爆ちゃんのふくしまグルメ探訪

原発事故での風評被害にもめげず県内に留まり懸命に頑張っている飲食店を応援しています。このブログが福島の地を訪れる一助となれば幸甚の極み♪

寿司

「春鮨」。最近は予約しないと入れなくなってしまったなぁ(笑)

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

haru
 最近の寿司屋はやたら講釈好きな能書きばかりの職人が目立ち、寿司割烹の様にネタも少なめの懐石風だったり、高級な日本酒などで儲けるスタイルが多い。女性などには好いが、愚生的には昔ながらの「春鮨」が好い。決して無愛想でもなく、偉そうにしているでもなく、こちらから声を掛けない限り余計な会話はしない。ネタも昔から同じ。ここの貝類の多さは貝好きにはたまりません。画像は「鮑(半身)」

haru1
「本ミル貝」。貝好きな愚生だが、貝の中でも大好きな一品です。ミル貝の磯の香りと甘さは何とも言えず、座るといつも有無を言わさずコレが出てきます(笑)

haru0
「北寄貝の炙り」。北寄貝は生でも美味いが、サッと炙って醤油と七味。北寄貝の甘さと醬油の香ばしさがたまらない逸品。これも日本酒には最高の組み合わせ。

haru2
 地元笹の川酒造の吟醸酒「安積浪漫」。香りが好くさらっとしながらもコクがあります。1、2本ではつい足りず、3本飲むと五合だからチョッと呑み過ぎ(笑)

haru9
「ネギトロ」。本マグロを贅沢に使い、ネギは浅葱ではなく敢えて長ネギ、長ネギの辛さも本マグロの脂が強烈なので気にならない。というよりこの相性が堪らない。ごはんの美味しさと海苔のパリパリ感もいっそうネギトロの美味さを引き立てる。

haru3
「シンコ」。絶品です。これを食べると夏も本格的になる。原価が高いからどうしても値段も高くなる。この日は「1個だけ握れます」というので助かった(笑)

haru5
「穴子」。江戸前の小ぶりな穴子をふっくら炊いて、提供される前に炙る。長年継ぎ足してるタレがまた絶品。春鮨のにぎりは今風のカッコだけのにぎりではなく大胆で硬派なにぎり。小ぶりで洒落た寿司が好みな方には合わないだろう。

haru7
 土産の「逆巻き」。大トロをきゅうりと大葉を挟んで巻いた贅沢な逸品。

haru8
 土産の「ばらちらし」。大トロや中トロ、赤身や貝類、イクラやきゅうりを彩り好く散りばめられた、正に春鮨の宝石箱。土産に喜ばれますよ。

haru6
 春鮨のように頑(かたく)なにネタに拘る寿司屋も在って好いと思う。昔から年がら年中同じネタ。旬のものを中心にすれば安いだろうに、値が張っても仕入れる頑固さは恐れ入る。その昔は、開店と同時に大入り満員で3時頃には終了してしまう寿司屋だった。今は夜も営業してるが予約しないと入れなくなってしまった(爆)

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!



関連ランキング:寿司 | 郡山駅

郡山市の老舗「都寿司西屋」の江戸前寿司

miyako5
 国道49号線と静御前通りの交差点の角に在る「都寿司西屋」。郡山市内最古の寿司店らしい。暖簾は朝から出しっぱなしで外観もイマイチ。近所なのだがチョッと躊躇してたが、昼飲みしようと思い立ち伺ってみた。恐る恐る店に入る。取り敢えずビールを所望するも「昼はアルコールは出してないんです」とのこと。画像は「にぎり(上)」

miyako6
「にぎり(上・2000円)」。トロと赤身、鯛、ホッキ、赤貝、甘海老、イクラ、そして鉄火巻き。期待はしていなかったのだが、親方の握る寿司は見た目にも綺麗で「なんでもっと早く来なかったのか」と後悔。この日は鯛のあら汁も付いてました。

miyako7
「あら汁」。丼ぶりで提供されたが、これがかなり美味しい。極旨なあら汁が付いて2000円は安い。にぎり寿司は1100円、1500円、2000円の三種類とのこと。

miyako3
「ちらし寿司(上・2100円)」。マグロはトロが2切れと鯛、ホッキ、赤貝、甘海老、ホタテ、イクラ、玉子焼き。玉子焼きは江戸前のカステラ風で好い仕事してます。

miyako4
「ちらし寿司(上)」。貝好きとしては赤貝とホッキ貝が入るのが嬉しい。シャリはやや冷たく感じた。椀はお吸い物。上品な味わいだがインスタントだろうか(笑)

miyako
「にぎり寿司(持ち帰り)」。店では飲めないので、これで昼飲み(笑)

miyako1
「都ちらし」。生のネタは入りません。江戸前の仕事を施した干瓢や椎茸、油揚げ、玉子焼きが甘めに味付けられ、自家製のおぼろがまた泣かせます。蓋に刻み海苔がくっ付いてるのはご愛嬌。お稲荷さんと干瓢巻きの「助六寿司」もあるようです。

miyako2
 包装紙から出すとビニール紐で頑丈に縛ってあった。ワイルドです(笑)

miyako8
 店内には大岩魚の額が飾られている。「どこで釣った岩魚ですか?」と聞くと、愚生もよく行く渓の名が出た。それを機に渓流釣りやワカサギ釣りの話で盛り上がる。

miyako9
 国道49号線を通ったことのある人ならこの佇まいを知ってる人も多いだろう。流行っていないようだが老舗には老舗になる理由がある。店内は5人ほど座れるカウンターと小上りのテーブルが1つ。10人も座れば満席だろうか。「酒は何時から出すんですか?」と聞けば夕方から。まあ、昼なら持ち帰って家で飲むのが好いか(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。閲覧の際はブログランキング応援バナーのクリックや、facebook・twitterなどで話題にして頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!



関連ランキング:寿司 | 郡山駅安積永盛駅郡山富田駅


               


地元住民に愛される大衆的寿司屋「鈴広寿司」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内で懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でもブログランキング応援バナーのクリックやfacebookへのシェア、twitterへのツイートなどにもご協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますのでご参考に。 おススメの店やご意見などあれば mr.cordial@live.jp にお気軽にご連絡ください。

DSC_4578
「鈴広寿司」は国道49号線から、希望ヶ丘団地方面に入った富田町の住宅街に在ります。店内はカウンター席と小上がり。昼時は出前での利用が多いようだ。値段も良心的で、一番高い特上にぎりでも2200円。画像は「特上にぎり(2200円)」

DSC_4577
「特上にぎり」。今日のみそ汁はなめこ汁。筋っぽい中トロと赤身?、鯛、甘えび、赤貝、ホッキ、ウニ、鉄火巻き、玉子焼きと一見すると豪勢だが、味わいは至って普通。ん~過日に頂いた「上にぎり」が好かったのでチョッと期待し過ぎたかも(笑)

DSC_4575
「ランチ(900円)」。ウニやホッキが無いだけで豪勢なお造り。しかも赤貝のヒモや〆サバなども入り、かなりお得感あり。酢飯か普通のご飯を選べます。

DSC_1721
「上にぎり(1400円)」。この日のネタは、マグロ2貫、カンパチ、ホッキ、甘エビ、イカ、イクラ、鉄火巻。にぎりも大ぶりで味や値段的にも大満足。

DSC_4576
「ランチ」の刺身のお造り。中トロ3枚、白身、タコ、サーモン、〆サバ、玉子焼き、赤貝のヒモまで入ってる。カボチャのサラダとみそ汁が付いて900円とは有り難い。

DSC_1719
「上ちらし」。マグロ3枚、ホッキ、カンパチ、鯛の湯引き、タコ、イクラ、甘エビ、玉子焼など上にぎりとほぼ同じ。寿司飯がチョッと冷たかったが味わいは好い。

DSC_4572
「鈴広寿司」の昭和を感じさせる湯呑み。最近はこういう茶器も見なくなったなあ。

DSC_1716
 メニュー。にぎりやちらしの他、鉄火重、天重、うな重もあり、酒肴も豊富です。

DSC_1723
 外観も店内も何処にでも在る至って普通の寿司屋です。長いこと地元に愛されるというのはそれなりに理由がある。値段も手頃で昼ならランチや上にぎりがおススメです。日曜日もランチはやってます。看板に居酒屋とあるように酒肴も色々と揃ってるので、夕方の早い時間にお邪魔して店主自慢の料理で酒を楽しんでみたいものだ。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内で懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でもブログランキング応援バナーのクリックやfacebookへのシェア、twitterへのツイートなどにもご協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますのでご参考に。 おススメの店やご意見などあれば mr.cordial@live.jp にお気軽にご連絡ください。

【鈴広寿司】

 営業時間 11:00~23:00

 TEL 0249-52-1254

  住所 福島県郡山市富田町字舘南32-8

 店の場所はこちらをクリック→ https://yahoo.jp/r5OXmA

チョッと高級だがかなりイケてるスーパー回転寿司「うまか亭」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

DSC_3044
「スーパー回転寿司・うまか亭」は、回転寿司店の中では値段的にチョッと高級だがネタは新鮮でかなりイケてます。毎月10日は、お客様感謝デーの「港まつり」。一皿98円(税別)で頂けるとあって大人気。今回のブログではチョッと高めのネタをアップしてみたい。画像は「マグロ三昧」。本マグロのトロ、中トロ、赤身三種。

umaka2
「大トロ盛り合わせ」。本マグロの部位の違う大トロとびんちょうマグロの大トロ。

DSC_1652
「本マグロ中トロ」。大トロより食べては中トロの方が美味い。

umaka6
「ミナミマグロに大トロとぶりトロ」。ミナミマグロも本マグロ。いつも食べる養殖の本マグロとは違い脂がくどくなく味わい深い。鰤のトロといい贅沢な一品です。

umaka1
「オススメ三点盛り(金目鯛、生タコ、イカ)」。金目鯛の香りが好い。タコは水ダコ、イカはスルメイカ。何気にあるネタだがこれも味わい深い一品。

DSC_1653
「ウニと大海老」。ウニは軍艦ではなくそのまま。色がイマイチだがウニの甘さを感じる。大エビは回転寿司では人気のネタです。

DSC_1650
「活ホッキ」。ここは貝類が美味しい。特に活ホッキはおススメの一品です。

umaka3
「アワビと本ズワイガニ」。アワビは薄いが歯応えもあり塩の香りが楽しめる。本ズワイガニも水っぽくなくカニの風味が感じられます。

umaka
「長崎県産の生サバ」。色合いといい甘みといい、回転寿司のレベルを超えてます。うまか亭史上トップクラスの味わいで、しかも安価で食べられるのは嬉しい。

umaka4
「トロ巻き」。かっぱ巻きではなく大トロが巻かれてあります。海苔とシャリと大トロとワサビ、それに醤油の相性はバツグン。ワサビは多めで頂きたい。

DSC_1641
「うまか亭」グループは、回転寿司や海鮮居酒屋など福島市などに8店舗ほど在るようだが本宮店を利用することが多い。美味いからと高いネタばかり取ってると勘定の時にびっくりなんてことも。やっぱり毎月10日の「港まつり」に行くのが好いかも(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【うまか亭 本宮店】

 うまか亭グループホームページ http://umakatei.com/

 営業時間 11:00~21:00(平日14:00~17:00は休憩)

 定休日 無休

 TEL 0243-63-5411

 住所 福島県本宮市荒井久保田132-10-4

 店の場所はこちらをクリック➡https://yahoo.jp/u-yWVp

種類豊富な海鮮丼ぶりや刺身が楽しめる白河市の「市場食堂まぐろ屋」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

DSC_2473
 郡山方面から南下して、阿武隈川を越えた国道4号線沿いの右側、白河市場内に在る人気食堂「市場食堂まぐろ屋」。焼き魚や煮魚などはなく、刺し身定食や海鮮丼やマグロの中落丼ち丼など色んなが丼ぶりが楽しめます。画像は「山かけ丼」

DSC_2474
「山かけ丼」は、本日のおすすめメニュー。おすすめというだけあって、マグロはメジマグロだろうか、旨味のあるまぐろです。大ぶりのぶつ切りのマグロがふんだんに盛られ、その上にも多めのとろろがかかっている。あっという間に平らげた(笑)

DSC_2471
「まぐろの中落ち丼」。以前食べたものとは違い、赤身の色合いも好く、味わいもコクとマグロ独特の酸味も感じます。値段の割には質の高いマグロだと思います。

DSC_2470
 食事にはみそ汁、お新香、小鉢が付きます。ご飯はやや少な目。みそ汁は、白身魚の骨で採ったあら汁だったり、甘海老の頭で採ったみそ汁などその日によって違います。いつも気になるのはみそ汁の位置。左に置いてあるがこれって逆じゃね(笑)

ichiba1
「鮪(まぐろ)漬丼 」。マグロはヅケにするとまた違った味わいを楽しめる。特に赤身は醤油のダシがしみ込んで何とも言えない深い味わいになる。

ichiba3
「うにイクラ丼」。ウニは甘みがあり、イクラもそこそこ盛られています。ウニの量を増やしたい人は料金をプラスして豪勢な一品にするのも好い。

ichiba2
「カツオの刺身定食」。カツオは皮付き。新鮮でかなり美味しい。ニンニクがチューブのというのはイマイチだが、鰹が美味しくなる季節にはおススメの一品です。

DSC_2477
 メニューは海鮮の丼ぶりや刺身定食など。値段は少し値上がりしたが、それでも安いと思います。ネタが足りない人はトッピングを増やして自分なりの丼ぶりを。

DSC_2475
 地元でもかなりの人気店で、平日でもとっかえひっかえ客が訪れる。市場食堂は県内には何軒か在るが、刺し身や海鮮丼なども美味しいし値段も手ごろだし、愚生的にはここが一番かも。昼11時から3時間だけの時間限定営業なのでご注意ください。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【市場食堂まぐろ屋】

 営業時間 11:00~14:00

 定休日 日曜・祝日

 TEL 02482-3-6664

 住所 福島県白河市五番町川原25-1

 店の場所はこちらをクリック→https://yahoo.jp/pXaabm

相馬市松川浦の海鮮料理の名店「斎春商店」


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

saiharu
 久しぶりに相馬方面へドライブ。目的地は海鮮料理の人気店「斎春」。10時50分くらいに到着。開店は11:00、行列ができてるかと思いきや既に先客は入店済み、ということで店内へ。テーブル席は埋まっており座敷へ。客も順番など関係なくバラバラに座る。注文取りもいい加減だが提供は早かった(笑)。画像は「斎春の復興丼」

DSC_2452
「刺身定食」。この日のネタは、金目の炙り、ホタテ、ホッキ貝、タコ、サーモン、アワビ、マグロ、ボタンエビ、ヒラメ、カジキ、ウニなど盛り沢山で然もどのネタも甘みがあって絶品。ご飯の盛りが少ないが、刺身を味わうにはちょうど好いかも。

DSC_2454
「刺身定食(2500円)」の刺身の盛り合わせ。その日のおすすめネタがふんだんに盛られています。生だったり炙ってあったりと、ネタの味わいを引き出してます。

11182217_472967582865850_353723262463909635_n
 相馬地区の飲食店では震災復興を願い「復興丼(海鮮丼)」が提供されています。その日の刺身定食のネタを豪勢に盛った海鮮丼はここでも一番人気。

28618848_1616376155120762_27752151695363343_o
「サーモンいくらの親子丼」は、その名の通りの鮭の刺身とイクラの親子丼。この相馬地区は鮭漁も盛んで鮭のシーズンにはおススメの一品です。

DSC_2455
「銀だら定食」の銀鱈は大ぶりで味付けと焼き加減が好い。家ではこうは行きません。ここはご飯の炊き方も好いし、あさりのみそ汁も絶品です。

DSC_2456
「銀鱈焼き」。皮の部分が特に美味い。煮付けも食べたいがメニューには無い。どのメニューも値段が高く感じるがネタや味わいを考えれば相応だろう。

DSC_2449
 入り口に立てられてた「本日のおすすめメニュー」の看板。単品メニューも多くあり、食事だけではもったいない気がする。酒を飲んで魚料理を楽しみたい。ここは旅館もやってるので次回は泊まりがけで来たいと思っている(笑)

DSC_2447
 大震災の一か月ほど前、友人らとこの近くの旅館に泊まった。あの時は頻繁に地震があったが、考えればアレは余震だったのだろう。食事を終え、浪江地区から帰宅困難地域を通り自宅へ戻ったが、あそこを通る度に複雑な気持ちになる。これからも微々たる活動だが、風評被害にもめげずに頑張ってる飲食店を応援していきたいと思います。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【斎春(さいはる)商店】

 営業時間 11:00~14:00 17:00~は要予約

 定休日 第2火曜休、定休日が祝日の場合は翌日休

 TEL 0244-38-8108

 住所 福島県相馬市尾浜字牛鼻毛119-1

 店の場所はこちらをクリック→https://yahoo.jp/KOm46i

郡山市の寿司屋の至宝「春鮨(はるずし)」

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

3e1de022
 寿司というのは進化するものだが、春鮨のように頑(かたく)なにネタに拘る寿司屋も在っていいと思う。昔から年がら年中同じネタ。旬のものを中心にすれば安いだろうに、値が張っても仕入れる頑固さは恐れ入る。画像はネギトロ付きの「特上にぎり」

haruzushi4
「ネギトロ付き特上にぎり」逸品はネギトロ。本マグロを贅沢に使い、ネギは浅葱ではなく敢えて長ネギ。本マグロの脂が強烈なので長ネギの匂いが気にならない、というよりこの相性が堪らない。一個一個がデカいのだが、画像では普通に見える(笑)

DSC_6044
「穴子のにぎり」。ここで江戸前の仕事をしてるのは穴子とコハダくらいなもの。ふわふわに炊き上げられた穴子を炙って、創業から注ぎ足して作られる自家製のタレがかけられた逸品。口の中でとろけて穴子とタレの風味が鼻に抜ける。ん~絶品です。

DSC_6045
「ウニ」。ここの握りは豪快で、女性には大き過ぎるかも。中でも、ウニは笑っちゃうくらいのてんこ盛り。この日のウニは二種類でなんか得した気分。

DSC_6043
「ミル貝」と「コハダ」のにぎり。愚生のお気に入りは本ミル貝。海の香りと食感、貝の甘さが何とも美味い。ミル貝をつまみで酒も好いが、春ちゃんは握りも最高。コハダは、夏の名残りのシンコに近い小さめのもので、江戸前の〆方が好いね。うまし。

haruzushi1
 客の好みを知ってるので、いつも注文しないのに出てくるつまみは「本ミル貝」と「ネギトロ」。何と言っても「本ミル貝」が好い。値は少々張るが、あの香りと甘さは何とも言えず、ミル貝を酒肴に地酒「笹の川」の冷酒を呷れば至福のひと時。

DSC_6042
「ネギトロ」と「北寄貝の炙り」。ネギトロはそのままでも好いが、別注文の海苔に挟んでつまむのが好い。北寄貝はそのまま生でも好いが、サッと炙って醬油で仕上げ。七味をかけて頂くのだが、北寄貝の甘さと醬油の香ばしさがたまらない逸品。

haruzushi
「アワビ」と地元笹の川酒造の「安積浪漫」。アワビはブツ切り。この豪快さ故に素材そのものの味が堪能できる。こうしたネタで地酒を呷れるのは幸せだ。

haruzushi2
 何といっても驚くのは貝類の多さだろう。これほどの貝類を揃えてる寿司屋は中々ない。在ったとしても相当の出費を覚悟しておくべきだ。お気に入りはやはり本ミル貝。

haruzushi3
 マグロは近郊の本マグロやインドマグロなどの超一級品を贅沢に捌いています。トロも中トロも同一料金。ネギトロもこのマグロを大胆に使っています。

DSC_6040
 この店に通い始めて30年以上なる。愚生も老けたが春ちゃん夫婦も好い味わいになった。その昔は、昼の開店と同時に大入り満員で、午後の3時頃には終了してしまう寿司屋だった。今でもここで初めて「ネギトロ」を食べた感動は忘れない。

DSC_6039
 最近の寿司屋はやたら講釈が好きな能書きばかりの職人が多く、割烹の様に酒で客単価を上げて儲けようというそんな店が多くなった。呑兵衛にはそんな店は便利だが、昔ながらの「春鮨」が好い。決して無愛想でもなく、偉そうにしているでもなく、こちらから声を掛けない限り余計な会話はしない。ここには一品料理や味噌汁も無く、酒を飲ませて儲け様などという気がない。いつものネタで地酒を飲んで、小腹が空いたら握って貰うもよし、ネギトロを巻いて貰うもよし。春鮨は郡山の至宝である。

食べログ グルメブログランキング「爆ちゃんのふくしまグルメ探訪」では、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援しています。このブログが一助となれば幸甚の極み。ブログランキングに参加中。応援バナーのクリックにご協力下さい!

食べログに参加しています。 おススメの店やご意見は mr.cordial@live.jp へ!

【春鮨(はるずし)】

 営業時間 11:30頃から通し営業

 定休日 水曜日と日曜日

 TEL・予約 024-932-8709

 住所 福島県郡山市駅前2-7-6 サンビル1F

 店の場所はこちらをクリック➡https://yahoo.jp/kmU-e0

スーパー回転寿司「うまか亭」の港まつりに行こう(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

DSC_4900
「うまか亭」は、回転寿司店の中では値段的にチョッと高級だが、ネタも新鮮でかなりイケてます。毎月10日は、お客様感謝デーの「港まつり」。一皿(画像の絵柄の皿)が、98円(税別)で頂けるとあって終日大入り満員。土日祝日に重なると待ち時間が1時間以上なんてこともある超人気企画。画像は港まつりでの「生アジ」

DSC_4908
 「アオリイカ」。甘みがあってイケてます。一個は塩で。

DSC_4907
 「かんぱち」。ここは仕込みが好いので魚の味が美味しい。

DSC_4909
 「キスの昆布〆」。江戸前の粋なネタと仕事です。

umaka1
「真鯛」。味的には寝かせりゃ好いのだろうが、ぷりぷりで美味しい。

DSC_4901
 「海ぶどう」。変わりネタもイケてます。

umaka
 高級なネタもいろいろあります。「トロ三種盛り」も人気の一品。

umakatei
 「活北寄貝」。生の貝は香りが好い。

DSC_4910
「海水雲丹と大海老」。海水ウニはミョウバン不使用なので甘さが強い。

DSC_4912
 店内の貼り紙。旨そうな酒も揃えてあります。

DSC_4899
 入口に立てられた「うまか亭おすすめメニュー」の看板。

DSC_4898
「うまか亭」グループは、福島市を中心に回転寿司や鮮魚料理店など八店舗ほど在る。愚生は、比較的近く本宮店を利用することが多く、オープン当初からよく通ったものだが、数年前だったか、生牡蠣の軍艦巻きにハマり注文を繰り返したら、店員さんは悪気は無かったのだろうが、「また牡蠣ですか?」と失笑されてから行く機会がめっきり減った(笑)それでも「うまか亭」は県内自慢の回転寿司店には違いありません。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【うまか亭 本宮店】

 うまか亭グループホームページ http://umakatei.com/

 営業時間 11:00~21:00(平日14:00~17:00は休憩)

 定休日 無休

 TEL 0243-63-5411

 住所 福島県本宮市荒井久保田132-10-4

 店の場所はこちらをクリック➡https://yahoo.jp/u-yWVp

「わび如(すけ)」膳のコストパフォーマンスにはびっくり


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

DSC_4629
 以前は駅前に在った「すし茶家 わび如(すけ)」だが、現在は愚生も見覚えのある市内神明町の民家の一室で営業している。昼のメニューは「わび如膳」のみ。前菜から一品料理、茶碗蒸し、お吸い物、寿司や蕎麦、デザートと抹茶まで付いて値段は1100円(税込)とは驚きのコストパフォーマンス。画像は「寿司と茶碗蒸し」

DSC_4627
 先ずは前菜(八寸)。イカにんじん、穴子の骨煎餅、切り干し大根。

DSC_4628
「玉葱のかき揚げ」。カボチャ、生麩、揚煎餅添え。塩味の和風ソース。

DSC_4630
「握り寿司」。マグロ、鯛、穴子、玉子、かっぱ巻き。小ぶりな握りだが、寿司屋だけあって穴子などの丁寧に仕込まれていて流石に美味い。

DSC_4631
「茶碗蒸しとお吸い物」 。どちらも品の好い味わいです。

DSC_4633
「田舎蕎麦と吟醸(更科)蕎麦の合盛り」。黒々とした太めの田舎蕎麦と色白の吟醸蕎麦の食感が愉しい。かえしも好く、水に晒した刻み葱といい丁寧な仕事ぶりが伺える。

DSC_4634
デザートとはブルーベリーのヨーグルトムース。

DSC_4635
「すし茶家」というだけあって淹れたての抹茶は店自慢の逸品。

DSC_4102
 以前、地元のフリーペーパーなどには予約すれば1500円程の「わび如膳」が1050円になるとのことだったが、現在は昼のメニューを「わび如膳」一つにして税込1100円で提供している。ベテラン料理人が作る料理はどれも味わい深く、食べるペースに合わせて次の料理を提供してくれる気遣いがまた好い。夜のメニューは店主の「おまかせ」のコース料理のみ。店主渾身の料理で酒を愉しんでみたいものだ。


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックやfacebook、twitterへのツイートなどにも御協力頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

【すし茶屋 わび如】

 営業時間 11:30~14:00 17:30~22:00

 定休日 不定休

 TEL 024-934-8338

 住所 福島県郡山市神明町13-18

 店の場所はこちらをクリック➡ https://yahoo.jp/i1b7RK 

田村市船引町の名店「やすけ鮨」の人気ランチ


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックや、facebook・twitterなどでも話題にして頂けますと幸甚です!

DSC_3829
 田村市船引町の「やすけ鮨」で、美味しい寿司ランチを食べられるというのでドライブがてら行ってみた。営業は11:00~。人の好さそうな店主夫婦が対応してくれる。画像はランチの「にぎり寿司定食」。彩り好し、味わい好し。

DSC_3828
 「にぎり寿司定食(800円)」。値段的にそれほど期待はしていなかったが、どっこいこれが中々のもので、握り具合も好い。煮切り醤油を自分で刷毛で塗れるというのがなんとも嬉しい趣向だ。お椀はしじみ汁で、これも美味しく頂きました。

DSC_3824
「海鮮ちらし定食」も大ぶりなネタが彩り好く盛られてて大満足。

DSC_3826
「ロースカツ鍋定食」も人気の一品。寿司屋で煮込みカツとは面白い。

DSC_3827
 「ロースカツ鍋定食」は揚げたてのカツを和風のダシで煮込んだもので、小鍋立てで提供してくれるのが好い。味わい深く、寿司屋のレベルのカツ煮ではありません。

DSC_3816
 ランチはにぎり寿司と海鮮ちらし、カツ鍋定食の他に「ロースかつ定食」「フライ盛り合わせ定食」があります。値段は一律800円。ライスの大盛り、お変わりもできますし、。コーヒーも付きます。値段も安いが何より美味しいです。

DSC_3818
 おすすめメニューもあり、どれも良心的な値段です。

DSC_3832
 「やすけ鮨」はシャッターが閉まってると古い店のようだが、暖簾や入り口の看板が如何にも美味しい寿司を食べさせてくれそうな洒落た感じで、店内は明るく開放的で落ち着いて食事を楽しめます。ランチでこれだけ上等な寿司を愉しめるのだから、夜に伺って酒を飲みながらつまみたいが、場所的にチョッと無理かもなぁ(笑)


東北地方食べ歩き ブログランキングへ←※ブログ閲覧の際は、原発事故にもめげず福島県内に留まり、懸命に頑張ってる飲食店を応援する意味でも、ブログランキング応援バナーのクリックや、facebook・twitterなどでも話題にして頂けますと幸甚です!

※「食べログ」も「爆ちゃんの孤独のグルメ放浪記♪(https://tabelog.com/rvwr/cordial8317/)」で参加していますので御参考に。 おススメの店や御意見などあれば mr.cordial@live.jp に御連絡を!

 【やすけ鮨】
 
 営業時間 11:00~

 定休日 不定休

 TEL 0247-82-0126

 住所 福島県田村市船引町船引五升車3-5

 店の場所はこちらをクリック➡ http://yahoo.jp/z9ghKF

記事検索
QRコード
QRコード
J-CASTニュース
livedoor 天気
Amazonライブリンク
楽天市場
ギャラリー
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道
  • 「喜多方らーめん一平」のラーメンは喜多方ラーメンの王道