食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

※食べログでは「爆ちゃんの孤独のグルメ探訪♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

DSC_5693
 二本松市本町のメインストリートの中程で営業している「麺処・若武者」。今やその人気は県内に止まらず県外からも客が押し寄せる。店内に飾られている有名人の色紙がその人気を物語っている。画像は「極上上湯麺2018(塩)」。今迄は醤油のみだったが塩も登場。醤油よりもスープに溢れ出した究極の味と香りを堪能できます。

DSC_5691
「極上上湯麺(醤油)」。福島三大鶏のムネ肉とエゴマ豚のモモ肉の赤身と金華ハムを弱火で濁らせないようにアクを取り仕上げた上湯スープにこだわりの生醤油をかえしとして一杯に仕上げた冬期限定の究極のラーメン。スープの邪魔になるネギさえありません。大盛りも無し。愚生的には三年ぶりだが、いつ食べても感動的な味わいです。

wakamusya
「味玉入り醤油鶏中華」。定番の鶏中華は青森シャモロックを使用しさらりとしながらも奥深い味わい。味玉を付けると豚チャーシューが入ってくるようだ。以前は塩中華の方が鶏の出汁が好く分かりお気に入りだったが醤油もかなり進化してた。以前食べた醤油味の「煮干し中華そば」の中途半端な味に比べてもかなり秀逸な味わいに。

wakamusya
「福島濃厚鶏白湯」。その昔は夜10食限定の頃もあったが今では定番メニューに昇格。会津地鶏と川俣シャモと伊達鶏の福島三大地鶏を使ったスープは濃厚で極上の味わい。県内に鶏白湯ラーメンを出す店は多いが、若武者が元祖といって好いだろう。

wakamusya1
「味玉り塩鶏中華そば」。これもチャーシューは二種類。以前には無かった鶏つくねが入り味わいを増す。そんな中で小松菜というのもチョッと残念な気もする。

wakamusya2
「塩鶏中華そば」。「青森シャモロック塩鶏中華」という名前からシンプルなネーミングに。鶏チャーシューも以前のモモ肉からムネ肉になり、さっぱり感がアップ。

DSC_5590
「味玉付きとろ豚つけ麺」。あつもりかひやもりが選べます。ということで提供時間も早いあつもりで注文。麺は極太でやや色黒。お湯に入れられて提供されました。

DSC_5592
 つけ汁にはトロトロの豚チャーシューがゴロゴロと入ってます。煮干しのガッツリ効いたスープはかなり濃いめ。割スープではなく麺が入ったお湯で割って微調整。

DSC_5593
「餃子」。以前の大将餃子は皮がもっともっちりとした記憶だったが、今回は焼きは悪くはないが冷凍感があり、皿が冷たかったのか皮も冷たかった(笑)

wakamusya0
 メニューはこんな感じ。季節限定メニューも登場します。

DSC_5587
 今や県内にラーメン店が3店舗、県外にも最近、浅草店をオープン。道の駅安達下り車線施設内にはカフェなど次々と事業を拡大しています。以前は停め難かった駐車場も整備されてます。入り口にはラーメンメニューではなく隣の系列店のケーキ屋の立て看板が立っている。店内はテーブル席とカウンター、奥座敷もあります。店長らしき男性のテキパキとした動きや接客、券売機ではなく伝票清算というのも好感が持てます。

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:ラーメン | 二本松駅