爆ちゃんのふくしまグルメ探訪

原発事故での風評被害にもめげず県内に留まり懸命に頑張っている飲食店を応援しています。このブログが福島の地を訪れる一助となれば幸甚の極み♪

うどん

モチモチのうどんが食べられる自家製麺「まとや」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。閲覧の際はブログランキング応援バナーのクリックや、facebook・twitterなどで話題にして頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

matoya
 モチモチの極太うどんが食べられる自家製麺「まとや」 。店は市内大槻町小金林、郡山高校傍の通称「コスモス通り」沿いに在る。店内はカウンターとテーブル席。狭い店だが清潔感があり、接客なども好感が持てます。定番メニューの他に季節限定メニューやオリジナルメニューが愉しめます。画像は「チキン咖哩(カレー)うどん」

matoya1
「チキン咖哩うどん」は一日限定10食で、ローストレッグが1本ど~んと入っています。汁はサラサラ系ではなくカレーライスと変わらないドロ系で香辛料も効いてます。

matoya2
「肉汁うどん・辛味噌つけ汁」。定番メニューの肉汁うどんの辛味噌バージョン。辛さは程好く、キムチチゲのような辛さの中にコクと甘さを感じます。

matoya3
「肉汁うどん」のうどんは、讃岐うどんのような感じではなく、武蔵野うどんや吉田うどんのような硬めのもっちりとした「ごんぶとうどん」で、歯応えとのど越しが好い。

matoya4
「辛味噌つけ汁」。油揚げや茹で玉子がトッピングされていて、野菜などの具沢山なつけ汁にはチャーシュー風のバラ肉にも中に豚肉が入っています。

matoya7
 一番人気の「肉汁うどん」。うどんはコシがあり、つけ汁も濃いめで美味しいです。麺の量は「並」「中」「大」「特大」があり、並盛でも十分に多いです 。

matoya8
「釜揚げチャーシューぶっかけ」。噛み応えのある豚バラチャーシューとキャベツが入りボリュームあり。好みは分かれるが厚めでやわらかなチャーシューの方が好いように思う。濃いめなので生卵とライスが欲しいところだがヘビー過ぎて食べきれない(笑)

matoya5
 久しぶりに来たらメニューが一新。「醤油うどん」が消え「牛すじうどん」や「肉すいうどん」がラインナップ。「釜揚げチャーシューぶっかけ」に替わり「黒醤油チャー玉うどん」というのがあったが、郡山ブラックのうどんバージョンだろうか。

matoya6
 香川には友人も多く讃岐うどんは大好きだが、どうしてもうどん屋より蕎麦屋に行ってしまう。太いうどんも悪くはないが、どちらかといえば細い稲庭うどんの方が好きだ。でも、たまにごっついうどんも恋しくなり、たまにお邪魔している。大手うどんチェーン店も悪くはないが、うどん好きならここは見過ごせませんよ(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。閲覧の際はブログランキング応援バナーのクリックや、facebook・twitterなどで話題にして頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!



関連ランキング:うどん | 郡山富田駅

二本松市亀谷坂に在る「露伴亭」のスリランカカレー


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※原発事故での風評被害にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。閲覧の際はブログランキング応援バナーのクリックやSNSでの拡散などにもご協力頂ければ幸いです!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますのでご参考に。 おススメの店やご意見などあればコメントよりも mr.cordial@live.jp までお気軽にご連絡ください!

DSC_5146
 二本松市亀谷坂に在る「露伴亭」。店名は小説家の幸田露伴(こうだろはん)に由来する。露伴16歳の時、給費生として逓信省官立電信修技学校(後の逓信官吏練習所)に入り、卒業後は官職である電信技師として北海道余市に赴任するも、望郷の念忘れ難く、職を放棄し帰郷を決意する。その途中、行き倒れ寸前に峠の茶屋で餅を貰い助けられたのがこの地だったという。画像は、露伴が食べたであろう「安倍川餅」

DSC_5145
「安倍川餅のセット(350円)」。値段的に2個くらいかと思いきや4つも入ってました。黒蜜ときな粉が好い感じ。途中、漬物と昆布茶で口直し。漬物も美味いです。

DSC_5141
 ここの名物は「スリランカカレー」。ご飯はターメリックライス。本格的なスリランカカレーは食べたことは無いが、初めは甘さを感じるが、徐々に刺激的な味わいに。女性店員さんが「辛さが足らない時は言ってください」と言ってたが十分辛いです(笑)

DSC_5137
「スリランカカレー」。サラダ、スープ、アイス付き。前より値上げされてるが600円はかなりお得。肉もたっぷり入り、香辛料の絶妙なバランスはクセになる味わい。

DSC_5143
「スリランカカレー」。キーマカレーとサラサラカレーの中間的なルーで、ターメリックライスとの相性はバツグン。サラダに飾られてた亀型のニンジンを載せてみた(笑)

DSC_5142
 カレーセットの大根サラダ。人参ドレッシングはよくあるが紫大根を使ったのか、白い大根とオレンジのニンジン、水菜の緑とドレッシングの紫の色合いが好い。

DSC_5144
 スリランカカレーの〆はバニラアイス。かけられてるインスタントコーヒーがビター感を増して大人の味わい。これで600円は凄い。セットのスープは普通です(笑)

DSC_5130
 メニュー。人気はやはりスリランカカレー。夏場は「グリーンカレー」も土日限定で登場します。今の時期は「鍋焼きうどん」がラインナップ。

DSC_5148
 秋祭りの二本松提灯祭りでも見せ場となる亀谷坂。駅方面からお城山方面に上って行くと左側にみそ樽のような看板があり、その敷地内に建てられた平屋で営業している。営業は10:00~15:00まで。人の好さそうな男女が切り盛りしています。そういや、この店の真ん前は小学校時代の恩師の家。聞けば震災前に亡くなったとか。合掌。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※原発事故での風評被害にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。閲覧の際はブログランキング応援バナーのクリックやSNSでの拡散などにもご協力頂ければ幸いです!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますのでご参考に。 おススメの店やご意見などあればコメントよりも mr.cordial@live.jp までお気軽にご連絡ください!

【露伴亭(ろはんてい)】

 営業時間 10:00~15:00

 定休日 月・火曜日

 TEL 0243-22-4312

 住所 福島県二本松市亀谷1丁目150-1

 店の場所はこちらをクリック→https://yahoo.jp/mdS45a

郡山市のコスモス通りに在る蕎麦とうどんの店「くに屋」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

DSC_3949
 郡山市大槻町谷地のコスモス通り沿いに在る蕎麦とうどんの店「くに屋」。蕎麦屋らしからぬ洒落たデザインの店舗で、市内でも人気の一軒です。蕎麦は十割ではなく二八。お気に入りは画像の「冷やしたぬきそば」。彩りからして美味しいそう。

DSC_3947
「冷やしたぬきそば」。本山葵も多めで器も冷やされているのは好感が持てます。かえしは薄め。ここは蕎麦よりうどんの方が秀逸なので冷やしたぬきうどんも試したい。

kuniya1
「エビ天おろしそば」。冷やしたぬきに海老天や野菜天が載った豪華版。蕎麦やうどんを味わうというより、盛り付けの華やかさを楽しむ店です。

DSC_3952
「天丼」。海老が二本とカボチャやさつま芋、しし唐など旬の野菜が彩り好く盛り付けられてます。色が濃いが味的には濃くはありません。ご飯は五穀米で健康志向。

12705472_579224065560703_868620714127989898_n
「けんちんうどん」。寒い季節になると鍋焼きうどんと共に人気の一品となっています。個人的には蕎麦よりうどんの方が秀逸なのでこうしたメニューもおススメです。

kuniya2
「たぬきそば(餅入り)」。蕎麦にしたが餅入りだとうどんの方が好かったかも。

19748496_1710259869281973_5112856059876292131_n
「天ざるそば」。無難な一品。鰹節をもっと効かせた濃いめの江戸前風のかえしが好みなので、奥深さと風味が乏しい。蕎麦湯も色の割に蕎麦の香りがしない。

DSC_3942
 蕎麦とうどんのメニュー。ここは蕎麦よりもうどんの方が美味いと思う。手打ちのうどんは細過ぎず、太過ぎず、モチモチした食感でのど越しが好い。

DSC_3943
 ご飯・餅などのメニュー。竹の子など季節のおこわもあります。

DSC_3944
店内は窓際にカウンター、テーブル席2つと小上がり。

kuniya6
 市内大槻町に住んでた頃は店構えや店内も洒落ていて、うどんも美味いし、蕎麦もコリコリしてて気に入って通っていたのだが、蕎麦のコリコリ感も乏しくなり通う回数はめっきり減った。周辺に在る十割蕎麦店と比べると値段的に高いというイメージ。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【くに屋】

 営業時間 11:00~15:00 土日のみ 17:00~20:00

 定休日 月曜日

 TEL 024-952-9123

 住所 福島県郡山市大槻町字谷地17-3

 店の場所はこちらをクリック→https://yahoo.jp/FhibBK

市内八山田のうどんとそばの人気店「田八」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

DSC_1271
 市内八山田のビルの一角(馬酔木のビルの裏手)で営業している「田八」は手打ちのうどんと田舎そばが味わえる食事処。画像は店名が冠された「田八三昧」。うどんか蕎麦が選べ、海老とかぼちゃの天ぷらとウズラの卵が入ったとろろ、山菜の三種の割子風で味わいます。蕎麦は太めで色黒。その昔、富田にあった「しぶや」の蕎麦に近い。

DSC_1276
「鴨ざる」。つけ汁の鴨肉は少なめ。鴨の風味はありますが汁が薄い。ネギはとろとろ。こういう薄めのつけ汁の場合には汁に蕎麦をどっぷりと浸けて味わいたい。

DSC_2688
「天重」。小盛りの蕎麦(かけかざるを選べます)付き。サラダと冷奴も付きます。

DSC_2690
 蕎麦は色黒だが挽きぐるみの十割ではなく、蕎麦の香りに乏しい小麦粉が多めに入ったような田舎そば。かえしは鰹節の香りが控えめ。もう少しパンチがあっても好い。

DSC_2689
「天重」。海老天二本とピーマン、茄子、カボチャ、サツマイモ。天婦羅の揚げ方もご飯の炊き方も好い感じです。天つゆはかえしと同じく醤油が前面に出ています。

denhachi3
「田八三昧」の海老天とかぼちゃの天ぷら。

denhachi2
「田八三昧」のウズラの卵入りのとろろ。

denhachi4
「田八三昧」の山菜と大根おろし。

DSC_1264
 店内は一人客用のカウンター席とテーブル席が4席、小上がりというか個室風の席が1席とこじんまりとした造り。混んでる際には店内で待ってもいいが、駐車場の車まで呼びに来てくれます。十割蕎麦や細身の蕎麦に慣れてる人は色黒のごツイ蕎麦よりもうどんの方が好いのかも。酒肴も色々あり蕎麦前を楽しみたくなるそんな店です。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【田八(でんぱち)】

 営業時間 11:00~19:30

 定休日 火曜日(祝日の場合は翌日)

 TEL 024-932-5939

 住所 福島県郡山市八山田5-13 メインビル八山田 E-1

 店の場所はこちらをクリック→https://yahoo.jp/WsFsDH

磐梯熱海温泉街の老舗食事処「丸嘉(まるよし)」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

DSC_2367
 磐梯熱海温泉街の老舗「丸嘉(まるよし)」。駅出て「栄楽館」や「一力旅館」などが在る左斜めの道を100メートルほど行った右側に在ります。歩いて2~3分もかかりません。手打ちそばと手打ちうどん、カレー丼や天丼も人気。天ぷらや一品料理などもあり、夕方からは居酒屋となるようです。画像は「もりそば(普通盛り)」

DSC_2369
「もりそば」。割っぱの器で提供されます。挽きぐるみの色黒の田舎そば。切り方は不揃いだが、冷たく〆られていて食感とのど越しも好い。蕎麦の香りも十分。「ざるそば」は、海苔が乗ってる分30円増し。蕎麦の量もそこそこあります。

31123428_998212466995752_5820106222849753088_n
「もりそば(大盛り)+250円」。割っぱではなく大きめな陶器で出てきました。普通盛りでも多いが、大盛りだと食べ応え十分。ネギは乾き気味でワサビは粉で溶いたもの。かえしも悪くはありません。蕎麦湯も蕎麦粉を入れて香りを出してます。

DSC_2363
 ここの隠れた人気メニューが「カレー丼」。蕎麦屋さんのカレーライス。カレー粉を炒め小麦粉と片栗粉を加えて出汁で溶いてルーを作り、玉ネギと豚肉を煮込んだ蕎麦屋さんの自慢の一品。クセになる美味しさ。みそ汁、お新香、小鉢付き。

DSC_3027
「カレーそば」。ビジュアルはカレー丼と同じ。ここの蕎麦は秀逸なのでカレーで食べるのはチョッともったいない気もする。やはりカレー丼やカレーうどんの方が好いかも。カレー丼の時とは違って小鉢やお新香が付かなかったが、忘れたか(笑)

DSC_2523
「天丼(並)」。海老天二本とインゲン。カリッと揚げられた天婦羅とあっさりとした天ダレも絶妙で、市内の超有名天婦羅屋より愚生的にはここの天丼が好きです。

DSC_3025
「和風冷し中華」。具沢山で見栄えも好い。和風というからには蕎麦なのかと思いきや、もちもちの中華麺。タレは蕎麦屋のかえしに胡麻油が入らないかなり酢が効いた濃いめの味わい。もっと濃いめが好きな人は「氷抜き」で頼んでいるようです。

DSC_2358
 店内に貼られたメニュー。昼はお食事処、夕方からは居酒屋にもなり、ニシンやイカ、穴子などの天婦羅や、刺身、牛タン焼などで一杯できます。

DSC_2357
 磐梯熱海温泉旅館が立ち並ぶ通りに在る「丸嘉」。福島県民なのでどうしてもうどんより蕎麦を選んでしまうが、手打ちうどんもかなりイケてると思います。昔は「一力旅館」や「栄楽館」など磐梯熱海温泉には泊まったものだが、最近はとんとご無沙汰。のんびりと温泉を楽しんで、夕方にふらっと立ち寄りたい店です。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【丸嘉 (まるよし)】

 営業時間 11:00~20:00

 定休日 水曜日

 TEL 024-984-2183

 住所 福島県郡山市熱海町熱海4-82

 店の場所はこちらをクリック→https://yahoo.jp/ALQyVk

極太の田舎うどんで作る「けんちんうどん」が名物の「鞍手茶屋」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

DSC_0544
 「鞍手茶屋」は、郡山市内から国道49号線を猪苗代方面へ向かうと中山峠の途中に在る大きな看板と古民家が目印。その佇まいもあってか観光客などに人気のあるうどん屋です。「けんちんうどん」が人気で、野菜中心で田舎のけんちん汁ではなく優しい味わい。餅とのセットメニューが好いが、愚生的には「角煮うどん」がおススメ。

DSC_1227
 画像がボケてるがおススメの「角煮うどん」。これが中々イケるんです。大きめの角煮が二個と煮玉子、それとホウレン草、かまぼこといったトッピング。けんちんうどんと違って濃い目でいい感じの味付け。うどんは極太でのど越しを楽しむうどんとは違い、モチモチで歯応えもありボリューム満点。角煮の味わいもかなり美味しいです。

DSC_0543
 「けんちんうどんセット(あんころもち)」。ここの「けんちん汁」には肉が見当たらない(あるのかも知れませんが)。尤も、けんちん汁は神奈川の「建長寺」が発祥だというから、精進料理のように肉類は入れないのが正統なのかも知れない。麦とろご飯も優しい味わいです。餅好きの愚生としては、餅を選ぶだけでも悩む(笑)

DSC006521 鞍手茶屋
 「けんちんうどんセット(うぐいす餅)。野菜たっぷりの「けんちんうどん」に「麦とろご飯」と、お好みの「搗きたて餅」が付く。餅は「あんこ」「納豆」「ごま」「うぐいす(きなこ)」「くるみ」「だいこん」「ごろへい」と種類も豊富。

10501784_692839650843928_3074342594994075376_n
 暑い時期には「もりうどんセット(うぐいす餅)」が好い。

14055034_423082567862467_7565830304900327023_n
 メニューはこんな感じ。セットメニューが人気です。

14040055_423082554529135_6600546908506953512_n
 メニューはこんな感じ。「ねぎとろ丼」はイマイチ。止めた方が無難です(笑)

13227441_1591219017855579_8165257041762061947_o
 国道49号線沿いの看板。午前10時からの営業なので便利です。「食べログ」には「鞍手茶屋・中山峠店」とあるので他にも在るのかと調べたら、いつの間にやら東京・大手町にも進出していた。店の佇まいといい、メニューといい、観光客が好みそうなメニューが多く、話のネタや観光気分で雰囲気を味わうのなら超おススメの店です(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※注)この食べ歩きブログは「食べログ」の過去の記事を参考にアップしてるので、記事によっては当然古い内容のものもありますのでご理解ください。

※おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【鞍手茶屋(くらてぢゃや)】

 TEL 024-984-3774

 住所 福島県郡山市熱海町安子島字鞍手山1

「神楽や」。郡山市内でも極上のうどんが食べられます♪


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

IMG_20150627_114606958
 郡山市日出山、笹原川と阿武隈川の合流地点。東部幹線沿いに在る「神楽や」は、市内でも本格的手打ちうどんが食べられるとあって、うどんファンの支持を得ています。県内はうどんより蕎麦文化。愚生もどうしてもうどんよりは蕎麦の方が多いが、うどんも嫌いではない。画像は「胡麻ダレうどん」

IMG_20150316_114625145
 香川には友人もおり、遊びにも行くし、向こうからうどんが送られてくることもある。ここのうどんは讃岐うどんとは違い、平べったい、如何にも手打ちという感じのモチモチ、ツルツルの田舎風のうどんだ。

IMG_20150316_114608677
 昼限定の「小丼ぶりセット」。ざるうどんと海老天丼をチョイス。小鉢なども美味しくて、いい仕事をしてます。

IMG_20150316_114619429
 海老天丼。ご飯の炊き方もいい。ただチョッとタレが少ない気がする。

IMG_20150627_11451123
 親子丼のセット。うどんはかけうどん。流石にダシの味わいも好い。親子丼はかなりのレベルので、市内の某有名な親子丼より安いし、鶏肉も多いし大満足です。

IMG_20150627_114518219
 たかがうどんやの親子丼と侮る勿れ。ダシが秀逸なので、鶏肉の味を引き立てて、また玉子のトロトロ具合がなんともいい感じの親子丼だ。

IMG_20150627_114547549
 胡麻ダレうどんと小穴子丼。うどんは噛んではダメ。香川の友人曰く、ひと口、ふた口噛んだらゴクンと飲むのが通らしい。確かにそうして食べるとうどんののど越しが分かるし味わいもいい。でも、くれぐれも咽を詰まらせない様に気を付けて(笑)

IMG_20150316_113056196
 最近は大手うどんチェーンが全国へ進出し、手軽に、また格安で食べられる様になったので、うどん専門店としては厳しいだろう。でも、そんな中で頑張ってるのは大したもの。これからも応援して行きたいものです。

 ここ「神楽や」は何を食べも美味しいです。酒肴もあり、出来れば一献やってから〆にうどんを頂きたいが、如何せん、チョッと遠い(泣)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

 【神楽や (かぐらや)】

 TEL 024-956-5510

 住所 福島県郡山市安積町日出山3-281

記事検索
QRコード
QRコード
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
ギャラリー
  • 小野町の食事処「すずきや食堂」の煮込みカツ丼
  • 小野町の食事処「すずきや食堂」の煮込みカツ丼
  • 小野町の食事処「すずきや食堂」の煮込みカツ丼
  • 小野町の食事処「すずきや食堂」の煮込みカツ丼
  • 小野町の食事処「すずきや食堂」の煮込みカツ丼
  • 小野町の食事処「すずきや食堂」の煮込みカツ丼
  • 小野町の食事処「すずきや食堂」の煮込みカツ丼
  • 小野町の食事処「すずきや食堂」の煮込みカツ丼
  • 小野町の食事処「すずきや食堂」の煮込みカツ丼