。蕎麦前を楽しむなら天婦羅も好いが、天婦羅を食べてるうちに蕎麦が延びるので要注意。

sobane3
 山葵は自分ですり卸すスタイル。卸したての山葵はバツグンの香り。以前は蕎麦が直ぐに運ばれて来たので山葵だけでも早めに提供して欲しいと思っていたが、この日は先に届いたのでじっくりと擂れました。本来は逆側からだが小さいから仕方ないか。

sobane4
 店の前に置かれた立て看板。メニューの手作り感が好い。

DSC_6264
「蕎麦音」は夕方から刺身や酒肴で店主選りすぐりの酒が頂ける。蕎麦屋はやはり蕎麦前を楽しまなくちゃ醍醐味は薄れる。ということで、次回は電車で行って蕎麦前を楽しんでから〆に蕎麦を啜りたい。通し営業でやってくれればありがたいのだが(笑)

食べログ グルメブログランキング 拙ブログでは、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば嬉しいです。ブログランキングに参加中。応援バナーをクリックして頂けたら幸甚の極み!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:そば(蕎麦) | 安達駅