食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

※食べログでは「爆ちゃんの孤独のグルメ探訪♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

DSC_2227
 今や押しも押されもせぬ人気店となった「麺屋しん蔵」。二本松市の超人気店「若武者」で店長を勤めてきた店主だが、同じ二本松市内の根崎でラーメンで二本松市を盛り上げる。「田舎の醤油」や「百姓の塩」「煮干しの叫び」といったメニューのネーミングが面白い。画像は煮干しラーメンで、その名も「煮干しの叫び+味玉」

DSC_2513
「煮干しの叫び」。これでもかとドロドロに煮込んだ鶏と厳選された煮干しのポタージュのような濃厚なスープが細麺に絡む。トッピングは鶏ムネ肉と低温調理した薄切り豚のレアチャーシュー二種類の他に岩海苔、穂先メンマ。ネギは浅葱と紫玉ネギと彩りも愉しい。硬派なラーメンだが、洗練された品が感じられる店主渾身の一品です。

5a577d55
「田舎の醤油」。トッピングは鶏ムネ肉と低温調理したレアな薄切り豚と鶏肉を丸めて仕上げた三種類のチャーシューと穂先メンマとネギ。「田舎」というネーミングだが、実に都会的な一品で、醤油の香りと奥深いコクを感じます。個人的には香りの強い浅葱(アサツキ)は見た目は好いが、繊細なスープには要らないと思う。

30443368_584838261873706_6576947844874240_o
「田舎の醤油+味玉+チャーシュー」。ビジュアルも素晴らしい。ここまで来るとラーメンというより立派な一品料理です。店主のセンスと人柄が伝わって来ます。

DSC_2597
「百姓の塩+味玉」。三種類のチャーシューと穂先メンマ。何故に百姓なのか知らないが、山塩なのだろうか。丸鶏などで採ったであろうスープは鶏の香りが前面に出てて高級な鶏料理店の出汁の如し。まろやかな塩味で細麺の相性は抜群です。好みの違いだが、個人的に浅葱は意外に個性が強いので繊細なスープの味を損ねるように思う。

shinzou
 GW限定メニュー「シビカラ汁なし担々麺(辛さ&シビレ増し)」。胡麻の風味も好く、ナッツなどが入ったオリジナルの担々麺。これも定番メニューと同じくかなりレベルの高い一品です。最初によくかき混ぜて食べるのが好い。

DSC_6232
 限定麺「引き算のかけそば(葱抜き)」。金華ハムなどが入る若武者の極上上湯麺とは違い香りはそれほどしない。浮いてる油は多めで、熱々のスープを一口啜ると生醤油の香りが主張する。麺は極細ストレート、濃いめの味で麺との相性もバツグンです。

shinzou0
「中華そば」。限定で提供するというので行ってみた。見た目はシンプルだが選りすぐりの素材を丁寧に採って作ったのが伝わって来ます。仄かな生姜の香りの奥には複雑な味わいを感じる。現代のテイストが加味されているがどこか懐かしい味わい。

DSC_2516
 サイドメニューは「チャーシュー丼」とライスのみ。ラーメンに入れるチャーシューではなく丼専用に作っているようで、味も濃いめでご飯との相性はバツグン。

shinzou1
 基本3種類だったメニューから、限定メニューだった「汁なし担々麺」と「魚介まぜそば」が通常メニューにラインナップ。店主渾身の限定麺も登場します。

DSC_2228
 地元二本松をラーメンで盛り上げようというその心意気に感銘。元若武者の店主ということだが、修行先でもある若武者とは全く違う味で勝負しているというのも感心する。オープンしてあっという間に県内でも人気となった「麺屋しん蔵」。行くたびに業が格段に進化している。これからも益々期待が持てる気鋭のラーメン屋です。

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:ラーメン | 二本松駅安達駅