食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

※食べログでは「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

wakamusya02
「麺処若武者」本店の他、道の駅安達上り車線の「みどり湯食堂」と道の駅安達下り車線施設内にはカフェ「花咲喫茶」、福島市に「豚いち」、先日は「豚いち郡山金屋店」をオープン。「若武者浅草店」。本店隣りにはスイーツの店「ルコネサンス」、など次々と事業を拡大している若武者グループ。画像は「極上上湯麺2020(塩)」

wakamusya01
「極上上湯麺2020(塩)」。最高級金華豚中国ハムを贅沢に使い、福島県産えごま豚の赤身肉と伊達鶏の胸肉をじっくり炊いて作られた珠玉の一杯。今年は短角牛が加わり極上の味わい。一杯1100円を高いと見るかは客の価値観次第。食べてみる価値あり。

wakawaka
「極上上湯麺2020(醤油)」。「塩の方がスープの味わいがよく分かる」と言ったが、今回食べた醤油は届いた瞬間から醤油の香りとバターの様な風味が鼻を突く。浮いた油と甘さは短角牛効果だろうか。愚生的に過去最高の出来映えだと思います。

wakamusya4
「極上上湯麺2019(塩)」。羽田製麺の特注品である会津産ユキチカラの全粒粉を使用した香り高い麺を合わせています。今迄は醤油のみだったが二年前から塩も登場。醤油か塩は御好みだが、塩の方が繊細な味わいと香りを堪能できます。

wakamusya1
「極上上湯麺2019(醤油)」。塩か醤油の二種類になったが、どちらも美味い。余裕があればどちらも挑戦して欲しい。こだわりの食材で出汁を採った極上スープと麺のみでトッピング無しの究極のラーメン。要は「かけそば」ならぬ「かけラーメン」

wakamusya5
「極上上湯麺2019と替え玉」。赤身肉や鶏胸肉を使うのは余計な油でスープの味を損なたくないから。スープと麺とのバランスを考えて大盛りは無い。麺が素晴らしいので調子扱いて替え玉を注文してみたが、おっさんにはチョッと多かったな(笑)

wakamusya7
「極上上湯麺2018(醤油)」。生醤油の香りが極上スープと絶妙にマッチして得も言われぬ味わいに。最近は1000円以上する高額なラーメンが多くなったからか、これだけ秀逸で手間のかかった究極のラーメンが1000円食べられるのは逆に安いと思う。

wakamusya6
「極上上湯麺2018(塩)」。昨年から「塩バージョン」が登場した。今まで提供されなかったことが不思議なくらい。初登場ということもあり醤油より塩に感動した。

wakamusya2013
「極上上湯麺2013」。この年に初めて食べた極上上湯麺。現在のと比べると盛り付けも雑で荒々しい。弓削多吟醸純生醤油に干し貝柱を加えたかえしを使い、替え玉も無料だったと思う。ラーメンが御馳走だった頃の香りがして、当時の感動は忘れはしない。

wakamusya8
 具無しのラーメンというと、元若武者の店長の店「しん蔵」に「引き算のかけそば(550円)」があるが味は別もの。初めて具無しラーメンを食べたのは東京赤羽の「自家製麺・伊藤」だった。でも、ネギは入ってたな。その昔、東京中目黒の「藤巻激城」では一杯10000円の具なしラーメンが話題になった。アレはやり過ぎ。そんなこともあり閉店したと聞いたが、何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」だわな(笑)

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:ラーメン | 二本松駅