スピリッツの話

2014年06月12日

【新】RDMオーパス5

涼しい〜。
6月もしばらく過ぎましたが、何故か気温が下がるというミステリー。
 
 
東京辺りも雨が降りまくっているようで、一体日本はどうなっちまったのでしょうか。
 
 
大きな災害に繋がらないことをお祈りしておきます。
(´-ω-`)
 
 
 
さて、忘れない内に最後のラム酒をご紹介。
まだあったのかって?
まだあったんですよ。
ごめんあそばせ!
 
 
これもフランス海外県マルティニークのラム酒でございます。
 
 
『リビエール・デュ・マ・オーパス5』
 
 
 
勿論、安定安心のアグリコール製法でございます。
 
 
 
因みに、ラム酒の作り方には二種類ありまして。
 
 
アグリコール製法とは、材料であるサトウキビの搾り汁から作ること。
 
 
もう一つはインダストリアル製法とは、サトウキビから精製した砂糖の結晶からラム酒を作るやり方のことです。
 
 
 
当然、結晶から作った方が量産向きなので、逆に搾り汁から作るラム酒は、値が張っても丁寧で作り込まれた味わい深いものに仕上がります。
 
 
 
まぁ、そんなちょっと特別なアグリコール製法のラム酒である『オーパス5』さん。
 
 
『リビエール・デュ・マ』は、以前にも買ったことがありますが、これは初めて。
 
 
年数違いの熟成ラムを五種類ブレンドして作られました。
落ち着きと深みなある香りと甘味。ボリューム感もたっぷりあって、非常に飲み応えのあるラムです。
 
 
 
比較的軽いテイストの多いコアでは、ちょっと珍しいタイプのアイテムですが、熟成ラムとしてはかなり王道の味わいだと思います。
 
 
まったり時間を楽しむに適した一本です。
葉巻にも合うんでないかな。
 
……吸ったことないけど。
 
 
今回買ったラムでは、この『オーパス5』と『ネイソン・シングルカスク』は濃い目です。
 
 
 
じっくり腰を据えて飲んで頂きたいですな。
ヽ(・∀・)ノ




coretommy at 20:43|Permalink

2014年06月08日

【新】ニューグローヴ・オールドトラディショナル5年

雨が降りそうで降らない愚図ついたお天気が続いております。
 
 
すっきりしないので、うっかり酒屋に電話をしてしまったわけなんですが、まだ社長には怒られてません。
 
 
何だ…。
まだ買っていいのか(笑)
 
 
 
何を買ったかは、また近々お伝えします。
いやー。
我慢がね。出来ませんでしたね。
 
いいもの買ったのでお楽しみに。
ヽ(・∀・)ノ
 
 
 
その前に、ラム酒を全部紹介しときたい。
 
 
ので、今日もカウンターに張り付いてブログをポチポチ書いてしまいましょう。
 
 
モーリシャス産のラム酒は初めてです。
 
 
『ニューグローヴ・オールドトラディショナル5年』
 
フランス系のラムとは違う製法で作られているおり、人によっては侮る方もおられましょうが何のその。
 
 
ブランデーを彷彿させるような上品なフルーツ香と、案外雑な甘味がなんとも言えず、個人的には大変好きな味わいです。
 
 
 
そうそう。ラム酒てこんな味だよ。コレコレ。
 
 
みたいなね。
(´-ω-`)
 
 
 
これでモヒート作っても美味しいと思ってます。
今年は黒いモヒート推していきましょうかね。
 
 
 
 
さて、甘いスピリッツの話しに便乗して、お茶目なケーキ屋さんの話でも。
 
 
いつも、うちに美味しいデザートを運んでくれる、「お菓子のジェネレ」さんが、たまにやらかしてくださいます。
 
 
(笑)
もうね。どうしろと。
 
 
いつもはちゃんとスライスして持ってきてくれるのに、今日はえらい箱が重たいと思ったんですよね。
 
 
丸のまま入ってた、まさかのロールケーキ(笑)
 
 
 
綺麗に切って出せるように頑張ります…。
(゜〜゜;)
 
 
 
日曜日ですが、コアは相変わらず愉快な感じです。
夏の支度をしながら、今日も働きます。




coretommy at 20:03|Permalink

2014年06月05日

【新】クレマン・ネイソン

梅雨入り宣言!
 
 
思った以上に早かったですね。六月らしく雨降りそうな空模様が続く今日この頃。
 
 
皆さん、傘の忘れ物にはご注意を!
 
 
 
さて、溜まってる新作の紹介を済ましてしまいましょう。
 
 
今日はラム酒を二本立て。
 
『クレマン・セレクトバレル』
 
 
 
コアでも数年前から買い揃えている、フランス海外県マルティニーク島で作られているラム酒です。
 
 
今回のセレクトバレルは、最近発売された新商品。
 
 
 
特別に低い温度でじっくりゆっくり時間を掛けて焼き上げた新樽を使って、三年以上熟成させたダークラムです。
 
 
基本バーボン樽(アメリカンオーク)を使うクレマンが、敢えて選んだフレンチオーク。
 
 
それにより、バニラのような甘いフレーバーを最大限引き出すことが可能になり、かつ鼻につくウッディなフレーバーを抑えることも。
 
 
四本新しいラムを買いましたが、これが味わい、香り、コストパフォーマンス共に高得点でした。
 
 
 
やはりマルティニークのラムは値段の割には高品質です。
 
 
これでモヒートなんて最高かもです。
 
 
おすすめです!
ヽ(・∀・)ノ
 
 
 
 
二本目もマルティニークです。
 
 
『ネイソン・シングルカスク』
 
 
日本からの熱心なラブコールに太っ腹に応えて頂いたアイテムです。
なので、日本市場限定リリース!
 
 
これは最高です。
間違いなく美味しい。
 
 
香り華やか、味わいどっしり。
 
ダークラムの仕上がりとは斯くあるべし。といった感じでしょうか。
 
 
価格に見合った素晴らしい一本です。
 
 
ストレートもしくはオンザロックでお楽しみ頂きたいですね。
 
 
 
暑くなる前からおすすめしときます!
ヽ(・∀・)ノ




coretommy at 20:44|Permalink

2014年05月29日

【新】ドン・フリオ・アネホ

暑い!!
なんでこんなに暑くなってるんですかね!?
夜はまだ寒いというのに、なんてこったい、風邪ひくわ!!
(°Д°)
 
 
 
風邪ひかないようにアルコール消毒せないかんな…と思ってニュースを漁っていたら、フランスで面白いウォッカが発売されるという話を見つけました。
 
 
ウォッカなんて消毒にはもってこいだと思ったのですが、その名も「Umami」。
 
えー(笑)
何そのネーミング(笑)
また一つ間違った日本語の使い方を見てしまったような……。
いや、でもウォッカにはうまみが存在するのかもしれない。
確かにうまみとは曖昧な表現だから、使っても間違いではない……のか?
 
 
美食の国フランスは、うまみを感知する方もおられるのやもしれません。
ただ残念ながらウォッカに「うまみ」なんて書いたら、何だか出汁の一つでも入ってるんじゃなかろうかと思ってしまいますよ。日本人なんで。
 
 
 
日本でも売られるかはまだ分かりませんが、もし入ってきたら酒屋で指差して笑ってしまいそうです。
インポーターさん達、頑張って輸入してください!
 
 
 
 
さて、そんな最新酒ニュースは置いといて、今日もコアの新作書きますよ。
だって明日には第二便が届くからね!(!?)
 
 
今日はテキーラです。
『ドン・フリオ・アネホ』
 
 
熟成期間が一年半〜二年という比較的長めのため、大変まろやかで深い味わいに仕上がっております。
 
 
蜂蜜を思わせるようなコクと、ライムやグレープフルーツなどの柑橘類の芳香が合わさって、何とも甘美なテキーラです。
 
 
初めてじゃないかな。こんなしっかりとした味わいのテキーラを買ったのは。
 
 
 
作っているのは、1942年創設のラプリマベーラ蒸留所。
 
 
最高級のブルーアガヴェ(テキーラの材料アガヴェはランクがあって、ブルーが一番上)を材料に、手作業で丁寧に仕上げられるテキーラはどれも秀逸です。
 
 
 
高いアイテムだと五万円くらいするやつもあるので、ドキドキです。
 
 
 
勿論、そんな高いの買うわけないので、うちにあるのはご安心価格です。
 
 
これから夏に向けてどんどん南国のスピリッツを増やしていきたいと思ってます。
 
 
皆さんもぜひ、美味しいテキーラを飲んでみられてください!
罰ゲームなんかには絶対にならない、格の違うテキーラを一度お試しになるべき!
ヽ(・∀・)ノ




coretommy at 19:59|Permalink

2014年05月14日

【新】マゼラン・ジン

雨降り水曜日です。
 
いつもなら上がらないテンションにウダウダ言ってるようなお天気ですが、今日は違いますよ。
 
 
昨日届いた新作達に、お客様そっちのけで陽気なテンションの店長です。
スタッフが持て余す程度にはウハウハしてます。
実にすみません。
(^q^)
 
 
 
早速、新しい仲間をご紹介。
ジャケット買いを詰られたって構うものか!!
 
……そんな心意気で買いました。
いやいやはやはや。
 
 
大変美しい色をした、大変素敵なジンでございますよ。
 
 
おフランス産の、『マゼラン・ジン』と申します。
 
 
この透き通った美しい青色は、花菖蒲から抽出された天然の青でございます。
 
 
ボンベイサファイアはボトルが青色ですが、マゼランジンは中身が青色!
 
 
 
いつか出会ってみたいと思っておりました。
 
 
ボタニカルは全部で11種類。
 
三回蒸留をした後に、ボタニカルを加えて四回目の蒸留が行われ、瓶詰めされます。
 
 
しかし、香りも味わいもフレーバージンと呼ぶほどには強く出ておりません。
 
 
ほんのり仄かに可憐な風味がする程度で、しっかりとしたドライジンに仕上がっております。
 
 
英国産に比べれば、いくらかエレガントな味わいなのはこれに限ったことではないので、まぁお約束てやつです。
 
 
流石はおフランス産です。
 
 
せっかくなので、ギムレット作ってみました。
美しい…。
 
想像以上に美しいギムレットに仕上がりました。
 
 
ぜひご指名してやってくださいませ。
ヽ(・∀・)ノ




coretommy at 20:34|Permalink

2014年02月23日

【新】ヴィクトリアン・バットジンRB

日曜日ですが、お仕事です。
まぁ、いつも通りですな。
(´-ω-`)
 
 
早いもので2月も終盤です。あっと言う間に3月ですが、これまた早く早く過ぎ去っていくのかと思うと、今からため息が出てしまいます。
 
 
もう少しゆっくりでいいよー。
 
 
 
しかし、あまりゆっくりやってると次の仕入れに出向かないといけなくなってしまいます。
早く前回の新入りを全部紹介しなくっちゃ。
 
 
 
てなわけで早速。
今日はジンです。
わたくしの大好きな「キングスバリー」社が作っている、『ヴィクトリアン・バットジン』のウイスキー樽シリーズです。
 
 
なんと今回仕入れてきたのは、閉鎖蒸留所『ローズバンク』の樽で寝かせたジンだというから驚きです。
 
 
流石、キングスバリーさん。樽、持ってますね。
 
 
 
まぁ、あくまでもジンですから。飲んですぐローズバンクだ、なんて分かりませんが、普通のジンでないことは明らかです。
 
 
昔、「スプリングバンク」樽のジンを飲みましたが、それよりもかなりウッディな味わいに仕上がってます。
 
 
トニックで割ろうが、ソーダで割ろうが、関係ないですね、これは。
 
 
逆に割った方が、隠れてたスモーキーさや樽香がはっきり出るので面白いかもです。
 
 
一風変わったテイストのジンカクテルを楽しみたい方は、ぜひお試しください。
ヽ(・∀・)ノ
 
 
 
オリンピックも終わって、ちょっと寂しい気分です。野球が早く始まるといいのにな…。




coretommy at 20:08|Permalink

2014年02月15日

【新】クエルボ・ブラックメダリオン

関東大雪と、羽生くんの金メダルに沸く日本の端からこんばんは。
 
 
いやはや、この冬は何かと話題に事欠かないですね。
 
本当、雪はね。大変ですね。東京なんかはてんやわんやの様子で……。
 
 
羽生くんにひゃっほー!してる内に、都内もこんもり積雪しちゃってましたね。
 
 
就活に行ってるリズちゃんが無事に帰って来れるか心配です。気を付けるんだよ〜。
(゜〜゜;)
 
 
 
さて、雪は降りませんが山口も寒いのは寒いんです。
 
 
なので、今日も南国のお酒を紹介して、気分だけでも温かくしたいわけです。
 
 
今日はコレ!
 
テキーラと言えば…。で、絶対出てくる有名な『クエルボ』の、変わり種です。
 
 
『クエルボ・ブラックメダリオン』
 
 
ラムかと思うくらい黒いですが、ちゃんとテキーラですよ。
 
 
焦がしたオーク樽にて一年以上熟成させた原酒をブレンドさせて作られたアネホ・テキーラです。
 
 
これは絶対にオン・ザ・ロックで!
 
 
ナッツやチョコレート、ココアなんかを連想させる香ばしい風味をぜひ楽しんで頂きたいですね。
 
 
バーボン好きな方には合うんでないかな…と。
 
 
一風変わったテキーラをぜひぜひ。
ヽ(・∀・)ノ
 
 
 
 
2月18日(火)は、お休み頂きます。
ちょっと久しぶりにお店の飲み会をね。やっちゃう予定なんでね。
平日にすみませんが、宜しくお願い致します。
m(__)m




coretommy at 21:11|Permalink

2014年02月10日

【新】フィラーズ・ドライジン28

明日は建国記念日なんですね。
 
祝前日ということで、皆さん飲みに出掛けられるでしょうか。コアは相変わらずな調子ですんで、足が向けば是非遊びにいらしてくださいな。
 
 
ものごっそ寒いけど!!
Σ( ̄◇ ̄*)
 
 
 
さて、今日も新作をご紹介。
ジンだよー。
 
何と珍しいベルギー産のジンでございます。
 
『フィラーズ・ドライジン28』!
 
 
フィラー家により1880年に創業され、現在もジンベースのリキュールや、ウイスキーも造っております。
 
 
 
そんなフィラーのフラッグシップアイテムである今回のジンは、第一次世界大戦後の1928年生まれ。今も尚、当時の味を踏襲して、28種類のボタニカルを使用し、小さなポットスチルで蒸留して造られております。
 
 
46度とジンとしては高めのアルコール度数ですが、飲み口は大変柔らかく、飲むごとに爽やかなグレープフルーツピールを感じます。
 
 
これは絶対ストレート。
また一つジンの美味しさに目覚めてしまいました…。
 
 
個人的に、今回仕入れた中で一番感動した一本です。
是非とも!
ヽ(・∀・)ノ




coretommy at 19:46|Permalink

2014年02月05日

【新】ハッサンズ・テキーラ

今日もはりきって冷え込んで参りました。
湯田温泉からこんばんは。
 
 
こんな冬真っ盛りな日に、新作とはいえ南国の酒を紹介しようだなんて、ちょっと気が引けますが、買っちまったもんはしょうがない。
 
 
是非ともご愛顧いただけますように…。
 
 
だって、三年以上越しの片思いでしたから!
やっと実った片思いなんですから!
 
 
欲しかったんだよー!!
(´Д`)
テキーラです。
今年は夏までにテキーラ増やすって決めたんです。
 
 
そんな決意の表明、第一号。
 
『ハッサンズ・テキーラ』です!
 
 
世界銘酒事典で見付けてから、ずっとずっと気になっておったのです。いつか買いたいな…。と思いを募らせること三年少々。
 
 
やっとこさ買わせて頂きました。
 
 
 
ボトルデザインのインパクトもさることながら、中身も抜群。
レポサドなので、一年以内の熟成されたテキーラが入っております。
 
 
やはり、大手メーカーの量産品とは訳が違いますな。
このふわっと立ち上る独特の甘い香りと、喉をするする降りていく険のない味わい。丁寧に作られたからこその、美味しいテキーラです。
 
 
ライムとお塩があれば完璧です。嘗めながらかじりながら飲んで頂きたい。ストレートで!
 
 
 
もうテキーラを罰ゲームの酒になんかさせませんよ。そんなんしたらバチが当たるわ!
(`皿´)
 
 
罰ゲームテキーラ撲滅委員会を発足しながら、今日もテキーラの美味しさをお伝えしていきたいコアでございました。
 
 
 
興味おありならば是非とも!




coretommy at 19:45|Permalink

2013年12月14日

【新】シャマレルVSOPラム

寒い!!
本当に寒い!!
0度のシーズン到来で、息も白く、車のフロントガラスが凍ってきました。
 
 
寒さで動きが鈍くなってきたうえに、日がな一日ずっと眠いロビンです。
おばんです。
あまりにも眠い眠い煩いので、スタッフには冬眠を疑われています。出勤してこなかったら、風呂場で死んでるか冬眠に入ったかの二択だと伝えてあるので、ご了承下さい(笑)
(´-ω-`)
 
 
 
最近、カウンターに座られる方に面白半分でお出ししているつまみがあります。
 
気に入る方と顔をしかめる方、半々といったところですが、こちらは皆様の反応にニヤニヤが止まりません(笑)
既にターゲットになった方々、いいリアクションをありがとうございます。
 
 
コレコレ。
10月の大阪で買ってきた、「ピートピーナッツ」。
 
 
ピートは勿論あのスコットランドでスコッチウイスキーの為に掘り出されてる、あの泥炭のことでございます。
 
 
まさかのピートをピーナッツに炊き込むという、チャレンジャーな商品ですが、これが中々凄いんです。
存在はだいぶ前から知ってはいましたが、この辺で売ってるものでもなし、手にとる機会が無いままきたのですが、噂は予々伺っていたわけですよ。
 
 
 
大阪のイベントで見付けていそいそと買って帰りましたが、噂通りにまぁ凄いこと凄いこと。
 
 
経験者曰く、3粒でお腹いっぱいに納得しますね。5粒も食べたら大変なこてになります。
 
 
味よりも、鼻の奥に残るスモーキーさが半端ないです。
 
ウイスキー飲む方には、ほぼ強制的に味わって頂いてます。
(゜∀゜)
 
アイラ系が好きな方なら全然気にならないと思いますが、マッカランやグレンモーレンジなどが好きな方は注意が必要かも……?
多分、台無しにしますね(笑)
 
 
面白がってて実にすみません。←
 
 
 
 
さて、忘れない内にラムの新作をご紹介。
モーリシャス産の新しいブランド。
『シャマレルVSOP』。
 
 
正直、モーリシャスて何処にあんのよ?状態ですので、親切などなたか教えてください。
 
 
 
ともあれ、こいつとも10月の大阪で出会っておりました。
 
 
ウイスキーイベントから梯子したラム&テキーライベントで、味見をさせて頂きましたが、大変美味しかったので買いたいなぁ…と思っておったのです。
 
 
 
銘柄はいくつかありますが、このVSOPに関して云えば、ブランド内でも貴重な一本になります。
 
 
なんたって、蒸留元での在庫が残ってないというのですから、その人気の具合が伺えます。
 
 
中身は、シャマレル社が蒸留を開始した2008年の原酒を中心に、オーク樽で最低4年以上の熟成をかけたものをブレンド。
 
 
香りの華やかさには目を見張ります。味わいは、紅茶のようなコクがあり、非常に丁寧に作られているのが感じられるお上品仕上げ。
 
 
そのお陰か、ヨーロッパ辺りでは大人気だそうな。
 
 
ストレートからロックくらいで、ゆっくり時間をかけて飲んで頂きたいラムになっております。
 
 
 
寒くなっても南国の酒を押すコアでございました。
 
ハッピーサタデー!!
ヽ(・∀・)ノ




coretommy at 20:08|Permalink