2015年05月

2015年05月25日

【新】バルヴェニー14年・ゴールデンカスク

暑っ!!!!
何ですか?まだ5月ですよ?梅雨も来てないのに、最高気温が30度に到達するとか、一体どうなってるんですか??
 
 
 
皆さん、熱中症にはお気をつけて〜。
 
 
 
さて、今日も元気に新作をご紹介。
ウイスキーですよ、ウイスキー。
みんな大好き(?)バルヴェニーです。
でも免税店向けに出たラベルなので、はじめましてですね。
 
 
『バルヴェニー14年・ゴールデンカスク』
 
 
普通のオーク樽熟成をかけた後、ゴールデンカリビアンラムの樽にて後熟が行われた一品でございます。
 
 
なので、ウイスキーらしからぬ甘さがやや口に残ります。
が、バルヴェニーが元々リッチな甘味をもったウイスキーではあるので、違和感はありませんな。
 
 
 
以前にもラムの樽で寝かせたというバルヴェニーを買ったことがありますが、どちらも大変良い品質です、
さすがバルヴェニーさん。
優等生ですね。
 
 
度数が47度少々と、他のスタンダードモルトに比べてやや高めに設定されていますが、またそこも飲みごたえがあって宜しいかと。
 
 
 
ストレートでもロックでも、マルチに対応致します。良いウイスキーです。
 
 
 
今回のバルヴェニーさんも、どうぞ宜しくお願いします。
ヽ(・∀・)ノ



coretommy at 20:29|Permalink

2015年05月23日

【新】タークィンズ・ドライジン

今日は涼しく過ごせましたね。
梅雨はくるのかな?
 
 
 
 
先日ちょっと変わったジンが、この度リリースされると小耳に挟んだので、ネタとしてご紹介します。
 
 
近く発売されるジンの名前は「アンティジン」。
お値段なんと三万円半ば。
大変セレブリティなジンが発表されましたが、何がそんなに特別なんでしょうか…。
 
 
「アンティジン」のボトルの下部は黒いモザイクのかかったデザインをしているのですが、その辺りをよく見ると……。
何やら黒いつぶつぶが……。
 
実はこのジンの材料には、昆虫の蟻が使われているのです。蟻が怒ったときに出す分泌液が、お酒を美味しくするんだそうな。
 
 
 
……。
まじかー。
ドン引きー。
もう、イギリス人にドン引きー。
(^q^)
 
 
 
世の中には摩訶不思議なことがありますな。
気になる方はぜひ検索してみてください。
ボトルには60匹前後の蟻が入っております。
うへぇ…。
(^q^)
 
 
 
 
気をとりなおして、新作をご紹介していきたいと思います。
今日はジン。
虫は入ってませんのでご安心を!
 
イングランド南西部
デヴォン州に新しく出来たジンの蒸留所は、コンパクトな家族経営。
 
 
オーナーである、タークィン・リードベター氏が、ジン大好きな為に、ご自宅を改造して作っちゃいました。
 
『タークィンズ・ドライジン』
 
 
ワンバッチ300本以下しか取らない、直火単式蒸留のハンドクラフトジンでございます。
 
 
 
全部で12種類のボタニカルを使用しており、ブルガリアやグアテマラ、ポーランド等、選りすぐりの材料が集められました。
 
 
が、中でもデヴォン・スミレという植物の採取場所が面白いです。
タークィンさんは凄い広いお屋敷に住まれているんでしょうね。
だって、デヴォン・スミレは自宅の庭で採取するらしいですので…。
 
 
 
近場過ぎますよ社長(笑)
 
 
 
 
まぁ、そんなこんななお洒落なホームメイドなジンですが、お味は至って爽やか。かつ華やかです。
大量生産品ではまず実現しない、生き生きとした花と柑橘が合わさった、実にすっきりとした美しい味わいのドライジンになっております。
 
 
 
ジントニックなんかにしたら、グイグイ飲んでばったん倒れちゃうかもなんで、飲み過ぎ注意です。
 
 
 
これからの季節にピッタリな爽やかさんを、宜しくお願いします。
ヽ(・∀・)ノ



coretommy at 22:24|Permalink

2015年05月21日

新作入荷

週頭に買い出し行ってまいりまして。
そそそっと新しいお酒を増やしましたよ!



内訳は、
ジンが一本。
ラムが一本。
ウイスキーが五本。


となっております。



無い無い騒いでいた、『イチローズモルト』をね。
買ってきましたよ。
前回と一緒の、ミズナラウッドでございます。



他にも面白いもの選んできたので、またご紹介していきますね。


ちょっと仕込みがこみ合っておりますので、今日はお知らせだけで…。
お楽しみに〜。
ヽ(・∀・)ノ


新作を宜しくお願いします!


coretommy at 19:29|Permalink

2015年05月14日

ブラックすぎる

雷鳴ったり雨降ったり…。
 
え?春って何?
今年も見事に春を見付けられないまま5月も過ぎてまいります。
もう折り返しか…。早いですな。
 
 
 
遅いGWを楽しむために、17日と18日はお休み頂きます。
人並みの予定でグタグタした二連休を過ごしたいと思います。
悪しからず!
( ´△`)
 
 
 
さて、昨日ちょっと在庫確認をやってみまして。
ビールセラーもちらっと開けてみましたれば、何でか黒いビール黒いビール黒いビールが無駄にありました。
 
いや決して無駄ではない。無駄ではないですがね。自分で買ったんだから、有益なアイテムですがね。
 
 
ギネスもあるのに、ボトルタイプでも常時三種類もあるとか、どうなんだろうか…。
仕入れした時間の自分に問い掛けたいですな(笑)
ハービストンのオールドエンジンオイルは、最早お馴染みな黒いビールです。
 
 
が、思い出したみたいに買ってくるブラックアイルはお久しぶりですね。オーガニック系な作りなのですが、相変わらず良い品質です。
輸入元がウィスク・イーなのも良いですね。
 
 
 
あと珍しくスペイン産なんかもね。マオウ・ネグラ。ダークラガーの分類なので、上二つに比べたらライトな味わいです。因みにレアルマドリードの公式スポンサーなので、ファンの方はぜひ飲んで応援しましょう。
まぁわたくしは鯉党なので、サッカーはあまりですが…。うへへ。
 
 
 
 
軽めからモタモタ系まで選り取りみどりの黒いビールです。お好きな方はぜひぜひに。
ヽ(・∀・)ノ



coretommy at 20:18|Permalink

2015年05月04日

【新】グレンギリー12年・プロヴィネンス

ゴールデンウィークも終わりがけ。
高速道路も新幹線も、そりゃあもう満杯の状況でしょうが、せっかくのお休みですしね。しっかり遊んでいらしてくださいませ。
 
 
ええ、別に嫉妬とかなんもしてませんから。ええ、別に。全然悔しくないです。労働万歳。
(^q^)
 
 
 
 
さて、自虐な愚痴はほっといて、ウイスキーウイスキー。
今日も新作をちらりしたいと思います。
これ。
これもはじめましてなシングルモルトです。
 
 
『グレンギリー12年』。
オフィシャルではなく、マックギボン社が作ってるプロヴィネンスシリーズからチョイスしました。
 
 
以前、『ベンリアック』を同じシリーズから買ったことありましたが、美味しかったので、信頼して今回も選ばせて頂きました。
 
 
 
『グレンギリー』は東ハイランドにて1797年創業という、そのエリアでは中々に古めの蒸留所です。
 
 
直訳すると、「谷間の荒れた土地」。相変わらず、RPG臭のする名前ですね(笑)
 
 
 
長い歴史がありつつも、所有者は結構変わりまくっているし、1995年に一度閉鎖もされていたりして、波乱万丈な蒸留所ではありますが、現在はサントリー傘下のモリソン・ボウモア社が所有しております。
なので、オフィシャルも比較的安定供給なされております。
 
 
 
味わいに関しては、元よりハイランドの古典的な佳酒として評価の高いモルトです。
ライトミディアムなボディと、ナッツやハーブと共に若干のピーティさも感じられる優等生銘柄です。
 
 
 
しかし、今回は敢えてのボトラーズアイテム。
主要な酒質にプラスして、結構しっかりとした麦の味わいが出ております。優しいだけでなく、ウイスキーの男らしさも申し分無く表現された仕上がりだと感じました。
やはりイケメン枠に入れて支障のない出来の一本です。
 
 
 
『グレンギリー』、宜しくお願いします。
ヽ(・∀・)ノ



coretommy at 22:57|Permalink