July 08, 2006

Dr.feelgood

a0510110.bmpキメる、キマる、どんギマり、ばちギマり。とにかくハイって事ですね。ドラッグムーブメントには映像、音楽がつきものです。サイケなロック、クリーム、ジミヘン、ザッパ、ブルーチアー、フロイドや近年はゴアトランスなど。映像ならまあ映画や攻殻機動隊などのアニメなどあります。極彩色やサイバーな映像を大多数の人が好みますが、それは間違いなんです。最近発見したんですが、自分の好きであったゲームのサントラやジブリ映画、これが一番その世界に引きずり込んでくれるんです。例えば、トトロ。宮崎アニメ独特の少女が好きだぁー!な映画ですが、自然が出てくる所、子供時代の良い記憶などのフラッシュバックと幻想的な音楽これが交わることで即ブッ飛べるんです。他にも平成狸合戦ぽんぽこ、これは明らかにサイケ映画で曼陀羅、変化、妖怪、目にくること間違いなしの映画です。もののけ姫、これはシシ神、タタリ神を紙で見るととてつもない効果が生まれて勝手に頭でビックバンがおきる映画なんです。ただ注意して欲しいのが「ナウシカ」これは大量の虫が出てきて体液だ何だまき散らすのでいつもよりブルータルに見えてヘタすりゃバット入ります。エヴァもそうです。特にテレビ・シリーズで零号機が自爆するシーンは一人で見るもんじゃありません。本当に入る人はドラゴンボールでもバットに入り、知人はクリリンに「次はオマエの番だ!」と言われ死にかけました。そしてゲームのサントラ。これは確実にファンタジーで、FFなどの昔のスクウェアの戦闘の曲は大方メタルかオーケストラで特にラスボスに関しては壮大な交響曲なので…まぁ試してよ!FFのプレリュードで宇宙に行けるんだよ!Blue monday聞くと死ぬんだよ!玉食ってスレイヤー聞くとシラフになると首筋肉痛なの!でも、やっぱりジブリが好き!

となりのトトロ
平成狸合戦ぽんぽこ
もののけ姫
ファイナルファンタジーVI オリジナル・サウンド・ヴァージョン
ファイナルファンタジーV オリジナル・サウンド・ヴァージョン
ファイナルファンタジーIV オリジナル・サウンド・ヴァージョン
FINAL FANTASY VII ORIGINAL SOUNDTRACK


corebabies at 10:23|PermalinkComments(4)TrackBack(4)

June 20, 2006

Sweet dreams are made of this.............

8fa38b69.jpgサイゾーや映画秘宝で有名な町山智浩さんのブログの記事で一つ気になった記事があった、ニール・ヤングよりもだ。
まずはこれ↓
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20060501

これを見た上で、

















彼女はクソ女でもなければ罪人でもプッシャーでもマフィアでもプレイメイトでも身体改造愛好家でもサイコパスでも悪魔崇拝者でも何でもない普通の10代の女の子だろう。世界の60億の一人だ。映画、コラテラルの通り60億の内の一人だ。死んだところで驚きはしない。東北のイカれた女が娘の同級生を殺そうが誰かがエレベーターの餌食になろうがアジアのどこかで地震で3万人死んだのと同じ感覚。昔イエローモンキーのJAMという歌の歌詞にこういう部分があった「外国で飛行機が落ちました。ニュースキャスターは嬉しそうに乗客に日本人はいませんでした。」これや、さきの町山さんの記事にあったナタリー・ポートマンの言葉の通り一つの死にはドラマがあるがテレビというフィルターを通せばそれは映画のスクリーンでミスをしたドラッグ・ディーラーが射殺されるのと変わらなくなってしまう。でも頭の悪い主婦、PTA型の脳を持つ人間、偽善者、政治家、コメンテーターは自分達がテレビで見たり資料で見たりするものがすべてと来る。たとえさっきの女の子の事件を聞いても、起きる反応は「大変だ、テレビで頭のオカシイ奴が人を殺したって言ってる、学校にもっと抗議して守らなきゃ!家の子が殺される!」テレビはあまりにも簡単に人を信じ込ませる力がある。「だってテレビで言ってたもん!」よく耳にするし、使う言葉だろう。でもこの情報媒体こそが政治家、コメンテーター、占い師、スピリチュアルアドバイザーに並ぶ嘘の固まりである。卑怯だしな。ITを持ち上げ事件が起きれば寝返る。奴等は数字とスポンサーのご機嫌しか考えていない、後考えてるとすれば偽善的チャリティーと殺人だけだ。こいつらのせいで現実感が失われ、血もディストーションもセックスや死やドラッグを歌う歌も、差別用語も何もかもが回りから奪われていく。テレビがあの状態のままなら、彼女の死もダイムの死も、刑事ドラマで殺された奴と同じレベルにされてしまう。殺されるべきはコメンテーターと政治家と現実を奪うバカなテレビ業界人だ。あいつらは人の死に順位を付けている。例えば自分の友人が殺されたとしよう、メッタ刺しとかで…じゃあそれと同じ日に新宿の東口で腹を刺されて重体という事件がある。間違いなく友人の死は同級生や知り合いの中での記憶に留まるが、新宿のしかも東口で人を刺したなんてあったら、アイツら大喜びだ!数字がとれてコメンテーターや専門家に意見を言わせて偽善や間違った事を振りまいて何かを規制、迫害できれば奴等はそれでいいんだよ。あいつらがいれば意のままに操れるから。どうせ今日もエレベーターと東北の殺人で1日終わるんだ。人殺しをつるし上げるのに当の自分達は人殺しを紹介して他よりも人にショックを与えたくて仕方ない。何が24時間テレビだ。何がチャリティー基金だ。一番気にしてるのは殺人で一番オマエらがダメにしてるのは人の死の現実感だ。次は誰の死を無駄にして誰の死でショックを与え名誉や信頼を貰うんだ?これはコメンテーターや政治家にも言える事だ。事件があれば意見して地位と名誉と人気を得るのだから。

Reign in Blood
Rage Against the Machine
Hypnotize
Living with War


corebabies at 12:47|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

June 08, 2006

Are you ready? Crazy f@*kers!!

f81f1813.jpgロックの世界には確実に80年代あたりのハードでラウドな状態に戻りつつあるけど、メタルも負けていない。まずは近年フェスなどで新人(大体がOZZFESTでジャックが有名にするパターン。例としてSlip knot)が輩出される、何年か前まではニュー・メタルなるものが持てはやされていたが最近はトラディショナルなメタルをやるバンドの方が人気がある。Trivium,Bullet for my valentineなんかはもうフェスでもメイン・ステージでやってる。Cradle of filthよりも後にね。Fuck!でももの凄い良いバンド。NWOBHMや80年代スラッシュ四天王、Pantera好きは周知だし、知らない人もメタリカが好きなら大丈夫!とにかく今新人でもレベルがもの凄い高い。それはさておき、どうやらスレイヤーの新譜はドラムにデイブが復帰してエグゼグティブ・プロデューサーとしてリック・髭・ルービンが就くらしい。あのオッサンまだメタルやれんの?って感じだけど、System of a downのアルバムを聞けば安心だ。しかもデイブ復帰により最速のアルバムができるみたいだし。それと、とうとうメタリカがRock am ringで新曲をやった。8分ある曲らしく今のところ想像ではOneやEnter sandmanのイメージだ。それよりもこの時のステージでは「Master of puppets」全曲やったって言うから、それは大変だ。カート・コバーンはAC/DCのBack in blackはロックアルバム史上、最高にして欠点のないアルバムと賞賛したがMaster of puppetsはメタル・アルバムで最も優れて完成度の高いアルバムでそれを全曲やるのは、オイボレのロジャー・ウォータースが一人で狂気を全曲やって優越感に浸る道化を演じるのとは訳が違う。この全曲をやった事が新譜の原点回帰を裏付ける事を暗示しているのかも…Venomも新譜出すしね…

俺からしてみればBack in blackよりHighway to hellだけどな!腐れ・ジャンキー!

Masteeeeeeeeeeeeer!!!!!

Master of Puppets
Highway to Hell
モトリー・クルー カーニバル・オブ・シンズ


corebabies at 13:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

June 05, 2006

Louder than hell...

2a519cd7.bmpとうとう来た!!サマソニ?Tool,Metallica,Deftones.Muse以外観る気しねぇーよ!Hanoi呼べよ!夏はHanoiだろ!まぁこんなのはどうでもいい、とうとう日本で久々にデカいメタルフェス開催!!ビースト以来だね!

「Loud Park Festival 06」

10/14(土) 、15(日)
【千葉】幕張メッセ
出演:
SLAYER
MEGADETH
OPETH
KILLSWITCH ENGAGE
MINISTRY
HATEBREED
BULLET FOR MY VALENTINE
LAMB OF GOD
BACKYARD BABIES
WITHIN TEMPTATION

ARCH ENEMY
MASTODON
ANGRA
DRAGONFORCE
NAPALM DEATH
THE BLACK DAHLIA MURDER
FLYLEAF

2日通し券:\20000
1日券:\12000

間違いない!Backyard babiesの日本公演は仕事休んででも無理矢理全公演参戦だ!でもSlayerはアルバム出るから来るのは確信してたけど、Megadethは不意打ちだね。俺はてっきり VenomかMotorheadあたりのNWOBHM世代を考えてた…でも2日間でSlayerとMegadethを拝めるのは貴重!!05年のDownload festivalが確かそうかな!それと噂ではこれにHardcore superstarとBuckcherryが来そう。HCSSに関してはツアーマネージャーがフェスに出るかもって言ってたし、Buckcherryのメンバーもアメリカの公演で10月にJapan tourやるかもって言ってたらしい。それよりも、Bullets & OctoneとDisarmのライブが気になる。早くDisarm日本デビュー決まらないかな〜…

Reign in Blood
South of Heaven
Undisputed Attitude
Decade of Aggression: Live


corebabies at 12:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 29, 2006

This is the new GOOD shit!!

7be4eedb.jpg昨日ポルトガルにて恒例のロック・イン・リオがあり、インターネット上にて全世界にGuns n Rosesのライブが中継されました。よくAxl rosesとか馬鹿にするCock suckerやBastardもいるが、正直殺してやりたい。マジで最高だった。生で見てから4年経ち改めてAxl roseこそが自分の絶対的存在だと確信できるライブだった。ロックの神は基本的にはElvis,Led zeppelin.Rolling stones,Pink floyd,Black sabbath,Jimi hendrix,Creamなんかが通説で人によっては1920年代のブルースこそが生みの親なんて人もいる。事実ハードロックに関しては大体がLed zeppelin,Aerosmith,KISSなんかが良い例。LAメタルならMotley crue,Ozzy osbourne,とかで、細かくいけばキリがないし、NWOBHの話なんかしてたらキリがない。ともかくハードロックとしてはGuns n rosesが神と言えなくても間違いなくトップ5には入る。でも個々の才能、個性、カリスマ性を見ても奴等は向かうところ的なしだろう(ツェッペリンも凄いか…)前々からロック復活宣言はしてるけどネックはガンズだろう。正直モトリー、エアロだけでは少し足りない。まぁツェッペリン復活なんてなったら話は別だけどね。今起きてるロックのムーブメントはヨーロッパに限らず、カナダも熱い。アメリカはアンダーグラウンドでは良い感じだけど。どうしてもHip hopやHeavy rockなんかがまだ人気なんだよね。あのBuckcherryだって今は本国より日本で人気があるし。あれは明らかにアメリカ人受けするんだけどね。ただ今年は本当に何か起きる予感がする。世界のフェスの面子を見ても明らかだ。Dawnload festival,Gods of metal,Rock am ringは毎日毎食、寿司食わされるみたい!憶えてるかぎりだと、Guns,Metallica,KoRn,Deftones,TOOL,Trivium,Cradle of filth,Venom,Motorhead,Backyard babies,Testament,Soul fly,Arch enemy,Bullet for my valentine,Bullet & octoneなんか。これ凄いよ、分かるヤツにはとんでもない事がおきてるのはすぐに理解できるよ。金があるならイギリスかドイツかイタリアに行った方が良い。それか活動休止寸前のSystem of a downを観にアメリカに行くのも良い!最近ベテランも力を取り戻してるし、新人は凄いし。何だかなぁ〜。。。とか言いながらRob zombieばっか聞いてるけど… Feel so numb!!ヒルビリー?ヘルビリー?この時期、Rob zombie,Misfits,Alice cooper,Murderdolls,Wednesday13とかのホラーテイストが欲しくなる。フランケンシュタイン、ドラキュラ、ゾンビ。毎日がハロウィン!!

写真はLeah dizon兼ねてからネットで騒がれてるしアメリカのレースクイーンとしてチューン雑誌の表紙でよく出てる。何か急展開で日本デビューが決まって、かなりAwesomeな状況。顔も日本人受けするし。何か歌手デビューらしいんだけど、ギャルとか騒ぎそうで嫌だ。ましてやクソJ-Hip hopとコラボなんて考えただけで右手にショットガン持ちたくなる。どうせならヒステリック・グラマーのモデルとかの方が似合うと思う。ロブ・ゾンビのPVにCow girl役で出演とかね!Dukes of HazardもJesica simpsonじゃなくてLeah dizonの方が良かったかも。Jamie presslyはCool、Leah dizonはHot!!



ヘルビリー・デラックス
American Made Music to Strip By
Evilive
School's Out
Beyond the Valley of the Murderdolls
Transylvania 90210: Songs of Death, Dying, And the Dead


corebabies at 11:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

May 25, 2006

I am Iron man!!

bdd7ef2f.jpgこの間ガンズがちゃんと無事にニューヨーク公演を終えました。ゲストやアフター・パーティーにはキッド・ロックとかフレッド・ダーストとかどっちかと言ったらコーンのライブに顔出すメンツがいて、しかもキッドはナイトレインも歌うし…セバスチャン・バックは初日だったかな。まぁこんな奴等どうだっていいんだ!何てったってイジーがステージに立った事は凄い事!!最近マットに会ったりラーズに会ったりしてるけどレベルが違うね。ラファイエットからのツレのイジーだからね。しかもイジーはPatienceの途中で目が潤んでたらしい…嘘でも感動出来る話だよ。後はアクセルがダフに会えばヴェルヴェット側とも距離が縮まる。マットはいらねぇー!問題はスティーブンだ…またモメてスパゲッティ・インシデントにならなきゃいいけど。それとガンズとは離れて今年改めて凄さを実感した。06年は凄い!バックヤードも10月に来日決定した。どうやらフェスらしい。しかもハードコアもバックチェリーもバンド側の話だと10月くらいにまた来るって言ってるし。何これ?これで十分腹イッパイだよ。しかもヴェノムもキッスもメタリカもデフトーンズもトゥールもミューズも来る。贅沢じゃねぇか??ただ一つここで問題がある…

システム・オブ・ア・ダウン、バンド側よりオズフェスト以降長期の活動休止って…日本だけ観れないの?なんとかなんねぇかな。噂のLoud festivalに出れば良いんだよ!

Fuck!


corebabies at 04:49|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

May 11, 2006

What fuck is goin' on!!!!!!

705d1b82.jpg宣言できる!!後3年以内にロックとメタルが王座を奪い返す。トラディショナルなヤツね!ニューメタルとか糞ガール・ロック、ニューロックみたいなヘタレバンドじゃないよ。事実ガンズがまず3年以内に完全に動きだす。今年に入ってアクセルはイジー、マット、ラーズに会っているし、ニューヨーク公演は一瞬でソールドアウト。メタリカもエアロもスレイヤーもヴェノムもアルバムを出す。しかも嬉しい事に全バンド、昔のスタイルに戻すと宣言してる。特にスレイヤーなんて史上最速とトム・アラヤが言ってた。凄いよ。確実に盛り上がってきてる。事実ヨーロッパは檻をブチ壊して出てくる勢い。バーンでも特集してたけど…アイツら遅い。あんな狸オヤジがいるからいけねぇんだ!少なくともヨーロッパには15バンドはKick assなバンドがいる。特にイギリスのDisarmについては凄い!アイツら84年とかにデビューしてたら大変だった。今からでも遅くないけどね。他にも気になるバンドはいる。アメリカだと新人はEndever after。スゴい!ただ盛り上がる為には一つ問題がある。馬鹿なアメリカ人だ。アメリカのマーケット=世界のマーケットなのに…ダセェ、アイドル・ポップ、偽物ギャングスタ、最低なポップ・パンク、ニューロック、クズ・ガレージ、馬鹿な歌モノバンド、似たり寄ったりのヘヴィネス、こんなモノばかり聞いてる馬鹿なアメリカ人が多い。これが一番の問題なんだ。グランジに葬り去られて約15年。復活のチャンスもヘヴィネスに奪われ、その後もガレージ、ニューロック、HIP HOP、R&Bに持ってかれてるんだから。馬鹿なアメリカ人達がヨーロッパの音楽を聴けば久々にムーブメントもおきる。アイツら自国のばっかだからハノイもイマイチだったんだ。熱心なのはイカレたバンド野郎だけ。アメリカ人の馬鹿さはMTVのチョイスも原因かな。とにかくロックが好きなら今はヨーロッパ。アメリカにはベテラン以外は数えられるぐらいしか、いない。 SUCK....

Revelry
In the Mouth of the Young


corebabies at 00:33|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

April 29, 2006

Hey babies......

ccd995fd.jpg予想できる自体だった。バックヤードの新譜、ありゃダメだ、さすがにポップになりすぎた。やっぱプロデューサーは、トーマス・スコクバーグが適任なのかも…。まぁ全体を通して受けられる印象は、KISS、The hellacopters、The wlid hartsだ。とくに何曲かのリフはcold jinみたいな印象を受けた。ポップチューンの曲にはWild hartsの感じ、そして全体の所々にHellacoptersの感じ。プロデューサーにニッケ・アンダーソンを起用したのがマズかった。ドレゲンもニッケも強烈なKISSファン。予想はできたな。ドレゲンはアメリカのEpiphone.comのインタビューで自身のモデルについての話の中でエース・フレイリーがヒーローだとも言ってる。ジミー・ペイジの方が優れているけど、ヒーローはエースなんだって。たぶん1枚のアルバムとしてはそんなに悪くはないんだろうけど、バックヤードらしさは消えてる。ニッケは良いミュージシャンだけれど、良いプロデューサーではないみたい。これからどうなるんだろう…最近ガンズを抜いてマイ・ベスト・バンドになりつつあったけど…。ドレゲンは相変わらずギターヒーローだよ!

ピープル・ライク・ピープル・ライク・ピープル・ライク・アス
リヴ・ライヴ・イン・パリ(通常盤)


corebabies at 18:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

April 22, 2006

Thanx.....

258b18dc.jpgKoRn観てきました。最高に興奮できて楽しいと言うよりも感激だった。前座の10Yersのボーカルには指さしてもらえたし、マンキィとジョナサンにも指さしてもらったり頷いてもらったりと最高の一言。ビートルズを観て失神している女の気持ちが分かりましたよ。最前列フィールディの目の前で観れたし!整理番号475番だったけど前座から頑張って暴れて最前に行けた!やっぱりライブは汗かいてナンボ。お陰で風邪と高熱にやられた。ともかくセットリスト…

Zepp, Tokyo 20.04.06
01. It's On!
02. Clown
03. Divine
04. Love Song
05. Falling Away From Me
06. Souvenir
07. Here to Stay
08. Liar
09. Counting On Me
10. Somebody Someone
11. Throw Me Away
12. Shoots and Ladders *
13. Need To *
14. Lies *
15. Make Me Bad *
16. Thoughtless *
17. A.D.I.D.A.S. *
18. Twist *
19. Coming Undone
20. Got the Life
21. Twisted Transistor
22. Hypocrites
23. Freak on a Leash
24. Blind

* Medley

somebodyはお約束の手を挙げて前後に振る。歌詞もライブでのコール・アンド・レスポンスも完璧にできるファンなので非常に楽しめた。Dvine,Thoughtless,Shoots〜は大好き!中でもバグパイプ片手にジョナサンが出てきた時はマジで嬉しかった!当然Blindは狂乱でしたよ…Good godとかOneとかAnother bricks in the wallも聞きたかったし最終日だけマンキィのギターソロ無かったけど、十分に満足できる内容だった。It's onのイントロでいきなりテンションはマックスまでもっていかれたし、最初から最後までダレることのないライブ。後はNashville pussy,Metallica,Muse,Backyard babies,System of a downが待ってる。そういえばSlayerが新作を作ってるらしい。最も早いアルバムになると、トム・アラヤが言ってたので期待できる。Korn
Life Is Peachy
Follow The Leader
イシューズ
アンタッチャブルズ
Take a Look in the Mirror
See You on the Other Side
Greatest Hits, Vol. 1
Live & Rare


corebabies at 16:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

April 18, 2006

Double talkin' jive

60c7fc2a.jpg2006年、“桜ソング"の激戦を制したのは?

 今年も多くの“桜"という言葉がタイトルに入っていたり、内容が春、桜の時期を歌った、いわゆる“桜ソング"が数多くリリースされたが、果たしてその売上げはどうだったのだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060418-00000002-oric-ent (オリコン) - 4月19日10時30分

これでハッキリ言えるな!桜ソングを書く奴等には創造性は微塵もないし、レーベルの言いなりになった犬畜生だってな!何が桜ソングだよ!聞くだけで頭イカれそうだ!それに桜ソングにまんまと洗脳されてる馬鹿な奴等もだ!当たり障りのねぇ退屈な歌詞聞いて何が嬉しいんだ?昼ドラと大差ねぇよ!どいうつもこいつもモノマネ歌手か愛、平和なんかのジンマシンが出ること間違いなしの歌詞を平気で歌う奴等ばっかじゃねぇか!もう海と桜と粉雪なんかはエイベックスの専売特許にでもしろ!規制だ規制!クズ社会が大好きな規制と検閲でガンガン潰せ!ラッシュに規制かけるぐらいなんだから季節モノの歌に規制かけるぐらい訳ねぇよな?歌番組に規制をかけろ!情報発信番組に規制をかけろ!創価の人間に司会をさせるな!ガーディアン・エンジェルスをブッ殺せ!

ともかく無駄に歌詞を修正したり検閲したり規制かけたりするぐらいなら、無駄なモノを減らせって事。何十年も季節モノの歌は出し続けの状態なんだから、モウイイヨ!何が楽しいのか理解できねぇ。

お口直しにジョニー・ロットンのありがたい言葉をどうぞ、

「生きていようが死のうがロクデナシはロクデナシなんだよ。
死ねばすべてが許されるってもんじゃないんだ。
交通事故か何かで不可避的に死んだならまだしも、奴には子供がいたんだぜまったく。
これから真っ白な心で世界に対峙し、成長していこうかっていう子供の気持ちにもなってみろってんだ。
なのに自分がもうこの世で生きていく自信が無いから自殺します、だ?
何が病める魂だよ。
これほど身勝手で無責任で利己的な男が他にいるかってんだ!ったく。
しかもそういう奴を『自己のアートに殉死した悲劇の英雄』的ロマンティシズム、
センチメンタリズムで捉えたがる連中もいるんだから、あきれてものも言えないね俺は。
カート・コバーンなんて自分の家族に対してさえ責任をもてなかったただのヘロイン中毒だったんだぜ。
それのどこが無垢で繊細なんだよ?
そういうものを自虐的美学なんて呼称でグラマライズしたがるのはドラッグ文化最大の偽善性、白痴性と呼ぶしかないな。」

鬼女と野獣
ミディアン
ダムネイション・アンド・ア・デイ
ニンフェタミン
フロム・ザ・クレイドル・トゥ・エンスレイヴ


corebabies at 18:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
Profile
Mr.Brownstone
I don't like drugs but...Drugs like me

<趣味>音楽鑑賞、ライブ、ギター、映画鑑賞、ドライブ、読書、...etc

<好物>すき焼き、カルボナーラ、ビール、ラム酒、MDMA、天ぷら。

QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

moblog